放送作家村上信夫の不思議事件ファイル

Welcome! 放送作家で立教大大学院生の村上信夫のNOTEです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「にほん風景遺産」次回は「山口 萩往還 志士たちが歩いた歴史街道」

2010年02月28日 07時58分24秒 | にほん風景遺産

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

走ることへのこだわり―萩往還マラニック(250キロ)
今村 高夫
文芸社

このアイテムの詳細を見る


 BS朝日で、10月から「にほん風景遺産」(火曜日21時~22時)という番組をスタートさせた。BS朝日とテレビ朝日系系列局の共同制作で、各県のテレビ局が「未来に残したい日本の原風景」をコンセプトにして、「風景遺産」として取材するものだ。
 案内人は、「報道ステーション」などで活躍した朝日新聞編集委員の加藤千洋さん。
 次回、3月2日の放送は、山口朝日「萩往還 志士達の歩いた歴史街道」
 江戸時代、関ヶ原の戦いに敗れた長州藩は、居城を、それまでの山口から日本海側で交通不便な萩に移すよう命じられる。
「萩往還」は、萩に移った長州藩が、江戸や諸国に出るために作った萩から中国山地を超え、瀬戸内に最短で繋がる道。萩ー山口ー防府・三田尻の街道、53キロの道である。
 長州版”東海道”と思えばいい。
 江戸時代の旅の行程でいえば、早朝、萩を出立し、明木という宿場で休憩をとり、萩往還中、標高の最も高い板堂峠(530m)を越え、夕方山口に到着、ここで宿をとるというものだったらしい。参勤交代の行列はこのスケジュールに決められていた。
 文久元年7月10日、江戸に出張した高杉晋作は、「早朝、萩を出立し、その日のうちに板堂峠を越えると山口に至り宿をとった」と、その日記「初番手行日誌」に書いてある。
 幕末、この道は、志士たちが往復する道となり、高杉晋作だけではなく、吉田松陰、坂本龍馬、桂小五郎、井上馨(聞多)、伊藤博文、久坂玄瑞といったお馴染みの面々が何度も「萩往還」を往復する。
 そんな古道を紹介する。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

肥満の飼い主の犬はやっぱり肥満

2010年02月24日 06時01分09秒 | 猫の大の字
 ロイターの配信記事に、「肥満の人の犬は、肥満」として、トレーナーの話が紹介されていた。
 なぜ そうなるのか?
 ペット、飼い主ともに運動不足ということのようだ。
 だが、最近、思うのは、「飼い主と犬は、似ている」
 顔や表情、しぐさがそっくりなのだ。

 ヤのつく業界の方々の愛犬を見れば、この説 容易に想像がつくと思う。
ボクサー。ブルドック。土佐犬。
 (うっ、怖そう)
 チワワやマルチーズ、スピッツなど思い浮かばない。
 大型犬でも、おとなしい秋田犬、おバカなシベリアンハスキーはどうだろう?
 ペットの秋田犬しか信頼しないマフィアのボスの映画があったような気もするが・・・。
 
 ヤドカリは己の大きさに合わせて、貝を選ぶというが、ペットにもその傾向がある。
 犬が飼い主をまねるのでそうなるのか、飼い主が自分に似た犬を買うのか。
 ・・・ 不思議だ。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

長崎知事選の本質は、民主党の「陳情選挙」にNO!

2010年02月23日 05時39分11秒 | 政治
 長崎県知事選の結果に対する報道が続いている。
 多くは、民主の敗因を「鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長のカネ」の問題としているが、
民主党の選挙戦術に注目したい。
 自民党が小泉進次郎、小渕優子など若手議員が応援したのに対し、民主党は、地元のアイドル福田衣里子はともかく、小沢一郎幹事長、石井一選対委員長、赤松広隆農水相や原口一博総務相、前原誠司国土交通相らが応援に駆け付けた。そこで行ったことは、かつての自民党と同じ“陳情受付”。
 石井一選対委員長にいたっては、「そういう選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対し、それなりの姿勢を示すだろうと私は思います」と発言した。
 その選挙運動の醜悪さ。
 かつての自民は、支持者の結婚式を隠れ蓑にし、結婚式と同じホテルでひそかに行うなど、少なくともそれが表に出ないようにした。
 いいか悪いかは別にして、民主党は与党慣れしていないせいか、あまり報道されないが、それでもその動きが表にでる。

 権力の魔力のひとつは、陳情をする側から受け付ける側にまわることである。
 頭を下げる人々の命運を握るわけだから、自分を万能の神のように勘違いする。
 それだけに「初心忘れるべからず」。
 長崎の人たちは、「カネの問題」にNOと言っただけではなく、かつての自民のように変貌した民主党の「カネで頬を叩く」選挙にNOと言ったのだ。
 

 民主党は同知事選で、赤松広隆農水相や原口一博総務相、前原誠司国土交通相らを現地入りさせ、市町村長と面談させるなど政権与党の立場をフル活用した。小沢氏自身も1月17日、党長崎県連のパーティーで「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と“利益誘導”をちらつかせたが、勝利できなかった。(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100221/stt1002212228011-n2.htm


企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

劇団「ふるさとキャラバン」倒産

2010年02月23日 04時52分34秒 | ニュースはロバの耳
 ちょっと悲しいニュースを読んだ。
 農村をテーマにしたミュージカルを行う劇団「ふるさとキャラバン」が破産したというのだ。詳細は、読売、時事の記事を転載する。
 僕が初めてプロデューサーをした「プレ☆ステージ」(1989~1992)(テレビ朝日)(MC:飯星景子・蓮舫・高市早苗・矢吹藍子)で、当時、ブームだった小劇団の一つとして紹介したことがある。それが縁で、数年、その公演に通った。
 農村の問題をテーマにしたオリジナルミュージカル。設定の斬新さとストーリーの面白さに魅かれた劇団だった。
 番組を離れ、いつの間にか、縁も薄くなっていたが、当初、各地の実行委員会が呼ぶという地域密着だったはずの公演が、いいにつけ悪いにつけ、役所の補助金の話題にこの劇団の名前がしょっちゅう上る時期があった。
 農村の問題をテーマにするのに、補助金でやっていて大丈夫なのかと思っていた。
 90年代、バブル崩壊で企業メセナは激減し、多くの演劇集団が消えた。そして、また・・・という思いがした。


劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円
 【2月22日21時57分配信 時事通信】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000176-jij-soci

 帝国データバンクによると、全国各地で公演を行う劇団「ふるさときゃらばん」(東京都小金井市)と関連会社の「ふるきゃらシネマ」(同)が、22日までに東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は2社合計で6億4700万円。リストラを進めていたが、採算が好転せず、事業継続を断念した。
 ふるさときゃらばんは1983年創設。85年に法人化した。オリジナルのミュージカルを中心に活動し、「親父と嫁さん」で文化庁芸術祭賞も受賞。近年は官公庁や地方自治体の助成を受けて企画や公演を行い、2005年8月期には9億円を超す売上高を計上した。
 ただ、当初から人件費や機材運搬費などの負担が重く、企業スポンサーに依存していたため、景気後退に伴う支援減少で採算が悪化していた。


「地方の応援団」ふるさときゃらばん破産
 【2月23日1時12分配信 読売新聞】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000086-yom-ent

 東京都小金井市の劇団を運営する株式会社「ふるさときゃらばん」(田中一則代表)と関連会社1社が東京地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けていることが22日、わかった。
 自己破産の申請は今月8日。信用調査会社「帝国データバンク」西東京支店などによると、負債総額は2社合わせて約6億4700万円。劇団員約40人は解雇された。
 ふるさときゃらばんは1983年に発足し、「地方の応援団」と称して、オリジナルのミュージカルを全国各地で上演。各地の青年団や婦人会などに働きかけて実行委員会を組織し、公演を実現させるというスタイルで活動を続けた。「親父(おやじ)と嫁さん」で85年度の文化庁芸術祭賞を受賞。
 関係者によると、景気悪化の影響でスポンサーが集まりにくくなり、ピーク時に年間200回近くあった公演は、昨年は約半分に落ち込んでいたという。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント (1)

湘南映像祭の感想

2010年02月22日 05時31分03秒 | はい!テレビ朝日です
 昨日、藤沢で「第5回 湘南映像祭」が開催された。

http://scmn.info/cn20/index.html

 この映像祭は、湘南映像祭実行委員/NPO法人 湘南市民メディアネットワークの主催、神奈川大学・駿河台大学・東海大学・文教大学・武蔵大学の5大学が協力し、5大学の学生が実行委員として活動している。
 グランプリは、「チェアスキーヤーの挑戦」(駿河台大学)
 駿河台大学の障害者アルペンスキーヤー、鈴木猛史さんを追ったドキュメンタリー作品だった。
 入選作品に、カメラを使うようになって数年という80代の方や中学生がいた。その他にも、女子高生たちの活躍が目立った。
 作品は、正直、構成や編集は粗いが、対象に迫る姿勢など「ハッ!」とするものがあった。機材が進み、誰でも映像が撮れ、編集できる時代。に、映像の【プロ】と【アマチュア】の差など、ほんの僅かなものと改めて思わされた。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

伊予の松山 じゃこ天うどん

2010年02月20日 07時22分05秒 | にほん風景遺産
 
しみ入る心の山頭火
片岡 鶴太郎
主婦と生活社

このアイテムの詳細を見る


松山でじゃこ天うどんを食べた。
しゃこ天とは、魚のすり身の練り物。ウィキによれば、宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が故郷仙台をしのんで作らせたものらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%93%E5%A4%A9から転載

じゃこてんとは、地魚などのすり身を、形を整え油で揚げた魚肉練り製品。「じゃこてんぷら」、「皮てんぷら」、あるいは「てんぷら」と呼ばれることもある。 日本の各漁港付近にそれぞれの郷土の「じゃこてん」がある。じゃこてんは、宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が故郷仙台をしのんで職人を連れてきて、生産をさせたのが藩史によれば始まりとされる。

それをうどんの上にのせたもの。で、愛媛のソウルフードでは?と思うほど、松山の街中に
看板があふれている。
じゃこの旨味に、ダシがグィと絡む感じ。
うどんとともに汁をすするとじゃこの力で、一味濃くなった感もある。

ちなみにじゃこをフライにした「じゃこかつ」も あちこちで売っていた。

帰りに空港まで乗ったタクシーの運転手さんが
「じゃこ天の味、店ごとに違いますから」
と、言って語り始めた。・・・やはり、ソウルフードだ。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

伊予松山の山頭火 今日も寒い!

2010年02月19日 08時19分04秒 | にほん風景遺産

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社
 
しみ入る心の山頭火
片岡 鶴太郎
主婦と生活社

このアイテムの詳細を見る


 今日は愛媛にいる。
 昨日の昼 広島から高速フェリーで約1時間、移動。
 松山に渡った。

「伊予の松山は人情厚い」
と、親友の大山澄太の助言で、山頭火が、同じように船で四国へ渡ってきたのが、昭和14年10月1日。
 戦争の影が山頭火の周囲にも迫りつつあるころだった。
 放浪の俳人・山頭火も年を取り、もはや行乞流転の旅に耐える体力はなくなり、心底、疲れ果てていた。澄太に書いてもらった紹介状を頼りに、海を渡ったのである。
 澄太の言葉通り、松山の人たちは山頭火の面倒を見た。
 山頭火は、相変わらず大酒を飲み、借金、無銭飲食、トラブルを起こしながらも、道後温泉に浸かって余生を過ごし、多くの秀句を、松山で残す。

おちついて死ねさうな草枯るる

鉄鉢の中へも霰

春風の鉢の子一つ

濁れる水のなかれつつ澄む

 山頭火は道後温泉が好きだった。
「午後は道後へ。一浴一杯。そしてまた一杯。それが
いけなかった。また一杯また一杯でさんざんだった。どろどろぼろぼろになってしまった。ああ、ああ。人間のあさましさよ。そして私の弱さよ。私は倒れたまま空を見つめたまま自分を罵り、自己を鞭打つばかりだった。」

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

山頭火の故郷 山口で 雪の夜

2010年02月18日 07時19分50秒 | にほん風景遺産
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社
 
しみ入る心の山頭火
片岡 鶴太郎
主婦と生活社

このアイテムの詳細を見る


 テレビのニュースで 東京の雪を伝えていた。
 どうりで・・・。
 今 山口にいる。
 昨日は、打ち合わせが深夜2時まで続いた。
 (昨日というより 今日。とほほ)
 瀬戸内の都市と甘く構えてきたら、底冷えがして、腹が痛くなった。
 で、今、ホテルの窓から見える空はどんより曇り 雪。
 寒いわけだ。

 山頭火の故郷 山口で雪をみたので、山頭火の冬の句 いくつか浮かんだ。

 湯田温泉
お正月のあつい湯があふれます
 
この道しかない春の雪ふる

春の雪ふる草のいよいよしづか

あの人も死んださうな、ふるさとの寒空

ふくろうないてこゝが私の生れたところ


おもひでがそれからそれへ晩酌一本



企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

「千葉女子大生殺人事件」と「首都圏女性11人殺人事件」

2010年02月16日 04時59分15秒 | ニュースはロバの耳

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社
精神鑑定の事件史―犯罪は何を語るか (中公新書)
中谷 陽二
中央公論社

このアイテムの詳細を見る


「千葉女子大生殺人事件」の記事を読んで、ある殺人犯のことを思い出した。
「松戸OL殺人事件」「首都圏女性11人殺人事件」では、容疑者として逮捕されたものの冤罪を訴え無罪となり、その5年後、「足立首なし死体焼殺事件」で無期懲役の判決が下った小野悦男である。
 事件の概要は、「事件史探求」サイトに要領よく紹介してあるので、それを下記に転載する。が、暴行焼殺という手口がよく似ている。
 犯罪には個性があって、現場に立つと同一犯かどうかわかるという。
 僕のような商売の人間も調書などを丹念に読んでいるうちに、同様な感じがすることがある。が、まさにデジャブー。
 そう思っていたら、「VOICE」に「捜査はパズル」という記事で、高山正之(ジャーナリスト)さんも小野悦男のことを書いていた。

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091214-00000001-voice-pol

 最後に高山正之さんは、こんな風にまとめている。
「小野はやっと有罪になったが、死刑は免れた。だから今回の事件を聞いたとき、彼が早めの出所をして犯行に及んだのかと思った。それほど昔の彼の手口に似ている。
 彼の事件と比べながら、ふと事件の態様がずいぶん変わったように思った。あのころ事件の登場者は素通しのガラスだった。周囲の人が生活の隅々まで知っていた。
 それがいまは曇りガラスになった。指で拭くと見知らぬ生活が次々に出てくる。捜査はその人生のパズル解きに変わってきたように見える」。

 「連続殺人」では小野悦男は“冤罪”とされた。
 そのため11人もの殺人事件は、そのまま迷宮入りした。
 小野だったのか、あるいは別に真犯人がいるのか ・・・。
 冤罪事件が起こると冤罪にされた人間にのみスポットが当たる。時に、被害者の家族までが冤罪作りに関わったような世論さえ生まれる。
 肩身が狭くなると言った被害者家族がいた。
「光市母子殺人事件」で死刑判決が出た時に、被害者家族に「今回の判決が死刑判決のハードルを下げたことをどう思うか」と、まるで家族が死刑判決を下したかのような質問をした記者がいたが、類した感情である。
 報道も、冤罪つくりに加担した罪の意識からか、真犯人追及の声はあげない。
 小野悦男の時には、「おわび記事」の嵐だった。
「千葉女子大生殺人事件」は、小野悦男を思い出させ、また、巷間言われているように、「柴又三丁目女子大生殺人放火事件」を想起させた。
 千葉の事件は容疑者が逮捕されたが、それ以外、どの事件も今だ真犯人は明らかになっていない。
 亡くなった女性にとって、家族にとって、事件は終わっていない。

 http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage333.htm 「事件史探求」から転載
 
-経緯-
昭和49年7月3日千葉県松戸市の信用組合職員・宮田早苗(当時19歳)さんが何者かに暴行、殺害されたのをはじめ、この夏、東京・埼玉・千葉県の首都圏で11人の女性暴行連続殺人が発生した。被害者の大半は20歳前後の若い女性で、9人は暴行焼殺、2人が暴行穴埋めという残忍な犯行だった。
捜査本部は同年9月12日、窃盗容疑で東京足立区清掃作業員の小野悦男(当時38歳)を別件逮捕した。小野は茨城県北浦村で6人兄弟の次男で出生。兄弟はそれぞれ父親が異なる複雑な家庭環境で育った。中学2年で中退してから16歳の時、無免許運転で逮捕されて以来逮捕歴14回。火事場泥棒、窃盗・詐欺など前科8犯で人生の3分の1、13年近くを刑務所で暮らした。

昭和37年に火事場泥棒のついでに若い女性を暴行しようとした容疑で東京・杉並署に取り調べられた経緯があり、その他犯行の手口から小野が捜査線上に浮上してきた。
小野が別件逮捕された後、9月30日取り調べで首都圏連続殺人事件の宮田さん殺人を自供したため再逮捕となった。だが、小野は千葉地裁松戸支部の初公判で起訴事実を全面否認し「自白は半年間におよぶ代用監獄による不当な取り調べで精神的拷問や誘導によるもの」として無罪を主張した。
千葉地裁松戸支部は昭和61年9月5日に「自白に信用性がある」として求刑どおり無期懲役を言い渡した。一審の裁判で11年にわたる審理は異例であった。平成3年4月23日東京高裁は「任意性にも信用性にも多大の疑問がある」として一審判決を破棄し小野に無罪を言い渡し確定した。これにより小野は16年7ヶ月ぶりに釈放された。
無罪判決で法廷内は拍手がわき、小野は涙ぐみながら報道陣のインタビューで「体の不自由な母の世話をしてやりたい」と語った。この事件で小野が犯人として連日報道してきたマスコミ各紙は「おわび」の掲載をして謝罪することとなった。

―足立の首なし女性焼殺事件―
無罪判決から5年後の平成8年4月21日、小野は幼女(当時5歳)への猥褻目的誘拐と殺人未遂で逮捕された。更に取調べで数ヶ月間同居していた宮内良江さん(当時41歳)を殺害しノコギリで頭部を切断、死体を東京都足立区の空き地で燃やした犯行も明るみになった。
平成10年3月27日東京地裁は小野に無期懲役を言い渡した。翌年2月9日東京高裁は控訴棄却で無期懲役が確定した。小野は62歳になっていた。この事件で、「22年前の首都圏連続殺人の犯人は小野だったのではないか」とマスコミは連日報道し、無罪判決した裁判官や弁護士にまで、「殺人鬼を野放しにした責任を取れと」との声も高まった。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント

2月13日は 銀行強盗の日

2010年02月13日 03時14分07秒 | 人間って

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社
西部劇(ウェスタン)への招待 (PHPエル新書)
六人のガンファイター
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る


2月13日の今日は【銀行強盗の日】。

アメリカの有名なギャング・ジェシー・ジェイムズが、1866年2月13日に、最初の強盗事件をい起こし、これがアメリカで最初の真昼の銀行強盗であったと言われる。
当時、西部の貧しい人々にとって、銀行と鉄道は、搾取の象徴。
時代劇の悪代官に越後屋みたいなものだった。
だから、ギャングと言っても、今日のそれではない。
悪を挫く、ヒーローのイメージがあった。

ちなみに 1866年は慶応2年にあたる。
この年、一橋慶喜が十五代将軍に就任し、幕末維新の最終章が始まった年だ。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント