放送作家村上信夫の不思議事件ファイル

Welcome! 放送作家で立教大大学院生の村上信夫のNOTEです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

属国化は今に始まったことではない

2010年10月30日 15時49分52秒 | 言葉
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

民主党政権100日の真相
朝日新聞政権取材センター 編
朝日新聞出版


18日の参院決算委員会で自民党の丸山和也氏は、事件で逮捕した船長の釈放には、来月横浜で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に影響することへの懸念があったとし、釈放直後に仙谷由人官房長官と電話で話した内容を“暴露”した。

丸山「判決まで拘置して強制送還すべきだった」
仙谷「APECが吹き飛んでしまう」
丸山「日本が中国の属国になる」
仙石「属国化は今に始まったことではない」

仙谷氏は答弁で「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶は全くない」と否定。18日夕の記者会見では「何らかのことを友人関係で話したとすれば、国会で質問されるのは不本意だ」と不快感を示した。

(2010年10月18日20時18分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101018-OYT1T01000.htm
企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

都市の古代遺跡

2010年10月30日 07時17分58秒 | 歴史
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

世界の古代遺跡 (空から見る驚異の歴史シリーズ)
アンリ スティルラン
創元社


都市は生まれ、滅び、また、生まれる。
なぜ、人は都市を作ってきたのだろうか・・・。
都市は文明の結晶。
古代から、いくつもの都市が栄え、そして滅んできた。
その都市を形成してきた技術、そして、手に入れた豊かさとやがて迎える滅び …。

☆世界最古の都市 イェリコ(イスラエル)
海面下250mに位置する世界最低地の都市、イェリコに都市が誕生したのは、9000
年も前のことである。

☆シュメール王朝復興の都市・ウル(イラク)
紀元前4500年から栄えたウルは、その後4000年に渡り、その栄華を極めた。

☆商王朝の首都・安陽(中国)
華北省北部にある安陽は、紀元前16世紀から11再起にわたり栄えた。1000度以上の熱で、土器を焼くことができたという安陽の人々の技術とは…。

☆神々の都・テオティワカン(メキシコ)
紀元前2世紀から紀元8世紀までの1000年間、メキシコの中心都市として栄えた
テオティワカン。最盛期に15万にもの人々が暮らしたというこの街の繁栄は、神殿と住宅が整然と配置されている都市計画にあった。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

水の古代遺跡

2010年10月30日 07時08分58秒 | 歴史
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

「古代遺跡の謎」未解決ファイル (PHP文庫)
世界博学倶楽部
PHP研究所


ヒトは、水とどうつきあってきたか。

生き物は、水がなくては生きていけない。
人間も例外ではなく、水を制することは古代からの課題だった。ある時は、水と闘い、ある時は、水をなだめ、いかに有意義に水を利用としたか。先人たちの“水”に対する想い。
世界には、今、見ても驚異的な水道の遺跡が残っている。

☆シバ・マーリブの貯水ダム(イエメン)
紀元前10世紀。アラビア半島に栄えたシバの王国。この国の首都マーリブに建設されたダムは、今の技術をもってしても達しえない継ぎ目のない石積みで作られ、1200年もの長きに渡り、人々に水を供給し続けた。

☆ローマの水道(イタリア)
紀元前4世紀から紀元1世紀にかけて、増加する人口に対応して多くの水道が建設され、1日1600立方メートルの水をローマ市内に供給した。その水道のいくつかは、2000年たった今もその役割を果たしている。

☆アンコールの治水設備(カンボジア)
9世紀から13世紀に建設されたクメール帝国の大規模治水・感慨設備。乾季に水田を潤し、年二回米の収穫が行われ、帝国繁栄の基礎となった。

☆チャン・チャンの用水路(ペルー)
インカ以前、チムー族の首都チャン・チャンは、人口5万人という当時世界屈指の大都市だった。その繁栄は,精巧な用水路網にあった。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

民主党の言語感覚

2010年10月27日 00時54分02秒 | 言葉
世論〈上〉 (岩波文庫)
W.リップマン
岩波書店

世論 (下) (岩波文庫)
W.リップマン
岩波書店

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


 民主党の政治家の言語感覚が気になる。
 言葉が軽いと酷評された鳩山由紀夫内閣にもいえたことだが、政治家の発言をめぐって、釈明に釈明を積み重ねる光景が増えたように思う。
 産経新聞に掲載された「赤信号!「熟議の国会」が泣いている 政府首脳の言語感覚」を基に検証する。


●菅直人首相 目くそ耳くそ応酬

 代表質問で登壇した自民党の稲田朋美議員に対して答弁の冒頭、菅直人首相は表情を変えて「私も野党時代、かなり厳しい言葉を使ったが、これほど汚い言葉は使わなかった」。
「官僚が用意した原稿を読まないで」と求めたのにも「それならまず、原稿を読まないでご質問をされるのが筋だ」と応酬をはじめたのである。

●仙谷由人官房長官 はぐらかし系言語

 知りたいことへの質問に対する正面からの回答が乏しい。なんだか、はぐらかされているような気にさせられるのは、仙谷由人官房長官だ。例えば、こんなやりとりである。

西田「改めて官房長官に謝罪を求めます」
仙谷「ええ、質問通告をいただいていれば、精査致すわけでありますが、公式の会見の席で西田先生の名前を出して、そういうことを申し上げた記憶はありません。ただ非公式の席で私が西田先生の名前を出したかどうかは別にして、私に対して名誉棄損的な発言がいろいろなされているということを申し上げたかもしれない。そのことを面白がって書く新聞がありますので西田先生が自分のことだと思って気分を害されたとすれば、それは謝罪します」

「ただ非公式の席で私が西田先生の名前を出したかどうかは別にして」 別にしちゃいけないんですけどね。
その他にもこんなやりとりが・・・。

西田氏「またややこしいことおっしゃいましたね。8月5日の産経新聞の記事は誤報なのですか。誤報なら誤報だとちゃんと言ってくださいよ」
仙谷氏「さきほどから申し上げているようにひとつひとつの報道でそういうものを取り上げてお書きになった新聞記事について論評しないことにしています。今日の産経新聞の報道でも私は憤懣(ふんまん)やるかたない報道のされ方をしているけれどもそれについて私は論評致しません」
西田氏「憤懣やるかたないというのはまさに官房長官、貴方の論評ではないですか。官房長官、答弁を求めてもいないのに出てきたり、謝っているのか、開き直っているのか分からないような発言を繰り返して国会審議を妨害するのはやめてほしい」

さらには、天敵 西田氏とはこんなやりとりも

西田氏「改めて官房長官に謝罪を求めます」
仙谷氏「ええ、質問通告をいただいていれば、精査致すわけでありますが、公式の会見の席で西田先生の名前を出して、そういうことを申し上げた記憶はありません。ただ非公式の席で私が西田先生の名前を出したかどうかは別にして、私に対して名誉棄損的な発言がいろいろなされているということを申し上げたかもしれない。そのことを面白がって書く新聞がありますので西田先生が自分のことだと思って気分を害されたとすれば、それは謝罪します」

謝罪の前に「それは」 この人、人を怒らす言語使いとしては 流石だ。


●麻生並 言葉の誤用

 言葉に関するケアレスミスも多い。麻生太郎元首相を馬鹿にはできない。

 例えば、与党の外交姿勢を評して自ら言ったという「柳腰外交」。

 やなぎ‐ごし【柳腰】
 《「柳腰(りゅうよう)」を訓読みにした語》細くしなやかな腰つき。また、細腰の美人。(「大辞泉」)

 明らかに御用ですよね。
 菅首相の「大風呂敷」発言もそうである。

 おお‐ぶろしき【大風呂敷】
 1 大きなふろしき。2 現実性に乏しい大げさな話や計画。「彼一流の―だよ」
 大風呂敷(おおぶろしき)を広・げる
 現実に合わないような大げさなことを言ったり、計画したりする。(「大辞泉」)

 菅直人首相の「私のイメージする高杉晋作は、かなり大風呂敷を広げた人だ」とか「大風呂敷というのは私はそう簡単にはできないけれども、やりたい、やらなければ駄目だ、というのが私は大風呂敷だと思いますが(質問した自民の)石原(伸晃)氏のお考えはそうではない。残念であります」など。

 ということは、高杉晋作は大言壮語する・ほらを吹くということになり、菅直人首相も実際にはできそうにないことを言ったり計画したりしたい、いや、やらなければならないと思っていることになる。
 いえいえ、民主党は、昨年、充分、大風呂敷を広げたもんだと思いますよ。

●今だ 野党気分の抜けない「評論家的述語」
 
 テレビに出てくる民主党議員の多くは、今だ、批判をしていればよかった時代の癖が抜けないのか、「やるべきだと思いますよ」「そこが問題なんですね」「・・・ができてない」
 与党の議員なら、やるべきなのはあなた!「やろうと思います」「その問題をこう解決したい」「・・・を・・・に修正する方向で」と主語は自分自身だと思う。
 女子高生、女子大生ですら、「この人、自分の立場、わかっていない」と言っている。
 KY(空気読めない)で、YS(自分の役割 知らない)あるいはJK(自分、気付いていない)なのだ。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る





コメント

わだばゴッホになる  棟方志功のこと

2010年10月25日 23時39分08秒 | 人間って
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


板極道 (中公文庫)
棟方 志功
中央公論新社


「わだばゴッホになる」 草野心平

  鍛冶屋の息子は。
  相槌の火花を散らしながら。
  わだばゴッホになる。
  裁判所の給仕をやり。
  貉(むじな)の仲間と徒党を組んで。
  わだばゴッホになる。
  とわめいた。
  ゴッホにならうとして上京した貧乏青年はしかし。
  ゴッホにはならずに。
  世界の。
  Munakataになった。
  古稀の彼は。
  つないだ和紙で鉢巻きをし。
  板にすれすれ獨眼の。
  そして近視の眼鏡をぎらつかせ。
  彫る。
  棟方志昴を彫りつける。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

朝鮮学校の教科書無償化を決めた専門家会議

2010年10月22日 17時36分21秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)
李 順玉,李 洋秀
ベストセラーズ


 産経新聞の記事によれば、高木義明文部科学相が朝鮮学校の教科書無償化を決定したようである。
 この問題に関しては、柳田稔拉致問題担当相が、無償化適用の条件に教科書の改訂を加えるよう求めていたが、その点は曖昧にしたまま ・・・ 永田町語に翻訳すれば「何にもしない」。
 だが、この問題、きちんと国民的議論が済んでいない。

 もっとも、文科省的には、8月31日、朝鮮学校に高校授業料無償化を適用するかどうかを、専門家会議で協議したというだろうと思う。協議の結果、「具体的な教育内容を基準にすべきではない」と、専門家会議が断を下したと報告書も出ている。
 だが、この専門家会議のメンバーを文科省は公表していない。報道によると、教育専門家ら6人で構成され、専門家会議の中心的なメンバーは中央教育審議会の元副会長の木村孟氏だといわれている。
  木村 孟氏(きむら つとむ、1938年 - )は、1961年3月 東京大学工学部土木工学科卒業。1964年3月 東京大学大学院数物系研究科土木工学専攻修士課程修了。基礎・土質工学を専門とする工学者である。文部科学省中央教育審議会副会長。前独立行政法人大学評価・学位授与機構機構長。元東京工業大学学長。この華麗なキャリアの中で、木村孟氏は朝鮮学校の実態を知る機会はあったのだろうか?どれほどの調査と議論を行ったのだろうか?

 専門家でもない専門家会議が、お墨付きを与える。
 これは、日本が97年秋の金融危機のあと、98年3月、銀行に検査なしで薄く広く資本注入した時の佐々波委員会(金融危機管理審査委員会)を思わせる。
 委員長は、佐々波楊子慶大教授(=当時)その他、小堀樹・日本弁護士連合会会長(当時)、今井敬・経団連会長(当時)、松下康雄・日本銀行総裁(当時)、松永光蔵相(当時)らがメンバー。この佐々波委員会(金融危機管理審査委員会)が、実にひどいもので、後で嘲笑の種となった。
 資本注入を審査した佐々波委員会は、大手行の横並びで1000億円の公的資金を合計2兆1000億円、劣後債や劣後ローン中心に投入した。が、数か月後に、佐々波委員会が安全と認め、公的資金を注入された長銀と日債銀の2行が経営破綻に追い込まれ、平成大不況の要因の一つになった。
 後に公表された議事録を読むと、旧日本債券信用銀行の審査では、不良債権問題や財務体質に対する民間側委員の懸念を当局が押し切る形で結論を得ていた。また、旧日本長期信用銀行については、当局側も不良債権の自己査定の甘さを指摘していたにもかかわらず、十分な議論が行われなかった。
 つまり、佐々波委員会はいい加減な審査を行っただけ、役所の意を通す道具でしかなかったのだ。
 ちなみに、佐々波楊子委員長をはじめ、佐々波委員会のメンバーは誰一人、この審査の責任をとっていない。

 話を元に戻す。今回の教科書無償化を決めた木村孟専門家会議が、この佐々波委員会と同じように思えてならない。名前が公表され、議事録が後の世に残される佐々波委員会でさえ、この有様。まして、名前さえ発表しない木村孟専門家会議の判断に対する信頼性の担保がない。
 そんな専門家会議の結論を以って、教育内容を把握することさえできない朝鮮学校の教科書を無償化することに疑問がある。


【朝鮮学校の無償化適用へ11月に基準決定 文科相】
  (産経新聞 10月22日(金)12時15分配信)

 朝鮮学校への高校授業料無償化適用を判断する基準案について民主党が正式に了承したのを受け、高木義明文部科学相が22日の定例会見で、「基準は来月に入って早い時期に決めたい」と述べ、11月上旬に文科省として正式決定する方針を示した。
 また、柳田稔拉致問題担当相が、無償化適用の条件に教科書の改訂を加えるよう求めていることについて、「ご意見を時間をとってお聞きすることが大切と考えている」と話し、近く会談の場を持つ意向を明らかにした。ただ、柳田担当相の意向を受け入れて基準を変更する可能性については「何とも言えない」と言葉を濁した。
 朝鮮学校の教科書は内容が偏向しているなどと批判を受けているが、文科省側の示す基準案では、こうした点を不問にして無償化を判断することになっている。高木文科相と柳田担当相は、この問題をめぐって立ち話しかしていないことが判明し、批判されていた。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る






コメント

ジェームス・ディーンの言葉

2010年10月22日 07時59分03秒 | 言葉
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

ジェームス・ディーン
ジョージ・ペリィ
バジリコ


 昨日、ジェームス・ディーンの言葉を教えてもらった。

「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ」

 今も人気のあるハリウッドの伝説的な俳優 ジェームス・ディーン。
 ディーンはアカデミー賞の最優秀主演男優賞に2度ノミネートされ、24歳という若さでこの世を去った。
 人の価値は生きた時間ではない。
 
 ドキッとする言葉だ。
 ジェームス・ディーンは、まるで自分の運命を知っていたかのようだ。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

わだばゴッホになる。

2010年10月21日 07時53分02秒 | 人間って
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


板極道 (中公文庫)
棟方 志功
中央公論新社


 久しぶりに棟方志功の板画を見た。
 志功が好きで、志功がゴッホになりたいと叫び続けた「わだばゴッホになる」のエピソードが大好きだったが、ある嫌な出来事があり避けてきた。ふと思い、9年ぶりで、草野心平の「わだばゴッホになる」を読んで涙が出た。
 棟方志功が、ゴッホの『ひまわり』を知ったのは、18歳の時だった。ヒマワリの生命力と存在感に圧倒された。炎のように燃え上がる黄色、ゴッホ自身が迫ってきた。ひまわりは、文芸雑誌「白樺」の表紙を飾っていた。
 志功は、「白樺」を食い入るように見つめ、放さない。

  棟方は友人宅を帰る時に呼び止められた。
 「ゴッホさ、ガ(君)にける(あげる)」
  友人は棟方に白樺をプレゼントした。棟方の指がスッポンの口ばしの様に談笑中ずっと白樺を手放さなかったことに気付いた  からだ。
 「ワ(我)のゴッホさ、ガ(君)にける」
  と繰り返して言うと、棟方は狂喜して踊り上がった。
 「ゴッホさ、ワに?ゴッホさ、ワに?」
  棟方がこの恩寵が信じきれないという顔をしていると、
 「ンだ。ガにける」
  贈呈の意志が変わらないことを、友は3度重ねて表明した。棟方は白樺を胸に抱きしめ、歓喜の笑みで「ワだば、ゴッホにな  る!ワだば、ゴッホになる!」と友人の好意に応える覚悟で叫んだ。その後、友の気持ちが変わらぬうちにと、そそくさと帰  ったという。 (小高根二郎が『棟方志功』)

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

開高健の名言

2010年10月19日 23時15分08秒 | 言葉
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

輝ける闇 (新潮文庫)
開高 健
新潮社


 開高健の言葉を幾つか紹介する。

「明日世界が滅ぶとも、今日君は林檎の木を植える」

 関ヶ原の戦いに敗れ捕えられた石田三成は、刑場に引かれていく途中、柿を差し出された。一瞬、食べようとして止める。
 「大望ある者は身をいとう」
 死刑のその寸前まで、リベンジを信じる三成の美学である。

「1日幸せになりたかったら酒を飲みなさい。 3日幸せになりたかったら結婚しなさい。 1週間幸せになりたかったら豚をつぶして食べなさい。 そして、一生幸せになりたかったら、釣りをしなさい。」

 釣り師として名高い開高健らしい。
 釣りにまつわる開高健の名言をもう一つ。

「釣りの話をするときは両手を縛っておけ」

 ほらいるでしょう。両手で「これくらい!」と釣った魚の大きさを表現する人。毎回、話す度に大きくなるんだから。


「酒飲めない人は人生の半分ほども生きていない」

 酒豪でグルメの開高健らしい。


「無駄をおそれてはいけないし、無駄を軽蔑してはいけない。何が無駄で何が無駄でないかはわからないんだ」

 仕事の出来ない人ほど、まとめて効率的にやるって言って、大事なことを後回しにしてチャンスを失う。
 そして、無駄と思われることが、ワインも人も成長させる。


「成熟するためには遠回りをしなければならない」

 人生に無駄がないように、植物学者だった昭和天皇は、日ごろからこんなことを言っていたという。
 「雑草という名の草はない」
 僕もあなたも、やがて大きな花が咲く。
 そして、コピーライター出身の開高健らしい豪快なこの言葉。

「3文字足りないの?『そして』って入れといて」


企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント

悠々として急げ

2010年10月18日 03時10分17秒 | 言葉
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


河は眠らない
開高 健,青柳 陽一
文藝春秋


悠々として急げ―開高健対談集 (角川文庫 緑)
開高 健
角川書店


 開高健のことをもう少し書く。 
「悠々として急げ」 
 この言葉は、開高健の口癖だったという。
 ラテン語で、「Festina Lenteフェスティナ・レンテ」。
 焦るな!だが、今、始めなければ何もならない。とでも言うのだろうか。
 人生は長いが、何かを成し遂げるにはあまりにも短い。と言ったら、急げに重きを置き過ぎだろうか。

 1964年、開高健は戦争中のベトナムへ朝日新聞の特派員として乗り込んだ。アメリカ軍の従軍記者として赴いた最前線で、200人中17人しか生き残らなかった戦闘に遭遇し、九死に一生を得る。

 開高健にはふたつの命日がある。遺された者の胸に刻まれている命日(1989年12月9日−食道癌に肺炎を併発して死去。享年58歳)と、逝ってしまった小説家が自らの胸に刻み込んだ命日(1965年2月14日)とである
 65年2月14日。この日、朝日新聞社の特派員として前年の11月からベトナムで取材活動を行っていた小説家と秋元啓一(朝日新聞社出版局出版写真部・当時)の2人はベトナム政府軍と行動をともにしていた。
 午前5時。3個大隊兵員約500名のベトナム政府軍にまじってサイゴン(現ホーチミン)の北西52キロにあるベン・キャット砦を出発。目指すは砦から北へ16キロ、フォク・チャン県北部に広がるジャングルの中の1点−−動力工場や兵器工場、病院や保養施設などまで備えたベトコン第303大隊(兵員約500人)の拠点。これを3晩4日がかりで攻略し、陥落せしめようという大作戦に従軍した。
 午前6時。広大なゴム林を抜けたところで1大隊ずつにわかれ、三方からジャングルをめざす。小説家と秋元キャパ(“戦場カメラマン”としてつとに有名なロバート・キャパの名をとって小説家はこう呼んだ)は主力の第1大隊(兵員200名)に入った。
 午前12時。ブッシュを抜け、広大な葦の沼地をわたり、ジャングルに浸透し、六時間歩いたのち昼食。ベトナム米のおにぎりを食べる。午前12時半。ベトコンの服や食糧や手榴弾などの補給庫を発見。その5分後−−。
『とつぜん木漏れ陽の斑点と午後の白熱と汗の匂いにみちた森のなかで銃音がひびいた。マシン・ガンと、ライフル銃と、カービン銃である。正面と右から浴びせてきたのだ。』(『ベトナム戦記』朝日文庫)
 これから数時間、ジャングルの中で孤立無援となった第1大隊はベトコンの猛射、乱射にさらされ続けることになる。アリ塚の陰に回り込み、倒木の陰に身を伏せ、走り、逃げまどいながら小説家は血なまぐさい戦闘シーンをその目に焼き付けた。秋元キャパはひたすらシャッターを押し続けた。
 ふと気がつくと兵員200人の第1大隊はわずか17人になっていた。小説家が確認できたのは、自分と秋元キャパを含めてたったそれだけだった。死を覚悟した。
『私たちはたがいの写真をとりあった。シャッターをおしたあと、ふたたび枯葉に体をよこたえた。』(『ベトナム戦記』) 口にこそ出さなかったが、互いに“遺影”を撮りあっていることは「痛烈な透明さの中でわかっていた」と小説家は後に記している。
 午後6時。脱出。命からがらジャングルから生還した。生き延びることができた。
 この日から2月14日が2人の命日になった。(ラピタ04年4月号「小説家の“命日”」より)

 文字通り身も心もボロボロになった開高は、「戦争に勝者も敗者もいない」という米軍のある曹長から聞いた言葉を。『輝ける闇』『夏の闇』『花終わる闇(未完)』のベトナム3部作、『ベトナム戦記』にまとめる。
 開高健は、58歳で世を去る。 

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る




コメント