放送作家村上信夫の不思議事件ファイル

Welcome! 放送作家で立教大大学院生の村上信夫のNOTEです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝鮮学校の教科書無償化を決めた専門家会議

2010年10月22日 17時36分21秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)
李 順玉,李 洋秀
ベストセラーズ


 産経新聞の記事によれば、高木義明文部科学相が朝鮮学校の教科書無償化を決定したようである。
 この問題に関しては、柳田稔拉致問題担当相が、無償化適用の条件に教科書の改訂を加えるよう求めていたが、その点は曖昧にしたまま ・・・ 永田町語に翻訳すれば「何にもしない」。
 だが、この問題、きちんと国民的議論が済んでいない。

 もっとも、文科省的には、8月31日、朝鮮学校に高校授業料無償化を適用するかどうかを、専門家会議で協議したというだろうと思う。協議の結果、「具体的な教育内容を基準にすべきではない」と、専門家会議が断を下したと報告書も出ている。
 だが、この専門家会議のメンバーを文科省は公表していない。報道によると、教育専門家ら6人で構成され、専門家会議の中心的なメンバーは中央教育審議会の元副会長の木村孟氏だといわれている。
  木村 孟氏(きむら つとむ、1938年 - )は、1961年3月 東京大学工学部土木工学科卒業。1964年3月 東京大学大学院数物系研究科土木工学専攻修士課程修了。基礎・土質工学を専門とする工学者である。文部科学省中央教育審議会副会長。前独立行政法人大学評価・学位授与機構機構長。元東京工業大学学長。この華麗なキャリアの中で、木村孟氏は朝鮮学校の実態を知る機会はあったのだろうか?どれほどの調査と議論を行ったのだろうか?

 専門家でもない専門家会議が、お墨付きを与える。
 これは、日本が97年秋の金融危機のあと、98年3月、銀行に検査なしで薄く広く資本注入した時の佐々波委員会(金融危機管理審査委員会)を思わせる。
 委員長は、佐々波楊子慶大教授(=当時)その他、小堀樹・日本弁護士連合会会長(当時)、今井敬・経団連会長(当時)、松下康雄・日本銀行総裁(当時)、松永光蔵相(当時)らがメンバー。この佐々波委員会(金融危機管理審査委員会)が、実にひどいもので、後で嘲笑の種となった。
 資本注入を審査した佐々波委員会は、大手行の横並びで1000億円の公的資金を合計2兆1000億円、劣後債や劣後ローン中心に投入した。が、数か月後に、佐々波委員会が安全と認め、公的資金を注入された長銀と日債銀の2行が経営破綻に追い込まれ、平成大不況の要因の一つになった。
 後に公表された議事録を読むと、旧日本債券信用銀行の審査では、不良債権問題や財務体質に対する民間側委員の懸念を当局が押し切る形で結論を得ていた。また、旧日本長期信用銀行については、当局側も不良債権の自己査定の甘さを指摘していたにもかかわらず、十分な議論が行われなかった。
 つまり、佐々波委員会はいい加減な審査を行っただけ、役所の意を通す道具でしかなかったのだ。
 ちなみに、佐々波楊子委員長をはじめ、佐々波委員会のメンバーは誰一人、この審査の責任をとっていない。

 話を元に戻す。今回の教科書無償化を決めた木村孟専門家会議が、この佐々波委員会と同じように思えてならない。名前が公表され、議事録が後の世に残される佐々波委員会でさえ、この有様。まして、名前さえ発表しない木村孟専門家会議の判断に対する信頼性の担保がない。
 そんな専門家会議の結論を以って、教育内容を把握することさえできない朝鮮学校の教科書を無償化することに疑問がある。


【朝鮮学校の無償化適用へ11月に基準決定 文科相】
  (産経新聞 10月22日(金)12時15分配信)

 朝鮮学校への高校授業料無償化適用を判断する基準案について民主党が正式に了承したのを受け、高木義明文部科学相が22日の定例会見で、「基準は来月に入って早い時期に決めたい」と述べ、11月上旬に文科省として正式決定する方針を示した。
 また、柳田稔拉致問題担当相が、無償化適用の条件に教科書の改訂を加えるよう求めていることについて、「ご意見を時間をとってお聞きすることが大切と考えている」と話し、近く会談の場を持つ意向を明らかにした。ただ、柳田担当相の意向を受け入れて基準を変更する可能性については「何とも言えない」と言葉を濁した。
 朝鮮学校の教科書は内容が偏向しているなどと批判を受けているが、文科省側の示す基準案では、こうした点を不問にして無償化を判断することになっている。高木文科相と柳田担当相は、この問題をめぐって立ち話しかしていないことが判明し、批判されていた。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「粛々と」何を繰り返すのか前原発言

2010年10月10日 02時54分14秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


石破茂・前原誠司ほかが集中講義!日本の防衛 7つの論点 (別冊宝島Real)
黒井 文太郎
宝島社


前原誠司外務大臣が、昨日の講演で「これからも尖閣の問題は、国内法に従って粛々と行い、繰り返す」と語ったそうだ。
ということは、日本領海内で操業する中国船が海上保安庁の船に衝突しても「前科がなく、咄嗟にぶつかったものなら、逮捕しても釈放」を繰り返すということなのだろうか?

今回の問題で、前原誠司外務大臣は、「粛々と」と言いながら「外交上の判断」と前言を翻している。

そもそも領海侵犯罪がない日本では、領海に侵入した船は基本的に追い出すしかない。海上警備法が整備されても、この点は変わっていない。海猿たちは、「殴られたぐらいでは逮捕するな」と言われているに等しいのだ。やり過ぎればすぐに外交問題になり、捕まえても保釈される。前原誠司外務大臣は、何を「粛々と繰り返せ」と言っているのだろうか?

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2人の首相の品格 菅直人とストルテンベルグ 

2010年10月09日 16時42分39秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社


4つのノーベル賞―発想の源泉・努力の軌跡
NHK取材班
日本放送出版協会


 尖閣諸島事件での菅直人首相の国会答弁と、ノーベル平和賞におけるノルウェー・ストルテンベルグ首相の毅然とした発言との間に、人物としての器量の違いをみるよう気がする。政治家は国民のレベルというが ・・・。
 船長釈放は、大阪地検事件との表裏、検察トップまで波及させない代わり釈放の泥をかぶるという約束があったという説もあるのだが、「品格」のない政治家は100年の計を誤らせる。


劉氏を祝福=中国の脅しには屈せず-ノルウェー首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010100800867&rel=y&g=int

【ロンドン時事】オスロからの報道によると、ノルウェーのストルテンベルグ首相は8日、中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与が決まったことについて声明を出し「民主化と人権の促進に貢献した劉暁波氏を祝福したい」と受賞を歓迎した。
 中国政府は「ノルウェーとの関係を損なう」と警告している。これに対し、同首相は「中国との関係は長期的なものであらゆる分野にまたがっている」と指摘し、冷静な対応を求めた。
 中国政府に対しては今後も「何度でも機会をとらえて」劉氏の問題を提起し続けていくとも述べ、脅しには屈しない姿勢を示した。(2010/10/08-21:56)

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007年自民・民主大連立の狙い

2010年07月25日 07時58分00秒 | 政治
新潮45別冊 櫻井よしこ編集長 小沢一郎研究 2010年 04月号 [雑誌]

新潮社

このアイテムの詳細を見る

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


 こんな話が永田町界隈で言われている。
 あるいは、誰かが意図的に流していることなのかもしれない。が、ある意味での真実をとらえていると思うので紹介する。

  2007年11月2日、当時の自由民主党の総裁である福田康夫首相と野党である民主党の小沢一郎代表との間で、大連立構想が話し合われた。福田康夫首相は参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」の打開が必要として、小沢一郎代表に連立政権樹立のための協議を打診。小沢一郎代表は即答を避け党役員会に持ち帰ったが、当時の民主党役員のすべてが「(連立は)国民の理解を得られない」などと反対意見を表明し、協議に応じない方針を決めた。
 これを仲介したのは、読売新聞グループのドン渡辺恒雄会長である。

 今、囁かれているのは、この時、小沢一郎代表が福田康夫首相に言った言葉として、「我が党は政権の中枢にいたことがなく、経験不足のため、自民党と一緒になって政権の動かし方を勉強させて欲しい」。

 例え、当時の大連立の狙いの一つがこの通りだったとしても、小沢一郎元代表という人が、敵である福田康夫元首相にこんなことを言うほど謙虚な人間だとはとても思えないない。そこで、今、誰か・・・小沢氏に近い誰かかもしれない。が、小沢氏が先見の明がある証拠として流しているような気がするのだが、その後、民主党を見ていると、この言葉がリアルに響いてくる。
 経験がないことがこれほどまでに、響いてくるのだろうか。
 民主党政権が誕生してからおよそ1年。政治の溶解は、麻生太郎政権の末期よりさらにひどいように思える。一年は学ぶには、充分の時間なのだ。
 
企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉景子法相続投に疑問

2010年07月17日 09時38分29秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


 ごく素朴な疑問がある。
 仙谷由人官房長官は12日の記者会見で、神奈川選挙区で落選した千葉景子法相を続投させる理由について「9月中に代表選があること」を最初に挙げた。
 だが、神奈川県民は、千葉景子法相に事実上の不信任を突きつけたのだ。

・・・ 千葉法相は 在任10か月、「信条」により死刑執行に判をおしていない。

 その「民意」よりも党内事情を優先させ、それに何の疑問も感じていない。
 今、千葉法相をやめさせれば、法相ポストの猟官運動と執行部の責任追及が吹き出し、菅政権が9月まで持たないからだ。
 これは菅直人首相の意思でもある。
 この政党は、選挙に勝つことがすべてに優先する。
 昨年の政権交代に大いに期待しただけに、残念。
 僕の著書「会社をつぶす経営者の一言 『失言』考現学」を読んで頂いたあるニュースキャスターが、「今の民主党に足りないことだらけだ」と言った。
 まさに・・・。
 この本に登場した企業のようにならないことを願う、我々の祖国を背負っているのだから。


企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またぞろマスコミ批判は、民主のお家芸

2010年07月07日 07時57分15秒 | 政治
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


普段は マスコミを利用しているくせに、不利になるとマスコミ批判を始める。
民主党は、政権与党としての自覚がないのか、自分たちの立場がわかっていないのか。与党の発言は、まま言論弾圧に繋がることにあまりに認識不足である。

・・・ 官僚は、与党の顔色を伺い、迎合した政策を実行する。

枝野幹事長にしてもそうなのかと、下記の発言に失望した。
この人が幹事長になったのは、事業仕分けの報道によるところが大きいはず。メディアが報じるのは、菅総理がそう言ったからで、メディアに当たるのは筋違いだ。


枝野幸男幹事長らは矛先を首相の消費税発言に関する報道に向けた。枝野氏は6日夕、鹿児島県霧島市内で、内閣支持率の低下について「(消費税をめぐる主張が)十分に伝わってないことが一定の影響を与えたのは間違いない。次の総選挙までは(税率を)上げないことは変わっていない。これが(参院選の)争点であること自体、若干ミスリードだ」と述べた。支持率低下の影響に神経質になっていることを示しているといえる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000502-san-pol 7月7日産経記事から転載

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎知事選の本質は、民主党の「陳情選挙」にNO!

2010年02月23日 05時39分11秒 | 政治
 長崎県知事選の結果に対する報道が続いている。
 多くは、民主の敗因を「鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長のカネ」の問題としているが、
民主党の選挙戦術に注目したい。
 自民党が小泉進次郎、小渕優子など若手議員が応援したのに対し、民主党は、地元のアイドル福田衣里子はともかく、小沢一郎幹事長、石井一選対委員長、赤松広隆農水相や原口一博総務相、前原誠司国土交通相らが応援に駆け付けた。そこで行ったことは、かつての自民党と同じ“陳情受付”。
 石井一選対委員長にいたっては、「そういう選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対し、それなりの姿勢を示すだろうと私は思います」と発言した。
 その選挙運動の醜悪さ。
 かつての自民は、支持者の結婚式を隠れ蓑にし、結婚式と同じホテルでひそかに行うなど、少なくともそれが表に出ないようにした。
 いいか悪いかは別にして、民主党は与党慣れしていないせいか、あまり報道されないが、それでもその動きが表にでる。

 権力の魔力のひとつは、陳情をする側から受け付ける側にまわることである。
 頭を下げる人々の命運を握るわけだから、自分を万能の神のように勘違いする。
 それだけに「初心忘れるべからず」。
 長崎の人たちは、「カネの問題」にNOと言っただけではなく、かつての自民のように変貌した民主党の「カネで頬を叩く」選挙にNOと言ったのだ。
 

 民主党は同知事選で、赤松広隆農水相や原口一博総務相、前原誠司国土交通相らを現地入りさせ、市町村長と面談させるなど政権与党の立場をフル活用した。小沢氏自身も1月17日、党長崎県連のパーティーで「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と“利益誘導”をちらつかせたが、勝利できなかった。(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100221/stt1002212228011-n2.htm


企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る

一番、一番!真剣勝負
朝青龍 明徳
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加