獏の食わず嫌い

プロ野球を好きになってほんの45年です。阪神のせいでネガティブ根性が骨まで染み付いております。

ドラフト会議終了

2018-10-25 21:39:59 | 野球


いやーーードキドキしました…


くじが当たったらどうしようかと(⌒-⌒; )←正しいファンの反応


いやだって大阪桐蔭の四番って嫌な思い出しかないんですよ。

また球界の至宝を潰しやがって…と、全野球ファンから冷たい目で後ろ指指されるのは嫌なんです。
それなら他所様から出来上がったものを頂いた方がいいじゃないですか。

それで金満とか育成下手とか言われても



「だってクジが当たらないんだもの
当たらないんだもの
しょうがないじゃない」



と、運のせいに出来るんです。
こちらの方が余程心が安定します。あー寝つきが良いわ。

だって、スラッガーをいくら補強しても、あのホームランが出にくい球場を相手にプレーするのは厳しいんですよ。
打っては風に翻弄され、守ってはファンからメガホン投げられる。

最大の補強はラッキーゾーンって言われてるくらいですからね。
実現しませんけどね。

さて、一位指名の近本光司君
大阪ガスの外野手です。



阪神タイガースには「指名に困ったらガス屋」と言う社則があるのでしょう。聞いた事ないけど。
まあ歳も歳だしすぐ一軍レギュラーじゃないと後がない選手なんですが、外野の糸原となるか?期待ですね。

ちょっと気になるのは上の写真でもわかるように、ややバット短く持つんですね。
もう現代プロ野球ではコツコツ当てて転がして足で稼ぐとか通用しなくなりつつあるので、鍛えてしっかり強い打球を打てる打者になってくださいね。

アマチュアに疎いので2位以下は何もわかりません。


さて、FA市場に乗り出さざるを得なくなりましたな。やれやれです
コメント (4)

矢野燿大 火中の栗を拾う

2018-10-16 15:56:30 | 野球
火中の栗を拾う
とは、
本来は猿におだてられた猫が焼けた栗を拾い大火傷を負ったというフランスだかどこか外国の寓話から来ているそうですね。

猿かに合戦と似てるなあ…
この場合猿は阪神阪急ホールディングスの偉い人?
私は阪急ファンでしたがブレーブスを捨ててからの阪急は信用なりません。
スポーツへの理解はまるっきりナッシングです。
理解が無いなら無いで放って置いてくれたら良いのに儲かるコンテンツには口を出すんですね。
返す返すもあの日あの時なんとか言う欽ちゃんに似た金の亡者に株を買われなければ…

心あるファン、タイガース内部のスタッフは金本監督で少なくともあと一年は待ちたいと思っていたと思います。
そりゃ色々腹に据えかねる部分もありますが、毎度書かせてもらっている様に、全く芽が出てない訳ではなかったのです。矢野だって二軍でやりかけた事が山ほどある筈です。
金本監督で結果が出なくても良い形で矢野に渡せた筈です。

矢野も断れるものなら断りたかったでしょう。
しかし何よりも選手を放り出すのが忍びなかったはずです。
人を指導する仕事に関わると、この沼に落ちると抜けられない。
高橋由伸も岡本がある程度独り立ち出来たから辞任したと思うのです。

矢野は多分…正捕手と大山と藤浪と中谷(多いな 笑)を託されたと思います。
金本の会見をリアルタイムで見ることはできなかったんですが、色んなメディアの記事を読んで思ったのは
監督ではなくコーチ向きな人だったなと言う事です。
視野が狭いんだ(苦笑)
あと、シニカルな言葉を挟まずにおれないのはちょっとどうでしょう(^◇^;)
ちょっと炎上しかかっていた「来季は補強して勝たれた方が…」と言う言葉自体は言いたくなる気持ちはわかるわかるよくわかるんですが…

こう言った言葉を投げかけられ続けた3年間だったのかと思うと、そりゃ下っ端の若い選手にはキツイわなと思うのです。
権限の範囲が狭いコーチから始めていたら、若い選手もシニカルな表現を重く受け止めることもなかっただろうし、金本もコミニュケーションを学べたと思うのですね。
矢野はストレートな表現しか出来ない人だと思ってますので若い選手の心に響くと思います。

なかなか厳しいスタートとなりましたが、矢野監督を見る目は金本監督を見る目よりやや優しいと予想しますので、どうせ最下位のチームなんだし、思い切ってやっていって欲しいですね。
私は向こう2年最下位でも我慢しますよ(^^)
コメント (2)

金本監督引責辞任

2018-10-11 17:08:48 | 野球

共通しているのは自ら進んで監督になった訳じゃないって事。お疲れさまでした。


まあ面白くない野球でしたよね。

和田政権でベテラン偏重助っ人頼みのチーム運営が続いたので中堅選手は丈の低い選手しか育たず、チームの柱となる選手がボロボロのベテランしかいない状態での三年間。
最初の二年は前政権のアンチテーゼをするだけでウケたわけで、抑圧された陽の目を見られなかった選手たちに光を当てると一瞬は伸びたんだけど瞬発力だけで養分不足ですぐに萎えてしまう。
萎えた選手に信用がないからどんどん作戦が小さくなってしまう。
面白くない野球に終始しました。





それでも、このブログでも何度か言っていましたが


和田政権時代よりマシだった思っています。






こんなに二軍の若い奴らも若くない奴らもいっぱい見られるシーズンは無かった。
そういう意味ではいい三年間でした。
最下位がそれと引き換えだったと思えば納得です。

最後の最後に藤浪の明るい顔が見られた事もささやかな光です。

来季どの監督になるかわかりませんが、出来ればこの三年間を無駄にしないようにお願いします。

コメント (4)

二軍は日本一。一軍は最下位。

2018-10-08 17:24:46 | 野球
いつの間にそうなった?


え~実は9月後半からずっと忙しい毎日で、なかなか試合を終えてないんですが・・・・試合がつまんないですね(^^;)


結局選手の技術が何も向上していない、現場の指示に一貫性が無く混乱して選手が指示待ちになっている



ああ・・あかんチームの典型・・・・


そんな中ファームが日本一になったんですが、これって暗黒時代によくあったことじゃないかな?もう昔過ぎて覚えてないんだけど

矢野さんの積極采配が功を奏したと言われています。
ちゃんと見た事ないのでわからないのですが、それにしても江越はファームではよくホームランを打ちますね(^^;)
江越何とかなりませんかね?(^^;)


一軍でこの一年の成果と言えば
不満はいーーーーっぱいあるんだけど梅野を正捕手として(色々不満はあるけども)無理やり成長させたことですかね。
おかげで第二捕手は育たなかったんですが、


「まず梅野を育てて話はそれから」


と言う山田コーチなり金本さんなりの(多分山田コーチ)考えが
これだけは
本当にこれだけは貫かれた形になりました。

私はこれだけは評価します。
謎の2ストライクからのウエストも・・・まあ・・・そうなのかな・・と


確かに誰出も良いから経験値上げないと今の中堅軍団のようにいつまでたっても一軍半の集団のままですもんね。


梅野って阪神に向いた性格ですしね(^^;)
良い性格ですよね。
これで正捕手になったと思って増長しない事を祈ります。(あ、そのための矢野氏一軍かw)

矢野の梅野との相性の悪さはすさまじいですから、来期矢野ヘッドコーチが実現したら(するんでしょうが)妙な軋轢を生まない事を祈ります。
ま、梅野をまず一人前にしてそれからもう一人一人と上手い事育ってくれたら・・・








上手く行かない予感しかない・・・・・・・・・・・・・・・・・○| ̄|_










藤浪が勝ちはつかなかったんですが、DeNAにサヨナラ勝ち。

外にスリーランを打たれた以外はまあ粘れたと思います。
藤浪の調子は完封した時より悪く、抜け球もあったしいつも通りの藤浪でしたが、この時のそこそこ悪い藤浪で試合を作れたのは良かったと思います。
前は出来すぎなところがありましたからね。
いつの間にか九月以降唯一の明るい話題になっている藤浪。
外に打たれた後ベンチで悔しそうな表情を見せていて、ああ、エースの顔が戻って来たなと感じました。
この投げ方を習得するためにかなり練習したと思いますし、疲れもたまっていると思います。
とっととシーズンを終えたら肩と肘を休ませて欲しいですね。



やっぱりカッコイイですよ、藤浪はスケール感が違う。



まだ道半ばだけど頑張って欲しいです。
コメント (4)