北鎌倉発!人生を変える青木理恵のコーチング

青木山荘 http://www.aokisansou.com

HP http://rie-aoki.com 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

受験という道

2015年03月20日 | 2011~2016年 NY生活

幸恵さんとのインタビューに答えたように、

ハルカは3才で香港のインターナショナルスクール受験をした後の、

選択の幅を広げるための日本の中学、大学受験の他は、

すべて自分の意思で受験をしてきました。

 

特にボーディングスクール受験に関しては、周囲にボーディングスクールに行かせている人は全くいなく、

自力で調べるほか手立てはありませんでした。

 

そもそも、その存在すらも知らなかった私ですが、

中学受験を終えて合格を手にNYに戻る私たち母娘に

「この本、面白いから読んで御覧なさい」

と手渡してくださったのは、私のピアノの恩師、江崎光世先生でした。

 

 

飛行機の中で読んだこの本はとても刺激的!

こんな世界があったんだ・・・

また、集英社のサイトでは、彼女の活き活きとしたブログがアップされていました。

 

地図で調べてみたら、車で行けそうな距離にその学校はありました。

そうだ!岡崎玲子さんに会いに行こう。

激励に行こうよ!と、車を走らせました。

 

広大な敷地、立派な建物、恵まれた環境の中でスポーツ、勉学に励む頭のよさそうな子どもたち・・・

夏休みに入っていて、残念ながら玲子さんにはお会いできませんでしたが、

素晴らしい学校のことは、強く印象に残りました。

 

「いいな~私もこんな学校に行きたいな・・」というハルカのつぶやきも。

でも、夫もそろそろ帰国。

「無理だよ。なによりも、ハルカはあんなに頑張って、日本の素敵な中学校も受かったじゃない」

とは言ったものの、

しょんぼりする娘を横目に見て、本当に無理なのだろうか・・・と調べることにしました。

 

 

 

そして、NYの紀伊国屋で見つけたのがこの本です。

いろいろな学校のことがかなり詳しく書かれていています。

ハルカの年齢でも入れる学校がアメリカ東部には1つだけあることがわかりました。

ただ、あまりにもハードル高そうです。

 

でも、見るだけ、受けるだけでも受けてみようと思えたのは、教師である安川国雄先生が訪れた素晴らしい学校、

つまりGroton Schoolについて書かれた本を読んだからです。

 

 

そして、ついに、ハルカのこの言葉で私たちも覚悟を決めました。

「今までは、日本語と英語をがんばってきたけれど、アメリカ人の子みたいに英語一本で勝負してみたい」

そうね。

そうだよね・・・

学費を払えるかどうか心配だけど、

やってみよう。

 

縁がつながり、ハルカは1学年22人の小さな枠に入れていただくことができ、

その中で寂しい思いも、我慢もいっぱいしたけれど、

楽しい素晴らしい経験もたくさんしました。

何よりも、ひとりっこの彼女に、すごい数のお兄さん、お姉さん、弟、妹が出来ました。

 

大好きな先生とは未だに文通しているし、

つい先日も、マンハッタンに訪れた数学の先生とランチをしたり、

同じ寮仲間のお友達が遊びに来たり!

みんな人に言えないような、ドラマを共有してきた心の友。

 

すべてを糧に、彼女は輝いている。

共有させてもらえる私と夫は本当に幸せです。

人生ってすばらしい。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

私の子育て

2015年03月20日 | 2011~2016年 NY生活

 

マザーズコーチ養成講座NY卒業1期生のライター、宮下幸恵さんが

ヤフーの子育てブログに私の子育て奮闘記を書いてくださいました。

題して「海外ママ 育児のピンチでしたことは?!」

 

長い時間をかけてインタビューしてくれた記事。

私もありのままを包み隠さずお話しました。

 

でも、事実なのに。

本当のことなのに、胸がちくっと痛いんです。

それはなぜだろう・・・

 

たぶん自分のことじゃなく、ハルカのことが記事として残ることに

彼女を傷つけてしまうことへの恐れだったと思います。

 

で、朝1番にジムから戻ったハルカに正直に話しました。

 

「ハルカ、ヤフーの子育てブログにお母さんの記事が載るんだ

小さいときにくっつき虫さったこと、

寂しさから、愛の枯渇からいっぱい食べるようになってしまったこと、

それに気がついて、家族3人で乗り越えたこと。

だから今があること・・・・」

 

涙が溢れてきました。

 

「昨日知ったんだけど、言えなかったんだ。ハルカを傷つけてしまうと思って・・・」

 

1番怖いことをハルカに告白しました。

 

ハルカは、私の涙をそっと拭いて

 

「おかあさん、いいじゃないの。コーチとして、自分のことを知ってもらうことは、とても大切だし全然いいよ」

と言ってくれました。

「本当?」

「その時だったら、ハルカも嫌だと思うよ。でも、今は違うし!」

 

そうだね。

いろいろ乗り越えたから、今の絆、今の信頼があるんだね。

お母さんは、やっぱりお母さん。

コーチとして、若いママたちにえらそうなことを言っていても、

自分が人を傷つけることをこんなに恐れている。

 

でも、信じて一線を越えたときに、さらに愛が深まる。

そんな経験をしています。

 

記事をかいてくれた幸恵さん、

ハルカ、

ありがとう!

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

効果抜群!心が晴れ晴れするピクチャータッピング

2015年03月17日 | 2011~2016年 NY生活

一時帰国に向けて、一生懸命準備してきたけれど、

何か無理しているなあ・・・と思って、

自分の心をさぐってみました。

こういう時こそ、ピクチャータッピング!

このワークは、今回の東京、大阪シンポジウムでご紹介するものなのですが、

早速、私もやってみました。

 

自分の感情にペンを持たせたら・・・・?

1枚目はこんな絵になりました。

現在の私の心模様です。

 

 

題して「がんばる私」

感情をさぐってみたら、出てきたのは、焦り、不安、緊張でした。

数値化すると10点中8点ぐらいです。

さあ、思い残すことがないほど書ききります。

そして、EFTのタッピング。

呼吸とともにネガティブな感情を開放~~~

ここまでがワンクール。

 

2枚目、3枚目と絵を描ききったらEFTでのタッピングを繰り返します。

すっかり開放できるまで何枚書いてもいいのですよ~

 

 

2枚目。どっしりとした山を書きたくなりました。

緑の風が吹き抜けていきます。

 

 

ふと、自然の中の花を思い浮かべました。

何もしなくても、そこに咲いているだけで、蝶々やミツバチたちがやってきます。

私も自然に学ぼう。

頑張る私ではなくて、そこにいる私。

ご縁がきっとあるはずです。

このころには、数値も10点中2ぐらいまで下がってきました。

 

 

4枚目、すっかり変化しています。

私に力をくださった皆さんへの感謝の気持ちがこみ上げてきて、ハートをたくさん書きたくなりました。

暖かい気持ちになっています。

約20分かけて、すっかり大丈夫。

不安や恐れはゼロになりました。

安心感を手に入れて、体が温かくなっています。

 

 

この映像は、私のイングレイテッド心理学の先生、ロンドン在住の溝口あゆかさんのEFT。

このワークは、セラピストにやってもらうことも出来ますが、

自分自身でも簡単にできますし、お子さんにもやってあげることが出来ます。

 

今回、日本のシンポジウムでは、EFTに絵を組み合わせたバージョンのピクチャータッピングをご紹介します。

ご縁のある方、ぜひお申し込みください。

3月28日(土)東京、29日(日)大阪です。

詳しい情報、お申し込み先は、こちらです。

東京シンポジウム

大阪シンポジウム

ちなみに、あゆかさんが身につけているのが、KOTOMIジュエリーですよ~~

私もNYでお預かりしています。

今回の一時帰国に際し、NYから何点か春夏の新作をお持ちいたしますので、ご希望の方はお声をかけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

東京、大阪シンポジウム、ピクチャータッピング用、オイルクレヨン予約しました。

2015年03月16日 | 2011~2016年 NY生活

 

いよいよ、今週の土曜日、日本に向けて出発します。

NYに続け~~~と、東京、大阪でのシンポジウムを企画して、

いろいろ大変だったけれど、よく頑張りました。

何せ、20年も海外暮らしなので、日本にいたらたぶん簡単にできるであろうことが、

遠隔操作では、2倍3倍もの手間がかかります。

 

時差の克服はもちろん、

フリーダイヤルの電話は海外からではかからないし、

郵便番号を入れないとネット注文できないことも多く・・・

携帯の番号を聞かれることも多いですよね。

 

今日は、

ピクチャータッピング用のクレヨンをダイソーに注文しました。

 

直接注文に行かなければダメ、

キャンセルは出来ない、

というところ、

キャンセルしないから。必ず、買いますからって、お願いしました。

 

お客様のイメージしているものと違うと困るので・・・と言うことになり、

大急ぎでネットで調べ、ダイソーに入荷しているクレヨンを調べました。

箱をひっくり返したバーコードを教えて欲しいと言われてもわからないので、

私が欲しいのは、

白い横長の箱で、オイルクレヨンのアルフアベットのOとCの文字が赤くて、右側に見えるように四角く切ってあり・・・

と説明して、何とかクリア。

 

在庫があるかどうかわからないし、

なかったら工場に注文するということもあり、

今、ここで注文して欲しいということなので、

数がわからないながらも、40箱注文しました。

 

成田から到着した足で、引き取りに来るならOKとなりました。

一瞬、ええ~~~っと思ったけれど、

はい!無事にクレヨンを手に入れられるなら、私何でもしますとも!

こんな感じで、クレヨン注文ひとつに、何度ものやり取りと、時間がかかるんですよね~~

 

はあ~~疲れた・・と思っていたら、注文していた本が日本から届きました。

ロンドンカウンセラー仲間の函館のカウンセラーでセラピストの美香子ちゃんが出版した本。

美香子ちゃんのイメージぴったりのかわいい本でしょう~~!?

 

 

なかなか自分のペースで進めない今、きっとヒントが見つかりそうな予感・・・*

理恵さ~~ん。ゆるふわですよ~~~

春風とともに美香子ちゃんの爽やかな声が届いたような気がしました。

そうね。

私、ゆるふわ、足りなかったかもね。

そんな気持ちになりました。

今夜、早速読み始めますね~

 

 

さあ、お友達からいただいた春の黄色い花も開いてきましたよ~

私にとって、黄色はハッピー!

今、あちこちからハッピーのメッセージが来ています。

それを受け取って、エネルギーチャージしています。

 

 

日本でのセミナーや出版に際し、多くの皆さんの愛のご協力と応援メッセージをいただきました。

私ひとりでは何も進めなかったところ、

お力をいただき、

おつなぎいただき、

お会いしたこともない方々が、FBでシエアしてくださった。

信じてくださった方にお答えしたいです。

本当にありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

しっかりと受け止めて、日本滞在を充実した日々にしたいと思っています。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

Sohoでアフタヌーンティ

2015年03月15日 | 2011~2016年 NY生活

 

今日はもう一人の娘を誘って、ソーホーにあるクロスビーストリートホテルへアフタヌーンティへ。

レストランは、石畳の道の中ほどにある小さなホテルの1階にあります。

 

 

犬やお花のアートがおしゃれに飾られています。

 

 

ワクワクするようなエントランス。

 

 

エリザベス女王がお出迎え。

このホテルは、ロンドンにもあるようです。

 

 

ちょうど、女の子たちのサプライズパーティもやっていました。

中はちょっと騒がしいのですが、お茶もお菓子もとても美味しいと思います!

食べきれないお菓子は持ち帰ることもできるので、お忘れなく。

 

すっかり素敵なレディに成長した彼女たちの話を聞かせてもらえるのは、本当に楽しく、

日ごろの忙しさも忘れて、ゆったりとお茶を楽しむことができました。

 

このホテルにはかわいい中庭もあります。

5月になったら、ソーホーをお散歩もしたいし、またここに来たいなあ~

 


この記事をはてなブックマークに追加