親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親子引き離しに注意点 ハーグ条約加盟で最高裁通知へ(2013.5.25 朝日新聞)

2013年05月27日 16時35分20秒 | Weblog
寝ている乳児を抱き上げる ○
拒絶する子を連れていく  ×

国内離婚でも子に配慮
コメント (1)

ハーグ条約国会承認 年内にも加盟 (朝日新聞(2013.5.22夕刊)

2013年05月24日 16時14分31秒 | Weblog
コメント

国際結婚破綻、子どもたちは(朝日新聞(2013.5.22夕刊)

2013年05月24日 16時12分08秒 | Weblog
コメント

離別と共同養育―スウェーデンの養育訴訟にみる「子どもの最善」  善積 京子 (著)

2013年04月03日 11時36分45秒 | Weblog
内容紹介

スウェーデンの離婚事情に精通する追手門学院大学の善積京子先生の最新著作です。
スウェーデンにおける家族変容、特にパートナー関係解消後の養育権・居所・面会のあり方に焦点を置き、「子どもの最善」「ジェンダー公平性」の観点から養育訴訟を分析、日本の今後の親権・監護法制のあるべき方向性を探る内容になっています。
豊富な判例や、日本の親子のこれからの姿はどうあるべきかと言った重要な問題が、専門家ならではの鋭い視点と切り口で書かれています。

http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%A2%E5%88%A5%E3%81%A8%E5%85%B1%E5%90%8C%E9%A4%8A%E8%82%B2%E2%80%95%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%A4%8A%E8%82%B2%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%81%AB%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%96%84%E3%80%8D-%E5%96%84%E7%A9%8D-%E4%BA%AC%E5%AD%90/dp/4790715868

単行本: 312ページ
出版社: 世界思想社 (2013/3/7)
コメント

3.12国会勉強会「ハーグ条約加盟に伴う国内法の諸課題(共同親権との関係)」

2013年03月10日 09時26分18秒 | Weblog
日 時 2013年3月12日(火)17:30~18:15

(※当事者の皆様16:00ロビー集合。19:30までマスコミ取材と撤収作業にご協力お願いします。)

会 場 衆議院議員第一会館 B1F 第一会議室

テーマ 「ハーグ条約加盟に伴う国内法の諸課題(共同親権制度との関係)」

先進国唯一の単独親権制度の日本に対して、ハーグ加盟がもたらす矛盾と弊害。過去に連れ去られた子どもたちと本当に再会できるのか否か。今後の国内法改正の行方を徹底討論。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. 基調講演 「ハーグ加盟に伴う国内法の諸課題(特に共同親権制度との関係)」
棚瀬孝雄 京都大学名誉教授・棚瀬法律事務所弁護士
      (米国・韓国・日本の親権・離婚後の面会交流での論文発表・通称棚瀬法    案作成で、法曹界に多大な影響を及ぼす)
2.質疑応答(国会議員・法務省・外務省など)※内容は一部変更の可能性があります。
3.国内外に連れ去られ、我が子に会えない母親・父親・祖母によるアピール
----------------------------------------------------------------------------
 本勉強会では、棚瀬孝雄氏が基調講演を行いますが、氏は、米国・韓国・日本の家族法(親権制度)・離婚後の面会交流に精通され、「自由と正義」に書いた論文は、弁護士や当事者、裁判所の中でも広く読まれ、大きな影響力を持ちました。また、日本の現状を抜本的に変えるために、「棚瀬法案」と呼ばれた面会交流のモデル法案を書き、国会議員、共同親権運動の人たちにも働き掛け、当事者のみならず、法曹界にも多大な影響を及ぼしました。

 さらに、本勉強会には40名以上の「子に会えない親」(日本人・外国人)と各国大使館関係者も出席する予定です。
先進国で唯一の婚姻中の子ども連れ去り容認と、離婚後の単独親権・単独監護制度の日本とハーグ加盟国(共同親権・共同養育国)との摩擦が顕在化となり、今後も、より一層大きな問題として、海外からの非難の的となることは必至です。
ハーグ加盟を求める米国はじめ各国政府は、加盟後も「子ども人権」に対する強い姿勢の手を緩めるどころか、「過去の遡及」も含め、強める一方です。
日本政府は、その覚悟があるのか否か。

*参加費は無料ですが、当日、一口千円の募金をお願いします。

【主 催・問い合わせ】
共同親権推進全国協議会・単独親権被害児童を救う会 
東京事務局:増戸 070-5592-9020 mail : ichita555@yahoo.co.jp
コメント

ハーグ条約 日本加盟へ (2013.2.20 読売新聞)

2013年02月20日 13時46分44秒 | Weblog
自民、公明両党は19日、与党政策責任者会議を国会内で開き、国際結婚が破綻した際の子どもの扱いを定めたハーグ条約の承認案と関連法案を了承した。
今国会内で成立し、日本が同条約に加盟することは確実だ。日本の加盟は、過去の日米首脳会談でオバマ大統領から要請を受けた「宿題」で、政府・与党はワシントンで現地時間22日に行われる安倍首相と大統領との初会談の「土産」としたい意向だ。
(~略~)
今月14日にはルース駐日米大使が河井克行衆院外務委員長を訪問し、「2国間関係において取り扱いを間違えれば、潜在的には爆発するような重要な案件だ」などと訴えて早期加盟を要請していた。
コメント

「親に会えない子どもたちにX'masプレゼントを!愛の歌音楽祭」&100人のサンタクロース行進

2012年11月26日 15時38分52秒 | Weblog
「親に会えない子どもたちにX'masプレゼントを!愛の歌音楽祭」&100人のサンタクロース行進!!

 日本の離婚件数は年間25万組に上り、子どもの7人に1人、年に16万人以上の子どもが一方の親に会えなくなっています。その子どもたちのほとんどが、一方の親からのクリスマスプレゼントをもらえません。
離婚後の子どもをはじめ、両親に会えなくなった子どもたちを支援するために、今年も「愛の歌音楽祭&100人のサンタクロース行進」を行います。
また、今年は東北大震災で親を亡くした子どもたちを応援するため、多数のアーティストと岩手・宮城・福島からゆるキャラも参加します。
ご来場お待ちしています。

●日時:2012年12月9日(日曜日) 11:00(開始)~16:00(終了) 

●スケジュール
11:00  開会式
11:30  愛の歌音楽祭
15:15  100人のサンタクロース行進
16:00  解散

●場所:代々木公園野外音楽堂 
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map039.html 

●交通:JR「原宿」・地下鉄千代田線「代々木公園」(C02)下車 徒歩3分
小田急線「代々木八幡」下車 徒歩6分 
問合先 :代々木公園サービスセンター TEL:03- 3469-6081

●主催: Kimidori Ribbon プロジェクト実行委員会
     http://kimidori-ribbon.org/

連絡先:090-2900-2361(野村) 070-5592-9020(増戸)

●協賛: 

・親子交流断絶防止法制定を求める全国連絡会(親子新法連絡会)
http://www.special-law.info/
・親子の面会交流を実現する全国ネットワーク(親子ネット)
http://oyakonet.org/
・中部共同親権法制化運動の会
http://chubu-kyoudousinken.com/
・一般社団法人 レフト ビハインド ペアレンツ ジャパン(LBPJ)
http://www.meetup.com/Left-Behind-Parents-Japan/
・共同親権・共同養育の会

コメント

BBQ開催のお知らせ(&終了レポート)

2012年11月04日 12時47分53秒 | Weblog
親子問題や裁判・調停中でお悩みの方など、様々な立場の方との情報交換、親睦、息抜き等を目的にBBQを開催致します。
参加自由です。
寒い時期での開催なので、暖かい格好でおいで下さい。

+++++++++++++++++++++++++++
●開催日:2012年11月10日(土)

●目的:親子問題や様々な団体、立場の方との情報交換、親睦、息抜き等(子連れ可)

●集合場所:JR有楽町駅 中央改札改札口(出たところ)
(ここから車で晴海ふ頭公園まで移動します。
時間外で来られる方はバス等の利用をお願いします。)

●集合時間:AM11時

●会費:2000円(食事&ジュース・お茶のみ)
※アルコール類は各自持参でお願いします。

●BBQ開催時間:昼12時~日没までの予定(日没後は各自自由行動)

●天候:小雨決行、大雨中止。
(※中止の場合は当日朝までに当ブログでアナウンスします。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●晴海ふ頭公園HP
http://www.tptc.co.jp/park/harumi/tabid/387/Default.aspx

●BBQ案内
http://www.tptc.co.jp/park/harumi//tabid/1100/Default.aspx

●アクセス(バス)
http://www.tptc.co.jp/park/harumi/access/tabid/448/Default.aspx

系統              
都03 起点・四谷駅  経由・銀座四丁目 終点・晴海埠頭
都05  起点・晴海埠頭 経由・東京駅・有楽町駅前  終点・東京駅丸の内南口
都05 起点・東京テレポート駅前 経由・有明テニスの森・銀座四丁目(土休日のみ運行)終点・東京駅丸の内南口
※「晴海埠頭(晴海客船ターミナル)」下車

●当日は日よけのタープ、パラソル等を設置します。各種BBQ機材、椅子、タープ類、差し入れ等大歓迎。

●開始時間から大きく遅れての参加は食材の確保が困難になる可能性がありますので、その場合は持込等での対処をお願いする事があります。

●食材仕込み、タープ設置等、事前準備を手伝ってくれる方、大歓迎です。

●駐車場:晴海公園の駐車場が1日1000円 でご利用できます。

※飛び入りでも構いませんが、なるべく事前に主催(親子ネット・辻(lp5000s@yahoo.co.jp)まで御一報をお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●終了レポート

晴海公園BBQは天候にも恵まれ、無事終了致しました。
当日は、海外在住の当事者の方や監護親団体の方、面会交流中の親子連れなど14名の参加がありました。
心配された気温も夜まで暖かく、晴海ふ頭の綺麗な夜景を背景に途中、ギター演奏や唄を始める方など歓談は23時を過ぎても続きましたが、23時で駐車場のシャッターが閉められてしまい、一部の参加者は翌朝での帰宅となりました。
参加者の方々、お疲れ様でした。 (辻)
コメント

つらい思い 話せぬ子供 離婚家庭 支援進まず(きしむ親子⑦/読売新聞(10/29)

2012年11月04日 10時57分05秒 | Weblog
この連載は小坂佳子記者、小林篤子記者、稲垣信記者、矢子奈穂記者が担当しました。
コメント

貧困 苦しむ母子家庭(きしむ親子⑥/読売新聞(10/28)

2012年11月04日 10時55分32秒 | Weblog
コメント

再婚義父 少女に虐待(きしむ親子⑤/読売新聞(10/27)

2012年11月04日 10時53分46秒 | Weblog
コメント

家庭不和「将来自分も」(きしむ親子④/読売新聞(10/25)

2012年11月04日 10時51分04秒 | Weblog
新法連絡会のpdfへリンクを貼らせて頂きました。

http://www.special-law.info/index.php?plugin=attach&refer=%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B410%E6%9C%8825%E6%97%A5%E3%80%81%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E&openfile=20121025%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%80%8C%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%80%E8%A6%AA%E5%AD%90%E2%91%A3%E3%80%8D.pdf
コメント

息子から「会いたくない」 (きしむ親子③/読売新聞(10/24)

2012年10月24日 12時24分56秒 | Weblog
コメント

実の娘 連れ戻し「有罪」(きしむ親子②/読売新聞(10/23)

2012年10月24日 12時19分08秒 | Weblog
コメント

給食中 強制引き離し 学校に執行官 (きしむ親子①/読売新聞(10/22)

2012年10月24日 12時07分11秒 | Weblog
読売新聞で、「きしむ親子」のタイトルで親子引き離しの記事が掲載されています。
(※掲載の都合上、一部レイアウトを変更させて頂きました)
コメント