NPO・999ブログ    本を読んで 考える力を養おう

「自分のできることを できる時に できる処で」
市民的知性の地平を拓くNPOふおらむ集団999

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017信州岩波講座Ⅱ 加藤典洋さんと内田樹さん

2017年09月11日 | 信州岩波講座
長野から東京へ-五輪につながる懸念
内田樹さん“文武両道”の投げかけ


 8月27日に登場した内田樹さんと加藤典洋さん。新幹線は別々で長野駅で合流。内田さんは見上げるような長身、上着のそでをまくりあげ、筋肉の盛り上がった腕で重いカートを引いて現れました。小柄でもの静かな思索家といった加藤さんとは対照的な印象。両氏は久しぶりの再会という。
 内田さんは神戸の女子大を退職し、今の名刺の肩書きは「凱風館 館長」。武道と哲学を両輪とする学びの本拠です。須坂に向かう車がエムウエーブに差しかかったとき「長野オリンピックの遺産はなにかな」との問いを発しました。かつて立ち寄ったスイス・ローザンヌの五輪記念館で「長野招致の功労者として開発企業トップが“ヒーロー扱い”されていましたよ」と話し「でも、長野の人たちにはいま、なにが残っているのかな」と、もう一度問いかけました。
 そして、語調を強めて「東京オリンピックは失敗しますよ」。暑さで記録は振るわず、財政負担が重く残るだけというのがその理由。なにより原発事故の放射能不安を「アンダー・コントロール」の一言で押しのけ、国と企業の思惑がらみの“上からの招致・準備活動”に疑問を示しました。

 「『帝国』化する世界・『中世』化する世界」がテーマの講座本番。内田さんは締めくくりに「人口減少の社会に成長は望めない。“信頼”や“友情”が資産となる」と、文武両道を地でいくアプローチで世界のゆくえを展望。そのうえで「東京は失敗」とする、車中での予測を繰り返しました。
 なぜ長野の過去にこだわったのか…東京の今につながる日本社会の問題を鮮明に線引きして見せた場面でした。
2部はお二人による対談

聴講者からは
・「現実」というものにいかにかかわるか。それは「理想」というものをいかにとらえるか、ということにも通ずるかと思う。その意味で、お二人の論客の示唆するところは大きかった。(70代男性)
・加藤先生のお話が面白かった。「一階」部分で「戦争はいやだ」と叫ぶ力はどの程度のエネルギーを必要とするのか。日本の8月の年中行事のように「戦争だけは嫌ですね」という声はどうすれば「一階」の力となるのでしょうか。(70代男性)
・幕末と太平洋戦争(第二次大戦)との照らし合わせの話はたいへん面白く、なる程と感じました。帝国時代に変っていく、戻っていく話。隙間帝国は大賛成です。人も地球の生物も、西へ西へと流れるコスモ的本能があるとの話も面白かったです。(60代女性)
・内田先生の人間、助け合わないと生きてゆけないという話に感銘を受けました。同感です。安倍首相は地球的外交と称し、百十数か国を訪問したが、肝心の韓国、中国への公式訪問なしという外交汚点を残しているのではないか。(70代) など多数の声が寄せられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017信州岩波講座 Ⅰ 寺島実郎さん「激変する世界をどう読むか」

2017年09月10日 | 信州岩波講座
「信州のきょうの聴講者はちがう!」
         講座3度目の寺島さん感嘆


 8月5日、メセナホールには3度目、ことしの講師陣のトップを飾った寺島実郎さん。翌朝のテレビ出演のため、東京にとんぼ帰りの慌ただしさでしたが、講演、会場との質疑応答、サイン会の約3時間半のスケジュールをこなし「きょうの会場の真剣な雰囲気は格別」と感嘆の様子でした。
 講演のテーマ「激変する世界をどう読むか」では、世界史と自らの外国体験をもとに、西欧-米国-日本の三角地点を軸に据えた独特の視点から鋭く指摘。併せて、最近は国内の「地域の未来」に関心を注ぐ。目先の景気に目を奪われ、政治や財政が高齢層に偏重する「シルバー・デモクラシー」が地域を荒廃させていくと懸念しつつも「第一次産業と三世代家族を足場にする信州や北陸はむしろ“宝の山”」と評価。沈みがちの会場の雰囲気を盛り上げました。
 講演に先立つ昼食会の席で、注目すべき最近の動きとして「新たな物流拠点として日本海沿岸の港の活況」を指摘。地域の人びとが時代の変化にどう対応するか、固定観念にとらわれず、自分の頭で考えることの大事さを強調しました。また、席上マンガで紹介された幕末の須坂藩主堀直虎が改革派の佐久間象山や赤松小三郎に自ら教えを請うた足跡に関心を示し、須坂の伝統と地域性を見直す口ぶりでした。                                
 聴講者の皆さんからは、
・さすがに話が面白い。眠気も吹っ飛び最後まで真剣に話を聞いた。思わず『シルバー・デモクラシー』(岩波新書)を買ってしまった。(60代男性)
・『世界』を40年購読していますが、直接話を聞くのは有効でした。(60代男性)
・「サンデーモーニング」を毎回見ています。今日は特に世界から見た情報を聞けて良かったです。(60代女性)
・グローバルで次元の高い内容のお話だと思いました。資料集をいただけたことはとても有難く嬉しかったです。(70代女性)などの声が多数寄せられました。
2部では会場からの質問を中心に、内容も多岐にわたりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2017 3講座とドキュメンリー映画 笑う101歳×2視聴

2017年05月31日 | 信州岩波講座
第19回信州岩波講座2017

基本テーマ:変る世界ー私たちはどう生きるか

8月5日(土)スタート 聴講券発売中!




「cピクチャーズネットワーク株式会社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2016講座Ⅲ 中野晃一さん&谷口真由美さん

2016年10月28日 | 信州岩波講座
私たちは政治とどう向き合うか
     
◇中野晃一氏(上智大学国際教養学部教授)
        「危機のなかの希望 立憲民主主義のこれから」

 今の日本の状況を「危機的」と捉える人は多いだろうが、安倍首相個人の問題というより、一度政権を放り出した人が再び首相になることを可能にした構造こそが問題だ。
 問題の一つに「官僚支配」がある。特定秘密法や安保法制、共謀罪などは官僚の中にあったものが出てきたにすぎない。そうした官僚支配に対する批判的なシンボルとして、80年代後半から新自由主義的政策が進められるようなった。政治面での典型的例は小選挙区制で、そこでは有権者は「消費者」だ。総理大臣は国民の代表というより最高経営責任者で、選挙に勝ちさえすれば(「お客様」の支持を得れば)何をやってもいいことになってしまう。
 絶望したくなるような状況だが、昨年夏以降希望を感ずることが多々あった。新しい市民の覚醒が起きている。「市民連合」では、かつての運動体の枠を超え、中高年から若い人まで参加している。「市民」とは主権者だ。市民の言うことを国会議員が聞かないなら声を上げようと広がっているのが今の運動だ。
 こうした運動はアメリカの「オキュパイ運動」のように世界で連動して起きているが、日本では官僚支配の伝統が余りにも強いので、「官にたてつく」として批判される傾向にある。また、新自由主義は自民党一党支配にメスを入れる改革のイデオロギーとして歓迎された経緯から、いまだに根強い人気をもっている。このため日本での抗議行動は、民主主義、立憲主義といった問題に特化されていて、それと根が一つの経済、格差などの問題に言及できないでいる。
 野党共闘を推し進めるなかで、市民運動と政党との新しい関係が模索されてきた。そこでキーワードになるのは「応答」だ。SEALDsの学生たちと中高年の人たちとの間には応答関係があった。そうした関係の中で日本の民主主義が作り直されているのが現在の状況だ。こうした応答関係が政党政治の中でもできるのか、選挙の時だけの「お客様」ではなく、常に私たちの代理人である政治家たちを叱咤激励して、私たちの言うことを聞かせる根気強い作業が進んでいると思う。そこに希望を感じる。

◇谷口真由美氏(大阪国際大学准教授・全日本おばちゃん党代表代行)
        「ほんまに知ってる!?憲法と民主主義」

 「全日本おばちゃん党」をフェイスブックに立ち上げた経緯と活動について、「オッサン」と「おっちゃん」、「オバハン」と「おばちゃん」の違いに触れながら、以下のように話しました。
 今の日本の政治は面子や建前にこだわる「オッサン政治」であり、それに対して「おかしい」と言えるのが「おばちゃん」だ。おばちゃんは、「しんどいな」と思うことを次世代に残したくない、そのために何をするか(しないか)を考えことができる。
 最高裁は、「夫婦別姓」を認めていない民法の規定を合憲とする判断を示したが、結婚によって姓を変えたくないという人(女性)の意志は少数者の問題として無視されている。この問題が進まないのは男性中心の国会で後回しにされてきたせいだ。
 憲法について好きな条文を聞くと「9条」と答える人が多いが、私は「99条」だ。国会議員などの憲法尊重擁護の義務を定めた99条は、権力者が暴走しないように憲法によって制止している。私たちが守るのではなく、権力者に守らせるということだ。
 憲法は最高法規であり、これに反する法律や政府の行為は認められていない。選挙の際には、この人に「最高の権力をもつ仕事を与えていいのか」という視点が大切で、候補者が憲法をどう考えているのかを見極めて選ぶ必要がある。そして自分たちの代表者をどう動かすかも考えなければならない。安倍首相が変われば良くなるかという問題ではない。日々のコツコツが必要だ。むのたけじさんは「憲法は普段着でなければならない」と言われた。愛(アモーレ)をもって憲法を読んでいただきたい。

この後、フロアから寄せられた質問に答えながら、二人の対談が行われました。


アンケート抜粋:今の日本政治の底にある「危機」について気づかせ、考えさせてくれた/主権者としてのあり方、あるべき姿・行動について、改めて考えさせられた/憲法をもっと知ることが大切だと思った/憲法への愛、立憲主義とはどういうことか、支持者であることはどういうことか、とても心に響いた/対談形式を取り入れていることはより理解が深まり大変ありがたい、などの声とともに、両氏とも、もう少し講師自身の考えを聞きたかった/質問票の答えをもっと聞きたかった、などの意見も寄せられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2016講座Ⅱ 佐藤優さん「沖縄と日本」

2016年09月06日 | 信州岩波講座
ー沖縄問題は構造的差別の問題ー




 8月27日(土)の講座Ⅱは、佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)が、「沖縄と日本」と題して、およそ650人の聴講者を前に、民族や差別の観点から講演しました。

 沖縄の問題が日本人の間で理解されないことの背景には民族の問題がある。イングランド人やロシア人は、スコットランド人やチェチェン人の独立運動のことを理解できない。日本と沖縄の関係も同様で、多数派は少数派を理解できない。
 1952年のサンフランシスコ条約締結までは、日本全土が占領下で「平等」だった。しかしその後は沖縄が差別され続けている。1952年当時、在日米軍基地の比率は沖縄10%対本土90%だった。現在は日本の面積の0.6%にすぎない沖縄に74.5%もの基地が集中している。
 基地と原発の問題を同一とする考え方があるが、過程が全く違う。原発は一応「民主的」手続きを経て合意の上に成り立っているが、沖縄の基地は強制的に接収されたもので、民意の承認を得ていない。
 米軍属の男による女性強姦殺害事件について、翁長知事はオバマ大統領来日に際し直接訴えたいと考えていた。しかし政府は「外交は政府の専権事項」としてこれを認めなかった。東京で同様の事が起きたらどうなるのか。沖縄人と日本人の命は等価なのか? 沖縄と日本のギャップは広がり、不可逆的な状況になっている。沖縄を犠牲にしてまで日本全体のために働く意思はないというのが沖縄人の多数派になりつつある。日本人の当事者性が問われている。
 
 フロアからは70余りの多様な質問が寄せられましたが、沖縄関連では、「政権の中枢にいる人たちが沖縄問題を理解していない。ここ数年の中央政府の沖縄に対するやり方は余りにも無神経」「地政学的に沖縄基地は必要という考えは全く間違っている」「沖縄の貧困問題は深刻だ。基地を縮小する方が貧困の解決につながる」などと述べました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2016講座Ⅰ 高橋源一郎さん「ことばの復興のために」

2016年09月06日 | 信州岩波講座
「私が考え選ぶ明日」を基本テーマとする第18回信州岩波講座は8月6日に始まりました。


ー「ことばの再定義」が大切―




 講座Ⅰは高橋源一郎さん(作家・明治学院大学教授)が「ことばの復興のために」と題して講演。およそ480人の方が聴講。大学での講義のようにステージ上を移動しながら、ユーモアを交えて語りかけました。

 今の20代・30代の人が野間宏や椎名麟三を知らないからといって驚くことはない。彼らはそうした昭和文学の作家たちが〝存在しない世界〟に住んでいるのだ。しかし、例えばドストエフスキーを学生たちに読ませれば、結構キチンと読んでいることが分かる。あるもの(それは時代によって変わる)を読んで感動するということは昔も今も変らない。
 8月8日の「天皇のおことば」で〝戦後〟は終わり、未知の世界に入っていく。そこで大切なことはきちんとものを考えることだ。他人の言うことをそのまま信用するのではなく、自分の頭で考えること、ことばを「再定義」することが大切だ。「民主主義を守れ」というとき、「民主主義って何だ」というように。憲法をめぐっても9条だけでもさまざまな考え方があるが、やはり「憲法って何」という再定義が必要で、その上で一から考えることだ。
 文学には多様性がある。何も否定しない。それは政治とは正反対の世界だ。戦後は終わるが闘う手段はある。最終的には個人個人の再定義で時代に立ち向かうこと。そこに文学の必要性がある。「ことばの復興」とは、衰えてしまったことばや概念が新しい意味をもつことだ。

 後半の質問に答えるコーナーでは、夏目漱石の評価、オバマ大統領の広島演説、弱者を排除しようとする風潮、若者と政治、立憲主義などの問題について、丁寧に答えていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2016 高橋源一郎氏、佐藤優氏、中野晃一氏、谷口真由美氏の講師陣

2016年06月27日 | 信州岩波講座
第18回 信州岩波講座2016
私が考え 選ぶ明日
8月6日よりスタートします!

 講座Ⅰ 8/6(土)13:30~16:50
     講演:高橋源一郎氏(作家・明治学院大学国際学部教授)
        「ことばの復興のために」
     ・会場からの質問に答えてを中心に
 講座Ⅱ 8/27(土)13:30~16:40
     講演:佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)
        「沖縄と日本」
     ・会場からの質問に答えてを中心に
 講座Ⅲ 9/10(土)13:30~17:00
     講演:中野晃一氏(上智大学国際教養学部教授)
        「危機のなかの希望 立憲民主主義のこれから」
     講演:谷口真由美氏(大阪国際大学准教授・全日本おばちゃん党代表代行)
        「ほんまに知ってる!?憲法と民主主義」
     ・両氏による対談
 会 場 須坂市メセナホール
 チケット 3枚つづり券/¥2500(前売のみ)
      1講座券/前売券¥1000(学生¥500)当日券¥1200(学生¥500)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回信州岩波講座2015報告

2015年10月22日 | 信州岩波講座
第17回信州岩波講座2015は、「未来へ人間らしく―『戦後70年』からの出発」を基本テーマに3つの講座を実施しました。
戦後日本の歩みを支えてきた憲法が、政府によって踏みにじられようとした敗戦後の原点に立ち返り、人間らしく生きられる社会を築くために再出発しようということが、テーマにこめた考え方でした。



○澤地さん 旧満州体験を踏まえて
★講座:講演 澤地久枝氏(ノンフィクション作家)
「希望〟を守る旅」
質問に答えて 澤地久枝氏×工藤信一氏(信毎論説委員)
澤地久枝さんが「旧満州」で過ごした自らの戦争体験を出発点にしながら、民意を全く顧みようとしない現政権の手法に対し、「アベ政治を許さない」と、ノンフィクション作家として歴史を検証してきた立場から厳しく批判されました。
 
○上野さん、金子さん 政策に厳しく
★講座:
講演① 上野千鶴子氏(社会学者)「戦後70年、日本の女性は幸せになったか?」
講演② 金子勝氏(慶應義塾大学教授)「アベノミクスと地方創生は何をもたらすのか」
対談 上野千鶴子氏×金子 勝氏
上野千鶴子さんと金子 勝さんが、学者としての専門的な観点から、「ネオリベは男女格差を生んだ」「安定雇用を保証し、長時間労働をさせないことが少子化対策にもなる」「アベノミクスは破綻する運命にある」「今のやり方で地方は豊かになれない」などと、安倍政治の問題点を明らかにしました。

○山田さん「ちょっと待つ」大切さを
★講座:講演 山田太一氏(脚本家・小説家)「80年を生きて」
質問に答えて 山田太一氏×丸山憲司(信州岩波講座企画委員長)
山田太一さんは、人間と時代の関わりを見つめてきた脚本家の視点から、「不自由さの魅力」や「便利にはなったが余情が無くなった」ことなどに触れながら、効率や経済性ばかりが偏重される世の風潮に対し、「ちょっと待つ」ことの大切さを説かれました。

会場には若い層の姿も 安保法案審議の追い風
3講座ともに、会場からの質問も交えた対談があり、講演を更に深みのあるものにしました。
聴講者は3講座合わせて約2,300人と昨年を大幅に上回りました。安倍政権の横暴ぶりに対する批判が高まる中での開催で、内容がタイムリーだったことも要因の一つと考えられます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回信州岩波講座2015

2015年09月21日 | 信州岩波講座

未来へ人間らしくー「戦後70年」からの出発
第17回信州岩波講座2015 講座Ⅰ(8/9)、講座Ⅱ(8/29)、講座Ⅲ(9/12)から 
 
 澤地久枝さんは、2008年の第10回記念の講座以来2回目の登場である。間もなく85歳をお迎えになる年齢にして大変お若く、元気な、はきはきした声音が会場の張りつめた空気によく溶け込んだ。なによりも普段市民との対話を重視し、数多く積んでいるだけあって一般聴衆に分かりやすい話法がよかった。8月9日講座Ⅰ「“希望”を守る旅」と題して講演90分。730人。
 幼児期に旧満州に渡り、そこで敗戦を迎える。ちょうど8月9日ソ連軍の急襲に遭遇し、身一つで日本へ引き揚げた体験をもつ。出版編集者になってから『人間の条件』を書いた作家五味川純平の秘書を10年経験した。これらの経験はすべて氏の作家人生の肥やしであり、思想の基層を形成している。
 
 忘れられない2008年の澤地さんは「いのちの重さ」を語った。当時若者の間でちょっとしたブームだった小林多喜二の『蟹工船』を紐解いて、さらにイラク戦争やベトナム戦争で息子を亡くしたアメリカの母親たちのその後を辿った。そこで「死者は一瞬に去っていくけれども、残された者の悲しみは無限に消えることはありません」と反戦と平和の尊さを説いたのだった。

 講座Ⅱは、盆過ぎ雨上りの涼しい会場。3回目になる上野千鶴子さんは、大の仲良しの色川大吉さん(歴史学者、90歳)と連れ立ってマイカーで登場。「戦後70年、日本の女は幸せになったか?」が講演の演題。対談は金子勝さん。上野さんの見事な「突っ込み」が(上野さん)らしくて刺激的であった。
金子さんの講演は「アベノミクスと地域創生は何をもたらすか」金子さんも3回目、今回も金子節炸裂である。8月29日開催。930人。
 
 山田太一さんは信州岩波講座初登場。小津安二郎監督の映画作りを紐解きながら、現代社会のあまりにも激しく早い変化のありように警告し、「0.5秒待つ」間合いが人間に考える余裕を与えるとの意を静かに淡々と諭すように語った。「80年を生きて」との題から深く考えさせる講座であった。丸山憲司さん(999)とのインタビュー対談では「若者に一言」と問われ「自分が絶対正しいと決めつけないことが、他者への理解につながる」と、今風の一方的自己主張の危うさに一言。9月12日開催の講座Ⅲ、700人。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州岩波講座2015 澤地久枝氏、上野千鶴子氏、金子勝氏、山田太一氏の豪華講演陣!

2015年07月03日 | 信州岩波講座
信州岩波講座2015
未来へ人間らしく「戦後70年」からの出発 8月9日よりスタートします!

 講座  8/ 9(日)13:30~
     講演:澤地久枝氏 “希望”を守る旅
 講座  8/29(土)13:30~ 
     講演:上野千鶴子氏 戦後70年、日本の女は幸せになったか?
     講演:金子 勝氏 アベノミクスと地域創生は何をもたらすのか
      両氏による対談
 講座 9/12(土)13:30~ 
     講演:山田太一氏 80年を生きて
 会 場 須坂市メセナホール
 チケット 3枚つづり券/¥2500(前売のみ)
      1講座券/前売券¥1000(学生¥500)当日券¥1200(学生¥500)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加