ノーブル・ノーズの花の穴

麗しき本音のつぶや記
~月に1度ブログ~

神様に舌は入れたか、飯島愛

2007-04-26 12:35:39 | 気になる


おそらく彼女は、印象より、頭も性格もいいのだろう。
それでも私は、「タレント飯島愛」の、
あの見た目としゃべり方が下品に思えて、好きになれなかった。

彼女の本は読んではいないが、

「私の舌を入れさせて 神様 おねがい」

という帯のキャッチコピーだけは、すごく良いと思ったのを覚えている。
それだけで「懺悔に近い告白」だと感じさせたからだ。

私にとってはその程度の、「好きでもないタレント」ではあったが、
引退すると聞いた時は、「何で?」と思った。
言えない理由は他にあるにしても、あんなに仕事もあるのに、もったいないって。

忙しい彼女が、「病気が辛い」と言うなら、しかたないだろう。
でも、自分の芸の無さに対するプライドから、
「休養」ではなく、「引退」にしてしまってよかったのだろうか。
才能が無くても、その世界にしがみついている人はたくさんいるのに、ゼイタクな話だ。

特に「ウチくる!?」は、彼女にとても合っている番組だった。
ゲストもリラックスしていて、日曜日の午後に見るには、ユルくて面白かった。

飯島愛のダラダラ感が生かされていた。(笑)

普段、つまらない中山秀征さえ、あの番組なら、ちょうど良かった。(笑)

自分のラッキーを恥じる事はない

彼女が最後に出演した「金スマ」を見ていて、思った事がある。
安住アナなど、若い人が感情的になる中、
假屋崎氏の、よけいな詮索はしない「大人」のコメントに、
ある世界での第一人者としての「深さ」を感じた。

もし、飯島愛が、身近でこういう事を何度も感じていたなら、
自分と比較してしまうのもわかる気がする。
それでも、自分と他人を比較しても、どうなるものでもないし、
一般社会にいたって、「コレ」というものが無かったら、虚無感は同じだ。

「結局、お金持ってるから辞められるんでしょ?」

貧乏な私には、それしか言えない。
今、彼女が求めているものが、「お金では買えない」という事か。

お疲れさま。とりあえず、病気は治してね。
ジャンル:
芸能
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« プラトニック・ラブ | トップ | これがホントの格差社会 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (クニ)
2007-04-26 20:04:17
クニです。
ぼくの拙ブログにトラックバックありがとうございました。
マーブルさんの文章はクールですね。
そのせいか、飯島愛を「好きになれなかった」感がどことなく伝わってきます。
(「嫌い」なのではなく……)

彼女の引退は世間で騒がれていましたが、
ぼくはそのいきさつはいまでもよく知りません。
はたから見れば「あんなに仕事もあるのに、もったいない」と思いますよね。
しかし、やっぱり引退するには公にはしてない理由があるはずで、
そこに他人が無闇に踏み込むべきではないのだと思います。
假屋崎氏が余計な詮索をしないという態度は、
確かに器の大きさのようなものを感じますし、
数週間前に本人を見ただけに、
単にかかわりたくなかったからではないと考えたいです。
あの笑顔は嘘ではなかったと……
遊びに来ました (ロンリン)
2007-04-30 15:02:01
この間は、コメントありがとうございました。
「ウチくる!?」は、私も飯島愛さんの方が良かったなって思いました。
愛さんのブログも気になって見てしまってます。
動画の編集、頑張ってるみたいですね。
もうテレビでは愛さんを見られなくても、動画が見れますからね(^.^)
クニさんへ (マーブル)
2007-05-30 21:26:59
ご訪問ありがとうございました。
あれから假屋崎氏を見るたびに、カッコよく見えます。(笑)
私の文章、クールでしたか?回りが騒ぎすぎだったから、よけい客観的になってしまったのかもしれません。
あれから、飯島愛さんの本を読みました。
あそこまで語る必要あったのかな、と思ってしまいました。開放されたかったのかな…。

ロンリンさんへ (マーブル)
2007-05-30 21:31:34
ご訪問ありがとうございます。
久しぶりに「ウチくる!?」を見たら、飯島愛から久保じゅんになっていたのですね。
全然違った番組のように思えます。つまらなくなった感じ
…。
ロンリンさんのブログ、とても興味深いです。
又、そちらへうかがいますね。

コメントを投稿

気になる」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

愛ちゃん (sakura)
▼実はこれがかなり元気の素なんです… 人気blogランキングへ
引退した飯島愛を見送った“假屋崎省吾”。その翌日は? (クニの部屋 -北武蔵の風土記-)
――花にはマイナスをプラスに転換する力がある。 華道家“假屋崎省吾”さんの言葉です。 人生いいことばかりではない。 悪いこともたくさんある。 しかし、花を愛でる気持ちはその悪いものを、 いい方向に変えてしまう力があると、 假屋崎さんは花のような笑顔で話してい...
ウチくる うちくる (ウチくる うちくる)
ウチくる うちくる