林安直の雑感

長野市の林写真事務所。
建築写真を中心に、いろいろ撮ってます。

戸隠での仕事

2018年12月10日 | 日記

戸隠の旅館改修工事の竣工写真。
昼頃、ちょっと時間が空いたので戸隠神社奥社へ。片道1.4kmの参道。途中の隋神門までは、ミズナラ、ブナ、ダケカンバ、ハンノキなどの林。そこを過ぎると、杉並木が奥社まで続く。シーズンオフなので、人気もなく、とてもひっそり。

参詣の後は、近くの店で天ぷら蕎麦をガツガツ。考えたら、昨日の昼食も蕎麦だった(汗)。

12月も、残り3週間。あと4件の仕事がある。天気が心配だね。

コメント

家族旅行

2018年11月19日 | 日記

この土日、伊勢・鳥羽・志摩に家族で行って来た。天気も良好。家族4人、「楽しかった」「楽しかった」と、何度も言い合った。
走行距離は、870km。一泊二日では、ちょっと遠かった。

「来年は海外に」という話もあり、楽しみ。

コメント

ヤフー ジオシティーズのホームページ

2018年11月13日 | 日記


近所の畑のリンゴ。品種は、なんだろう。

今のところに越して来て、もうすぐ20年。当初あちこちに残っていたモモ、ブドウ、リンゴなどの畑も、もう数える程。すぐ近くにあった400坪ほどの果樹園も、この秋アパートになった。ちょっと寂しいね。



ホームページの話。
「10年ほど前、住宅写真の撮り方」なるHPをヤフージオシティーズで作った。最後の更新は5年前で、まったくのほったらかし。内容も古く、そろそろ削除しようと思っていたら、ヤフーからサービス終了(2019.3.31)の知らせが届いた。
転送とか有料プランなんかがあるみたいだけど、ほっとくつもり。

ジオシティーズには、ブログが普及する前の大量の情報があるはず。ほとんどクズのような情報だろうけど、来春みんな消えてしまうね。

コメント

この頃のこと

2018年11月01日 | 日記


庭のユズ。そろそろ収穫だ。

今朝の長野は、寒かった。初霜初氷だったとか。南牧村(南佐久郡)はマイナス6.2度で、全国最低だったらしい。
遠くに見える北アルプスの山々も、雪で真っ白。いよいよだねえ。

この時期、毎年家族旅行に行く。今年は、お伊勢参りを予定。
家族4人、みんないろいろ忙しいよね。「今年は無理かな」と女房と話していたら、「17日18日に行こう」という息子の提案。で、うまい具合に予定が組めた。早朝、塩尻で娘を拾い、南下して豊橋で息子と合流。そのまま伊良湖岬からフェリーで鳥羽に行くルート。宿泊先は、鳥羽駅近くの旅館。また釣りができるかな。今年は1泊2日だけど、楽しみ。

これとは別に、ディズニーランドという話もある。こちらは、娘の提案。「お金は、私が全部持つ。だから一緒に行こう」とのこと。ディズニーランドねえ。おれは、遠慮しとくかな。怒られそうだけど()
ディズニーランドとは別に、明後日、おれと女房と娘の3人で東京に行く予定。さしたる用はないが、まあいつもの感じ。おれは、また寄席に行こうかな。個人行動ができるといいんだが(汗)。


おれはというと、まあ相変わらずかな。適当に仕事をして、適当に遊んでいる。
大きなニュースはないが、強いて挙げれば…。
 

札幌の友人が花咲ガニを送ってくれた。これがまあ、でかいやつでねえ。ビールを飲みながら、ひたすら食べた。
毛ガニは毎年別なところからもらうけど、花咲ガニは本当に久しぶり。ごちそうさまでした。

我が家は、築18年。遅きに逸した感はあるが、家のメンテナンス(主に塗装工事)。屋根、破風、腰壁、木製建具などを1週間ほどかけて綺麗にしてもらった。
 

恒例の干し柿作り。知り合いの家の柿の木から、350個ほどを収穫。夜、せっせと皮をむき、糸で吊るして完了。
干し柿は、女房の大好物。美味しくできるかな。
ガラス越しに毎日眺めている。 

コメント

グロリア・ゲイナーに耳を傾けた

2018年10月25日 | 日記


ときどき思い出しては、昔の曲を聴いている。というか、新しい曲は、聴かないからね。
今夜は、グロリア・ゲイナーだ。上の曲は、ご存知「I Will Survive(恋のサバイバル)」。いつ頃の映像だろうか。太ったおばさんだになったね。でも歌唱力は、相変わらずだ。



「Reach Out, I'll Be There」は、フォー・トップスの曲だね。1975年の映像らしい。大好きな曲なので、とても懐かしい。
コメント

庭のヒトヨタケ

2018年10月09日 | 日記


18時半頃の様子。カマドウマがかじっているね。


翌朝9時頃の様子。

庭の柿の切り株にツキヨタケが顔を出す。
不思議なキノコだ。夕方近くになると、ニョキニョキと成長する。まるで雨後の筍のよう。でも、翌朝には枯れてしまうだよね。それを毎日のように繰り返す。食用になるらしいが、まったく食べる気はしない。だよねえ。おいしそうじゃ、ないもん。

自慢じゃないが、キノコの食中毒は過去2回。思い出しても、苦しくなる(汗)。 

 

コメント

母校の日芸に行ってきた

2018年09月27日 | 日記

学生時代の友人が久しぶりに集まった。集合場所は、江古田(えこだ)駅。昔の話をしながら、みんなで大学へ。
敷地に入るのは、卒業後初めてのこと。当時の建物は皆無で、すっかり様変わり。写真の辺りは、平和(ピンフ)という雀荘があったところ。懐かしい。当時、喫茶店のコーヒーは、だいたい200円といったところ。雀荘は1時間40円とか50円で、サービスでコーヒーが出ていた。学校に入る前に捕まって、よくここにに連れ込まれたものだ(笑)。

江古田から高田馬場に行き、そこで遅くまで飲み会。その夜は、新宿三丁目のホテルに泊まった。翌朝、新宿御苑をゆっくり散歩。それから、花園神社でお参りし、ゴールデン街へ。昼間のゴールデン街は静かで、ひっそりしていた。そこから区役所の前を通り、歌舞伎町へ。ここも懐かしい。学生時代、何年もバイトしていたからね。

午後は、末廣亭へ。ここは、何年ぶりだろう。やはり懐かしい。


琺瑯製の駅名。もう昔のことだけど、入手方法は人には言えない(汗)。










コメント

9月になってしまった

2018年09月04日 | 日記


庭のキュウリもそろそろ終わり


トイレの一輪挿し


台湾で買ってきたお菓子
 

先月も忙しかっけど、今月もそこそこ忙しい。貧乏所帯だから、頑張らなければ。

昨日は、久々にアジ釣り。朝の4時に起きて出かけたが、釣れるのは鉛筆のようなカマスだけ()。こんなんだったら、まじめに仕事をしていればよかった。帰路、盛んに反省()

女房は、このところいろいろ文句を言う。「どこにも行ってない」「東京にも、行ってない」「大相撲の九月場所はどうしたの」「あの旅行の話は、どうなったの」等々。返す言葉がない。
だからというわけではないが、一昨日の我が家での女子会では、料理などいろいろ手伝った。おばさんの集まりだから、賑やかなこと。お茶会があって、次に句会(お題は、滝と豆)。暗くなるまで大騒ぎだった。

コメント

コレクション 手本引きの繰札と張札

2018年09月01日 | 日記

手本引きは、東映の映画で知った。健さんなんかが出る任侠物だ。

詳しいルールは知らないが、なんか面白そう。丁半サイコロと違って、心理戦みたいなところがあるからね。
使うのは、1から6。変わった札だよね。張り方(配当)は、0.2倍、0.3倍、0.5倍、1倍、1.5倍、2倍、2.6倍、3倍、4.6倍など、本当に複雑。計算が超大変だと思うんだけど、どうやったんだろうね。映画では、お金のやり取りは、なぜかスムーズそのもの。もちろん算盤なんか使っていない()。実際の盆は、どうなんだろうか。

カジノ解禁とか。ルーレット、スロット、ブラックジャックなんかだろうが、この手本引きは無理かな。無理だよねえ。イメージが悪いからね。でも、いちどやってみたい遊びだ。



ずっと昔の話。
あるお宅にお邪魔したとき、玄関に額が飾ってあった。綺麗なんで、おれはつい見とれてしまった。聞けば、「うんすんかるた」だという。不思議な絵柄でねえ。それ以来、この手の札が大好きになった。

コメント

コレクション 地方札 2

2018年08月29日 | 日記

任天堂の赤八(あかはち)。これは、関西・四国方面で使われていたとか。鬼札とかいう札が入り、49枚セット。鬼札って、なにに使ったんだろう。勉強不足で、なにも知らない。おれは、ただ眺めているだけだからね(汗)

この赤八、なかなかいいでしょ。いつか額装して飾るつもり。
額装といえば、本当は、松井天狗堂の手摺りの花札なんかを飾りたい。いつか手に入れよう。びっくりするような値段じゃないからね。それまでは、越後花でも眺めていよう。

松井天狗堂って、平成に入り、後継者がなく廃業。時代の流れだよね。ちょっと残念。
この手の花札は、みんな昭和の遺物になってしまった。

コメント