林安直の雑感

長野市の林写真事務所。
建築写真を中心に、いろいろ撮ってます。

なんとかの証拠

2019年02月14日 | 日記


庭のシモバシラ

先週の金曜日の夜のこと。娘から女房に電話があった。
「体がだるくて、かなり熱がある。インフルエンザかも。明日、病院に行ってくる。はあ、はあ」
結果は、やはりインフルエンザ。病院から帰ると、倒れてしまったらしい。心配な女房は、「塩尻まで看病に行く」と言い始めた。結局、日曜日の昼過ぎ、おれと女房とで塩尻に。で、大量の洗濯物と娘を乗っけて、我が家へ。

おれも女房も、風邪とかインフルエンザにはめっぽう強い。おれなんか、20年に一度かかるかかからないかだ。なもんで、家庭内隔離もなければ、お互いのマスクもなし。昨日、回復した娘を塩尻に送って行ったが、おれも女房もいたって元気(汗)。どういうんだろうね。

「なんとかは、風邪を引かない」という。まあ、そういうことかも(汗)。

コメント

東京五輪の開会式に使ってもらいたい曲

2019年02月07日 | 日記


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」のOST

息子から流行りのライブなんかにたびたび誘われるが、いつも断っている。昭和半ば生まれのおれには、どうもねえ。でも、こういうコンサートなら、ぜひ行ってみたい。多少高くてもね。
作曲は、
川井憲次。歌詞は、万葉集なんかの大和言葉。歌っているおねえさん(おばさん)は、民謡歌手とか。なるほど、着物が似合うはずだ。ソロの熱唱(超短い)は、泣けるぞ。さすが、民謡歌手という感じ。おれとしては、名曲だと思うんだよね。
2020年の東京オリンピックの開会式で使ってもらいたい。AKBとか嵐とか、それから紅白に出てきたなんとかは、勘弁。
 

25年ほど前かな。もっともっと前かな。ブルガリアン・ボイスなるものを知り、CDを2枚ほど買った。不協和音の不思議なハーモニーが、たまらなかった。
おれって、こういう曲が好きなんだね。


昔から太鼓の音が好き。喜太郎のMatsuriもいいね。そういえば、Flower Travellin' BandのSatori Part 2も、大太鼓をガンガン使っていたな。


子供の頃、毎週見てた「新日本紀行」のOP(作曲 冨田勲) を思い出す(涙)


日本のロック史に残る名曲だと思う
 


ついでに、映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の数シーン

コメント

宝物の磨製石斧

2019年01月21日 | 日記

打製の石斧。長さは、12cm〜15cm。


磨製石斧。きれいでしょ。なんて思うのは、おれだけかな。

子供の頃から石器とか土器が大好き。今もたくさん持っている。みな、おれの宝物だ。昔ほど執着しなくなったけどね。

石斧の材は、安山岩、蛇紋岩、チャート、翡翠など。形も大きさもいろいろだが、磨製のものは特に美しい。あんまりきれいだから、「これ、実際に使ったのかな
?」なんて思ってしまう。 

コメント

両国の初場所に家族4人で行って来た

2019年01月14日 | 日記

11時半頃の様子。


ちょっと苦労したけど、初日の正面マス席がなんとか取れた。やはり、初日か千秋楽だよねえ。
初日なんで、休場力士はゼロ。オールキャストは、やはりいい。大関全員と稀勢の里は、負けちゃったけどね。

郷土力士の御嶽海は格下にちょくちょく不覚をとるが、なぜか横綱戦には燃える。いつもなら御嶽海を応援するんだけど、今回は微妙。
先場所なんか、負け越しているのに、千秋楽で高安に勝ってしまった。高安が勝てば、貴景勝と優勝決定戦という場面である。「おいおい」という感じだった。なんか、不運の高安がかわいそう。


今回は、前日の土曜の昼過ぎ、東京駅で家族集合。
昼食後、娘と女房は銀座のデパートへ。
おれと息子は、新宿へ。
息子は、将棋とかチェスが大好き。好きなのはいいが、時々相手をさせられる。これが、苦痛でね。おれが勝つことはないからだ。時々でも勝たないと、面白くないよね。
そんな息子が、なにを思ったのか、碁を始めるという。で、新宿の青山碁盤店に行くことになったのだ。店主と相談しながら、初心者用の碁盤、碁石、碁笥を購入(2万円)。来年あたり、碁の相手をさせられるのかな()。今からウンザリ(笑)。


夜は、ホテル(浅草)近くの居酒屋(
鍋料理とビール)へ。夫婦でやっている小さな居酒屋。9時近く、多分塾帰りの娘が帰って来て、母親と少し喋ると、2階に上がって行った。こういう光景、なんかいいよねえ。
ホテルに戻ってからは、なぜか花札のこいこい大会。花札は息子が持って来た任天堂の新品の大統領(笑)。何度もやらされて、疲れた。
そういえば、映画『サマーウォーズ』。人口知能とゲームで戦う際、ヒロインが選択したのは「こいこい」だったよね。関係ないけど。

翌朝、浅草寺で参拝し、隅田川へ。右岸を南下し、両国へ。歩くには、ちょうどいい距離だ。
とにかくいろんなものを食べた。国技館では、陸奥部屋のチャンコ、各種弁当、焼き鳥、立ち食い寿司など。「ああ、楽しかった」と、みんな何度も何度も繰り返して言っていた。

今度は、どこに行こうかな。

 

 

コメント

長野県最後の渡し舟 千曲川七ヶ巻の渡し

2019年01月01日 | 日記

今年の年賀状は、飯山市七ヶ巻の渡し。流れているのは、千曲川。ここから十数km下ると新潟県で、名前が信濃川に変わる。

対岸が七ヶ巻地区。こちら側の照岡地区には桑名川駅があり、国道403号線が走っている。上流に市川橋があるにはあるが、ずいぶん遠回り。この渡し場から駅までは、歩いて数分。七ヶ巻地区住民の通勤や通学には、欠かせないものだった。

その渡しも、1983年の秋で廃止。時代の流れだね。
運行時間は、朝6時半から夜8時半まで。船賃は、片道20円だった。小屋の軒に一斗缶がぶら下がっていて、それを叩いて船をこちらに呼び寄せた。
船頭は、七ヶ巻地区の人が交代であたった。雨の日雪の日風の日は、特に大変だったろう。

コメント

大好きな曲 サマータイム

2018年12月28日 | 日記


ステファン・グラッペリとマッコイ・タイナーのデュオ。いいねえ。
このサマータイムはいろんなアーティストが演奏しているけど、これはいい。心に染みる。


アンドレア・モティスは、歌手なのかトランペッターなのか。どっちだろうね。まるでチェット・ベイカーだ。
テナーサックスは、スコット・ハミルトン。ピアノもギターも、みんないいね。王道を行くサマータイムの演奏だ。


昔、この曲には驚いた。高校生のおれは、サマータイムがどういう曲か知らなかった。ジャズのスタンダードと知ったのは、その数年後のこと。
ジャニス・ジョプリン、すごいねえ。彼女は、27歳で死んでいる。麻薬の中毒死らしい。「イギリスの音楽雑誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位とか。


ジャズの曲でいちばん好きなのが、このサマータイム。昔から、繰り返し繰り返し聞いている。「自分の葬儀の時は、サマータイムを流してくれ」という評論家がいたけど、いい曲だよね。

貧しい漁師の女房が、子供を抱きながら歌う子守唄。
「夏の間は、暮らしやすい。魚も跳ねるし、綿畑で働ける。父さんは金持ちだし、母さんは美人。だから、安心して眠りなさい」というような歌詞だ。このオペラ、登場人物はすべて黒人。ガーシュインの渾身作だね。

コメント

年内の仕事は、今日で終わり

2018年12月26日 | 日記

12月は、世間並みに忙しかった。特にこの数日。パソコンに向かい、ひたすら画像処理。そして、プリントなど。請求書を添えて、あちこちに納品した。いやあ疲れた。

でも、忙しいのも今日まで。昼頃、年内の仕事は無事完了。お疲れ様でした。ということで、女房とランチ。蕎麦屋にしようかと迷ったが、市内中御所の寿司店へ。この店、馴染み深い建物にあってね。いつも昔を思い出す(涙)。
でも考えたら、寿司は女房と2日前行ったばかりだった(汗)。まっ、いいか。


気になったのが、店内の壁の品書き。アタリメとスルメが並んでいた。気になるよねえ。で、つい聞いてしまった。あれ、どういうこと?
店主曰く。「アタリメは、あの干した硬いスルメを炙ったもの。スルメは、一夜干しを焼いたもの」とか。こだわっているんだろうけど、なんか意味不明(笑)。やはり、おれと同じように聞く客がいるらしい。「こういうことで、会話が生まれるんだよね」とのこと。冗談好きの店主だから、ウケ狙いなのだろう。

「スルメ」のスルはげんが悪いんで、その反対の意味の言葉を当てて「アタリメ」というんだね。植物のアシ(悪し)をヨシ(良し)と言い換えるのと同じだ。「梨」も無しに通じるんで、「有りの実」なんていうね。

一般的にスルメといえば、乾物だ。ケンサキイカだろうがヤリイカだろうがスルメイカだろうが、平たい乾物は、すべてスルメという。まあ、どうでもいい話だけど。
これも関係ない話だけど、生のイカはスルメイカに限る。甘くて食感がいいからね。ああ、また食べたくなった。 

コメント

戸隠での仕事

2018年12月10日 | 日記

戸隠の旅館改修工事の竣工写真。
昼頃、ちょっと時間が空いたので戸隠神社奥社へ。片道1.4kmの参道。途中の隋神門までは、ミズナラ、ブナ、ダケカンバ、ハンノキなどの林。そこを過ぎると、杉並木が奥社まで続く。シーズンオフなので、人気もなく、とてもひっそり。

参詣の後は、近くの店で天ぷら蕎麦をガツガツ。考えたら、昨日の昼食も蕎麦だった(汗)。

12月も、残り3週間。あと4件の仕事がある。天気が心配だね。

コメント

家族旅行

2018年11月19日 | 日記

この土日、伊勢・鳥羽・志摩に家族で行って来た。天気も良好。家族4人、「楽しかった」「楽しかった」と、何度も言い合った。
走行距離は、870km。一泊二日では、ちょっと遠かった。

「来年は海外に」という話もあり、楽しみ。

コメント

ヤフー ジオシティーズのホームページ

2018年11月13日 | 日記


近所の畑のリンゴ。品種は、なんだろう。

今のところに越して来て、もうすぐ20年。当初あちこちに残っていたモモ、ブドウ、リンゴなどの畑も、もう数える程。すぐ近くにあった400坪ほどの果樹園も、この秋アパートになった。ちょっと寂しいね。



ホームページの話。
「10年ほど前、住宅写真の撮り方」なるHPをヤフージオシティーズで作った。最後の更新は5年前で、まったくのほったらかし。内容も古く、そろそろ削除しようと思っていたら、ヤフーからサービス終了(2019.3.31)の知らせが届いた。
転送とか有料プランなんかがあるみたいだけど、ほっとくつもり。

ジオシティーズには、ブログが普及する前の大量の情報があるはず。ほとんどクズのような情報だろうけど、来春みんな消えてしまうね。

コメント