セコロジストの旅の変遷

最初山登り、次が国内中心の旅、その後海外を旅する。頭と体を最大限使って倹約の旅で現在130ヶ国を旅した。65歳から豪華旅

博多発着ロイヤル・カリビアンクルーズ2

2011年09月26日 | Traveling
乗ったクルーズ船は今では小型船に近い中型船の大きさで、特徴はロッククライミング壁がある程度だ。
初めてしたけど1分もかからずに登れて嬉しかった。あまり速いので係員から年齢を聞かれたけど。
理由は簡単で足と手が長いだけの事なのだけど。
この船にはいつもクルーズ中に頻繁に遊ぶバスケ・コートが付いて無く残念だった。

博多でのチェックインの不味さには驚いた。韓国などへ行く国際ターミナルはそれなりのファシリティがあったが、このクルーズのチェックイン場所はプレハブがある程度でほとんど何も無い。
世界の中でも最悪の一つであった。
今回台風で鹿児島行きが変更になり長崎に行った。ここの国際ターミナルは設備も説明員もそれなりに充実していて、出航時には沢山の太鼓での見送りもあって少しは良かった。
但し、スタッフ曰く、入港時にゴタゴタして大変手間取ったとの事。
日本は外国人観光客を呼び込もうと国や地方自治体や業界が頑張っているのに出入国関係を牛耳る官僚共に拒まれた格好なのかも?
しかし今の日本はハード・ソフトとも世界で超一流であるのに博多港のクルーズ客船の建物等はあまりにも貧弱で3等国並はどう考えても摩訶不思議。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 博多発着ロイヤル・カリビア... | トップ | 博多発着ロイヤル・カリビア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。