セコロジストの旅の変遷

最初山登り、次が国内中心の旅、その後海外を旅する。頭と体を最大限使って倹約の旅で現在130ヶ国を旅した。65歳から豪華旅

南米クルーズ21

2008年02月29日 | Traveling
今回の乗船・下船は大変混雑していて、今までのクルーズでは大して待たなくてすんだのが、今回は約1時間ぐらい待たされた。
南米という場所柄か、もしくはクルーズの量が少ないから慣れてないのか、前者の方が強いと思った。

次回のパナマクルーズを乗ると、プリンセスクルーズのカードのレベルがゴールドからプラチナに上がるので、その後は乗・下船時は優先扱いになるので楽になる。
しかし9月のクルーズはホーランドアメリカで違う会社なので関係なく、来年1月のタヒチクルーズまでプラチナカードは使う予定がないのが残念。
コメント

南米クルーズ20

2008年02月28日 | Traveling
下船場所のバルパライソはチリでは有名な観光地であったが、大型のスーツケースを持ってでは観光は無理なので下船したらタクシーで真っ直ぐバスターミナルに行く予定であった。ところが下船してからバスで10分ぐらい別の場所に連れて行かれた。
降りてからタクシーカウンターでバスターミナルまで予約しようと思ったら、20US$と聞いて、高くてよした。
外に出て地元の人に尋ねたらバスターミナルまでここから1分だと、意味は大変近いということみたい。
重いスーツケースを転がし、5,6回道を尋ねて目的地のバスターミナルまで10分ぐらい要してに着いた。歩いている時やバスターミナルにいた時、いろいろな人が声をかけてくれて、みんな親切にしてくれるのだが、すべてスペイン語なのでほとんど分からなかった。

コメント

南米クルーズ19

2008年02月27日 | Traveling
クルーズで一緒になった日本人ファミリー3人の中のお嬢さんが以前に風邪で日本の薬が効かなくて、ドクターにかかって薬を調合してもらったらよく効いたので、行かれたらどうですかと勧められた。但し約200ドルかかったが、しかし保険で全額回収できたとの事。
私の場合、体力勝負で旅行に来ているので何とかなると思っている。しかし興味があった。なぜなら焼け太りになるかもしれないのでドクターの所に行こうかとも思った。
焼け太りの理由はカード保険が3つ入っており、国民健康保険からも日本でかかる分は補助されるので一度請求をしたかったが用意する書類を間違うと面倒なので止した。
コメント

南米クルーズ18

2008年02月26日 | Traveling
プエルトモンの町は漁港で桟橋から町の中心地まで歩いて15分ぐらいである。
チンタラと海に沿って景色を見ながら歩いていたら、大きなマンガチックな男女が座って抱き合っている像があった。なんかよく分からない像である。
前回・今回とチリの町でスーパーや衣類の店など覘いたが物価が大変安く感じた。
買いたくてウズウズしたが、何もまだ買って無い。なぜなら荷物になるのでサンチアゴまで買い物を控えている。
それと風邪で37.5度の熱では町の散策を約3時間しただけで大変疲れた。
コメント

南米クルーズ17

2008年02月25日 | Traveling
プエルトモンが最後の寄港地で次はバルパライソで下船になる。
今回アルゼンチンペソをウシュアイアで使いきろうと思ってたが上陸中止で使えなく日本円換算で約3,000円が残ってしまった。
またチリのペソは持ってなく、次で下船したらサンチアゴまでタクシー、長距離バス、タクシーを乗り継いで予約したホテルに行く予定なのでチリペソがここで入手する必要であった。
ガイドブックでは2人で3,000円ぐらい費用がかかると書いてあった。
クルーズ会社のバスだと2万円ぐらいかかる。
従って余裕を見て6,000円ぐらいペソに変えとこうと思い両替屋とATMに行った。両替屋は簡単なスペイン語で済んだがATMは画面イッパイに10項目ぐらいに分かれたスペイン語が出てきた。適当にボタンを選んで何度もトライしたが、エラーばかりでキャッシングができなかった。4,5箇所のATMを回ったがすべて同じメッセージで使えなかった。
ガイドブックで調べたらForeign cliantを選べと書かれており、
再度ATMをトライ、そしたら画面の一番下の左隅にスペイン語の後にあった。
ATMは旅行ではほとんど毎回利用するが、トラブルはこれで5回目ぐらいになる。
コメント