かーちゃんはつらいよ

特別支援学校中1の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と
本と歌が大好きな高1のみゆみゆを、働きながら子育て中。

○○をまく人

2007年01月30日 21時58分17秒 | ベイビー
先日のこと。
知らぬ間に台所に進入したそうちゃんが、やってくれました。
調味料入れの中に、ごま油を、ジャーッ! 
どんなもんだい!ってな顔をしていました。
すぐにおとーちゃんに叱られ、泣いてましたけど。

そして今朝、先に支度ができたそうちゃん、みゆみゆが着替えている間、玄関でおりこうに待ってると思ったら。
おとなしいときこそ要注意。
なんと、傘立ての奥に隠してあったはずの灯油を見つけ・・・
ポリタンクはさすがに開けられなかったようで、とりあえず手動ポンプを調べたらしく・・・

あー、なんたること。
灯油でできた足跡を廊下にペタペタつけながら、リビングに入ってきたそうちゃん。
顔は『やり遂げた感』なのか、ニッコニコでしたが、その手も灯油まみれ。

クラクラする頭で、とっさに優先順位を考えました。
・まずそうちゃんが灯油を口に入れてないかを確認。
・そうちゃんの手を洗う。
・みゆみゆにリビングから動かないよう言う。
・そうちゃんを抱きかかえたまま、足で雑巾を操作し、床掃除。
・大急ぎで子ども達を保育園へ送っていく。
・一度家に帰り、じょうろで水を流して玄関のお掃除。

ここまで、目がまわる勢いでこなし、精神的にどっと疲れて出勤。
「今朝、大変でしたー。下の子が玄関に灯油まいて・・・。」などと職場の人にグチりながら、な~んか鼻から消えない灯油のにおい。

そういえば、靴下履き替えてくるの忘れた。
実際には、ほとんど靴下は臭わなかったのだけれど、出掛けにその靴下をはいて、足で掃除してきたかと思うだけで、臭うような気がして、ちとブルーでした。

○○をまく人、どうか第3弾がありませんように。
かんべんしてー、そうちゃん。
コメント

母の休日

2007年01月25日 22時52分59秒 | かーちゃんのつぶやき
ここのところ、超多忙です。
目の回るような平日だけではなく、土日もかなり忙しい。

実は「介護支援専門員(ケアマネージャー)」という試験に今年合格しまして、研修に行かなければならないのです。
とりあえず先週、今週の2週連続、日曜日に朝9時半から夕方5時過ぎまで講習会。
そしてそれとは関係ないけどその次の週には、土曜に友人の2次会、日曜は選挙事務で朝6時から夜9時までお仕事、と予定めじろ押し。

たまった家事や買い物を、普段は土日のうちにすましているので、このスケジュールはかなりきつい
その分、平日にしわ寄せがきていたりします。
二人の子どもを夫に託して家を出るのも、後ろ髪引かれるし・・・。

とはいえ、一度家から出てしまうと、なんということでしょう 
背中からヒラヒラと羽が
糸の切れた風船状態(!?)

・一人で電車に乗る
・知らない人と育児以外の話をする
・名駅の本屋で時間を気にせず本を選べる

こんな、独身の頃思いもしなかったようなことの数々が楽しくて。
予定の電車に乗り遅れ、お留守番の夫に迷惑かけてしまいました。
ごめんね、今度はダッシュで帰るから、
と言いつつ、ひそかに次回の研修を楽しみにしているのでした。
・・・ちょっとくらいなら、お買い物してきてもいいよね?
(みゆみゆの「耳触らせてコール」状態。)
コメント

どんな夢?

2007年01月25日 22時38分41秒 | みゆみゆとの生活
昨夜のこと。
夜中に突然みゆみゆがしゃべりだした。
「おとーちゃん、おとーちゃん、おかわり!おかわりちょうだい!」
みゆみゆは元々、寝言をかなりはっきり言う傾向にあります。
「おーかーわーりー ちょうだい!おとーちゃーん!
・・・キレてますか?
あまりしつこいので、適当にあいづちを打つ。
「はーいはい。おかわりだよ。どうぞ。食べていいよ。」
これでまた寝ていくときもあるのですが、昨夜のみゆみゆは違った。

「おとーちゃん!たべちゃダメー!うぇーん!」
「おかーちゃん、おとーちゃんがたべちゃったよー。」
号泣。
一体どんな夢を見ているのでしょう。
しばらくして、今度はやや冷静に
「おかーちゃん、おとーちゃんがいじわるするよぉー。」

「ひどいよー。」
そっくりの口調でへこむ夫。

夜中に起こされた上、全く見に覚えの無いそしりを受け、しかも愛娘に号泣された・・・。
さすがに気の毒でした。

朝起きてから、早速夫は
「みーちゃんどんな夢見てたの?おとーさんなんにもしてないでしょ?」
と恨み節。
みゆみゆは当然知らん顔でした。覚えてないから仕方ないよね。

それにしてもどんな悪夢だと言うのでしょう。
とーちゃんにおかずを取られたことがそんなにも泣くほどのことなの??
みゆみゆの頭の中、のぞいてみたいなー。
コメント

雑費袋

2007年01月17日 19時41分59秒 | みゆみゆとの生活
みゆみゆの保育園では、月のはじめに、「雑費袋」というのを渡されます。
「写真代」「絵本代」「保護者会費」といった類のもので、せいぜい400円くらいです。

一昨日、みゆみゆが雑費袋を持って帰ってきました。
「このふくろに、おかねをいれてもってきてくださいって、せんせいがいってたよ。おかーちゃんにちゃんとわたすんだー。」
「はいはい。」・・・と言ったけど、そうちゃんと二人分の小銭はなかったので、すぐには用意できませんでした。

翌朝、家を出たところでみゆみゆのチェックが入りました。
「おかーちゃん、おかねもふくろ、ちゃんともった?」
「あぁ、今日は持って行かないよ。明日入れてあげるから大丈夫。」
「え。」
(・・・この「え」は頑固に言い張るときのサインです。)
「だって、せんせいが、あしたおかねのふくろもってきてねって、いってたのにー。おうちにかえって、もってきて。」
こういう時は腰をすえて説得にかかります。
「あのね、今日は、お金が無いの。だから持っていけないの。明日、ちゃんと銀行でお金をおろして、袋にお金入れてあげるからね。大丈夫だよ。」
なんとか納得してくれたらしく、それ以上は言いませんでした。

その日の夕方、お迎えに行ったら、先生が教えてくれました。
みゆみゆ、先生に何度も言ったらしい。
「せんせい。みゆちゃんのおうちは、おかねがないのー。だから、もってこられなかったんだー。」
しかも、何回も。「みゆちゃんのおうちには、おかねがないのー」

心配かけてごめんね、みゆみゆ。
コメント

携帯後日談

2007年01月12日 20時47分56秒 | かーちゃんのつぶやき
仕事を終え、保育園に2人の子どもを迎えに行って帰ってくると、大体5時45分。
それからとりあえずおやつを少し与えてNHK教育テレビを見せ、大急ぎで夕食の時間。

みゆみゆは、「ミラクル味美香」(?)というアニメを見終わるとテレビを消して晩御飯を食べる、と勝手に決めているので、6時10分までに夕食を食べ始めなければなりません。
一方そうちゃんは、家に帰ってきた時点で飢餓状態(?)らしく、一刻も早く食べ物をよこせとばかりに「マンママンマ」と言い続けて暴れます。

まさに時間との勝負。
前日の残り物をとりあえず先に食べさせたり、お昼休みに一度家に帰って料理の下ごしらえをしたりと工夫し、夕食は大抵20分くらいで作ります。(手抜きですけど・・・;)
そりゃあもう、大変です。おとなしく待っていてくれるわけではないので。

そんな真っ只中の午後6時15分、一本の電話がかかってきました。

「NTTドコモのものですけど。」
みゆちちはいるかと聞いてくる。
まだ仕事から帰ってきていません、と言うと、ではまた明日かけますと。
ドコモなら、私がこの前契約した件かな?と思って、「どのようなご用件ですか?」と尋ねると・・・

「実は、先日携帯電話をご契約いただいた際にご記入くださったアンケートで、抽選に当選されまして、そのご連絡なんですけど・・・。」
「え?な・・何が当たったんですか?」

「任天堂のウィーです。おめでとうございます。」

やったー!私が毎日頑張ってるから、神様がご褒美くれたのね!!
(いや、神様じゃなくてドコモだし。頑張ってるからじゃなくて旦那が丁寧すぎるくらい丁寧にアンケート書いたおかげだし・・・

今最も手に入りにくいゲーム機。任天堂の社員も買ってはならないという通達がでているらしい、まぼろしのゲーム機。
『欲しいねー。でも手に入らないよねー。買っても遊ぶヒマないしねー。でも欲しいねー。』・・・この会話をお正月にしていたのを、神様は聞いていたのでしょうか??(だから神様じゃなくってドコモだってば

ウィーも嬉しかったけど、「おめでとうございます」「当選されました」のフレーズが妙に嬉しく、「えーっ、ホントですか?ありがとうございます!!」と電話口でテンションあがってしまいました。

電話の子機を手に満面の笑みを浮かべる私でしたが、次の瞬間すごい現実を目にしてしまいました。
そうちゃんが椅子から立ち上がり、食卓にのぼって牛乳パック(1リットル、開けたて)をつかみ・・・
自分のコップにジャー!! 
あっという間にそうちゃんの周りは椅子から床まで牛乳ジャブジャブ池状態に・・・。
「あー!そうちゃん!あー!」
と叫びながら、とりあえずドコモの人に受け取り方法を聞き、タオルでそこらじゅうを拭きながら電話を終えました。

得したのはそうちゃん。
牛乳はひっくり返す、食べ物はぐちゃぐちゃにする、とやりたい放題いたずらをしたのですが、
「もうっ。しょうがないなぁ。そうちゃんは牛乳を飲みたかったのかぁー」と、おとがめなしで済んだのでした。
かーちゃんが機嫌いいって、いいなーと思ったかどうかは知りませんが
コメント (7)

更新

2007年01月10日 22時54分38秒 | みゆみゆとの生活
やっと、「みゆみゆ湯屋」の成長記録を更新できました。よかったらご覧ください。
「そうちゃんパンダ」が見られますよ

1月になり、私にとっての大きな出来事がありました。
それは・・・
携帯電話を変えたこと!!

思えば携帯をはじめて持ったのは約9年前。まだまだうら若きころでした。
夫と付き合い始めて、当時で既に3年(記憶が定かじゃないけど^^;)。
夫は携帯を持っており、私は持っていなかった。
なぜかというと、「携帯電話」なんてものにしばられた生活はしたくない!という信念(?)があったし、
なにより、私の方からは自由に(公衆電話などから)連絡がつけられるので、特に困らなかった。
そんな折、時間にルーズだった(便宜上過去形)私は、何度か連続して待ち合わせに遅れ・・・
必ず10分前には現地にいるきっちりな彼氏(現夫)にマジ説教され・・・
「携帯持て!」ドカーン、と雷を落とされたのでした。

その場では平謝りで「携帯持ちます」と蚊の泣くような声で謝った(たぶん)けど、
実は全然携帯持つ気のなかった私。

違う日に友人とふらりとショッピングをしていて、たまたま携帯の話に。
「私、いい加減携帯持てばって言われてさー。ま、持ってもいいんやけどなー。」
みたいな適当な会話をしていたら、友人が。
「そら、携帯くらい持っとかなあかんやろ。私J-フォンやで。J-フォン同士やと電話もメールも安いで。」
そこにちょうどJ-フォンショップが。
その場の流れでフラフラと入り、そこにあった適当な機種で、即契約。

翌日彼氏(現夫)に、「J-フォンで携帯買ったでー」と報告すると・・・
「なんでJ-フォン?俺ドコモやのに?」
私の行き当たりばったり加減にびっくりした様子。
「だってー、私は私やし~。」とか言ったかどうかは忘れましたが、
そんな具合に、まさかそのまま結婚するとも思わず、別会社のまま時は流れました。

そして晴れて、ナンバーポータビリティにより、私もドコモデビュー。
今回は、夫に連れて行かれたドコモショップで、その場に合った機種を思いつきで選び、夫が全て手続きしました。
悪徳ブローカーみたい・・・

そして手に入れた、新しい携帯電話。
ちょっとどうかと思いながらも、緑色の電話(その色しかショップに置いてなかった)で、ドコモダケのぬいぐるみストラップ付き。
私って、とことんこだわり無いわーと、新しい電話を見るたび実感。

それにしても、新しい携帯の操作が、なかなか覚えられません。
もしかして「ラクラクホン」(高齢者用)にした方が良かったのか??と思うくらいです。
コメント (4)

2007年01月07日 22時25分08秒 | みゆみゆとの生活
朝、雪が降っていましたね。
ようやくみゆみゆの熱が下がり、家族みんなの健康が戻ってきました。
ふぅ。全く、大変な年末年始でした。
あさってからはそれぞれに、保育園・お仕事、頑張って行くぞー!

ところで「耳」後日談。
耳騒動でかーちゃんと大喧嘩をしたみゆみゆ、なんと次の日寝るときに・・・
「みーちゃんは おかーちゃんのみみ、さわらないよ」 と宣言。
どーしちゃったの?いいの?ほんとに?
と食いつきたいところですが、ここは努めて冷静に。
「ありがとう。お耳触らずに寝てね。」

やっと私にも平和な夜が訪れたのね・・・
と思ったのは一日だけ。
翌々日には・・・
「おかーちゃん ちょっとだけ みみさわるわね。」微妙に名古屋弁。
速攻で拒否する。
「えーいやだ。耳触ったらかーちゃんは泣くよ。」
「ちょっとだけだからね。」既にみゆみゆの耳が私の耳たぶに。
本当にイヤなので、泣きまね。
「えーん お耳触られるのはイヤだよー。」
そんなことくらいでは引き下がらないみゆみゆ。
「おかーちゃん、だいじょうぶ?ちょっとだけだよ。がんばってね。」
・・・これって注射する看護師さんのマネなの?なんとなく『上から目線』なんですけど、気のせい?

ともかく、結局はみゆみゆの手が私の耳から離れることはなく。
(むりやり引き剥がすと大きな声で泣く。)
元通りの習慣が帰ってきました。
みゆみゆが大人になるころには、懐かしく思い出すのかなー、こんなことも。
コメント

それでも耳が好き

2007年01月04日 22時13分49秒 | みゆみゆとの生活
「おかーちゃんの耳がさわりたいよー」
を、今隣の部屋で叫んでいます。うちの娘。
しかも、いろんな言い方を試している

「おかーちゃんのみみがさわりたいよー」早口。
「おかーちゃんのみみがいーい!」お怒り。
「おかーちゃんのみみがさわりたいなー」少し低姿勢。
「みーちゃんなんかいもいってるんだけど。」半ギレ。これが10回に1回くらい入る。

やんだり、再開したり、大きくなったり、小さくなったり、お経のようだ。
みゆみゆはあきらめない性格だからなー。

でも、もうしばらく放っておくことにします。

今日は昼寝をしなかったのですぐに寝るだろうと7時台に寝室に上げ、
いつものように、本を読み、CDを聴き、少しお話をし・・・
寝ない。
「もう寝なさいね、おかーちゃんはご本読むから。」と私は勝手に読書。
でも寝ない。

そしてこの間3時間近く、耳を触られ続け・・・
左耳の感覚がなくなってきた頃、私の堪忍袋は音を立てて弾け飛んだ!
もういやだ、1分たりともこれ以上アンタに耳は触らせない

なんでそんなに瞬間的にイライラしたのかわからないけど、ともかく涙がどんどんあふれてきた。
「いい加減に寝なさい!おかーちゃんはもう、みゆみゆに耳を触られるのがイヤだ!」と叫んだと思う。

みゆみゆもびっくりしたかもしれない。
私も自分でちょっとびっくりした。
でも、3時間耳たぶを触られ続けると、こうなってしまうものなのかもしれない。
ごめん。

ともかくクールダウンだ。私も、みゆみゆも。
女チームは互いに、ストレスがたまりすぎている、きっと。
クールダウンが必要なのよ。一人になる時間が。

とまあ、こうしてパソコン打っている間に私も少し落ち着いてきた。
みゆみゆの声も、聞こえなくなりました。
あきらめて、寝た、かな。
かわいそうだから添い寝してあげようかな。耳はガードして。
コメント

あけましておめでとうございます

2007年01月01日 11時23分47秒 | みゆみゆとの生活
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ってな言葉も出ないくらい、のどが痛い!!
体調絶不調のみゆははです。

年末、そうちゃん・みゆみゆに続いて私までも風邪菌にやられ・・・。
いつものように1日で下がるかとタカをくくっていたら、はや4日目。
長引いております。これも寄る年波というやつでしょうか。

昨日、おおみそかは、朝熱が無かったので予定どおり仕事に出かけました。
おおみそかに役場の日直!(留守番みたいなもの)
これは、寒さとの戦いです。
当然暖房は付いておらず、お客さんは1日で約5名。
時間の経つのが遅いこと遅いこと・・・

それでもイスに座って一日過ごせたのですが、
帰ってきて熱を測ったら39.1度でした。
体温計見て、即ダウン

そんなこんなの年末。
やっぱり健康が一番!と思い知りました。

ところで年賀状が遅くなってしまってごめんなさい。
一部の方には、まだ届いてないと思います。
体調不良だったということで、お見逃しを・・・。

正月早々、不健康話題でごめんなさい。
今年は元気に過ごしたいと思います。
細く長く(弱気)、みゆみゆ湯屋も続けていきますので、よろしくお願いします。

最後に、今年一年の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
コメント (5)