憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

Q&A マークレビンソンの修理について・・追記記事(再掲載)

2017年10月09日 | Q&A

Q&Aではないのであるが・・

同じメーカーのものに対して

まだ、メーカーがみてくれるので

と、アドヴァイスをしたことがあった。

それから、2~3年たったろうか?

あちこちのメーカーサーヴィスが

撤収をくりかえした。

その思いが大きかった。

まったく意識せずマークレビンソン37Lを開けてみて

高橋が唸った。

コンデンサなど一部直している・・・

それも、ちゃんとしたものに・・・

そこで、やっと思い至った。

まだ、マドリガル社はみるんじゃなかったっけ?

と、高橋がいいだす。

マークレビンソンでしょ?

と、たずねると

機器を作った会社だという。

当方のプロシードもマドリガル社のもので

ほぼ中味は37Lと同じものだという。

 

なんか、ずるくない?とつぶやくと

同じところで作っているから、

そんなもんだよと笑う。

はっきり確証がないが、

コードとYBAとFUSIONの内部機構(考え方・センス)は

非常によくにていて

同じ技術者の手によるものではないかと思える。

車でも、某社の車とほとんど同じものを他社が名前を変えて

出している。

致し方無いと納得することにして

そのプロシード。

変更3まで行う前の21LTDより音が良かった。

むろん、プロシードの中は高橋が触っているのと

オデオンAGという優れたDAC(24ビット)(むろん高橋監修)のおかげもあって

21LTDを超していたと考える。

このプロシード・・が37Lとほぼ同じであるのだ。

そして、トランスが37Lより、大きい。

余裕があるせいもあって、音域エトセトラ、37Lを上回っている。

(高橋の音質改善などの手が入っていることも大きいだろう)

音色は、同じ傾向である。(あたりまえか・・・)

が、このことで音の違いを感じる人もいるのだろう。

ブログに揚げたプロシードを観た人から

「譲ってくれ」という話が3件ほどきた。

あまり知られていないのと、

外観はプロシードの方がぼろい。

と、いうのがあって、

日本での存在も少ないのだろう。

で、なければ、3名も譲らないかと言ってこないと思う。

 

話戻して37L

当方で

No.30.6 

No.35L 

とを、直しているのですが

片一方はまともに治ってこなかったということと

片一方は高橋の腕を見込んでくださっていたので(両方ともだね)

当方で直したわけですが

以後の問い合わせについては

マークレビンソン社にてなおしていただいたほうが良い。

IC/LSIの問題があり

当方が触るとメーカーはサービスを断ってくるということになるため

もしも IC/LSIなど一機にひとつしかないものが壊れた場合

同じ機種(ジャンクなどでIC/LSIが活きているもの)を購入するしかなくなる。

(手に入らない可能性も大きい)

このことがあって、

メーカーがサービスを行っているものは

もしもの際はそれでも良い

という、覚悟で当方に依頼して頂く事をお願いしている。

で、それから、2~3年たち

上に書いたように、すっかり頭からとんでいたのと

逆に、あえて依頼してくるのは、

サービス終了に成った場合が多く

(YAMAHA CDX10000など、7台くらい、一回の受付でなだれ込んできた。

そういういきさつもあり、意識が薄れていたと思う

おまけに代理の方でも、メインブログの方でもQ&Aにかいていたので

そのあたりは浸透しているという大雑把な把握もあり

なおさら、意識が飛んでいたと思う)

そして、蓋をあければ、あらら・・・

やっと、思い至ったという・・・

もうしわけないことだけど・・・

急遽、メーカーでみてもらえるか・・

確認していただきたい。

と、言う事に成った。

いろいろ、保証書などの条件があり

みてもらえるかどうかはわからないし

診てもらえるとなって、

どうされるかはオーナー様が決定する所ではある。

が、IC/LSIのまさかのことを考えると

当方でおうけするのもためらいがある。

 

ネットをぐぐると

マークレビンソン社の修理は高い。

と、迷われているものもある。

当方で直したものも

かなり金額が高かったにかかわらず

治っていなかった。

そして、そのあたりでも、業者とメーカーの確認がうまくいかず

日本から海外に送って

それをまた日本に返して・・というその日数の問題もあり

業者の方がすでに金を支払ったとかでうやむやになったらしい。

(もしかすると、違う修理屋さんにでもだして、利ザヤを取ってしまったかと邪推するのであるが・・)

その金額は、中古のかなり良いものを購入できるような金額だったと思う。

(修理内容にもよる)

 

こういう近さがないという難点があり

当方に依頼された時は

「そんなに安くて良いのか?」と驚かれていたくらいだから

まともに治らず、高いのなら

LSIのことなど度外視する気になったと思う。

 

そういう事情もあり、

(それが、本当にマークレビンソン社におくられたのか、定かでないし

治ってないのに、金を返せない。もう一度見ますと対処しないのも妙な話なので

かたられたか?という思いもする)

海外メーカーに送るというのも、難しい問題がある。

まだおかしいですよとなった時に

国内なら3日もあれば解決するし

航空便など使うのであろうから、

輸送の距離も長く、どういう扱いになるかわからない。

当方であれば、ヤマト便にて保証をいれて返送しているし

輸送事故があれば、

ちゃんと直した証拠に成る写真もあるし

即、当方で事故部分を直してと言う事が出来るので

輸送事故部分の心配はない。

どちらの方を選択されるかは

ご本人の決定でしかないが・・

やはり、LSI/ICのことを考えると

メーカーに依頼するのがベストだという思いはする。


追記:

連絡がありましたので

メールから拝借です。

 

年末に代理店ハーマンへ送りましたが、そっけない対応でした。

 

・手持ち機材(CD-Pro2M,Cap)は交換できるが、その他は代替品がありません。

 

・発売後時間が経過しているので他の不具合には対応できません。

 

・修理費も高額となるので修理は再検討しては?

なんとも言葉がありませんね。(異口同音です!(代理))

と、いうことで、

音質改善の方もと言う事に成りました。


的確で緻密なトレースをおこなう音造りなので

当方では、アンプなどの確認用に

プロシード(37L同等)を使っていました。

音質改善は、良いですね。

さらに音域がひろがり

貴重な1台に成ると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 21LTD/850LTDの変更(1,2... | トップ | WADIA6LTD-blueの凄さ・・2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Q&A」カテゴリの最新記事