QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

同軸トラップの制作

2014-06-19 | Etc.
昨年作った1.9/3.5/7Mの3バンドトラップDPは大変良い働きをしてくれ、3月のTKI、4月のWK両testで納得のいく結果とつながった。

しかし、このDPは全長が50mくらいあり、普段の移動で使用するとなると、さすがに展開できる場所が限られてしまう。かといってあまり短縮してしまうと、当然ながら飛びが悪くなる。

ということで全長を40m以下にすべく、10Mトラップの追加して10Mにも対応させ4B-DPとし、さらに1.9Mにはコイルを追加して、もう少し短縮化を計ることにした。

ただ、現用の3B-DPは、広い場所での展開用にそのまま置いておきたいので、これに手を加えるのではなく、もう一セット新たにトラップを制作した。
・上の写真は左から、3.5Mトラップ、7Mトラップ、10Mトラップ、1.9Mコイル

今回は同軸にRG-142を使用。この同軸はフィルターでも作ろうと以前から持っていた物を流用したまでで、移動用にはオーバースペックではあるが、新たに同軸を購入するのも無駄と思ったからだ。ただ、耐圧は申し分ないが、テフロン同軸なので堅くて巻くのに苦労したのは言うまでもない。

今週末はAACWで全く時間がないので、来週末にでもエレメントを付けて、調整する予定。現用の3B-DPは同軸に1.5D-2Vを使ったので軽くて良かったが、今回作ったトラップは、それに比べると重いので、展開した際に多少垂れると思われる。

ちなみに、使用したRG-142の実寸(コンデンサとして使用した長さ、調整後)は、
 10Mトラップ(f=10.125) 実寸113.3cm (計算値116.30cm)
 7Mトラップ(f=7.025) 実寸151.5cm (計算値155.74cm)
 3.5Mトラップ(f=3.520) 実寸276.0cm (計算値277.97cm)

もし、直径60mmの雨樋にRG-142を巻くのなら、この寸法でいけると思います。
上記の計算値は、「Coaxial Trap Design」で計算した長さ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今週末はJARLメジャーAACW | トップ | AACW »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
データUPをお願いします。 (JR2MIO)
2014-06-20 21:29:29
3BANDトラップDPが活躍しているようで、うれしい限りです。
確かにあのアンテナは長すぎるので、こちらも設営場所に苦労することが多いです。
もうちょっと短く出来たら・・・と思っていましたので、完成されましたら1R9のコイルを含めぜひデータUPをお願いいたします。
Re: データUPをお願いします。 (JS3CTQ)
2014-06-21 01:46:25
MIO局、こんばんは。
おかげさまで3B-DPは調子がよいです。
今回制作の4B-DPは来週末に雨が降らなければ完成予定なので、データ公開します。上手くいくとよいのですが。
なお、1.9Mは短縮率が50%を超えてしまいますが、DXQSOは想定していないので、帯域は5kHz幅とれれば良く問題ないと思われます。
問題は各バンド(10M以外)の飛びが3B-DPと比べてどの程度悪化するかです。

コメントを投稿

Etc.」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事