QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

Moppy & Hapitas

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

8N23WSJ

2015-07-31 | Etc.
本日、見学させてもらったボーイスカウト世界ジャンボリーの記念局8N23WSJの様子です。
外国人が英語でCQを出しても応答率がよくありません。
彼らは多くの局とのQSOを望んでいます。英語だからといって遠慮せずに積極的に応答しましょう。
コメント (2)

IOTA testのログ

2015-07-29 | Contest
本日、IOTA testのログを提出したので、そのついでにと、提出したキャブリロログをIOTAのサイトにアップロードしようとしたところ、2015年のログはまだ受け付けていなかった。注意書きを読むと、コンテスト終了後1週間程度待てとのことなので、来週になりそうだ。

現時点では2004-2014年のログを受け付けていたので、当方がIOTA testに参加した、2007 2008 2012 2013年の4つのログをアップした。4年ともすべて部分的なお気軽参加で、わずかな局数しかやっていなかったが、それでも合計でちょうど50個のIOTAが増えた。

もし2015年のログであと40個増えたら、来月のハムフェアで1枚のQSLカードも提出せずに、規定料金の支払いだけでIOTA200の申請ができるが、2015年も部分参加で145Qしかやっていないので、40upはちと厳しいかな。来年は、この週末は仕事をすべて排除して、ぜひとも全力参加したいものだ。
コメント (2)

焼肉FD

2015-07-27 | Contest
今週末は、6月の沖縄移動で失敗したIC-703でのフィールド運用をリベンジするため、FDに参加します。

とは言ってもメインはBBQなので、日曜の朝自宅を出発して新設のモーニング部門にエントリーし、2時間程度のテスト運用になる見込み。

FDといえばやっぱ焼肉でしょっ。



コメント (4)

IOTAコンテスト

2015-07-26 | Contest
IOTAアワード用のLoTWは無いが、IOTAコンテストでのQSOで獲得したIOTAポイントは、QSLカードを回収しなくても、ログをアップロードするだけで良いということをつい最近知った。極端なことを言えば、このコンテストで100IOTAとQSOすることで、QSLカードを1枚も回収することなく、アワード申請が可能となる。

つまりIOTAコンテストでがんばれば、QSL回収のためのSASEなどが不要となり、安価にポイントを確保できるのである。というわけでこのコンテストに参加した。とはいっても出られたのは昨晩寝るまでと、本日帰宅後の19時過ぎからの短時間だったため、たいした局数はできていない。

というか、本コンテストに参加した目的はIOTAポイントのアップである。そのため、全QSOの8割方はS&Pだった。さらに(入賞を目指す参戦では考えられないが)、珍しそうなIOTA局のパイルには積極的に参戦してしゃかりきに呼んだ。当然効率は上がらず、スコアが伸びないのは承知の上だ。

今回はこれで良いのである。欲しいのはIOTAポイントであり賞状ではない。JH3とミスコピーされた場合は、100%修正したのは言うまでもない。相手のログにきちんとJS3CTQと入力されていないと、ログがマッチしないのでIOTAのポイントにならないからだ。

さて、本日は朝から明石に出かけ8N100ICT/3の運用を見せてもらった。高校年のOPが大人顔負けの運用でパイルを捌いていたのが印象的だった。将来有望である。当方も1200-1230j頃に30分程度運用もさせてもらったが、あいにく7Mのコンディションが良くなかったのが少々残念だった。

でもまあ、皆様もご承知のように、アマチュア無線はコンディションの変化に左右される不確実な通信がおもしろいのであって、携帯電話のように100%つながっては逆におもしろくないのである。
コメント

SW車両積載スペースの予約完了

2015-07-23 | Portable
今年のSWは、44010A村にJCGサービスに行ってくる予定だが、本日、大阪-門司間の行き帰りのフェリーの予約が完了した。

なぜまたフェリーかだが、6月に北海道に移動に行った際、行き帰りのフェリーの快適さ思い知ったためである。これまでの九州の島移動では、特に帰路、疲労困憊の中、自走して23時か24時頃帰宅し、すべて翌朝出勤というハードスケジュールをこなしてきた。

しかし自走の際の高速代+燃料代に少し足すだけでフェリーで帰ることができ、風呂にも入れるし、アルコールの摂取も可能である。計算したら大阪から門司まで自走すると、ETC休日割引を加味して燃料代込みで片道大体14k円かかるが、フェリーなら割引込みで17~18k円(2等の場合)だ。

つまり3~4k円足すだけで、運転しなくて済むだけでなく、風呂、ビール、十分な睡眠が確保されることになる。さらにPCでネット接続すれば、メール対応、BLOG更新なども当然可能になる。万一ネット接続できなくてもログの整理くらいはできる。

行きは疲れていないので自走でも良いが、今回は体力温存のために往路もフェリーの予約を入れた。

●44010A村移動運用
・9/20夕刻~9/23午前
・1.9~430MHz + FO29
・CW/RTTY/(SSB/PSK31)
 バンド、モードは当日お気軽にリクエスト下さい。
 もしCW/RTTYが呼ばれなくなったらSSBにも出ます。
 AS012は雑魚なので、国内SVCがメインになるかと思います。
 目標2kQ。
コメント (4)