QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

Moppy & Hapitas

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

TX5K

2013-07-30 | QSL
今年3月に敢行されたTX5KのQSLカードが届いたが、11QSO中の4QSOしかデータが載っていなかった。念のため、再度Club logで検索したところ、logにはちゃんと11QSOが載っている。大変がっかりしたが、クリッパートンはすでに1.8~28Mの9バンド3モードCFM済みなので、今回のTX5Kでのニューはなく、とりあえず紙QSLは入手できたんだから、まあいいかという気に一旦はなった。

しかしよくよく考えてみれば、こちらはOQRSできちんと正規料金を支払っているんだから、貰うものは貰わないとおかしい。という訳で、さっそく写真の画像を参考に添えて、クレームのメールを送っておいた。

コメント

BD test 2013

2013-07-29 | Contest

今年は自身初の連続優勝を目指して気合いを入れて参戦した。まずはIOTA testでちょいと肩慣らしをと思い、前夜の23時頃にCQを1発出したら2時間以上呼ばれ続け、さらに途中は結構なパイルでうれしい誤算となった。(ただし、このTESTはNRが長くてかったるいので、本気でやる気はなし)

日曜1230jになり、7Cでスタートしたが、強力な局しか聞こえない。とりあえず1発目にFIU局を呼んだ後にRunning開始。パラパラと呼ばれ始めた。BD testは、いつもそうだが、パイルになることはなく、多くても同時に3局程度なので、ウハウハではないが、気持ちよくRunningできる。

30分程度で7Cが枯れ、一巡だけS&Pを行ってからSSBにQSY。しかしSSBは30分も持たず。その後ハイバンドにQSY UP。6エリアと8エリアはEsが出ている様子で強力だ。また6、8以外もScで聞こえ、順調にマルチが増えていく。

このTESTはマルチがQTHに無関係のため、バンドが替わるとはじめの10局くらいはほとんどマルチになる。14/21/28を何度も行ったり来たりして、相手局の協力もあって、順調にマルチが増えた。

最後は7Sでフィニッシュと思ったが、1515j位に枯れてしまい、CQを7 8回出したが応答がないので、7C 3R5CでS&Pして終了。2009年に出したベストには届かなかったが、10k点を超えてまずまずのフィニッシュとなった。

・2007年 89Q 62multi 5,766pts
・2009年 158Q 86multi 13,588pts (主催者によるとこれがSOABMIXの現レコード)
・2012年 154Q 48multi 7,392pts
・2013年 149Q 69multi 10,557pts

今年は、6年ぶりに同じ誕生日の局と1Qできた。2007年の時は電信だったが、今年は電話(7S)だったので喜びが言葉で表現でき、感激もひとしおだった。

最後になりましたが、お相手いただきました各局、ありがとうございました。

なお、IOTAの方はこんなもんでした。


コメント

アワード申請

2013-07-27 | Award
8月末を期限(自己目標)としてに、毎晩コツコツとQSLチェックを進めていたWASA-HFだが、手持ちの全ての紙QSLは気合いでチェックを終え、次にeQSLのチェックへと進んだが、さすがに枚数(データ数)が多すぎて苦難を極めた。

とりあえず8000ptsを越えたところで、キリもいいのでここで止めようと思ったが、よく考えると8000ptsだと2枚目の台紙にステッカーをちょうど貼り終えるところで終了となる。

どうせならあと100pts積み増して8100ptsにすれば、3枚目の台紙がもらえる(ハズ)なので、さらに気合いを入れてポイントになるeQSLを探していった結果、8100ptsをオーバーしたので、ここでギブアップとした。

残り(未チェック)のeQSLはまだ20,000枚以上あるが、さすがにもう限界だ。おかげでここ2~3ヶ月ほど、自宅からのQSOがほとんど進んでおらず、さらに7/15からはJAIAアワードが始まりポイントサービスを行わなければならないので、カードチェックにこれ以上時間を割く訳にはいかない。

ということで、ここで打ち切りとし、下記アワード3枚を申請した。

・WASA-HF 8,100 (紙QSL全チェック済、eQSL約20,000枚残し)
・WASA-VUSHF 900 (紙QSL、eQSLとも全チェック済)
・JCA 12,000 (紙QSL全チェック済、eQSL約20,000枚残し)
WASA内訳

1.8M 387
3.5M 565
7M  1302
10M  390
14M 1623
18M  483
21M 1630
24M  438
28M 1283
SAT    3 (RS12-K)
計  8104

50M  229
144M 378
430M  41
1200M 10
2400M  8
SAT  255
計   921


コメント (2)

TQSL1.14.1

2013-07-22 | DX
ここしばらくLoTWにログを上げてなかったので、本日UPLOADした。その前にTQSLの最新バージョン1.14.1をダウンロードしてインストールしたが、この1.14.1は、なんと1発操作でADIFを変換してそのままARRLのサーバーにUPLOADできるようになっており、非常に便利だ。

実はこの話をCQ誌8月号で読んで、じゃあやるかと思いやったみたが、すこぶる簡単になった。従来はこれほど簡単ではなかったため、1~2月に1回しかUPLOADしてなかったが、こんな簡単になったんなら、今後はコンテスト終了毎にUPLOADしようかな。
コメント (4)

軟弱移動隊

2013-07-20 | Portable
今日は14/21/28Mのアンテナのプレテストのため、移動運用に行ってきた。来月頭のFDで実戦テストする前に、まずは根本的に動作するかどうかを確認するためだ。移動隊といっても隊員1人だけの移動である。行き先はCQ誌8月号の付録に載っていた奈良県の定番移動地である御杖村のポイントだ。

この付録に載ったので、競合局がいるかもと思ったが、さすがに雑誌発売の翌日に移動する局もいなかった模様で、パッティングが無かったのが幸いである。

現地にはちょうど12時頃に到着したので、速攻でANTだけ建てて、まずはスタミナ確保をと、夏期移動の定番である七輪焼肉をスタート。今日はちょっと高級な和牛を焼いたので、脂肪部分がとろけてさすがに上手い。ビールも進んだため酔っぱらいとなり、肉を平らげた後は必然的に、冷房の効いた車内で昼寝時間と相成った。

気持ちよ~く昼寝した後、いよいよANTのテストを行った。このANTは元々4エレだが、部品をいいと取りしてラジエーター部分の2エレを再現したものだ。まずは取説の寸法どおりに組んで見たところ、3バンドともローエッジ近くでSWRが1.0~1.1となり、トラップが4個とも生きていたことが確認できた。

その後は、共振点をバンドセンターに移動すべくキャパシティハットを調整した。なんだかんだで、炎天下の元、10回以上ポールを伸縮させたのでヘトヘトだ。さらに今日は軍手を忘れたため、ポールのリングを締める際、だんだんと手が痛くなり、苦痛になっていった。

結局、このANTは短縮率が大きいため、ハンド全域をSWR1.5以下に調整するのは無理で、CWかSSBのどちらかを優先せざるを得ないことが解り、コンテストも含めて考えても、移動でSSBに出ることは今後もあまり無いだろうと判断し、CWバンド全域が最良になるように調整した。


納得いく調整ができたときには、もう1630jになっており、ヘトヘト+汗ガンガンで運用よりまずは温泉だということで、調整電波を発射しただけで1Qも行わず、ANTを全部撤収して車で5分のお亀の湯(YU3053)に直行した。この温泉は、非常に珍しい「加水加温無しの源泉掛け流し」で、ぬめりのある泉質も重なって、当方の最もお気に入りの温泉の1つだ。加水加温無しのため、季節によって湯温が変わるが、今日はちょうど良かった。

小一時間温泉でゆっくりした後は、もう運用する気も起こらず、併設された食堂で夕飯を食い、キャリーを聞きながら帰途についた。

というわけで、今日は移動運用に行ってアンテナも建て、トラブルも一切ないのに、1Qもせずに帰ってくると言う軟弱移動だった。とはいえ、空気のきれいな高原で上手い肉を食い、アンテナも完全に調整でき、最後はお気に入りの温泉に浸かって充実した1日であった。
コメント (6)