QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

Moppy & Hapitas

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ARI EME test

2015-04-27 | Contest
先週末は出張のためALL JAには参加せず、主題のtestにちょろっと参加しました。
結果は144M-14Q、432M-2Qで、得点はまだ計算していません。(入賞は100%無理だし)

432MのEMEは途中でANTが故障していたこともあり、2013年11月以来約1年半ぶりの月見交信となった。
上の画像はSKDでQSOしたES3RF。

コメント

GW移動運用に向けたテスト運用

2015-04-26 | Portable
昨年11月頭の38003P移動運用から約半年間ATU(AH-3)を使用していなかったので、GW移動運用に備えて本日テスト運用を行った。

もちろん先日購入した新のバッテリーのテスト運用も兼ねてだ。約3時間運用して特に問題は発生しなかったので、GW移動運用が楽しみだ。

コメント (2)

S/N -32dB

2015-04-25 | Contest
今日は出張から帰宅するのが遅くなりオールJAに間に合わないことは想定済みで、当初から出る予定がなかったが、代わりにARI EME testにちょろっと出てみた。

我が家のMoonset間近、今日はもう終わりかなと思って、そろそろCQを止めようと思ったら、なんとS/N-32dBでLZから呼ばれた。そくさま応答したものの1発でROが返って来ないし、途中で月が沈んでコンプリートできないかもと思ったが、6分後に-30dBのROをかろうじて受信、直後にRRRを送り込んでかろうじてQSOが成立した。

-32dBだと同期信号のラインすらまともに見えないが、もしかしたらと思って念のためクリックして良かった。

コメント

バッテリーの入れ替え

2015-04-20 | Portable
GWの移動運用に際して、愛用のディープサイクルバッテリーを入れ替えることにした。

従来のバッテリーはちょうど丸々4年間使用して(おそらく5~6万局と交信し)、容量がスカスカになってきたので、最後は運用ではなく、カップラーメンを食うための湯沸かし用電源として使っていたが、このバッテリーを先週末に金属買い取り業者に売却した。するとまたまた買い取り価格が値上がりしておりなんと100円/kg。売却したバッテリーは21kgだったので、2100円で売れた。

その夜は同タイプの新のバッテリー(G&Yu SMF27MS-730、105Ah)をネットで発注した。本日発送したとメールで連絡があったので、おそらく明日くらいに届くと思われる。もう1ランク容量の大きいタイプ(115Ah)への入れ替えも考えたが、今のタイプでさえかなりヘビーで、車への積み卸しにいつも不便しており、これ以上重くなると非常に困るため、容量アップは断念した次第。

新であれば、50W運用で8時間くらいは持ったはずなので、GWの移動運用では夜間にフル活用するつもり。(日中はエンジンかけっぱでこれを毎日充電しながら、車載バッテリーで運用します)
コメント (2)

無念 EA8TJ

2015-04-19 | EME
今夕帰宅してWJSTを立ち上げたら、月のELが11度あり、6度のMonnsetまで5度ほど残っていたので、急いでANTを月に向けた。今日は新月なのでノイズレベルが高いが、まあ1局でもできればラッキーといった具合である。

10度くらいからCQを出し始め、ほぼMoonsetの6度になったとき、なんとEA8TJから呼ばれた。EA8はちょうど5年前の2010年4月に1度だけ別の局のCQをとらえたが、その時はこちらの波が届かなかった悔しい思い出がある。


そもそもEA8-JAは距離があるので、良好な共通窓があるのは、1ヶ月のうち1週間くらいしかないという狭き門である。上画像で交信できなかった後の5年間は一度もEA8の信号をとらえられたことが無く、もし今日釣り上げたらバンドニューである。

ランダムで向こうから呼んでくると言うことは、こちらのCQが向こうで見えているからであり、通常であればQSOに結びつく可能性はかなり高い。当然ながら、全力でレポート「OOO」を3シーケンス返したが、無情にも月のウサギは西の山にお隠れになり、「RO」をキャッチすることができなかった。電波を反射するものがなくなってしまってはさすがに手も足も出ない。

ただ、WJSTの判定は「? 0 1」だったので、もしかするとお化けかも知れない。念のため月没後に、N0UK板にいたEA8TJに確認したところ、確かに当局をコールしたが、その後トレースを見失ったとのことだった。

5年ぶりのビッグチャンスを逸して至極残念である。もしかして次のチャンスは2020年か?

ところで、EA8は160mでも2度ビッグチャンスがあったが、いずれも玉砕して未だできていない。逆に6mと80mについては苦労した記憶がない。端のバンドはやっぱ難しいもんだ。
コメント