QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

Moppy & Hapitas

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ARRL RU 2012 certificate

2012-12-29 | Contest
本日主題の賞状が到着した。最近のARRLのcertificateは、デザインが垢抜けてきている。
2013年の本testは、新年初出勤日に当たっているため、残念ながら見送る予定。
コメント

紙ログ廃棄

2012-12-28 | Etc.
本日から正月休みになったので、さっそくボチボチと大掃除を開始しているが、本日は段ボール2箱分の過去の紙ログを廃棄した。1978年3月に開局した当時の1冊目の紙ログにはさすがに見入ってしまった。

ログデータはすでに電子化してあるので、温存しておく必要はないのだが、なぜか今まで捨てられずにいたものを、今日は思い切って廃棄した。

ちなみに開局3年間の紙ログ(1冊1000局)の進み具合は
・1978年 1546Q 約1.5冊
・1979年 3046Q 約3冊
・1980年 2988Q 約3冊
と今と比べるとずいぶんスローペースだった。

今年2012年は50,000QSOを越えているので、もしも紙ログを使っていたなら今51冊目という訳だが、紙ログはQSL発行の効率が悪いので、おそらく5~7割程度しかできていないと思われる。
コメント (4)

今年一番の思い出(無線編)

2012-12-27 | Etc.
は、やはりGWの九州での高周波治療だ。移動日を含めてちょうど1週間、たっぷりと高周波を浴びることができ、心身共にリフレッシュできた。

道中、福岡JA6AHB局の7mディッシュを使ってゲストオペでEMEをやらせてもらったり、熊本市政令指定都市記念局8J6Kを運用させてもらったりしながらも、好Condxのおかげで計6,239QSOをマークできた。さらに温泉入湯や地場特産品も食すことができ、大変満足の行く旅行となった。

二番目は盆休みに行った四国ドライブ。上記の九州は無線が第一目的であったが、盆の四国は、今もはまっている酷道走行、それも日本三大酷道のひとつであるヨサク(R439)を全線走行できたことだ。

道中、日本屈指のコンテストステーションのANTも見学することができ、さらに、この頃には湯けむりAWDにも興味を持っており、1日を除いて毎日(湯けむりAWD指定の)温泉に入湯、効能も相まってまたまた心身共にリフレッシュできた。

QSO数は、無線メインではなかったため、計3,670Qに留まったが、それでも6日間にわたって十分に高周波を浴びることができた。このわずか2回の移動で合計約10kQとなっているので、国内移動でも存分にパイルが楽しめることを分かっていただけることと思う。

来年も泊まりがけの移動は温泉とのセット、日帰りの移動は焼肉とのセットで楽しみたいと考えている。

コメント

JCA

2012-12-26 | Award
本日、業界紙である「JAIAつうしん」の最新号を読んでいたところ、JCAの最新リストが掲載されていた。トップのJR1GMK局がついに15000をクリアして、金色ステッカーを獲得したようだ。

以前にも何回か書いたが、当方、JCAの制定時にJAIA普及委員会(今は存在しない)の委員をやっており、JCAの制定に関わっていた。そのため個人的には非常に思い入れのあるアワードで、多忙となった今でも、このアワードはチェックを続けている。

JCAがスタートしたのは、1997年7月15日だが、その時はまだアワードを印刷していなかった。JCAはQSLをコンファームする必要があるので、JARLの転送を考えると、どんなに早くても3ヶ月はかかるだろうと悠長に構えていたわけだ。ところが、なんとスタートからわずか2ヶ月でJH4RGH局から1番で申請があり、あわてて広告代理店にアワードをオーダーしたというエピソードがある。そのため、RGH局には1ヶ月くらい発行を待ってもらったと思う。

さらに、5000 10000 15000の金属ステッカーもまだ製作していなかった。しかし、熱を入れてJCAに取り組んでくれる局が多くあり、1位が5000に到達するのは時間の問題だろうということになり、その後しばらくして、銅色(5000)、銀色(1000)、金色(15000)の金属ステッカーを、広告代理店に作ってもらった。
・この金属ステッカーには表面を薄いビニールで(錆や変色から)保護してあるため、額などに入れる際は、この薄いビニールを剥がしてください。輝きが違います。

覚えだが、上位局のすごいペースを見るにつけ、その時確か1枚目の金色ステッカーは10年もかからないで出て行くだろうと予想していた。それが、JCA制定から15年経過した2012年になって、やっと1枚目の金色ステッカーが発行されたわけである。15000の達成が想像以上に困難だったことが分かった。

今では、当方はもうJAIAの仕事は何もやっていないので、JCAにはタッチしておらず、単なる一参加者に過ぎないが、あの時作った金色ステッカーが遂に発行されたことは非常に感慨深い。

ちなみにJCA制定当時の普及委員長は当局のコンテストの師匠であり、アワードのエキスパートでもあるJA1JKG細貝さんだった。また当時すでにJAIAアワードの方は毎年実施されており、それを制定した時の普及委員長が、当方のRTTYとサテライトの師匠であり、当方の前任者にあたるJA3JM清水さんだった。

さて、先般JAIAのHPを見に行ったところ、昨日付でリストが更新されており、当局は11,117ポイントで12位だった。現在手元に、まだ開梱していないJARLからの段ボールが4箱あるので、正月休みにこれをチェックしようと、俄然やる気が出てきた。

実は、AJAは1年以上前にQSLチェックをギブアップ。WASA-HFももうギブアップ寸前。今でもちゃんと QSLをチェックしているのは、国内アワードではJCAとWASA-VUSHFだけだ。もちろん、一番力を入れているアワードである各種DXCC、ならびにDXCCチャレンジは、遅滞なくチェックしているが。

コメント (1)

50kQ

2012-12-25 | Contest
本年年初からのQSO数が、先の日曜日の移動運用中に50kをオーバーした。11月末で48.6kになっていたので、当然ながら50kを意識していたが、期待のAR10はCondxさっぱりで、昨年の1/6しかできず、本年も残すところあと1週間となってようやく達成できた次第。

お相手いただきました各局、どうもありがとうございました。今年は2ndが受験生なので、「オヤジ元気で留守がいい」状態だったのが幸いしたようです。なお、月別、バンド別、モード別等の集計は来年早々に行う予定です。

さらにQ数を延ばす余地はなかったのかと本日考えてみたところ、まず移動運用は1Qでも多くの局にSVCするために、局数重視でやっているため、(移動回数を増やさない限り)延ばす余地はほとんどない。次にコンテストだが、こちらは当然ながらスコア重視で、局数は二の次なので、局数だけを追求するならばあと1~2割は増えたであろうと思った。

それなら2013年は、スコアよりも局数重視で1年間運用して60kを狙ってみるかって。いえ、来年は健康重視の運用を予定してるので、やめときます。
コメント (2)