QRZ? JS3CTQ part2

Contester JS3CTQ's Blog
コメントをお書き込みいただく際は、コールサインを明記お願いいたします。

Moppy & Hapitas

▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

CQWW RTTY 参戦記

2013-09-30 | Contest
主題のTESTに80%の力で参戦した。当初、全力参戦を予定していたが、複数のトラブルがあって若干モチベーションが下がったことは否めない。

まず、前夜にコンテストシャックでSO2Rのハード面のセッティングをしていた際、ST6とPCをつなぐRS-232Cケーブルを忘れてきたことに気づき、意気消沈。これで確実に、効率とポイントのダウンを余儀なくされることになる。さらにはリニアがアウトで、スペアに差し替え。スペアは1kW出ないので、これも確実にポイントのダウンになる。

フルスペックとはほど遠いが、とりあえずSO2Rがセットアップできたので、WTのセットアップに取りかかったが、しかしなんとシャック常設のPC(Win7)もCOMポート増設カードを認識しておらず、WTがエラーメッセージを出している。デバマネで確認したらやはりCOM1しか見えていない。まるで前週のAIの再現である。RTTYコンテストの場合、COMポートはメインラジオ、サブラジオのそれぞれのリグコンとFSKキーイングに1つずついるので、(ST6を使わない場合でも)合計4つ必要だ。

幸いにもコンテストシャックにはWinXPのスペアPC(これにもCOMポート増設カード挿入済み)があるので、半年分以上のウインドウズアップデートを行う必要はあるが、今ならまだXPでもネット接続して使えるので、入れ替えることにしたが、とりあえずメインPCに指しているカードを一旦抜いて差し直し、再起動してみた。

すると今度はカードを認識してくれ、デバマネでCOM3-COM8がちゃんと確認できた。これでPCを入れ替えずに済み、WTのセットアップを完了させ、すでに土曜日の0330jになっていたので、床についた。(当然寝ている間もPCの電源は入れっぱなし)

土曜の朝は08jに起きて、入浴、朝食後、ウインドウズアップデートがあったので、MS-SEの分だけをアップデートしたところ再起動を促されたので、再起動した。すると、こともあろうにまた増設カードを認識しなくなってしまった。面倒だが、再度開腹してカードを指し直し、もう一度再起動したら、認識してくれCOM3-8がちゃんと見えた。やれやれだ。

しかしだ。WTを立ち上げたら、COMポートがありませんのエラーメッセージが出たので、なんじゃそりゃ、と思ってデバマネをみたら、COM3-8がこつ然と消えているではないか。途中で消えるとは何事だと思ったが、時刻はすでにコンテスト開始の0900jになってしまった。

もう一度だけ増設カードを抜き差ししてダメなら、相当時間をロスすることを覚悟でPCを入れ替えようと思い、再度開腹して、カードを抜き差しして再起動したら、再度カードを認識してくれた。おそるおそるWTを立ち上げたが、今度はCOMポートは消えずに残っており、ようやく戦闘態勢が整った。PCの入れ替えが無くなったことで出鼻のロスは8分ですんだのが幸いだった。

28Mから入ったが、想像通りとはいえ昨年とは偉い違いでバンドは閑散としており、数局のWは聞こえものの勢いが全くない。すぐに21にQSYダウンしてRunを始めた。しかし昨年と比べるとさすがに食いつきが悪い。どうしても昨年と比較してしまうが、例年どおりといえばこんなもんかという感じである。

出遅れに加えて冒頭に記載したハンデを2つ背負っているので、全く闘志がわかず、1330j過ぎにはすでに昼寝の時間と相成った。(当初、初日の昼寝は予定になかった) 幸いなのはRTTYのコンテストは楽なことだ。精神を耳に集中する必要がないので、他のモードのコンテストと比べるとあまり疲れない。

そんなこんなで2日とも昼寝をして、夜も眠くなったら適当に寝て、運用中に(全力運用時には絶対に飲まない)ビールまで飲んで、とりあえず完走した。(WTの示す運用時間は、わずか32h51m)


とりあえず10mがオープンしたのは良かったが、昨年の半分もできなかった。他のバンドは昨年と同様か若干悪い程度だったので、それなりにできて、例年同様の結果となった。RTTYのコンテストにフルに出ると、(昨年の様なCONDX爆発が無い限り)、必ずと言って良いほど1300Q-1600Qの間に入るので、並のできと言ったところだ。

今回はSO2Rを使うには使ったが、サブラジオは低出力なので、手こずることが多々あり、その場合はスワップコマンドでメイン/サブを入れ替えて。メインラジオをマルチ獲りに使う必要があることが多く、非常に効率が悪かった。

なお、今回は初めてWTでCQWWRTTYを戦った。これまではRTCLを使っていたので、それぞれ長所、短所を感じた。まずバンドマップだが、WTはメインラジオ用、サブラジオ用の2つを同時に開けるので、戦略的に運用ができる。しかし、WTは州マルチのニューは別色で表示してくれないので、この部分に限ってはRTCLの方に軍配が上がる。WTではバンドマップを見ただけでは、ニューマルチかどうかが判らないので歯がゆかった。

それから、WTではSCPリストに州の記載がないのも効率を落とした。RTCLであれば、過去の自分のログからSCPリストを生成しておけば、7割方の相手局の州はすでに判明しているので、文字化けしても再送を依頼する必要がない。さらにRTCLでは州を入力すればZONEナンバーは自動入力されるが、WTでは常にZONEを手動入力する必要があった。

他の面においては総じてWTの方が使いやすいが、州がナンバー/マルチとなるCQWWRTTYに限って言えば、RTCLの方が使い勝手がよいと思った。なお、来月のJARTSでは、ナンバーが年齢なので、またまたRTCLのSCPファイルが活躍してくれるが、年齢はマルチではないので、バンドマップへの別色表示は不要だし、どちらのソフトで行くか迷うところだ。

今年は28Mが奮わなかったが、マルチ重視で戦った結果、合計すると昨年以上のマルチを獲得(昨年269c 111z 155s、今年288c 117z 146s)でき、Q数は平凡に終わったものの、スコアとしては昨年の自己ベストに次ぐスコアとなった。たとえシステムに何もトラブルが無く完全稼働していても、今年のコンディションでは自己ベストの更新は無理であったに違いない。

来月のJARTSも全力参戦を予定しているが、今度こそは体制を立て直して、万全の体制で臨みたい。当面の課題は、PCのCOM増設ボードを100%の確率で認識させることだ。
・ちなみに、今宵、自宅PCのデバマネを確認したら、COM3-COM8をちゃんと認識していた。(もう笑うしかない)

コメント (6)

新IRC到着

2013-09-27 | Contest
ここのところ連日SASEが到着しているが、本日そのうちの1通に見慣れない同封物があった。よく見ると新IRCだ。

本年末で期限切れる現行タイプのIRCは、写真のように消化しきれないほど貯まっているので、期限が切れる前に、局に持って行かないといけないが、新IRCは今後自分で使えるので、助かる。

コメント

今週末は

2013-09-25 | Contest
楽しみにしていたCQWW RTTY DXだ。ご存じのとおりこれは世界最大のRTTYコンテストなので、多くの局とのNR交換が期待できる。

昨年はSOAのナショナルレコードを更新できたが、28Mだけで900Qを超えたので、昨今のCondxからすると、今年の再度のレコード更新は不可能に近い。

まあ、レコードの更新よりやはり順位だ。昨年は世界12位だったので、今年は、世界ランキング1桁を狙いたい。
コメント

QSL請求

2013-09-24 | Contest
AS036移動運用へのQSL請求が続々と到着している。まだ1週間しか経っていないのにもう19通も届いた。GWのAS041では最終的に50通以上届いたが、今回のAS036はDXを倍ほどやったので、最終的には前回以上に到着すると思われる。

返信料は100%の確率でUS2$か1IRC以上入っているので、差額が少し浮いて助かる。さすがに儲かりはしないが、QSLの紙代とインク代くらいに充当できると非常にうれしい。

ちなみに、計算してみたところ今回は交通費(燃油代+高速代+フェリー代)だけで、62,458円かかっている。これをQSO数の1900で割るとQSO単価は32.9円となる。さすがに遠方かつ離島への移動運用では、QSO単価が高額になってしまうようだ。

もちろん、お金には代えられないほど楽しめたので、この程度なら安いもんだと考えているが。
コメント (2)

AI 2013

2013-09-23 | Contest
主題のTESTに全力で出ました。
盆にメインPCのOSをXPから7にアップしてから、これが初めてのコンテストだか、なかなかうまくいかないもので、アップクレードした際には問題のなかったシリアルポート増設ボードが認識されず。従って、1日目はCOM1のみしか使えなかったので、HF機だけの1Rで参戦。

CQ送出中の(暇な)数秒間に、別のリグでワッチしていないと、なんだか負けるような気がしてしょーがない。これはSO2R病か? さらにCOM1は一応使用できてはいるものの、リグ→PCの一方通行で、PC→リグは制御不能の片肺運転。

効率の悪い1R運用で1stラウンド終了の0000jで162Q。Q数だけはまあまあと言えばまあまあだが、サブ機がないのでVUのマルチがゼロ。しかしこの6時間の休憩時間はFBだ。1時間以上かけて色々とテストし、結果的にサブ機をUSBで接続することで、なんとか2R体制となった。2Rコントローラーもセットアップ完了。0115jに床についた。

今朝は0520jに起床して朝食の後、0600jから2ndラウンドに突入。やはり2Rでなきゃいかん。しかしどうもサブ機のUSB接続がうまくいかず、Ctestwinを立ち上げ直後はリグコンが動作するが、HFで運用を始めるとノーコンになってしまう。回り込みか?

すでに2ndラウンドは始まっているので、原因を追及している時間はない。サブ機はノーコンだが2Rは動作しているので、メイン機でCQを出し終えるのをボーっと待っていることは無くなった。メイン機はリグ-PCの相互コントロールが可能となってているので、昨晩よりも効率よく運用できる。

HBがオープンしてくれるのを待つが、14の8だけの模様。それでも弱いScは出ていたので、HBのマルチも少しずつだが埋まっていった。しかしVUのCWは出ている局が少ない。CQを出しても空振りの山を築くばかりだった。

かくして1200jを迎え2ndラウンドが終了した。満足行くセットアップで臨むことはできなかったが、まあまあのスコアとなった。

最後になりましたが、お相手いただきました各局、ありがとうございました。
来週はCQWW-RTTYに@27から全力参戦します。国内QSOもポイントになりますので、来週末も各局よろしくお願いします。

コメント (7)