新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

オオムシクイ北上中(2018)

2018-05-30 06:15:36 | ムシクイ科
オオムシクイ 学名・Phylloscopus examinandus 英名・Kamchatka Leaf Warbler

 オオムシクイは,新潟では旅鳥で,春の渡りでは5月の下旬から6月の初旬にかけて多数が北上してゆきます.

 今年は,5月26日にはじめてさえずりを聞きました.

 5月29日,新潟市の海岸松林のいたるところで「ジジロ・ジジロ」「チョチョリ・チョチョリ」のさえずりと「ジッジッ」という地鳴きが聞かれ

 ました.

オオムシクイ
撮影日時 2018.05.29 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2018.05.29 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2018.05.29 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2018.05.29 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

キマユムシクイ

2018-05-09 04:51:13 | ムシクイ科
キマユムシクイ 学名・Phylloscopus inornatus 英名・Yellow-browed Warbler

 「ツゥーイ ツゥー ツゥイー」

 尻上がりに鳴く.

 紛れもないキマユムシクイの声.

 見上げる木の上に小さなムシクイ2羽の姿.

 数枚連写.

 その後数時間,付近を探すも声も姿も見つけ出しことはできませんでした.

 小さく寸詰まりのような姿.

 丸っこい頭に小さな先の尖った嘴.

 黄色味がかった太い眉斑.

 2本の翼帯.

 ようやく,キマユムシクイの特徴を捉えることができました.

キマユムシクイ
撮影日時 2018.05.08 撮影場所 新潟県新潟市


キマユムシクイ
撮影日時 2018.05.08 撮影場所 新潟県新潟市


 今日,日本海の離島・粟島に渡ります.

 今春2度目の探鳥行です.

 粟島では,幸運の女神が満面の笑みで待っていてくれるでしょう.

 数日間,投稿を休ませて頂きます.
コメント

エゾムシクイ

2018-05-02 04:52:30 | ムシクイ科
エゾムシクイ 学名・Phylloscopus borealoides 英名・Sakhalin Leaf Warbler

 「ヒー・ツー・キー」

 エゾムシクイのさえずりです.

 ムシクイの仲間は,小さく,色彩が地味でよく似ています.

 僕は,そんなムシクイの仲間が好きです.

 つぶらな瞳に萌えるのです. 

エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


エゾムシクイ
撮影日時 2018.04.22 撮影場所 新潟県新潟市


コメント (4)

オオムシクイ?

2017-11-10 05:27:47 | ムシクイ科
オオムシクイ? 学名・Phylloscopus examinandus? 英名・Kamchatka Leaf Warbler?

 ムシクイ類は,難しい.

 写真を撮るのも難しいが,種を識別するのも厄介です.

 この個体は,観察時期やメボソムシクイと比較して黄色味が少ないことからオオムシクイと思われるのですが,よくわかりません.

 一声も鳴いてくれませんでした.お手上げです.

オオムシクイ?
撮影日時 2017.10.24 新潟県新潟市


オオムシクイ?
撮影日時 2017.10.24 新潟県新潟市


オオムシクイ?
撮影日時 2017.10.24 新潟県新潟市


オオムシクイ?
撮影日時 2017.10.24 新潟県新潟市


オオムシクイ?
撮影日時 2017.10.24 新潟県新潟市
コメント

新潟の野鳥 メボソムシクイ

2017-07-20 05:38:40 | ムシクイ科
メボソムシクイ 学名・Phylloscopus xsanthodryas 英名・Japanese Leaf Warbler

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.メボソムシクイは,当ブログ初登場です.

 メボソムシクイは,新潟では夏鳥で,亜高山帯で繁殖しています.

 渡りの時期は,平地の林などでも「チョリ・チョリ チョリ・チョリ」というさえずりを聞くことがあります.

 このメボソムシクイも,小さな声で「チョリ・チョリ チョリ・チョリ」とさえずり,「ヴィッ ヴィッ」という地鳴きをはさんでいました.  

メボソムシクイ
撮影日時 2014.05.13 撮影場所 新潟県新潟市


メボソムシクイ
撮影日時 2014.05.13 撮影場所 新潟県新潟市


メボソムシクイ
撮影日時 2014.05.13 撮影場所 新潟県新潟市


メボソムシクイ
撮影日時 2014.05.13 撮影場所 新潟県新潟市


メボソムシクイ
撮影日時 2014.05.13 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

オオムシクイ 北上中(2017)

2017-06-05 05:24:58 | ムシクイ科
オオムシクイ 学名・Phylloscopus examinandus 英名・Kamchatka Leaf Warbler

 オオムシクイは,新潟では旅鳥で,春の渡りでは5月の下旬から6月の初旬にかけて多数が北上してゆきます.

 今年は,5月21日にはじめてさえずりを聞きました.

 6月4日,新潟市の海岸松林で間断なく続く渡りを観察することができました.

 松林のいたるところで「ジジロ・ジジロ」「チョチョリ・チョチョリ」のさえずりと「ジッジッ」という地鳴きが聞かれ,渡りの最盛期かと思われるほどでした.

 月日の流れるのは,早いものです.時は,小鳥のさえずりのように曖昧な記憶だけ残して消え去っていきます.

 そして,つかの間の邂逅が過去の扉を開くのです.

 オオムシクイの渡りは,過去と今をつなぎ,そして再び過去へと去って行きます.

オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2017.06.04 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

センダイムシクイ

2017-05-22 04:28:34 | ムシクイ科
センダイムシクイ 学名・Phylloscopus coronatus 英名・Eastern Crowned Warbler

 昨日(5月21日),海岸松林でオオムシクイのさえずりを聞きました.そして,ニセアカシアの花が咲いているのに気づきました.

 センダイムシクイの「チィヨ チィヨ ビィー」で心地よい風を感じたのは,つい先日のように思っていました.

センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.05 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.05 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.05 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.05 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.07 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.07 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2017.05.07 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

粟島探鳥行2017春 キマユムシクイ

2017-05-15 04:04:50 | ムシクイ科
キマユムシクイ 学名・Phylloscopus inornatus 英名・Yellow-browe Warbler

 ムシクイ科のキマユムシクイは,新潟県では迷鳥とされています.しかし,粟島では,昨年4月,複数のキマユムシクイの鳴き声を聞き,その姿も確認できました.

 今年春の粟島探鳥行の目的の一つは,キマユムシクイの姿を写真に収めることでした.

 キマユムシクイは,「チュィーッ」と尻上がりの特徴的な声で鳴きます.その声を頼りに,高いケヤキの枝先を動き回るキマユムシクイを探し求めました.

 姿が小さいうえに,敏捷に動いて餌を探す姿は,ほとんどが枝かぶり,逆光で捉えがたいものでした.数時間,悪戦苦闘して得た画像は,キマユムシクイを撮影したとはいいがたいものでした.

 来春の大きな課題になりました.

キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


キマユムシクイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

オオムシクイ 北上中(2016)

2016-06-04 06:01:50 | ムシクイ科
オオムシクイ 学名・Phylloscopus examinandus 英名・Kamchatka Leaf Warbler

 オオムシクイは,新潟では旅鳥で,春の渡りでは5月の下旬から6月の初旬にかけて多数が北上してゆきます.

 昨年,「オオムシクイ 現在北上中」と題して投稿したのは6月9日でした.

 今年は,5月23日に新潟市の海岸松林ではじめてさえずりを聞き,姿を観察しました.24日から31日まで新潟を離れていたので,この間の記録はありませんが,6月1日,3日と新潟市の海岸松林で渡りを見ることができました.とくに6月3日は,海岸松林のいたるところでで「ジジロ・ジジロ」「チョチョリ・チョチョリ」のさえずりと「ジッジッ」という地鳴が聞かれ,渡りの最盛期かと思われるほどでした.

オオムシクイ
撮影日時 2016.06.01 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2016.06.01 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2016.06.03 撮影場所 新潟県新潟市


オオムシクイ
撮影日時 2016.06.03 撮影場所 新潟県新潟市

コメント

センダイムシクイ

2016-05-19 05:02:53 | ムシクイ科
センダイムシクイ 学名・Phylloscopus coronatus 英名・Eastern Crowned Warbler

 センダイムシクイは,夏鳥の先駆けです.新緑の中,透き通った「チヨチヨビー」のさえずりが響き渡ります.

 センダイムシクイの姿は,緑の中に溶け込んでいます.耳を澄まし,葉陰の動きに目を凝らします.俊敏に動き回り,葉先に飛びついていた影が,一瞬の間,動きを止めて黄白色の眉斑が見えました.

センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市


センダイムシクイ
撮影日時 2016.05.03 撮影場所 新潟県新潟市
コメント