新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

コムクドリ 幼鳥

2018-09-10 03:48:35 | ムクドリ科
コムクドリ 学名・Agropsar philippensis 英名・Chestnut-cheeked Starling

 エノキの木から「キュルッ・キュルッ」.

 コムクドリです.

 今年生まれの幼鳥です.

 嘴に,あどけなさが残ります.

コムクドリ 幼鳥
撮影日時 2018.09.06 撮影場所 新潟県新潟市


コムクドリ 幼鳥
撮影日時 2018.09.06 撮影場所 新潟県新潟市


コムクドリ 幼鳥
撮影日時 2018.09.06 撮影場所 新潟県新潟市


コムクドリ 幼鳥
撮影日時 2018.09.06 撮影場所 新潟県新潟市


コムクドリ 雌・成鳥
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

ムクドリ

2018-02-26 05:00:39 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 田圃のムクドリです.

ムクドリ
撮影日時 2018.02.22 撮影場所 新潟県新潟市


 今日の天気予報は,久しぶりに朝からお日様マークが並んでいます.

 どんな出逢いが待っていることでしょうか.
コメント

沖縄探鳥行-2 カラムクドリ

2017-03-27 06:36:11 | ムクドリ科
カラムクドリ 学名・Sturnia sinensis 英名・White-shouldered Starling

 沖縄探鳥行(2017.03.21~03.24)の第2弾は,カラムクドリです.

 沖縄探鳥行の前,漫湖干潟にカラムクドリ,ギンムクドリ,ホシムクドリの群れが塒していることを知りました.

 ホシムクドリとギンムクドリは,新潟で観察したことがありますが,カラムクドリはまだ出逢ったことがありませんでした.

 とよみ大橋からマングローブ林をのぞき込みましたが,鳥の姿がありません.遅かったのか,もう旅立ってしまったのか.

 後悔の念が頭を横切ります.

 その時,マングローブの葉陰から4羽のカラムクドリが姿を現しました.
 
 なんとか残っていてほしい,との願いが通じた瞬間でした.

 カラムクドリは,朝日に照らされて白く輝いていました.

カラムクドリ
撮影日時 2017.03.24 撮影場所 沖縄県・漫湖干潟


カラムクドリ
撮影日時 2017.03.24 撮影場所 沖縄県・漫湖干潟


カラムクドリ
撮影日時 2017.03.24 撮影場所 沖縄県・漫湖干潟


カラムクドリ
撮影日時 2017.03.24 撮影場所 沖縄県・漫湖干潟


カラムクドリ
撮影日時 2017.03.24 撮影場所 沖縄県・漫湖干潟
コメント

身近な野鳥 ムクドリ

2017-02-12 04:33:32 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 立春は,とうに過ぎました.しかし,新潟はまだ雪がちらつきます.

 裏の畑で,ムクドリたちが餌をついばんでいます.その背には,心なしか春の暖かさが感じられます.

 先日,「キュルッ,キュルッ」と鳴く声に優しさを感じたことを思い出しました. 

ムクドリ
撮影日時 2017.02.10 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.02.10 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.02.10 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.02.10 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ムクドリ

2017-01-20 06:08:54 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 降り積もった雪は,ほとんど消えました.畑で,ムクドリの群れが一心不乱の様相で餌を探しています.

 嘴で地面を掘り返しますが,獲物はなかなか見つけ出せません.あちこちで争いも起きます.

 このような晴れた日は,いつまで続くのでしょうか.天気予報では,この週末からまた,雪だるまが並んでいます.

ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2017.01.19 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ムクドリ 群れ飛ぶ

2016-10-13 04:49:27 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 秋が深まるに連れ,ムクドリの群れが目につきはじめました.飛ぶと,腰と尾羽先端の白が目立ちます.

ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ
撮影日時 2016.10.06 撮影場所 新潟県新潟市



 今日(10月13日)から2泊3日の予定で,日本海の離島・粟島に渡ります.秋の渡り鳥観察です.粟島では,必ずや幸運の女神が待っていてくれることでしょう.
 投稿再開は,16日になる予定です.期待して,お待ちください.
コメント

ムクドリ 集団で水浴び

2016-09-13 07:04:27 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 群れで行動するムクドリ.水浴びも集団です.

 翼が触れ合うほど密集し,水しぶきがかかろうともお構いなしです.

 来るときも,水中でも,去るときも,「ギャーギャー」とわめき散らします. 
 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市

 
ムクドリ
撮影日時 2016.09.12 撮影場所 新潟県新潟市


コメント

ムクドリ・幼鳥 集団で飲水

2016-08-26 05:05:27 | ムクドリ科
ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 暑い日でした.鳥たちも喉が渇くのでしょう.ムクドリの幼鳥たちが集団で水を飲みにやってきました.

 鳥類には,汗腺がないそうです.暑くても汗をかくことができないのです.では,どうして体温を下げるのでしょうか? 「あえぎ呼吸による呼気によって熱放出を高める」のだそうです.暑い日,鳥たちが嘴を開き,ハァハァしているのは,温かい息を吐き出して体温調節をしていたのですね.

 ちなみに,人の体温は37℃ですが,スズメは41.5℃だそうです.

ムクドリ 幼鳥
撮影日時 2016.08.21 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 幼鳥
撮影日時 2016.08.21 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 幼鳥
撮影日時 2016.08.21 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 幼鳥
撮影日時 2016.08.21 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

粟島 2016春-2 ギンムクドリ

2016-05-07 17:07:21 | ムクドリ科
ギンムクドリ 学名・Spodiopsar sericeus 英名・Red-billed Starling

 5月4日から6日まで,急遽,日本海の離島・粟島に渡りました.1本のメールが渡島を決意させたのです.そのメールには,「マミジロキビタキ,キマユホオジロ,コイカル」などの名が連ねてありました.波浪警報の出ている中,島流しをも辞さない決意での渡島でした.

 そして,粟島では4人の女神が微笑みを浮かべて僕を待ち受けていていてくれたのです.

 最初に女神が微笑んだのは,5日の早朝でした.まだ薄暗い中,内浦の畑を歩く僕の目に飛び込んできたのは,電線にとまるひとつの黒い影でした.「もしかしたら」の思いで双眼鏡を向けると,飛び込んできたのがギンムクドリでした.とりあえず連写,出現の証拠を確保しました.これからというとき,ギンムクドリは飛び立ち,近くの木立に入ってしまいました.「逃がした!」,後悔しながら飛び込んだと見られる木に近寄ると,ギンムクドリは僕を待っていてくれたのでした.初めて出逢い,初めて撮影するギンムクドリは,ファインダーの中で輝いていました.

 数枚シャッターを切ったところでギンムクドリは,飛び立ってしまいました.「降りろ」の願いも空しく,姿を消してしまったのです.それでも希望を捨てきれない僕は,島を離れるまで再開を待ち望んだのでしたが,その願いはかないませんでした.

 ギンムクドリは,新潟では迷鳥で,これまで佐渡島で数回の記録があるだけのようです.

ギンムクドリ 雄
撮影日時 2016.05.05 撮影場所 新潟県・粟島


ギンムクドリ 雄
撮影日時 2016.05.05 撮影場所 新潟県・粟島


 
コメント

ムクドリ 瞬膜

2016-03-04 05:05:44 | ムクドリ科
 ムクドリ 学名・Spodiopsar cineraceus 英名・White-cheeked Starling

 このところブログの更新もままならない日々が続いています.絶不調です.野鳥たちから見放されてしまいました.外に出る気持ちさえ失いがちな今日この頃です.

 3月2日,晴れ間を見て近くを散歩しました.出逢えたのは,ムクドリ,ツグミ,ヒヨドリ,スズメ,ハシブトガラス,カルガモでした.撮影したのはムクドリの数枚のみです.嗚呼! 勇気を振り絞って,今日,ご紹介するのは,ムクドリの瞬膜です.

ムクドリ 瞬膜を閉じています.
撮影日時 2016.03.02 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 上の画像のアップです
撮影日時 2016.03.02 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 上と同一個体です
撮影日時 2016.03.02 撮影場所 新潟県新潟市


ムクドリ 上の画像のアップです
撮影日時 2016.03.02 撮影場所 新潟県新潟市


 
コメント