新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ムナグロ 2018年の初認

2018-05-05 05:07:20 | チドリ科
ムナグロ 学名・Pluvialis fulva 英名・Pacific Golden Plover

 4月28日,田圃に水が入り,代掻きがはじまっていました.

 早いところでは,田植えが済んだところもありました.

 まだ水の入らない田圃にうごめくものがいました.

 ムナグロの30羽ほどの群れでした.

 今春の初認でした.

ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市


ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市


ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市


ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市


ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市


ムナグロ
撮影日時 2015.04.28 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (4)

シロチドリ 砂浜の巣

2018-04-03 05:09:45 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 波打ち際のシロチドリ.

 偶然,シロチドリの巣を見つけました.

 まばらに草の生えた砂浜です.

 砂に紛れるように,1個の卵が産んでありました.

 決して,捨てられたのではありません.触ったり,近寄ってはいけません.

 シロチドリは,自分の卵の保護色を信じ切っているのです.

 僕も,素知らぬふりをして立ち去りました.

シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.28 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.28 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.28 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 巣と卵
撮影日時 2018.03.28 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

シロチドリ・雄 夏羽

2018-03-13 04:56:01 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 小さな漁港で,シロチドリが待っていてくれました.

 指先が悴む,風の冷たい日でした.

シロチドリ 雄・夏羽
撮影日時 2018.03.12 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄・夏羽
撮影日時 2018.03.12 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄・夏羽
撮影日時 2018.03.12 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄・夏羽
撮影日時 2018.03.12 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

シロチドリ・雌

2018-03-04 05:06:31 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 砂浜.

 シロチドリ.

 流し目.

シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.03 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.03 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.03 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雌
撮影日時 2018.03.03 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

シロチドリ・雄 夏羽

2018-02-17 07:53:52 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 小さな漁港.

 シロチドリの雄が歩き回っていました.

 夏羽に衣替えし,春を迎える準備は整っています.

 でも,まだまだ風は冷たく.

 カメラを持つ手が震え,凍えます.

シロチドリ 雄 夏羽
撮影日時 2018.02.16 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄 夏羽
撮影日時 2018.02.16 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄 夏羽
撮影日時 2018.02.16 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄 夏羽
撮影日時 2018.02.16 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ 雄 夏羽
撮影日時 2018.02.16 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

シロチドリ・雄 もう夏羽に

2018-01-05 05:24:47 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 寒風が吹き荒ぶ小さな漁港.

 数羽のシロチドリの群れが餌を漁っていました.

 かじかんだ指でシャッターを押したシロチドリの雄は,もう夏羽に換羽していました.

 額と過眼線の黒,頭部の赤褐色が目立ちます.

シロチドリ 雄・夏羽
撮影日時 2018.01.02 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

タゲリ 群飛

2017-12-04 04:25:57 | チドリ科
タゲリ 学名・Vanellus vanellus 英名・Northern Lapwing

 タガリは,幅の広い翼をゆっくり羽ばたき,ふわっふわっと飛びます.

 その数,百羽超.

 壮観です.

タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


タゲリ
撮影日時 2017.11.28 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント

オオメダイチドリ 幼鳥の飛翔

2017-09-03 05:42:23 | チドリ科
オオメダイチドリ 学名・Charadrius leschenaultii 英名・Greater Sand Plover

 オオメダイチドリ・幼鳥の飛翔です.

 白い翼帯が幅広く,よく目立ちます.

 オオメダイチドリは,新潟では迷鳥とされています.

 しかし,最近の観察状況をみると数の少ない旅鳥と考えてもよいようです.

 シロチドリやメダイチドリの群れの中にいることもありますが,その群れから少し離れて行動していることが多いようです.

 広い砂浜で観察されていますので,探してみると意外と出会う機会があるかもしれません.

 体が大きく,足が長いので,シロチドリの倍くらいの大きさに感じられます.それが,見つけ出すポイントです.

オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

オオメダイチドリ 幼鳥

2017-09-02 05:51:17 | チドリ科
オオメダイチドリ 学名・Charadrius leschenaultii 英名・Greater Sand Plover

 この日は,意を決して浜辺を歩きました.

 シギ・チを求めて.その距離,5キロ超.

 途中,砂浜が波,風で削られ,断崖,絶壁のような箇所もありました.

 そして,最後の最後に出会ったのが,オオメダイチドリの幼鳥でした.

 納得できる画像は,残せませんでした.

 若かりし日々の思い出をたどる一日でした.

 かって巡り会ったヘラシギやアメリカウズラシギなどは,夢のまた夢になってしまいました.

オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


オオメダイチドリ 幼鳥
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

シロチドリ

2017-08-23 05:28:50 | チドリ科
シロチドリ 学名・Charadrius alexandrius 英名・Kentish Plover

 シギ・チとの出会いを求めて浜辺へ.

 姿を見せたのは,シロチドリの小群とソリハシシギが1羽.

 ソリハシシギは,早々に飛び去る.

 炎天の下,足が重い.

 カメラも重い.

シロチドリ
撮影日時 2017.08.21 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ
撮影日時 2017.08.21 撮影場所 新潟県新潟市


シロチドリ
撮影日時 2017.08.21 撮影場所 新潟県新潟市
コメント