新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ダイサギ

2018-07-04 05:54:37 | サギ科
ダイサギ 学名・Ardea alba 英名・Great Egret

 清流のダイサギ.

ダイサギ
撮影日時 2018.07.02 撮影場所 新潟県加茂市
コメント (4)

アオサギ 巣の上の3羽のヒナ

2018-06-04 05:04:35 | サギ科
アオサギ 学名・Ardea cinerea 英名・Grey Heron

 久しぶりに小さなアオサギの繁殖コロニーを訪問しました.

 巣の上にいたのは,大きく育ったヒナの姿でした.

 前回,このアオサギの巣作りを投稿したのは,3月の終わり頃でした.

 近くに住む方のお話では,7月には巣立っていくとのことでしたが,もうヒナのいない巣もありました.

 餌をねだる可愛いヒナの姿は,来年を待たなければなりません.

アオサギ ヒナ
撮影日時 2018.06.02 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ダイサギ 亜種・ダイサギ

2018-05-24 04:54:39 | サギ科
ダイサギ 学名・Ardea alba 英名・Great Egret
 亜種・ダイサギ 学名・Ardea alba alba

 「ダイサギは,大きな白いサギです.

 日本では,冬鳥として渡来する亜種・ダイサギと,夏鳥として渡来・繁殖する亜種・チュウダイサギの2亜種が記録されています.

 両亜種は,大きさが違い,亜種・ダイサギは,アオサギよりも大きく,亜種・チュウダイサギは,アオサギよりも小さく見えます.

 冬羽では,亜種・ダイサギの足は,脛から跗しょの一部まで黄色っぽく,亜種・チュウダイサギの足は,全体が黒か跗しょだけが淡い黄色です.

 新潟では,いつ亜種・チュウダイサギと亜種・ダイサギが入れ替わるのでしょうか?

 注意して見ているのですが,現時点では,はっきりしたことがいえません.

 気づいたときには,亜種・チュウダイサギに代わって亜種・ダイサギが立っているのでした」

 以上は,2年以上前に書いたダイサギの記事です.

 ところが,5月20日,田圃で亜種・ダイサギと亜種・チュウダイサギを観察することができました.

 亜種・ダイサギは冬羽,亜種・チュウダイサギは夏羽でした.

ダイサギ 亜種・ダイサギ 冬羽
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市


ダイサギ 亜種・ダイサギ 冬羽
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市


ダイサギ 亜種・ダイサギ 冬羽
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市


ダイサギ 亜種・ダイサギ 冬羽
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市


ダイサギ 亜種・チュウダイサギ 夏羽
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

春の粟島探鳥行(2018-2) アマサギ

2018-05-15 04:43:32 | サギ科
アマサギ 学名・Bubulcus ibis 英名・Cattle Egret

 春の粟島探鳥行(2018-2)の第4弾は,アマサギです.

 アマサギは,内浦の畑にチュウサギとともに行動していました。

アマサギ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


アマサギ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


アマサギ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


アマサギ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

アオサギ 巣作り(3)

2018-03-28 05:42:05 | サギ科
アオサギ 学名・Ardea cinerea 英名・Grey Heron

 小さなアオサギの繁殖コロニーでは,巣作りが終盤に入ったようです.

 杉の天辺に作られた巣は,枯れ枝を組み合わせただけの粗末なものです.

 この巣で,新しい命が育まれるのです.

 近くに住む方のお話では,7月には巣立っていくそうです.
 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市

 
アオサギ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

アオサギ 巣作り(2)

2018-03-21 05:30:49 | サギ科
アオサギ 学名・Ardea cinerea 英名・Grey Heron

 小さなアオサギの繁殖コロニーを再訪しました.

 前回より,巣作りに勤しむ番が増えていました.

 次は,抱卵,ヒナの孵化,育雛,巣立ちへと進みます.

 このコロニーの平穏を願うとともに,順調な繁殖を見守りたいと思います.

アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.15 撮影場所 新潟県新潟市


コメント

アオサギ 巣作り

2018-03-16 05:57:25 | サギ科
アオサギ 学名・Ardea cinerea 英名・Grey Heron

 アオサギの巣作りがはじまっていました.

 人家裏のスギ林に小さな繁殖コロニーがあり,「グァ・グァ」と騒がしい鳴き声が聞こえていました.

 昨年の6月,ご近所の方が,「アオサギは,ハクチョウの姿が見えなくなるとここに帰ってきます」と話してくれたことを思い出しました.

 アオサギの雌雄はわかりませんが,巣材の枯れ枝を運ぶ役,それを受け取って巣を組み立てる役の分担がおこなわれていました.

 巣に居座るアオサギは,巣材を運ぶペア以外には見向きもせず,確実に繁殖相手を識別しているようでした.

 鳴き声が聞こえると巣材の受け取り姿勢をとることから,声が重要な役割を担っているようでした.

アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市


アオサギ
撮影日時 2018.03.13 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ダイサギ 亜種・ダイサギ

2018-03-12 05:08:06 | サギ科
ダイサギ 学名・Ardea alba 英名・Great Egret
 亜種・ダイサギ 学名・Ardea alba alba

 久しぶりの佐潟でした.

 小鳥の姿は,ほとんど見られません.

 ジョウビタキ,ルリビタキ,ベニマシコ,マヒワ,アオジに出会うこともありませんでした.

 そんな中でのダイサギです.

ダイサギ 亜種・ダイサギ
撮影日時 2018.03.10 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ダイサギ 亜種・ダイサギ
撮影日時 2018.03.10 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ダイサギ 亜種・ダイサギ
撮影日時 2018.03.10 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ダイサギ 亜種・ダイサギ
撮影日時 2018.03.10 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ダイサギ 亜種・ダイサギ
撮影日時 2018.03.10 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟
コメント

アカガシラサギ 飛翔

2017-12-18 04:53:26 | サギ科
アカガシラサギ 学名・Ardeola bacchus 英名・Chinese Pond Heron

 冬のアカガシラサギは,褐色の羽毛につつまれて地味なたたずまいです.

 静止すると,背景に溶け込んで姿を消してしまいます.

 飛び立つとまばゆいばかりの白い翼が現われ,その変身ぶりに驚かされます

アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント

アカガシラサギ 2017-2

2017-12-15 04:53:46 | サギ科
アカガシラサギ 学名・Ardeola bacchus 英名・Chinese Pond Heron

 草むらに潜むアカガシラサギは,背景に溶け込んでしまいました.

 頸は,伸ばすと体長ほどもあります.

 アカガシラサギは,今年2回目の観察でした.

アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アカガシラサギ
撮影日時 2017.12.04 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


 今回,アカガシラサギを観察・撮影できたのはアルバトロスさんのお陰です.

 いつもながらのご厚情に感謝,感謝です.
コメント