新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

シメとカラスザンショウの実

2019-11-27 05:47:58 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 カラスザンショウの木に7,8羽のシメの群れがやって来ました.

 シメは,近くの木にとまり,安全を確認します.

 やがて,1羽,2羽とカラスザンショウの木に飛び込みます.

 パチッ,パチッと殻を割る音が聞こえてきました.

シメ
撮影日時 2019.11.22 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.11.22 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.11.22 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.11.22 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.11.22 撮影場所 新潟県新潟市





コメント

アトリとケヤキ

2019-10-08 04:16:04 | アトリ科
アトリ 学名・Fringilla montifringilla 英名・Brambling

 「キョ・キョ」「キョ・キョ」

 アトリの鳴き声.

 ケヤキの実で.お腹を満たす小さな群れ.

 今秋の初認でした.

アトリ
撮影日時 2019.09.30 撮影場所 新潟県新潟市


アトリ
撮影日時 2019.09.30 撮影場所 新潟県新潟市


アトリ
撮影日時 2019.09.30 撮影場所 新潟県新潟市


アトリ
撮影日時 2019.10.01 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

カワラヒワ 幼鳥

2019-07-22 05:36:00 | アトリ科
カワラヒワ 学名・Chloris sinica 英名・Oriental Greenfinch

 カワラヒワの幼鳥たち.

 幼鳥は,体下面の縦班が目立ちます.

 嘴は,黄色?

 残念!

 黒く見えました.

カワラヒワ 幼鳥
撮影日時 2019.07.15 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 幼鳥
撮影日時 2019.07.15 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 幼鳥
撮影日時 2019.07.15 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

カワラヒワ

2019-05-26 04:50:13 | アトリ科
カワラヒワ 学名・Chloris sinica 英名・Oriental Greenfinch

 緑の中で.

 カワラヒワ.

カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.05.25 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

アトリ サクラの蜜を盗む

2019-04-26 05:00:01 | アトリ科
アトリ 学名・Fringilla montifringilla 英名・Brambling

 満開のソメイヨシノ.

 アトリの雄が,蜜の入った花托をかみ砕いて盗み飲みしていました.

 蜜をなめ終えた花は,下へポトリ.

 蜜を盗むのはスズメやニュウナイスズメだけではなかったのです.

 雌はというと,昆虫を捕まえていました.

 雄は,甘党,雌は肉食?

アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雌
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アトリ 雌
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント

カワラヒワ

2019-04-12 05:44:51 | アトリ科
カワラヒワ 学名・Chloris sinica 英名・Oriental Greenfinch

 「コロ・コロ・ビーン」.

 松林では,カワラヒワのさえずりが賑やかです.

カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市 


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雄
撮影日時 2019.04.09 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

シメ 雄と雌

2019-04-01 05:45:52 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 シメの雄と雌.

 強面と称されるシメ.

 雌の目は心なしか優しい.

シメ 雄
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (4)

シメ 落ち葉の下から

2019-03-29 04:59:11 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 シメ,太い嘴で積もった枯れ葉を取り除きます.

 落ち葉の下から,大好きな木の実の核を見つけ出しました.

シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

シメ 地上で採餌

2019-03-27 05:08:36 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 この時期,シメは,小さな群れを作り地上で餌をあさります.

 サクラなどの果実は,堅い殻に包まれた核しか残っていません.

 シメの太い嘴は,他の野鳥が手を出せない殻をものともせずに割り砕くのです.

シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ウソ

2019-03-15 06:00:44 | アトリ科
ウソ 学名・Pyrrhula pyrrhula 英名・Eurasian Bullfinch

 「フィ・フィ」.

 ウソの軽やかな口笛が聞こえてきました.

 数羽の群れがいるようです.

 でも,いくら待っても出てきてはくれませんでした.

ウソ 雄
撮影日時 2019.03.03 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟
コメント