新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

アオジ さえずる

2019-04-22 04:55:51 | ホオジロ科
アオジ 学名・Emberiza spodocephala 英名・Black-faced Bunting

 アオジがさえずります.

 「チョッ ピーン チョッ チリリ」

 爽やかな響きが広がります.

 側に,雄をみつめ雌の姿.

 福島潟の春です.

アオジ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アオジ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アオジ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


アオジ 雌
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント

ホオアカ 菜の花にさえずる

2019-04-20 04:49:35 | ホオジロ科
ホオアカ 学名・Emberiza fucata 英名・Chestnut-eared Bunting

 久しぶりの福島潟.

 一面の菜の花.

 黄色の中でさえずるホオアカ.

ホオアカ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ホオアカ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ホオアカ 雄
撮影日時 2019.04.17 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント

ソメイヨシノとミヤマホオジロ

2019-04-09 05:32:15 | ホオジロ科

ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting

 ほんのりと紅をのぞかせたソメイヨシノ.

 その中に,ミヤマホオジロ.

ミヤマホオジロ 雄 撮影日時 2019.04.08 撮影場所 新潟県新潟市

コメント

ミヤマホオジロ

2019-02-12 04:52:20 | ホオジロ科
ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting

 海岸の松林.

 林縁に生えたニセアカシアの中から,小さく複雑なミヤマホオジロのグゼリ鳴く声が聞こえてきました.

 目を凝らすと,鮮やかな黄色が.

 十数羽の群れでした.

 群れは,林の中へと移動,グゼリも遠ざかっていきました.

ミヤマホオジロ 雄
撮影日時 2019.02.11 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ミヤマホオジロ

2018-11-30 07:01:37 | ホオジロ科
ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting

 佐潟で,ミヤマホオジロと出会いました.

ミヤマホオジロ 雄
撮影日時 2018.11.27 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ミヤマホオジロ 雄
撮影日時 2018.11.27 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟
コメント

ホオジロ 晩秋

2018-11-05 05:44:03 | ホオジロ科
ホオジロ 学名・Emberiza cioides 英名・Meadow Bunting

 晩秋.

 秋は,駆け足で去って行きます.

ホオジロ 雄
撮影日時 2018.11.03 撮影場所 新潟県新潟市


ホオジロ 雄
撮影日時 2018.11.03 撮影場所 新潟県新潟市


ホオジロ 雄
撮影日時 2018.11.03 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ホオジロ 虫をくわえてさえずる

2018-06-02 05:11:12 | ホオジロ科
ホオジロ 学名・Emberiza cioides 英名・Meadow Bunting

 海岸の松林で,ホオジロがさえずっていました.

 木々の間から覗くと,アレッ,なにかくわえている.

 ホオジロって,虫をくわえたままでもさえずることができるんですね.

 鳥には,左右の気管支に鳴管という発声器官ががあります.

 鳴管は,肺から出る呼気で振動し,その振動を鳴管筋を使って変化させ,色々な音を出すのだそうです.

ホオジロ 雄
撮影日時 2018.05.27 撮影場所 新潟県新潟市


ホオジロ 雄
撮影日時 2018.05.27 撮影場所 新潟県新潟市


ホオジロ 雄
撮影日時 2018.05.27 撮影場所 新潟県新潟市


ホオジロ 雄
撮影日時 2018.05.27 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

春の粟島探鳥行(2018-2) キマユホオジロ 

2018-05-19 05:49:55 | ホオジロ科
キマユホオジロ 学名・Emberiza chrysophrys 英名・Yellow-browed Bunting

 春の粟島探鳥行の最後は,キマユホオジロです.

 キマユホオジロは,島のあちこちで観察されたのですが,なかなか撮影のチャンスがありませんでした.

 少し悔いが残るキマユホオジロでした.

キマユホオジロ
撮影日時 2018.05.11 撮影場所 新潟県・粟島


キマユホオジロ
撮影日時 2018.05.11 撮影場所 新潟県・粟島


キマユホオジロ
撮影日時 2018.05.11 撮影場所 新潟県・粟島


キマユホオジロ
撮影日時 2018.05.11 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

春の粟島探鳥行(2018-2) コホオアカ

2018-05-13 05:03:44 | ホオジロ科
コホオアカ 学名・Emberiza pusilla 英名・Little Bunting

 春の粟島探鳥行(2018-2)の第2弾は,コホオアカです.

 コホオアカは,内浦の畑で何度も姿を見せてくれました.

 しかし,ヨシ原の中が多く,なかなか写真を撮らせてくれませんでした.

 粟島でも住民の高齢化が進んでいるようで,耕作されていない畑が増えています.

 今後,立ち寄る渡り鳥の顔ぶれにも変化が出てきそうです.

コホオアカ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


コホオアカ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


コホオアカ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


コホオアカ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


コホオアカ
撮影日時 2018.05.09 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

ミヤマホオジロ 雌

2018-04-11 04:47:06 | ホオジロ科
ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting

 昨日は,イスカを求めて松林をさまよい歩きました.

 姿どころか声さえも聞けませんでした.

 出会えたのは,ミヤマホオジロの小さな群れ.

 そして,この1枚のみ.

ミヤマホオジロ 雌
撮影日時 2018.04.10 新潟県新潟市
コメント (6)