新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ノスリ 瞬膜

2018-08-09 04:41:25 | タカ科
ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard

 ノスリの瞬膜です.

 鳥類には,瞼の下にある薄い膜,瞬膜がよく発達しており,瞼を閉じる代わりに角膜を覆うことができます.

 瞬膜は,瞼と違って透明なので,閉じても周りがよく見えます.

 このノスリは,成鳥で虹彩が暗色です.

 わかりやすいように大きく切り取ってみました. 

ノスリ 成鳥
撮影日時 2014.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ 成鳥
撮影日時 2014.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ 成鳥
撮影日時 2014.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ 成鳥
撮影日時 2014.04.02 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

オオタカ 瞬膜

2018-07-22 05:02:15 | タカ科
オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk 

 オオタカの雌を観察していたら,一瞬,目の色が変わりました.

 瞬膜を閉じたのです.

 鳥類には,瞼の下にある薄い膜,瞬膜がよく発達しており,瞼を閉じる代わりに角膜を覆うことができます.

 瞬膜は,瞼と違って透明なので瞳がちゃんと見えます.

 鳥たちは,よく瞬膜を閉じます.

 しかし,瞬間的なので目にする機会が少ないと思います.

 写真を撮っていると,瞬膜を閉じている場面に出会うことがあります.

 例えば,飛んでいる時や水に潜る時などです.

 飛んでいる時に瞼を閉じると衝突の危険があります.

 水に潜る時に瞼を閉じてしまうと,獲物を見失う恐れがあります.

 瞼を閉じれない時に瞬膜を閉じているようです.

 ところで,瞬膜がどのように閉じられるか見たことがありますか?

 オオタカの場合,瞬膜は,目頭の方から目尻の方へ横にスライドして閉じられます.

 フクロウ類では,その反対に目尻の方から目頭の方へ閉じられるそうです.

オオタカ 雌
撮影日時 2018.07 撮影場所 新潟県


オオタカ 雌
撮影日時 2018.07 撮影場所 新潟県


オオタカ 雄
撮影日時 2018.07 撮影場所 新潟県


オオタカ 雄
撮影日時 2018.07 撮影場所 新潟県


オオタカ 雄
撮影日時 2018.07 撮影場所 新潟県
コメント

トビ 巣の上のヒナ

2018-06-16 05:12:49 | タカ科
トビ 学名・Milvus migrans 英名・Black Kite 

 昨年,「トビ 子育て2017」と題し,4回のシリーズで投稿しました.

 今年はなかなか足を運べませんが,観察は続けています.

 その中から,巣の上のヒナの横顔を1枚.

 お母さん,お父さん,ヒナは,あなたたちだけが頼りなのです.

トビ ヒナ
撮影日時 2018.05.20 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

オオタカ・雌 警戒

2018-06-15 04:40:33 | タカ科
オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk

 オオタカの雌.

 カラスどもの鳴き喚く方角を睨み,警戒していました.

 カラスというのは,鬱陶しい奴らです.

 新潟を含む北陸地方は,6月10日頃,梅雨入りした模様です.

 これからは,ブログのネタに困る時期になります.

 どうしようか?

オオタカ 雌
撮影日時 2018.06 撮影場所 新潟県


オオタカ 雌
撮影日時 2018.06 撮影場所 新潟県
コメント

ノスリ 逃げる

2018-06-12 04:55:03 | タカ科
ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard

 「ピィーエー・ピィーエー」.

 鳴き叫びながら,逃げるノスリ.

 なかなか,許してもらえません.

 姿が見えなくなっても,ノスリの悲鳴とハシブトガラスの「カー・カー」が聞こえました.

ノスリ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

サシバ 透ける翼

2018-06-11 04:53:19 | タカ科
サシバ 学名・Butastur indicus 英名・Grey-faced Buzzard

 青空にサシバ.

 翼が透けて見えます. 

サシバ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


サシバ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


サシバ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市


サシバ
撮影日時 2018.06.04 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

オオタカ 雌

2018-05-29 04:31:05 | タカ科
オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk

 オオタカの雌.

 母は,逞しい.

オオタカ 雌
撮影日時 2018.05 撮影場所 新潟県


オオタカ 雌
撮影日時 2018.05 撮影場所 新潟県
コメント

イヌワシ 新天地を求めて

2018-05-26 05:22:55 | タカ科
イヌワシ 学名・Aquila chrysaetos 英名・Golden Eagle

 林道を歩いていると,「ピックイー」とサシバの甲高い声.

 見上げると,サシバのモビング(擬攻撃)を受ける大きな黒い影.

 鳥の王者・イヌワシ,2.3歳の若鳥でした.

 若き王は,大きく旋回しながら高度を上げ,北へと消えていきました.

 ここは,イヌワシの棲む山岳地帯から遠く離れた山.

 この若者は,新天地を求めて彷徨っているのでしょうか.

イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市


イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市


イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市


イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市


イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市


イヌワシ 若鳥
撮影日時 2018.05.21 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (6)

オオタカ

2018-05-18 04:56:22 | タカ科
オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk

 久しぶりのオオタカです.

オオタカ 雄
撮影日時 2018.05 撮影場所 新潟県


オオタカ 雄
撮影日時 2018.05 撮影場所 新潟県


オオタカ 雄
撮影日時 2018.05 撮影場所 新潟県
コメント (4)

ハイタカ 飛翔

2018-03-27 05:37:18 | タカ科
ハイタカ 学名・Accipiter nisus 英名・Eurasian Sparrowhawk

 所々に雪が消え残る里山を徘徊してきました.

 暖かな春の日差しでした.

 青空を背に,ハイタカが姿を現しました.

 ハイタカは,旋回しながら上昇し,さらに山の奥深くへと消えていきました.

ハイタカ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2018.03.26 撮影場所 新潟県新潟市
コメント