新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ハシボソガラス 巣作り

2018-03-31 05:25:37 | カラス科
ハシボソガラス 学名・Corvus corone 英名・Carrion Crow

 緑の芽吹くヤナギの木で,ハシボソガラスが巣作りをしていました.

 ペアが木の枝を運んできます.

 枝の置き場所を慎重に選び,組み換えます.

 時々,巣の上で座り心地を確かめます.

 まだまだ,土台の段階です.

ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.27 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ハシボソガラス 巣材集め

2018-03-24 05:31:59 | カラス科
ハシボソガラス 学名・Corvus corone 英名・Carrion Crow

 春雨の草地で,ハシボソガラスが枯れ草を引き抜いていました.

 巣材集めです.

 ハシボソガラスにも春がやってきました.

ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.23 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.23 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2018.03.23 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

オナガ 黒い頭に黒い瞳

2018-01-03 04:20:41 | カラス科
オナガ 学名・Cyanopica cyanus 英名・Azure-winged Magpie

 オナガ.黒い頭に黒い瞳.

 黒い瞳が輝きます.

 飛び出した!

 しかし,最後の1枚.

 画竜点睛を欠く.
 
 今日の新潟市,風雪・雷・波浪注意報が出ています.

オナガ
撮影日時 2017.12.29 撮影場所 新潟県新潟市


オナガ
撮影日時 2017.12.29 撮影場所 新潟県新潟市


オナガ
撮影日時 2017.12.29 撮影場所 新潟県新潟市


オナガ
撮影日時 2017.12.29 撮影場所 新潟県新潟市
コメント

ミヤマガラスの飛翔 成鳥と幼鳥

2017-11-21 05:14:43 | カラス科
ミヤマガラス 学名・Corvus frugilegus 英名・Rook

 ミヤマガラスの成鳥は.嘴の基部に羽毛がなく皮膚が裸出しているために白っぽく見えます.

 幼鳥は,羽毛が生えていることから顔全体が黒く見えます.

ミヤマガラス 成鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市


ミヤマガラス 成鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市


ミヤマガラス 成鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市


ミヤマガラス 成鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市


ミヤマガラス 幼鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市
 

ミヤマガラス 幼鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市


ミヤマガラス 幼鳥
撮影日時 2017.11.13 撮影場所 新潟県新発田市
コメント

秋の粟島探鳥行(2017-2) コクマルガラス

2017-11-05 06:35:32 | カラス科
コクマルガラス 学名・Corvus dauuricus 英名・Daurian Jackdaw

 秋の粟島探鳥行(2017-2)の第6弾は,コクマルガラスです.

 コクマルガラスは,内浦の畑で餌を漁り,驚くと電線にとまりました.

 4羽の小群で,暗色型の幼鳥2羽と淡色型と暗色型の中間の色合いをした2羽でした.

 中間型は,幼鳥なのでしょうか,それとも亜成鳥なのでしょうか.

コクマルガラス
撮影日時 5017.10.27 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島


コクマルガラス
撮影日時 5017.10.28 撮影場所 新潟県・粟島
コメント

ハシボソガラス 歩く

2017-10-27 05:47:39 | カラス科
ハシボソガラス 学名・Corvus corone 英名・Carrion Crow

 砂浜を歩くハシボソガラスです.

 鳥たちが地上を移動する様式には,歩行(walking)と二足跳び(hopping)があります.

 歩行は,2本の足を交互に使い移動するもので,常に一方の足が地上に着いています.

 歩くテンポが速くなり,足が地面についていない瞬間があれば,走行(running)と呼ばれます.

 二足跳びは,2本の足を同時に動かして,飛び跳ねて移動することです.

 ハシボソガラスは,歩行と二足跳びの両方を使うことができます.

 二足跳びは,普段樹上で生活する小鳥類が地上に降りたときによく使う方法といわれています.

 スズメは,二足跳びで移動し,歩いている姿は見たことがありません.

 ビンズイは,横枝の上を歩いて移動できますが,地上でもやはり歩いています.

 では,ほとんど空中で生活するツバメはどうでしょうか.

 ウーン.短い足で歩いていたような,跳ねていたような.どうも記憶がはっきりしません.

 歩く.跳ねる.注目してみたら面白いでしょうね.

ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


 今日,これから日本海の離島・粟島に向かいます.今秋,2回目の探鳥行です.
 
 台風等の影響で,若干渡島の時期が遅れました.果たして幸運の女神と出会うことができるでしょうか.

 というわけで,数日間,投稿を休ませていただきます.よろしくお願いいたします.
コメント

ハシボソガラス

2017-10-26 05:23:34 | カラス科
ハシボソガラス 学名・Corvus corone 英名・Carrion Crow

 台風一過の10月24日朝,期待に胸を膨らませて海へ.

 待っていたのは,ハシボソガラス.

 彼らも,期待に胸を膨らませて海辺にやってきたようだ.

 僕の夢は,砕かれたが,カラスの夢は叶ったらしい.

 砂浜には,まるまると太った鮒などが打ち上げられていた.

ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市


ハシボソガラス
撮影日時 2017.10.24 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

ハシブトガラス 大きな嘴

2017-10-18 04:50:23 | カラス科
ハシブトガラス 学名・Corvus macrorhynchos 英名・Jungle Crow

 ハシブトガラス.
 
 名前のとおり,太い大きな嘴を持っています.

 丸いつぶらな瞳には,林の木々が映っています.

 のぞき込まないでください.

 目を突っつかれますよ.

 此奴は,悪戯者ですから.

ハシブトガラス
撮影日時 2017.10.07 撮影場所 新潟県新潟市


ハシブトガラス
撮影日時 2017.10.07 撮影場所 新潟県新潟市


ハシブトガラス
撮影日時 2017.10.07 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)

新潟の野鳥 カケス

2017-08-04 04:50:30 | カラス科
カケス 学名・Garrulus glandarius 英名・Eurasian Jay

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.カケスは,当ブログ初投稿です.

 青空の下,カケスがドングリをくわえて飛んでいきました.

 カケスは,ドングリなどの木の実を貯食(食物を蓄えること)する習性があります.

カケス
撮影日時 2011.10.27 撮影場所 新潟県東蒲原郡
コメント

ハシブトガラス 鳴く

2017-04-16 05:23:18 | カラス科
ハシブトガラス 学名・Corvus macrorhynchos 英名・Jungle Crow

 ハシブトガラスは,疎ましいくらい身近な野鳥です.農作物を荒らし,ゴミをあさり,朝から大きな声で喚き散らす.害鳥の中の害鳥と呼ばれそうな存在です.

 ハシブトガラスは,「カー・カー」と澄んだ声で,よく似たハシボソガラスは,「ガー・ガー」と濁った声で鳴くといわれ,識別の一つのポイントとされています.

 今回のハシブトガラスは,「カー・カー」と遠くまで聞こえる声で鳴いていました.瞬膜を閉じて,喉から声を絞り出しています.

 ハシブトガラスは,色々な声を出します.以前,「ポン・ポン」という鳴き声で驚かされたことを思い出しました. 

ハシブトガラス
撮影日時 2015.04.05 撮影場所 新潟県新潟市


ハシブトガラス
撮影日時 2015.04.05 撮影場所 新潟県新潟市
コメント