福岡の猫カフェ NEKOCAFE Keurig

福岡初の猫カフェ「Keurig」(キューリグ)のオフィシャルブログ!

2017年 本年も皆さまありがとうございました。

2017-12-31 18:44:58 | Weblog
皆さま、いつもお世話になります。
代表の野村です。
今年も年越し猫飼育係をやってます。

そして、今年を振り返っております。
実は今年の9月、最愛のおバカ猫、バロンが突然他界してしまいました。原因不明の急死で、血栓が出来ていたのかもしれませんが、未だに原因はわかりません。10歳〜12歳くらいでした。

ヤツが来たのは初年度の5月。オープン間もないお店を回しながら、バロンの激しい気性に振り回されておりました。でもなぜか、そんなバロンにどんどん惹かれていきました。

ワルオにズタズタにされる程嫌われて、店に居場所がなかったバロンを毎晩ウチに持って帰っていましたが、猫の為に用意したフカフカのクッションも、綺麗にベットメイキングされたベッドもバロンのせいでオシッコだらけ。
おまけに夜鳴きが激しく、なだめる為に抱っこしてベランダを散歩してあげる日が続きました。
しばらくして里親さんが決まり、ホームスティに行ったのですが、何故か4〜5日で出戻って帰ってきました。そしてそれを大喜びしたのは他でもない私でした。

バロンは独占欲が強く、他の猫を虐めてまわり、そのストレスでお部屋はオシッコだらけ。
疲れて家に帰り猫らにご飯をあげた後、とにかくゆっくり休みたいと思いましたがどこもオシッコだらけで足の踏み場もなく、仕方なく、足拭きマットを数枚敷いてお風呂も入らず寝てしまった事もありました。

そんな生活を1〜2年続けていると、さすがに辛く、なんで私は猫カフェを始めてしまったのだろう…、前の営業職に戻りたい…。そう思いとても素直に心の底から猫達を愛せなくなってしまった時期もありました。本当にあの時は辛かったと今は思います。

でも、いつからか、オシッコされても大丈夫な技を思いついたり、便利な洗剤やグッズを選び出すことが出来る様になるとだんだんバロンと知恵比べするのが楽しくなって来ました。
そうして気がつくと、営業職をやっていた頃よりも幸福感を感じる時の方が多い事に気付き、その時初めて猫達に激しい感謝の念を抱きました。
ここが、私の帰ってくる場所なんだな、心からそう思える事がとても嬉しかったです。

そして、バロンを抱きしめたり、喧嘩しているバロンを叱りつけたりして過ごしていたある日、瞬膜が出ていたので病院に連れていきました。
大事なバロンだったので、しょうもない事で病院に連れて行ってしまってる事は分かっていましたが、何も無い、という診断を貰いたかっただけでした。

その時は何も無かったのですが、1週間後、突然、目付きがおかしくなり、痴呆症のようなバロンになってしまいました。前のバロンの面影が全く無い…と悲しんでいたその6時間後、激しい唸り声とともに暴れ出し、失禁するほどだったので急遽入院。二日間、全部の血が入れ替わるほど点滴して貰いましたが、退院して数時間後にまた激しい発作を起こし、暴れるバロンに座薬を入れる事が出来ずに、そのまま急に大人しくなったバロンは逝ってしまいました。

あの後、なるべくバロンの事は考えないようにしていました。バロンの遺骨を見ても、脳が停止する感じでした。

そして今日、今年をぼんやり振り返っていました。
色んな事が沢山ありすぎて、毎日やり過ごす事に精一杯でしたが、
今日、あらためて、バロンの事を思い出し、愛しさと感謝で、やっと涙が出てきました。

凄いヤツだったなと。
アンタのお陰で多頭飼い崩壊にならないようにする方法、みたいな本が書けそうだ。
それにしても、アンタのオシッコが無くて、今でも15匹部屋に居るけど、世話が楽で楽で仕方ないよ、と遺骨に話しかけてます。


そして今年は、本当にバロンの事だけで無く、里親さんに行って本当に救われた子達など、まだまだ紹介したい事も沢山ありますが、大晦日が来てしまいましたのでまた来年ご紹介させてくださいませ。

そして何よりも本当に皆様から助けられた一年でもありました。

この場で改めてお礼申し上げます。
本当に皆様からのご支援心より感謝しております。

















ありがとう御座いました。感謝してもしても言い尽くせないほどで御座います。

能古島のプロジェクトも今段階でご支援頂いている方々には本当に感謝致します。思ったような進捗になっておらず申し訳ない気持ちです。
なんとかカタチにしたいと毎日模索中で御座いますが、また追ってご連絡差し上げたいと思います。

来年も頑張ります。
年始は3日からです。
どうぞよろしくお願い致します。

年末は30日まで。年始は3日からでございます。

2017-12-29 12:42:56 | Weblog

いつもお世話になります。

代表の野村です。

取り急ぎ、お知らせします。

年末年始は30日、3日、4日は11:30~22:00で営業いたします。

天神店は11:30~20:00でございます。

皆さまのお越しをお待ちしております!

10周年ドルチェプレートをご用意してますyo(^_-)-☆

 


皆様!本当にありがとうございました(T^T)

2017-12-27 21:40:13 | Weblog
皆さま‼
チャッピーちゃんの術後の元気な姿が届きました!

ご飯排泄もしっかりなされ、手術の次の日から立ち上がりご飯を食べていたとのことです。
考えたら今まで3本足で生活していたも同然なので、本人はあまり違和感が無いのかもしれません。
そして驚いたのはその手術痕です!

本当に生まれつき脚が無かったようなくらいナチュラルな感じになってて、杉谷先生!手術上手いです‼😳
… その他 あと、少し目つきが変わった感じだったので先生にお伺いすると、脳障害があるまではないとの事。安心しました。

今日は血液検査の結果も良好で、エイズ白血病もないとの事です!
こうして皆様のお陰で無事手術を終え、元気になったチャッピーに会えるのが今から私も楽しみです‼
本当に皆様!いつもいつも助けて頂いて本当に感謝致します‼8万になるまで募金を設けておりましたが、何人もの方から、SOLDOUTになってて残念だったとおっしゃっていただき、皆様の優しいお気持ちに本当に感動致しました!ありがとうございます。
お正月明けてから、皆さんからお預かりしたお金を持って、チャッピーを迎えに行きます‼
また皆さんにお知らせ致します‼
ありがとうございました‼😃✨

チャッピー手術支援のご報告(≧◇≦)

2017-12-25 13:38:41 | Weblog
皆様!チャッピー手術支援のご報告で御座います!

チャッピーの手術は無事終わり、容体も落ち着いているとの報告を頂いております‼
まずは一山超えました!皆さまに沢山の励ましのお言葉頂きまして本当にありがとうございます!

そして募金の方も、先程の確認で既に7万5千円に到達しております!
😳本当に皆様ありがとうございます‼

いつもご支援くださる福岡在住の方々、そして驚いた事に、兵庫や大阪、神奈川など遠方の方々もいち早くご支援くださいました。
本当になんとお礼を申し上げて良いやら、お礼が言い尽くせない程でございます🙏💦😭
退院の時は私も保護主さんとご一緒して、皆様からお預かりした手術費用をお手渡ししたいと思います。
みなさま!本当にありがとうございます‼

本当はチャッピーの無事な姿を画像でお見せできると良かったのですが、私もさっきまでお店をバタバタ回しておりまして、気がついたら土曜の夕方。既に動物病院には連絡がつかず、画像を貰えませんでした💧

明日も連絡して、いち早くチャッピーの無事な姿をお届け出来るようであればご紹介致します!
まずは皆様お礼まで。

本当に本当にありがとうございました。🙏



【チャッピー左脚切断手術支援】

2017-12-22 13:09:00 | Weblog
いつもお世話になっております。
代表の野村でございます。

皆さま、クラウドファンディングで応援していただいたり、お店にお年玉を持ってきて頂いたり、本当に御支援頂き、誠に誠にありがとうございます‼️
ですが、本当に恐縮ですがまたお願いがございます🙏💦


天神店の靴下ちゃん達の里親様が、この寒い❄️中、側溝にハマって動かない子を発見してしまいました。放っておけずに保護して病院に持ち込むと足がぶらぶら。

先生によく診て頂くと、ひどい骨折で既に骨が剥き出しになり、壊死がすすんだ脚から敗血症寸前である事が分かりました。
このままでは死んでしまうので、脚の切断手術が必要です。

私はいつも大手術が必要な時は一旦冷静に考えます。全ての子は救える訳ではない。これも自然の事で、私達が手を出すレベルの事ではないのでは…。
そう、自問自答を繰り返します。

そして入ってきた知らせは、今日手術すれば助かる、でした。
保護されたご本人も一生懸命です。

そこで皆さんにお願いが御座います。
どうかこの子を皆さんで助けてあげて下さい。🙏


手術費用は先生から8万円程と聞いております。
ゆくゆくは片足が無い状態で大名店に受け入れたいと思います。
どうかどうか皆様、この子を元気な状態で大名店に迎える事が出来ますようご支援くださいましたら本当に本当に幸いで御座います!🙏

クラウドファンディングで皆様にご支援をお願いしている折り、とても心苦しい思いです。
既にクラウドファンディングにご支援くださっている皆様には本当に感謝しております。ただ私の頑張りが足りず雲行きが怪しくなって来ている事も事実です。今年度の計画は遂行されない事になるかもしれませんが、

この子は、この子だけは助かる見込みがあります!どうぞ皆様、ご支援くださいましたら本当に幸いでございます。

今回もオンラインショップの方で手術費用募金箱を設置致します。

【チャッピー左脚切断手術支援】と致しました。
どうか皆様、ご支援をよろしくお願い致します。🙏

https://nekocafe-keurig.stores.jp/


仔猫の里親様募集です(*^_^*)

2017-12-15 14:11:45 | Weblog
入店前の仔猫里親様募集のお知らせです。




11月18日に小笹マルキョウ近辺で保護、
三ヶ月くらいの男の子です。
寒く❄なる前に保護されて本当に良かったです!😭💕
12月3日に1回目のワクチンを無事に終了しました。
駆虫などは済んでおりますが、2回目ワクチン待ちでございます。

キュンキュン💓なこの表情に
コレは‼😳
と思った里親希望様、直接保護主様にご連絡致しますので、ご検討くださいませ。

まずは大名店☎0924068980、野村までお電話お待ちしております。





能古島に猫達を保護するシェルター&カフェをつくりたい。

2017-12-03 12:32:35 | Weblog

皆さまにお知らせがございます。
私たちが長い間構想して参りました保護猫シェルターのアイデアがかたまり、計画実行に踏み切りました。



皆さまにクラウドファンディングにてご支援頂きたくお知らせを致します‼

場所は能古島です!

何度も足を運び能古島の漁協さまと協議を続けて参りまして、仮契約まで頂いている状況です。

ここ能古島に、殺処分を強いられる子も、災害で行き場がなくなってしまった子も、虐待に直面している地域の子もみんな迎え入れ、楽しく島暮らしをさせながら、里親さんの元へと繋げて行きたいと考えております。

また構想を確実なものにするため、カリフォルニアのシェルターにこの4月私自身が赴き、研究して参りました。
皆さまに喜んで頂けるシェルターを作りたいです!

皆さまには今までも度々キューリグをご支援いただき本当にありがとう御座いました。
今回のクラウドファンディングは規模がとても大きなものになりますが、皆さまにご支持ご支援頂けましたら実現したいと思います!
皆さまどうぞ宜しくお願い申し上げます‼



*写真は全てイメージ図となります。変更する場合もございます。

詳しくはこちらまで!
https://camp-fire.jp/projects/view/38426



お店のFacebookやInstagramで先駆けて呼びかけていたこの度のクラウドファンディングにおきまして、公開以来、様々なご意見ご質問を頂いて参りました。
誤解を招く表現があったこと、心よりお詫び申し上げます。

今回皆さまに更にご理解して頂きやすい内容で、キャンプファイアーの内容を差し替えさせて頂きました。

関係者各位の方々にご迷惑がかからぬよう、内容を確認頂いてからの差し替えになりましたので、長らく皆さまの疑問に対してお答え出来ず申し訳ございませんでした。

少なからず皆様の疑問点に対してしっかりした答えがあるものとなっていると思われます。
ぜひ一読頂き、その上でのご判断を頂ければ幸いでございます。

このプロジェクトはAll-or-Nothing方式で、1100万円集まる見込みがあって初めて始動致します。
1100万円に到達しない場合は、皆さまへの請求や決済は行われない事になっております。
仮にAll- in方式にして集まった数百万だけを元にこのシェルターを作る、というになったとしても、それは不可能でございますので、達成しない場合はお受け取りしない事に致しました。

それでももし、皆様からのご支援が1100万円に到達する事が出来ましたら…、
私は皆さまからお預かりした支援を元に前に進みます。
皆様に今一度ご覧になって頂き、ご判断、ご支援頂けましたらと、強く願います。
皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。


待っててねコロッケ

2017-12-01 23:09:42 | Weblog
いつもお世話になります。
代表の野村です。
クラウドファンディングで大変な事になっている間、コロッケの事をご報告できませんで申し訳御座いません。

コロッケは頑張ってましたが19日日曜日16時、お迎えが来ました。

前の日、眼が覚めると私の傍に来てくれていて、元気になって来ているのではと喜んでおりました。


そして驚いた事に、片目の羊羮さんが側に来て、コロッケの毛づくろいを始めました。


コロッケ、人生初めてのガールフレンドかもしれません。気持ち良さにうっとりとして、しばし至福の表情を浮かべておりました。

20分間くらい舐めてあげてましたでしょうか…今までなかったことです。驚きました。
その後、転々と居場所を変え、元気になったのかと思っておりましたが、やはり真っ黒な分泌物と黄疸のオシッコを大量にし、常に点滴を欠かせませんでした。今思えば自分の最期の場所を探していたのかもしれません。

そして日曜日、朝からの沢山お客さんがいらして頂いたお店を回し、16時直前お店に駆けつけた保護主ミホさんと一緒に事務所に駆け上がった時は、コロッケはまだ温かいまま、息を引き取って居ました。
怖くて苦しかったろうに、一人で逝かせてしまいました。側に居てあげられなかった事だけが心残りです。

そして火曜日、火葬で綺麗なお骨にしてもらい、今は、先に逝った先輩達と一緒に居ます。
私が天命を全うした時、またみんなと一緒に私に会いに来てね。と話しかけて居ます。

今回の民間療法に関しては、もしかしたらデトックスしているのでは、と思うような感じもありましたし、すこしシャンとなっている感じもしましたが、やはりキツそうでした。途中、ステロイドを飲ますと、排泄されていた黒い粘液が止まり、すこし楽そうでした。


今回私が思ったのは、FIPも本当に初期の段階からドクダミなどを始めていたら、もしかしたら助かったかもしれない、という思いはあります。
ですが苦痛を取り除く事は出来ません。
一方ステロイドは、治りはしませんが、飲ますと直後から楽になっているのは見て取れました。
ステロイドは苦痛を取り除いてくれるもの、としては末期の子に必要だな、と痛感しました。

次の為の布石にもなりました。
コロッケ、元気にしてあげたかったけどごめんね。天国でまたコロコロしているだろうコロッケ。寂しいけど苦しみが終わって良かった。今はきっと苦痛もなく元気にしているのだと思います。待っててね。