福岡の猫カフェ NEKOCAFE Keurig

福岡初の猫カフェ「Keurig」(キューリグ)のオフィシャルブログ!

仔猫ちゃん里親様募集です(^^)

2017-11-28 17:28:50 | Weblog
お世話になります。
代表の野村です。

コロッケの病状が日に日に厳しくなります。
点滴などの病院の治療も並行して行っていますが、やはりFIPの完治の難しさを痛感しています。
効くかどうかは全く分からず万が一でも効果があればと始めた民間療法ですが、とにかく、最後まで希望を捨てずにやってみます。
コロッケ、またかぼちゃ達に会わせてあげたいよ。苦しいけど、何とか頑張ってね。


一方、お店の外では続々と子猫が保護され、キューリグへの受け入れを待っている状態です。
入店前の子猫ですが、出来るだけ早い里親さん譲渡をお考えの保護主さんから、ご紹介だけでも、とお願いされました。


可愛いですね~( ´艸`)
ピカチュウ尻尾の元気な男の子♂です!約3か月です!
ぜひこの子猫ちゃんの里親様を希望される方は大名店までご連絡ください。
どうぞよろしくお願い致します!

以下は、保護主様からの紹介文です。
そのまま表示いたします。ご覧くださいませ。

現在約3ヶ月になる男の子です。
9/20の夜、福岡市城南区の住宅街で保護しました。
夕方、犬の散歩中に、民家のカーポート内で1匹で鳴いているのを発見したのですが、敷地内であったため一旦帰宅、その後、どうしても気になって見に行くと、水をかけられて道路上に放り出されていました。
ようやくよちよち歩きを始めたばかりの小さな体で、私に向かって必死に威嚇していました。
猫好き一家で、今も家族で子猫を可愛がり育てておりますが、喘息持ちで猫アレルギーのある家族があるため、このまま飼い続けることが難しい状況です。

との事です。
現時点での医療処置はかなりのところまで済んでおります。
仔猫のパパママになって下さる里親希望の方、
是非とも0924068980キューリグ大名店までご連絡を宜しくお願い致します!




感謝のお礼とちくわのホームステイ(≧∇≦)b

2017-11-14 22:00:44 | Weblog
お世話になります。
代表の野村でございます。

前回、コロッケの悲報をお伝えしました。
私としてはFIPなどの致死率が高い病気のお知らせはあまり気がすすまず、今回は何かのキッカケでお知らせする事になり、そしてやはりお知らせした後はお知らせしなければ良かった、とすこし後悔していました。

ところがその後です。
色々な人から、諦めないで‼これを試して‼
と、たくさんの色んな情報を頂きました!😳
去年余りにもたくさんの子を見送ったので、希望を失くした私はそんな情報を集める気力さえありませんでした。

ある方は、イタリアの音波?を利用した、カラダの循環や、抵抗力を高める医療機器を貸してくださいました。😭

コロッケのゆるゆるチョーカーに取り付けております。💕❤

また、FIPをこれで治した!と言う食材情報も集まりました。リンゴ酢、どくだみ、卵、鯉油、などなど。
一通り全部発注して、早速卵は熱湯の中でぐるぐるかき混ぜて加熱したスープにして与えました。色々調べてみると目からウロコな事が分かりました。

卵は常温で置いていても実は一年くらい腐らないらしいのですが、その理由は卵白の強力な殺菌力にあるらしいのです!
殻から入ってきた菌やウイルスを殺してしまうから、卵は腐らない。うーん、なるほど〜
その成分は卵白リゾチームというもので、なんと風邪薬にも入っているのだとか😳
そして更に色々読んでいると、蓄膿症にも良いとされていました!

目の前で膿混じりの鼻水をガンガン出している、既に何の抗生物質も効かない、交通事故で副鼻腔炎になってしまった羊羮さんにも与えてみました。

グビグビ飲んでます!美味しいのでしょうか⁈
佐賀の小城町で交通事故にあい、右眼は飛び出し、頭蓋骨と顎が折れてた羊羹さん。キューリグに来てから、膿がオデコで爆発し、切開して膿を吸い出す手術をしました。その後の後遺症で副鼻腔炎にもなり、抗生物質も何種類か試したかも分からないくらい飲んできましたが、もはや何も効かなくなっていました。

最後の頼みの綱、卵白さん、お願いします(ToT)


コロッケにはちゅーると混ぜてあげています。😆

卵ジュルジュルちゅーるを飲ませた後、立ち上がってカリカリを食べるコロッケです!

2匹とも元気になると嬉しいなぁ!と気持ちも晴れやかになりました!皆さん本当に情報ありがとうございございます!そして、募金やちゅーるなどの支援物資もたくさん頂いております。お礼が遅くなり本当に申し訳ないです!ありがとうございました。

色んな事を夢中で試していると、ちくわの里親さん決定の知らせが舞い込みました!

猫飼育のご経験が豊富な方で安心してちくわをお任せ出来ます!本当に良かったです!

ちくわは、今年の夏、住宅地をガリガリでうろついていた所を優しい方に助けられました。
腹ペコだったちくわがまずムサボり着いたのは、竹輪でした。
発情が抑えられない様子で、高熱を出したまま、大声で喚きながらさまよっていた、との事です。
事情で早々にキューリグに入ってきたちくわは、それはそれはウルサく💧常連さんもゲンナリする程でしたが、去勢手術が済むと徐々におとなしくなり、今では全く鳴きません😆
とても大人しくて優雅な毛色のちくわをどうぞよろしくお願い致します!お別れは20日です!
寂しーーーーーーー😭😭😭
でも行ってらっしゃいーーーーちくわーーーーー‼😭😭😭😭😭😭


闘いを挑んでいるちくわ(奥)と挑まれている事に気付かないカボチャ(手前)😸笑


ちくわファンの皆様~是非とも会いに来て下さいね( ´艸`)












ご報告でございますm(_ _)m

2017-11-09 23:21:54 | Weblog
いつもお世話になります。
代表の野村です。

先日皆様にご協力頂いた署名は、無事15万筆集まったようですね。現在でも16万筆を超えて増え続けているようです。そして8〜10日に署名提出されるそうです。
実現するなんて本当に凄い事だと思います!
皆さんの善意が集まると予想を超えた事になるのだと思います。後は正しい事が起こることを祈るばかりです。発起人の方々、どうぞ宜しくお願い致します。

さてキューリグでも、この連休はたくさんの方がマイケル募金をお持ちになって下さり、本当に皆さまの優しいお気持ちに感謝しております。
ありがとうございます。
マイケルは元気に食べて、排泄もなんとかこなしております。
膀胱にこれ以上菌が入らないように、ロンパースも開発中でございます。

。。。。。。。( ・_・)

これなあに。…とマイケルの表情。(‥;)
これは失敗作。これでは歩けませんでした。 (。・ω・。)
本人がイヤがるようでしたら外しますが、何とか良くなって、これからもずっと元気でいて欲しいです。

一方、残念ですがもう助からない子も出てしまいました。
去年は物凄く強いコロナウイルスが入ってしまい、全部で9匹が次々と亡くなりました。必死な消毒のあと、今年5月にもパルボウイルスにやられ、その後も消毒を徹底し、これ以上病気の子が出ないようにと願っておりましたが、日曜、コロッケがFIPである事が分かりました。
少しずつ慣れてくれていた、かぼちゃ、コロッケ、ナスちゃんの3兄妹で、怖がりのコロッケは閉店後、かぼちゃと転げ回って遊んでいたのが本当に嬉しかったのですが、静かで平和な里親さんちにたどり着く前に発症。とてもとても残念です。

仲の良かった3匹兄妹。右から、コロッケ、ナスちゃん、かぼちゃ。
同じ遺伝子でFIPを発症しやすい体質なので、もうコロッケと一緒にしてやる事は出来ません。
ボランティアのミホさんもとても苦労して保護したのに、本当に残念で申し訳ないです。

3匹でよく一緒に寛いでいました。楽しそうです。

何とか他の猫たちは自分の免疫力でFIPを発症せず、元気で居て欲しいです。
そして、コロッケは自宅事務所にあげて、最後まで優しくしてあげようと思います。

今はまだご飯もたくさん食べてくれています。

驚いた事に、入店直後あんなに怖い思いをして、私の事が大嫌いなのだろうと思っておりましたが、お腹やおでこを触ってあげると、小さな声でゴロゴロ言います。
薬や点滴も黙ってやらせてくれます。



かぼちゃやナスちゃんに会いたいのでしょう。時折おーいと遠くにむかって鳴きます。寂しがるコロッケにしっかり寄り添い、最期の日まで、コロッケと心を交わして、天国まで見送ってあげようと思います。


マイケルが来て2ヶ月半ほど経ちました(^-^)

2017-11-02 21:28:30 | Weblog
こんにちは。
代表の野村です。

急に寒くなりましたね。
そして、マイケルが来て、2ヶ月半ほど経ちました。
既にご存知の方も多いと思われます。


マイケルは生後間もなく、居酒屋の大将の元に保護されて、とても可愛がられて居ましたが、5歳くらいの時に、お外に出てしまった途端交通事故に遭い、両後脚を切断しなければいけませんでした。
その後、大変な看病を経て元気になったマイケルは、大将に愛情いっぱいに育てられたのでしょう。途中からチビだったちび太も加わり幸せにしていたのでしょうが、今年の春、大将が他界。

お隣の方に医療処置をして頂いてキューリグに持ち込まれました。

その後、私達は程なくマイケルの体調異常に気がつき、検査をしてみると、両脚がない故に緑膿菌という抗生物質が効かない菌に膀胱が侵され、排尿が自分の力では出来ない程になっていました。
また、その菌が各臓器にまで及んだ結果なのか、吐き気も止まらず、日に十数回の程苦しそうに胃液を吐いていることもあります。

10月は数日毎にマイケルを病院に連れて行き、尿閉解除や薬を処方してもらう日々が続きました。
幸い、なんとか多めのお薬が効いてくれているのか、食欲は旺盛。(;_;)

カリカリおくれよ~と、いつも必死なマイケル☺

おやつが出てきた時は、いつも最前列に居ます!

最前列キープ!(≧∀≦)

ちび太も呆れる程です… (・ω・)

そんなちび太は、マイケルの事が大好きなので心配もしています。
マイケルの緊急そうな声を聞いてはいつも駆けつけます!
一方マイケルは、そんなの頼んでない!とでも言うように、
駆けつけたちび太に向かって、シャーっと言います。(ToT)

排泄も毎日しっかり持続できる日が続いています。

ペットシーツを敷いたケージに入れると、直ぐにオシッコをしてくれます!
本当に賢いマイケル!!(*´∀`)


マイケルの通院を皆さんでサポートして頂けたら幸いでございます。
私達はこの子が大好きです。
本当に大将に可愛がられていたのでしょう。
とても穏やかな愛らしいお顔をしています。
何とか、マイケルの命が1日も長く続きますように、祈るばかりです。




マイケル、いつまでも元気で居てね!