早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密


国内外美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9%
/早稲田建築AO他10年指導コーチング

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私がなぜ美大デザイン科受験生に、美術史上の 画家の作品模写を演習させたのか?

2020-03-30 08:37:26 | AO入試自己PR資料アート系作品
絵画とデザインの境界は自分の言葉を探す意味では同じと言える。

 私はその意味をルネサンスのダビンチやミケランジェロが、絵画や彫刻以外に建築、図書館内観、衛兵のコスチューム、貴族の家紋、舞台装置、戦争兵器、都市計画、灌漑システム、ましてや医学解剖、飛行機、天体、工学、機械工学などをデザインした

事実や、時代をさかのぼりロートレックやボナールなど画家がポスタ ー、建築家のフランク・ライトやコルビジェなども椅子やテーブル、照明器具、ステンドグラス、インテリア、机、会社の受付、ビジネス空間と什器一式、キッチン関連、各種関連プロダクト

デザイン、絵画や雑誌、ポスターデザイン、映画芸術などを見ると、純粋芸術という概念とコマーシャルアートとの境界の意味はもはやないといえるのではないかと考えている。 

■受験生に模写の意味と意図。

 1. まず修復ということを目的としていないので、サイズも大きい画面に挑戦する者には1メートル以上で原寸でなくモヂュールは合わせ、描画素材も油彩やテンペラでなく受験生が普段使用している用具を使用した。狙いは受験のためのデッサンではなく、やはり絵が好きな人間がもつ好きな画家へのリスペクトと、その画家が持つ内面的な価値観や精神性などに触れ作業を通じ感じることにあった。 

2. また、全くの初心者には模写はできないということがあるので、時期は春に入学して基本的な様々なデッサンを学習し、秋の学内展覧会向けに自分の腕試しということで応用課題に組み込んだ。 

3. この扉を超えると自分の才能に気が付き、自然に長時間毎日集中する姿勢が身につき自信を持ち自尊感情をもつことができることを目的とした。それが実際の入試で全国から集まるライバルとの個人戦への心構えになる。 

4. またもう一つのねらいは、美術史上に残る偉大な作品は、みんなそれぞれ描き方が異なる事を識るということで、この意味はそれぞれの画家が一度の人生で「自分だけの視覚的なことば」を見出したということで、それは別の言葉ではスタイル、様式、テイスト、文体といった隣接芸術の音楽、文学、映画、身体芸術、情報芸術などでも同様の意味がある。だから、自分独自の言葉を探す旅が人生だと言える。 

➡ だから、人まねは意味がないもので自分を誰でもない存在にしてしまうことを模写は教えてくれる。自分は自分でいいのだということを知ることが、もう一つのこの演習の隠された意味だと言える。 同じ空間で仲間が無言で絵を描いたりする工房的な雰囲気ができることで頑張ろうという気になる。

中には人に見せずに自宅制作を希望する生徒もいるが自由に選択させた。結果的には1メートから1.8メートル大は自宅制作がむずかしいので、アトリエ制作に自然になった。イーゼルも大型のエレベーター型のイーゼルを使用。美大デザイン科の生徒が使用するのは日本の美大受験では初めてだったと思う。 


➡ 下記のメールは受験生から私の成績評価 フィードバックです。
現在はインディーズ創作系漫画作家として活躍中です。

(上記の大谷くんのダリ模写作品. 天地1m以上板画.アクリルガッシュ他)

■ Akito OOTANI 15:56 (26 分前) To 自分 

高橋先生 こんにちは。 造形表現メソッドお送りいただきありがとうございました! 読ませていただきました。 当時はまったく意識していなかったのに今の僕の芸術に対する根本的な姿勢と高橋先生のメソッドや志に共通点が多く不思議に思いつつも、わざわざ大手予備校を辞めてかなり遠いYASまで通っていたのはただの偶然ではなかったんだと感じました。

 「造形表現メソッド」は高橋先生の様々な実体験から生まれたものだからか、感覚的でありながら知的で先生が引用していたダビンチの「芸術とは一種の科学であり、自然に存在するとすぐに失われる「美」を、より質の高いものに出来る技術」という一節に集約されているように思いました。

高橋先生は個人指導というある意味非効率なやり方で、でも実はもっとも効率的に生徒一人一人の「美的センス」をより質の高いものに磨き上げてきたんだと感じます。 僕もYASに通う前の一年間で大手予備校で叩き込まれて凝り固まってさびついた感覚を先生に磨いてもらったからこそ美大に合格し、そして今があるのだと思います。 

また、後半の高橋先生の若い頃の奇跡のエピソードなどとても興味深く読ませていただきました。僕自身まだはっきりとした神秘体験のような超常現象には出会ったことはないのですが絶対にあるしいつか遭遇するんだろうなと漠然と考えており、高橋先生がそういう体験をしているのならその生徒の自分もいつかそういう体験をするかもしれないと改めて思いなおしました笑 

もしHPなどできた際には何か協力できることがあれば言ってください。僕に出来ることなら喜んで協力させていただきます。






この作品は写真をポスターカラーで模写
高校3年生の女子作品です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加