新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ

全国紙の元記者・中村仁がジャーナリストの経験を生かしたブログ
政治、経済、社会問題、メディア論などのニュースをえぐる

週刊誌の「眞子さま」集団的過熱報道は反省が必要

2021年10月26日 | メディア論
  爽やかだったお二人の会見 2021年10月26日  秋篠宮家の眞子さまが小室圭さんとの婚姻届を提出し、結婚が成立しました。「やっとたどり着いた。憲法違反にならないですんだ」とほっとする人から、「母親の金銭スキャンダルがあり、今後も許せない」という人まで様々でしょう。    結論からいうと、「皇族とはいえ、人権にお構いなしに、叩きやすい対象ならば叩き続ける。売れさえすればよい . . . 本文を読む
コメント

中国経済の減速を歓迎するのがむしろ正解

2021年10月22日 | 経済
  膨張にブレーキが世界のため 2021年10月22日   中国の経済成長率が2四半期連続で低下しました。私は中国経済が減速し、各国経済の過度な中国依存度が下がり、中国の軍事的な膨張にもブレーキがかかるならば、世界にとって好ましいと思います。    日本の新聞を見ていると、「黄信号が灯った中国経済の減速」(日経社説、10/19日)、「不動産大手、恒大集団の株急落」(読売、22日 . . . 本文を読む
コメント

制御不能の財政に対し独立監視機関の設立を

2021年10月15日 | 経済
  主要国で日本だけにない不作為 2021年10月15日  岸田新政権が衆院を解散しました。与野党そろって巨額の財政出動を選挙公約に掲げ、選挙戦を戦います。日本の財政はすでに、制御不能の状態に陥っているのに、無責任な話です。    野党は与党の放漫財政策をけん制するどころか、消費税率の引き下げ(立民、、共産、維新、国民)、一律10万円の給付金など、与党並みかそれ以上の大盤振る舞 . . . 本文を読む
コメント (1)

財務次官の寄稿文で揺れる岸田内閣の迷走

2021年10月11日 | 経済
  政策を検証しない政治のツケ 2021年10月12日    矢野財務次官の寄稿「このままでは国家財政は破綻する」(月刊文芸春秋11月号)が波紋を広げ、さらに岸田首相の総裁選公約である金融所得課税の強化先送りなど、岸田政権の経済政策は発足早々、動揺しています。    財政拡大、金融膨張のアベノミクスを検証してこなかった政治が混乱を生み出しています。岸田首相の「新しい . . . 本文を読む
コメント (2)

温暖化懐疑論者はノーベル賞級のモデルを示し反論を

2021年10月08日 | 社会
  温暖化対策の難しさが議論を曲げる 2021年10月8日  米プリンストン大の真鍋淑郎氏ら3人がノーベル物理学賞を受賞します。地球温暖化を科学的に予測する研究が世界で評価されました。2、3度の気温上昇でも、気候の大変動がもたらされる。    壮大な気候変動モデルは1967年、1989年などに発表されました。世界各地における異常気象の多発、国連のIPCC(国連の気候変動に関する . . . 本文を読む
コメント (3)

大谷の本塁打王を阻んだ「米国らしさ」のなさ

2021年10月05日 | 海外
  申告敬遠は二塁打の扱いにせよ 2021年10月5日  米メジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手は、手の届きそうだった本塁打王を逃しました。断トツに多い申告敬遠(事前申告による故意四球)でバットを振らせてもらえなかったことが大きな原因でしょう。    日本のプロ野球は、間延びさせ、相手をはぐらかす。米国メジャーの先発投手は100球目安に降板する規則があり、ムダな球数は投げず、真 . . . 本文を読む
コメント

政治ジャーナリズムは世襲政治をもっと疑問視しよう

2021年10月01日 | メディア論
  政界に生き残る旧システム 2021年9月30日  自民党総裁選で岸田文雄氏が当選し、来月4日の臨時国会で第100代目首相に指名されることになりました。政界を支配する世襲政治の構造が今回も、はっきりみてとれました。    政治、外交、経済、社会などの世界の枠組みが激動期に入っています。旧システムは新システムに置き換えられていく。政治ジャーナリズムは政界の内部情報ばかり取材せず . . . 本文を読む
コメント

選挙が民主主義を弱体化させていくという逆説

2021年09月24日 | 政治
  空回りする金融財政政策 2021年9月24日  自民党総裁選の4候補はいずれも、「経済を成長軌道に戻すのが先で、成長あっての財政再建」の考えです。アベノミクスが経済成長をもたらさず、出口の見えない金融財政の悪化を招いたことへの検証も反省もありません。    安倍前首相が20年春に「空前絶後の規模。世界最大の経済対策」と言い出し、21年度に30兆円の財政出動をしました。アベノ . . . 本文を読む
コメント (1)

首相公選制で政治の活性化はできないものか

2021年09月20日 | 政治
  総裁選を眺めるだけのもどかしさ 2021年9月20日  自民党総裁選は前年に比べ、様変わりしています。説明能力に欠けた菅首相を退陣に追い込んだのは世論の力でしたし、女性候補2人が加わったのも世論の反映でしょう。    4人の候補の平均年齢は約60歳で、国の政治的リーダーの世代交代は進みます。11月の総選挙を意識して、若手議員が派閥の統制に反対し、自主投票が主流になったことも . . . 本文を読む
コメント

そっと見守ってあげる皇室報道もメディアの役割

2021年09月17日 | メディア論
  宮内庁の調査不足は叩かない週刊誌 2021年9月17日  「小室圭さんが帰国し、来月に眞子様と共同記者会見に臨む見通し」とのニュースが昨日、流れました。NHKは「ニューヨークの大手法律事務所から就職の内定を伝えられた」とも報道しました。    昨日は、「文春砲」の異名を持つ週刊文春の「小室さん、ニューヨークの就活先に送った『虚偽経歴書』。就活苦戦、複数の大手法律事務所から門 . . . 本文を読む
コメント

政局報道で月刊文春が不発弾3発の惨状

2021年09月11日 | メディア論
  菅首相の挫折で読み筋が狂う 2021年9月11日  総合月刊誌の雄を自認する月刊文芸春秋10月号は、雑誌研究史に残る大失態を演じました。菅首相をめぐる総裁選という大テーマを満載したところ、少なくとも3本が不発弾ないし誤爆となりました。    文春は10月号から、新聞時評「新聞エンマ帳」を復活させ、「コロナの無責任報道を叱る」という記事を載せました。タイミングが悪いことに、肝 . . . 本文を読む
コメント (1)

なぜパラリンピックで中国の国歌ばかりが流れる

2021年09月06日 | 社会
  圧倒的に多い金メダルの政治学 2021年9月6日  東京パラリンピックが終わりました。メダル獲得数の一覧表を眺めていて、中国のメダル獲得数が群を抜いているのに驚きます。    「表彰台から流れてくるのは中国の国歌ばかり」とやっていたのは、どこかのテレビでしたか。総種目数528のうち、中国の金は96個、5人に1人が金メダリストになり、毎日、何回も中国の国歌を聞かされます。 . . . 本文を読む
コメント

眞子様の結婚はもうそっと見守るのが賢明

2021年09月02日 | 社会
女性宮家創設の障害なくなる 2021年9月2日  秋篠宮家の長女眞子さま(29)が小室圭さん(29)と年内に結婚することになりました。2人の固い決意と、「婚姻は両性の合意のみに基づく」とする憲法24条の規定を尊重する形に至り、「やれやれ」のニュースです。    本当は、金銭スキャンダルにまみれた母親の扱い、皇室の伝統と品位の維持を考えると、小室さんが婚約を辞退すべきだったと . . . 本文を読む
コメント (1)

アフガン退避の失策は菅政権に重大な責任

2021年08月28日 | 政治
  大使、大使館員は早々に海外に離脱 2021年8月28日  新型コロナ対策、東京五輪パラリンピック、自民党総裁選による政治空白が重なる中で、日本は信じ難い失策をまた重ねています。アフガニスタンからの邦人、外国人スタッフの退避作戦の出遅れによる失敗です。    他国はすでに大規模な退避を実施しているのに、なぜ日本は出遅れたのか。官邸、外務、防衛省が連携して、早期に作戦を立て、実 . . . 本文を読む
コメント (6)

形だけの自民総裁選が選ぶのは「暫定首相」

2021年08月24日 | 政治
  菅氏延命で喜ぶ野党連合 2021年8月24日  横浜市長選で自民党が惨敗しました。民意がこれほどはっきり、政権に「NO」を突きるつけることはそう度々、あることではありません。    菅首相の地元、しかも首相が全面的に支援した小此木・前国家公安委員長の敗北は、菅首相の敗北と同義語でしょう。山中氏50万票、小此木氏32票、林氏19万票でした。ここまで大差がつくと予想した人は少な . . . 本文を読む
コメント (1)