日本ユーラシア協会広島支部のブログ

本支部は、日本ユーラシア地域(旧ソ連邦)諸国民の相互の理解と親善をはかり、世界平和に寄与することを目的とする。

映画「コスタリカの奇跡」上映会のご案内

2018-11-30 11:55:30 | 日記
【映画「コスタリカの奇跡」上映会のご案内】
日時 2018年12月8日土曜日
13時30分上映開始(90分)16時まで交流会 
鑑賞料 500円(高校生まで無料)
場所 広島北部農協千代田支店3階大ホール(北広島町有田532-1)
主催 「コスタリカの奇跡」上映実行委員会




[反戦情報2018年11月15日号より]
『コスタリカの奇跡』
マシュー・エディ監督/マイケル・ドレイリング監督
評者 鈴木右文 
「コスタリカの奇跡」(二〇一七)は、一九四九年に憲法で軍隊を放棄したコスタリカの、軍隊放棄の経緯とその後の歴史を追ったドキュメンタリーである。コスタリカでは一九四〇年からカルデロン・グアルディア大統領による社会民主主義政権が、世界大恐慌以降の人民の福祉要求を背景に、社会保障を整備したが、常備軍を保持していた。一九四八年の大統領選挙では政権与党が野党候補に負けたのを受け入れず、内戦が勃発。野党側のリーダーは、米国で独学したホセ・フィゲーレス・フェレールで、内戦勝利後、憲法で常備軍を廃止、軍事予算を教育と社会保障に回した。今でこそ二〇一六年の国民幸福度世界一の国だが、その道のりは険しかった。隣国ニカラグアが不安定で常に脅威にさらされ、一九五五年の侵攻に対しては武装警察と市民の抵抗で排除した。ニカラグアで一九七八年にサンディニスタ民族解放戦線が蜂起するとこれを支援、ところが反革命のコントラを支援する米国がコスタリカに米軍基地配置を強要する。一九八六年には中立を宣言、一九八六年に大統領となったアリアスは、欧州諸国を訪問してその立場への支援を要請、米国へは拒否を貫いて、一九八七年ノーベル平和賞を受賞した。しかし平和主義はなかなか辛い。その後貧富の差が拡大、新大統領が米国のイラク開戦支持を表明し、裁判所がその声明の無効判決を出すなど、揺れている。フィゲーレスの娘が国連で環境問題に取り組んでいるが、コスタリカでは白動車に替わる交通手段の開発が急務だそうだ。応援したくなる国である。どこかの首相の口に爪の垢を団子にして押し込みたい。(すずきゆうぶん/九州大学言語文化研究院教員)
コメント

日本ユーラシア協会広島支部ニュース2018年11月30日

2018-11-30 11:42:46 | 日記
 日本ユーラシア協会広島支部ニュース2018年11月30日
【県連理事会が開催されました】
日時 2018年11月16日金曜日 14時~16時 場所 呉市 ビューポートくれ
次回理事会は2019年1月9日14時より広島留学生会館1階で開かれます。

【会費の納入について】日頃より会費の納入につきご尽力戴き感謝申し上げます。半面納入状況のお知らせ、会費請求が不十分な点でご迷惑をおかけしています。今回はとりあえず振り込み用紙を同封させて戴きます。会費月額は正会員700円以上、賛助会員300円以上(学生会員300円以上)です。

【「核実験地に住む」著者アケルケさんを囲んで カザフスタン・キルギス平和文化交流の旅報告会が開かれました】
日時:2018年10月27日(土)17:00~19:00 会場:東京ロシア語学院 
[写真]朝日新聞2018年11月15日にインタビュウ記事が掲載されました。


【国際交流専門員の募集について】
広島市市民局国際交流課より「2018年度広島市非常勤職員(国際交流専門員)」募集案内があります。
試験日 2019年1月30日 受付期間 2018年12月1日~2019年1月23日(必着)お問い合わせは国際交流課(応募用紙は広島支部電話08055054872にもあります。)

【ペアセロベ2018が開催されました。】
10月28日10時より 広島市基町中央公園 【写真右上】 


【世界平和弁論大会】
11月11日10時より広島工業大学広島校舎(中区中島町)で第29回世界平和弁論大会、第30回谷本清平和賞授賞式が開催されました。スピーチコンテストにはカザフスタン留学生アイーダさんが出場しました。[写真右は谷本清平和賞受賞の森滝春子さんと]

[スピーチ全文]
皆さん、こんにちは!
私はマクハノワ・アイ-ダです。カザフスタン共和国のセメイから来ました。私は「未来は私たちの行動で決まります」というテーマで話します。まず、未来とは何でしょうか?未来は過去・現在とつながっているとても大切な時間だと思います。私たちが創ることのできる空間であり時間だと思います。カザフスタンで行われた核実験と広島に落とされた原子爆弾を例にとってみましょう。私の国カザフスタンのセミパラチンスクでは1949年から1989年まで少なくとも450回以上の核実験が行われました。セミパラチンスク核実験場は旧ソ連の一番大きな核実験場でした。その結果、放射能によって自然は汚染され人々は被爆しました。現在でもガンになる人がいたり、ダウン症や奇形児が生まれています。それは核実験が終わってもその悪い影響は現在まで続いていることを証明しています。1945年、この広島に原子爆弾が落とされました。8月6日はよく晴れた日で、仕事や学校に急いでいく人が多かったそうです。原子爆弾が落とされた後、熱戦を浴びた人々の肌は指先から垂れ下がっていました。たくさんの人が亡くなり、生き残った人たちも大切な家族を失ったり、大やけどを負ったり、被爆したりしました。そして現在でも被爆の後遺症に苦しんでいる人や不安を抱えている人がいます。過去に起こった核爆発は未来にとても悪い影響を与えました。人々の体だけでなく心にも深い傷跡を残したと思います。被爆者の涙を見て私はそう思いました。この2つの国で起こった例からわかることは過去の出来事の影響が現在まで続いているということです。人々は次の世代に2度と同じ苦しみを味わわせないために苦しみながらも決してあきらめず核兵器をなくす取り組みをしました。そして現在に至っています。私は日本に8か月前に来ました。日本に来る前は広島や私の国カザフスタンで起こったことをあまり詳しく知りませんでした。でも僅か8か月の間に被爆者の話を聞いたり、「はだしのゲン」という漫画を読んだり色々な行事に参加することで今ではずいぶん広島のことを知ることになりました。それは私の人生の中で重要な出来事の一つとなりました。とても短い期間ですが、その間に少しだけ味わった日本の伝統や習慣は私にもっと日本のことを知りたいという気持ちにさせました。また15歳で遠く離れた国で生活することで私は家族と自分の国が大切だと思うようになりました。周りの友達と話すことで私は自分の違う生活習慣を知ることができました。このように一つ一つの経験が私を変えてくれました。そしてきっと将来色々な点で私を助けてくれると思います。日本での生活は私に時間と人々を大切にすることを教えてくれました。私たちの世代の未来は私たちがどのように行動をするかで決まると思います。将来平和な世界に住むためには、私は小さなステップから始めたいです。それはカザフスタンに帰って広島のことや被爆者の話を周りにいる友達に話すことです。それと同時に自分の国で起こったことをもっと知ることで命を脅かす危険なもの、例えば原子爆弾や核実験場を地球上からなくすために、一緒に行動する人を増やしていきたいです。留学生の皆さんも広島で学んだことを周りの友達に話しましょう!
【国際フェスタ2018】11月18日国際会議場とその付近で開催されました。[写真下]



【映画「コスタリカの奇跡」上映会のご案内】日時 2018年12月8日土曜日13時30分上映開始(90分)16時まで交流会 鑑賞料500円(高校生まで無料)場所 広島北部農協千代田支店3階大ホール(北広島町有田532-1)[反戦情報2018年11月15日号より]『コスタリカの奇跡』マシュー・エディ監督/マイケル・ドレイリング監督 評者 鈴木右文 
「コスタリカの奇跡」(二〇一七)は、一九四九年に憲法で軍隊を放棄したコスタリカの、軍隊放棄の経緯とその後の歴史を追ったドキュメンタリーである。コスタリカでは一九四〇年からカルデロン・グアルディア大統領による社会民主主義政権が、世界大恐慌以降の人民の福祉要求を背景に、社会保障を整備したが、常備軍を保持していた。一九四八年の大統領選挙では政権与党が野党候補に負けたのを受け入れず、内戦が勃発。野党側のリーダーは、米国で独学したホセ・フィゲーレス・フェレールで、内戦勝利後、憲法で常備軍を廃止、軍事予算を教育と社会保障に回した。今でこそ二〇一六年の国民幸福度世界一の国だが、その道のりは険しかった。隣国ニカラグアが不安定で常に脅威にさらされ、一九五五年の侵攻に対しては武装警察と市民の抵抗で排除した。ニカラグアで一九七八年にサンディニスタ民族解放戦線が蜂起するとこれを支援、ところが反革命のコントラを支援する米国がコスタリカに米軍基地配置を強要する。一九八六年には中立を宣言、一九八六年に大統領となったアリアスは、欧州諸国を訪問してその立場への支援を要請、米国へは拒否を貫いて、一九八七年ノーベル平和賞を受賞した。しかし平和主義はなかなか辛い。その後貧富の差が拡大、新大統領が米国のイラク開戦支持を表明し、裁判所がその声明の無効判決を出すなど、揺れている。フィゲーレスの娘が国連で環境問題に取り組んでいるが、コスタリカでは白動車に替わる交通手段の開発が急務だそうだ。応援したくなる国である。どこかの首相の口に爪の垢を団子にして押し込みたい。(すずきゆうぶん/九州大学言語文化研究院教員)
コメント

日本ユーラシア協会広島支部ニュース 2018年10月22日

2018-10-22 11:40:13 | 日記
 日本ユーラシア協会広島支部ニュース 2018年10月22日
【県連理事会が開催されます】
日時 2018年11月16日金曜日 14時~16時 場所 呉市 ビューポートくれ

【hero-city of Volgogradボルゴグラード市からのメッセージ(9月9日ボルゴクラードの日)】
広島市長 松井 一實 様
ボルゴグラード市長 アンドレイ・V・コソラポフ
今年もボルゴグラードの日が開催されるに当たり、貴市並びに貴市の皆様に心より御挨拶申し上げます!7月に広島は大災害に見舞われましたが、今回も平時の生活を取り戻すよう努力されていると伺っております。このことに関し、まず最初に、緊急対応チームや貴市職員の高度な専門性に裏打ちされた災害対応に対し敬意を表するとともに、復旧が迅速に進み、被災された方々が落ち着きを取り戻されますようお祈り申し上げます。
こうした状況とはいえ、ボルゴグラードの日が、主催者や参加者にとって楽しく盛り上がるイベントとなりますことを願っております。
今夏、ボルゴグラードは2018FIFAワールドカップの会場となり、幸運にも、6月27日にはボルゴグラード・アリーナで日本代表チームによる試合が開催されました。そこで本市では、日本の姉妹都市広島について、また長年にわたる両市の友好の歴史について、ボルゴグラード市民や試合の観戦者に知っていただく機会といたしました。試合の前日には、ロシア平和財団ボルゴグラード支部で、「ヒロシマ・デー」が開催され、サッカーファン、若者、市民団体、市内の学校の生徒たちが集いました。来賓として在ロシア日本大使館の古谷徳郎参事官にも御参加いただきました。
こうした活動が、両市の姉妹都市関係強化に役立つだけでなく、平和と相互理解の推進にもつながることを心から願っております。
ボルゴグラード市と広島市の友好は今後さらに深まり、将来に向けて、数多くの興味深い共同事業が開催されることになるものと確信しております。[写真 在大阪ロシア連邦総領事館領事シュベツォワ・エレーナさんのあいさつ]

【「核実験地に住む」著者アケルケさんを囲んで】
カザフスタン・キルギス 平和文化交流の旅 報告会
日時:2018年10月27日(土)17:00~19:00 会場:東京ロシア語学院 2階ホール(世田谷区経堂1-11-2 小田急線「経堂」駅南口徒歩5分
http://www.jp-euras.org/ja/about/office.html
参加費:第1部のみ :無料 第2部参加 :1500円(軽食とワンドリンク付き)第1部 17:00~18:00●「カザフスタン・キルギス平和フォーラム・文化交流の旅」報告 8/28日~9/7までカザフスタン対外友好文化交流協会とキルギス対外友好協力協会連合会の協力のもと、上記ツアーが成功裡に実施されました。その中から、主にカザフスタンの反核対話集会、キルギスの平和フォーラムと遊牧民オリンピック、そして両国での文化交流を中心にご報告いたします。●「核実験地に住む」著者アケルケ・スルタノワさんのお話し~著書に込めた思いと国際連帯について ~セミパラチンスク出身のアケルケさんが核実験地被害者から生の声を集め、その実態を今年7月に「核実験地に住む」という本にまとめました。著者から貴重なお話をお聞きします。第2部 18:10~19:00●中央アジアの料理試食付き懇親会 第1部の内容を元に質疑応答したり、中央アジアの魅力などについて、語り合いましょう。参加申込締切:10月23日(火)参加ご希望の方は、下記主催者までお名前と電話番号をご連絡下さい。日本ユーラシア協会 Email:info@jp-euras.org TEL:03-3429-8231
【ヒロシマ・メッセンジャー募集】広島市姉妹・友好都市との交流の推進役 問い合わせ0822428879
活動期間 2019年1月1日~12月31日 募集期間2018年10月1日~31日 当日消印有効

【原発、ホントはどうなの?展】
日時 2018年10月23日火曜日11時~20時30分  10月24日水曜日9時30分~20時
場所 広島県民文化センター地下1階 第1展示室 主催 広島市危機管理対策強化を求める市民の会
問い合わせ 090-7372-4608

【第72回ロシア語能力検定試験が実施されました。】第72回は10月6日7日広島市東区民文化センターで実施され6日2級4名4級6名、7日1級1名3級7名が受験されました。(次回73回は2019年5月実施予定です。)

【2018ぺあせろべが開催されます】
日時 2018年10月28日10時~14時 会場 広島市中央公園 フードフェスタ会場西隣

【第19回国際フェスタ2018(国際交流協力の日)が開催されます】
2018年11月18日10時~14時 広島国際会議場及びその周辺

【11・3憲法のつどい・ひろしま2018】11月3日 14時~16時30分 広島弁護士会館3階ホール 講師 亀石倫子さん「日本国憲法と個人主義」  

【土肥隆弘ピアノリサイタル】日本ユーラシア協会呉支部30周年記念 10月27日14時~16時 呉市ガレンホール 2000円 チケットがあります。お問い合わせは 080-5610-9751

【平和スピーチコンテスト】11月11日10時 広島工大鶴校舎(中区中島町)

【丸木位里・俊原爆の図を読む展】2018年9月8日~11月25日10時~17時 月曜日休み 広島市現代美術館[いのちを観る いのちを歌う]11月18日13時開会 広島平和記念資料館 要申込み・有料 0493-22-3266

【日本・中国・韓国の市民による第17回「歴史認識とアジアの平和」フォーラム(広島フォーラム)】日時 2018年11月23日24日25日 場所 23日9時30分~17時広島国際会議場ダリア 24日8時30分~16時広島親愛17時~19時30分 アステールプラザ7階 25日9時30分~17時国際会議場ダリア 問い合わせ0822276298(澤野)

【汚染土えたじま持ち込み反対協議会11月25日集会】
11月25日14時~ 柿浦小学校裏

【カザフスタン留学生送別会】12月9日11時30分~13時30分 ホテルANA1階レストラン 有料

【毎日新聞東京版 9月21日 アケルケ・スルタノバさん著作紹介】(後半部分)
高校生の時、市民団体の招きで広島に1年間留学。被爆者の話を聞き、体験を継承する重みを知った。故郷では核実験が40年間で450回以上行われ、120万人以上が被害に遭ったとされるが、医療などの支援は不十分。証言を集める動きもなく、「過去の話とされている」と感じる。一橋大大学院在学中、故郷で住民を訪ね歩いた。危険を知らされずに被ばくした証言は痛ましかった。がんで家族を失った人や、自殺や中絶もあった。実験時、車から村に残るように指示された男性は「私たちは実験台にされた」とメモを残して亡くなった。「広島や長崎のように、セミパラチンスクの被害も世界に知られてほしい」と願う。世界有数のウラン埋蔵量を誇る祖国は今、原発計画を進め、核被害を訴えにくい空気が漂う。それでも「いつかこの本をカザフ語で出したい」。 文・竹内麻子 写真・藤井達也

 
コメント

汚染土えたじま持ち込み反対協議会11月25日集会

2018-10-18 01:55:05 | 日記
汚染土えたじま持ち込み反対協議会11月25日集会
14時~ 柿浦小学校裏

コメント

原発、ホントはどうなの?展

2018-10-09 05:24:07 | 日記
原発、ホントはどうなの?展
日時 2018年10月23日火曜日11時~20時30分
         10月24日水曜日9時30分~20時
場所 広島県民文化センター地下1階 第1展示室
主催 広島市危機管理対策強化を求める市民の会
問い合わせ 090-7372-4608

webサイト。
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20181023-24.pdf


コメント