一国の国産拠点 一国オート販売 からのお知らせです。

横浜のバイクショップ 一国オート販売 からのお知らせを発信しますので、お見逃し無くよろしくお願いします。

突き上げる振動、、、何が原因か。。。

2018年11月14日 | 修理

 

 

突き上げるような振動が出るんです。。。

 

 

という訴えの入庫で、、、

 

 

調べると、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライブチェーンの遊びが、、、

 

 

 

 

この位置では 0mm。。。

 

 

 

 

で、ホイールを回転しながらチェーンの位置を変え、、、さらに調べると、、、

 

 

 

 

ある所では、、、60mmもある。。。

 

 

ドライブチェーンの遊びが所々で違ってしまう、、、偏摩耗が起こっていて、、、

 

 

ドライブチェーンの使用限界が来ているようです。。。

 

 

 

 

 

来ている、、、いや、とっくに限界を通り越していて、、、危険な状態にまで来ています。。。

 

 

この様に偏摩耗が始まっているドライブチェーンの遊び調整は、、、

 

 

遊びの大きな部分で調整を決めると、、、遊びのない小さな部分では指定の遊びの数値にならず、、、今回のこのバイクの様に遊びが 0mm、、、なんて事になります。。。

 

 

逆に、、、遊びの小さな部分で調整を決めると、、、遊びが大きな部分では指定の遊びの数値を通り越してしまい、、、チェーンが外れてしまう可能性があります。。。

 

 

要するに、、、調整なんか出来ないんです、、、このチェーンは。。。

 

 

でも外れてしまうのでは走れませんので、、、とりあえず走れる調整をして、、、走っていたんですね。。。

 

 

この入庫時の調整をしたメカさんは知っていた?のか、知らずにか?、、、調整不能、使用不可なドライブチェーンを調整し、オーナー様はお乗りになり、突き上げる振動に異常を感じて、、、当店に来店されました。。。

 

 

 

 

 

 という事で、、、

 

 

 

 

ドライブチェーンと前後スプロケットを交換いたしました。。。

 

 

今まで使われていた前後スプロケットですが、、、両方とも社外品で、、、

 

 

特にリアのスプロケットは材質がアルミ製が使われていましたので、、、今回は前後とも純正品に交換をいたしました。。。

 

 

純正品は材質が鉄製で、、、耐久性は数段の違いがありますので、、、ツーリングライダーの方には鉄製がベストですね。。。

 

 

 

 

 

今回の主原因の、、、使用不可なドライブチェーンですが、、、

 

 

 

 

↑ これが切り取ったチェーンのコマで、、、左のピンの摩耗が激しいです。。。

 

 

このピンが入る部分、、、ブッシュの摩耗ももちろんで、、、それぞれのコマの摩耗がチェーンの伸びになり、、、均一の摩耗ではなく、、、ある部分は摩耗が大きく、、、と、全体としては偏った摩耗になった、、、というのが今回の原因です。。。

 

 

これもチェーンオイル次第、メンテナンス次第で大きく差が出ます。。。

 

 

チェーンオイルの注油はオーナー様の気遣い次第で、、、良くも悪くもなる部分ですので、、、もっともっとチェーンオイルをかけていただきたいですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

という修理でした。。。

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

 

 

  

コメント

グリップヒーター、、、暖かいですよ。。。

2018年11月12日 | 新製品

 

 

もうすぐ、、、

 

 

バイクには厳しい、、、

 

 

冬が来ますが、、、

 

 

これを付ければ、、、怖くないです。。。

 

 

 

 

 

 

お買い得な グリップヒーター が入荷しています。。。

 

 

 

 

お値段 ¥9000-(メーカー希望税抜き価格)、、、

 

 

二輪純正メーカー製グリップヒーターも、、、もちろんお取扱いをしていますが、、、

 

 

純正品に比べると、、、だいぶお得なお値段になります。。。(H社純正¥16500.Y社純正¥15000.共に税抜き価格)

 

 

 

 

グリップ長120mm。。。

 

 

レベル1~5まで調整が出来ます。。。

 

 

電圧低下時には自動でグリップヒーターのレベルを落とし、、、電圧が元に戻れば自動で元のレベルに戻りますので、、、信号待ちの度に手動でレベルを調整する必要はありません。。。

 

 

電圧計付きで、、、バイクの充電状態など健康管理もひと目で解ります。。。

 

 

という、、、高機能でお得な商品になります。。。

 

 

取り付けが出来る機種は、、、スクーターから大型まで、、、多くの機種に出来ますので(一部機種は加工が必要な場合があります)お問い合わせ下さい。。。

 

 

 

 

 

 

 

合わせてこの商品も取り付けると、、、

 

 

真冬も手が凍える事がありません。。。

 

 

 

 

ハンドルカバー。。。

 

 

各種在庫ありますので、、、どうぞ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

風防にハンドルカバー、、、そしてグリップヒーター、、、定番の通勤のアイテムになりますね。。。

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

 

 

ハンドルカバーですが、、、スピードの出るバイクにももちろん取り付けてヌクヌクで良いのですが、、、

 

 

高速走行時には注意していただきたいのが、、、

 

 

ハンドルカバーが風圧を受け、、、ブレーキレバーをカバー内部で押してしまう、、、

 

 

そんなバイクをよく目にする事があります。。。

 

 

ブレーキランプが勝手に点灯してしまいますし、、、常時ブレーキが作動していますので、、、

 

 

追突事故とブレーキ故障の危険性がありますので、、、高速走行車は注意と対策が必要です。。。

 

 

対策は、、、風圧でハンドルカバーが押されてもブレーキレバーを押せないように ガード を取り付けするのがよいですね。。。

 

 

 

コメント

ブレーキレバーの穴。。。

2018年11月10日 | つぶやき

 

 

 

転倒時にブレーキレバーの先端だけ折れるように加工してあるのは良く見るんだけど、、、

 

 

 

 

この様に穴が開いているのは、、、

 

 

なかなか無いですねええ。。。

 

 

 

 

 

カタログの説明を読むと、、、

 

 

『高速走行時に、風圧によるブレーキの引きずりを抑止するため、フロントブレーキレバーエンドに風圧を逃すスリット加工が施されている』

 

 

 

 

 

超高速走行時にブレーキが掛かってしまうのを防止する スリット加工 なんだあ。。。

 

 

すんごいですねええ。。。

 

 

ここまで考えられているなんて。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

このマシンのカタログを読んでいると、、、

 

 

ワクワクししゃいますねええ。。。

 

 

電子制御がハンパナイです。。。

 

 

読んでいるだけで、、、乗ってみたくなってしまいます。。。

 

 

↓ カタログのページです。。。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr1000ral8/top

 

 

 

 

コメント

ドライブベルトの交換、、、だけではなく、、、駆動系のオーバーホールです。。。

2018年11月09日 | メンテナンス

 

 

駆動系のオーバーホール。。。

 

 

当店で、、、茶飯の如く、、、行なっている作業のひとつになります。。。

 

 

お客様も長年乗っていて、、、今までに苦い経験をされている方もいらっしゃるかと思いますが、、、ドライブベルトがいきなり  プッツン  して、、、走行不能になった経験が。。。

 

 

 

 

 

近年は20000km(一部車種は24000km)でドライブベルトの交換をするのが、、、知れ渡ってきて、、、

 

 

ある車種だと、、、ドライブベルト交換ランプが点灯し、交換時期を知られてくれたりと。。。

 

 

 

 

 

ドライブベルト、、、ベルトの芯には耐久性の高い繊維が使われていますが、、、ゴムで成型されたベルトですので、、、摩耗が進んだり、、、劣化によるひび割れが起きたり、、、そして最後には切れて走行不能になってしまいます。。。

 

 

切れて走行不能になっても、、、もちろん新品のベルトに交換して、、、また元気に乗れるようには、、、しますが、、、

 

 

切れる前にオーバーホールして、、、また20000kmを安全に走れるようにするのが、最良のメンテナンスになります。。。

 

 

 

 

 

で、、、駆動系のメンテナンスですが、、、

 

 

お客様の中には、、、ベルトだけ交換すれば大丈夫ですよね?  とお思いの方も、、、ちらほら、、、いらっしゃるのですが、、、

 

 

それだけでは片手落ちの作業になってしまい、、、折角の新品ベルトが早期に摩耗や切断したりする事もありますので、、、

 

 

当店ではベルトがかかっているプーリーや遠心クラッチなどすべての部分の点検をして、、、交換が必要な部分は新品に交換をして作業をいたします。。。

 

 

ですので、、、当店では  ベルト交換  とは言わず、、、駆動系のオーバーホール  と言います。。。

 

 

 

 

 

エンジン側のプーリー、、、ドライブフェイス部分の構成部品です。。。

 

 

 

 

ドライブベルト、ウエイトローラー、スライドピースは20000kmも使用していますので、、、交換は必須になります。。。

 

 

 

 

ベルトがプーリーに当たる面の点検や、、、

 

 

 

 

 

 

ウエイトローラーが移動して擦れる部分の点検、、、

 

 

 

 

スライドピースの嵌っている部分の摩耗、、、

 

 

 

 

中心のボス部のガタ、、、などなど、、、

 

 

各部の点検も欠かせません。。。

 

 

傷、摩耗、亀裂など異常が発見されればもちろん交換です。。。

 

 

またこの先20000kmも働いてくれますので。。。

 

 

 

 

タイヤ側のプーリー、、、ドリブンフェイスの分解です。。。

 

 

 

 

グリスが汚れ、、、トロトロに溶けて、、、グリスの潤滑性能は限界か、、、

 

 

グリスの詰め替えも大事なんです。。。

 

 

 

 

ドリブンフェイスと遠心クラッチの構成部品になります。。。

 

 

 

 

クラッチスプリングのかかる穴が削れていないか???

 

 

クラッチシューの摩耗や割れがないか。。。

 

 

 

 

ベルトの当たり面、フェイスの摩耗は、、、

 

 

トルクカムローラーの入る穴にガタが無いか、、、

 

 

センターのベアリングは???

 

 

 

 

トルクカムの溝の摩耗は。。。ここは段付き摩耗し易いんで、要チェックの部分です。。。

 

 

段付き摩耗があると、、、加速、減速時にローラーが引っかかり、、、スムーズな変速が出来なくなります。。。加速、再加速不良に。。。

 

 

 

 

 

センタースプリングは、、、

 

 

 

 

新品と比べるとなんと 10mmも縮んでしまっていました。。。

 

 

このスプリングが弱ると、、、低回転で変速が行われてしまうので、加速が悪くなります。。。

 

 

 

 

スプリングもこんなところが削れていたり、、、

 

 

なので、、、

 

 

ドライブベルトの交換では、、、ベルトはもちろん交換ですが、、、その他にオーバーホールに必要な部品は、、、

 

 

 

 

最低でもこれだけは交換をいたします。。。

 

 

その他に再使用が不可能なほど摩耗していたり、、、次回のオーバーホールまで使用出来そうも無い部品は交換します。。。

 

 

ドライブベルトの役目は、、、エンジンのチカラを後輪に伝える。。。大事な役目なのですが、、、

 

 

その他のプーリーや小さな部品のひとつひとつにも大事な役目があります。。。

 

 

すべての部品が正常な仕事をして、、、オートマチックな発進や変速をしてくれて、、、

 

 

安全にスムーズに走ってくれるんです。。。

 

 

 

 

 

ですので、、、小さな部品のひとつひとつまで点検をし、、、組み上げるのです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

という所を、、、解っていただきたいなあ。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

駆動系の分解整備ですが、、、今まで*****kmも走っていたのですから、各部の部品に摩耗、消耗があっても不思議ではありません。。。

 

 

エンジンの中でエンジンオイルに浸かっていれば消耗も少ないのですが、、、構造上、ドライの環境で作動していますので、ベルト以外の部品にダメージがある事は、、、多々。。。

 

 

ですの、ベルトのみの交換で完成させても、、、他の部分に不具合があれば、最終的には*****kmも走れずに再修理になる可能性があります。。。

 

 

お客様が修理を安く済ませたい気持ちは解るのですが、、、キッチリ組み上げないと、、、もったいないです。。。

 

 

 

 

 

 たぶん駆動系の記事は何回か書いてあるんですが、、、また書いてしまいました。。。

 

 

コメント

新型 2019モデル シグナス-X  入荷しています。。。

2018年11月07日 | 新製品

 

 

 

新型 2019モデル  シグナス-X

 

 

入荷しています。。。

 

 

 

 

かっこいいいいいいい、、、、、、、、

 

 

 

 

スタイルやコンセプトは、、、変わらないのですが、、、

 

 

 

 

2019モデルになっての大きな変更点は、、、

 

 

 

 

LEDヘッドライトになりました。。。

 

 

 

 

 

で、、、ヘッドライトだけではありません。。。

 

 

 メーターパネルも、、、

 

 

 

 

液晶フルデジタルメーターに、、、

 

 

 

 

 

テールランプも変更になってますね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 2018モデルと比べると、、、

 

 

 

 

精悍な顔立ちに、、、

 

 

 

 

 

 

シート後ろのグリップも形状が変更されていますし、、、

 

 

 

 

比べるとボディの各部の形状に違いがありますね。。。

 

 

 

 

外装はフルチェンジですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

⇑ 2019モデル

⇓ 2018モデル

 

 

 

 

 

2019モデル、、、新型には、、、

 

 

 

 

シガーソケットが標準になりました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり新しいのはいいですねええ。。。

 

 

 価格はほんのちょっとのアップで、、、

 

 

シグナスX329,400円 [消費税8%含む](本体価格 305,000円)です。。。

 

 

発売は 2018年11月9日 からですが、、、すでに、、、もう、、、入荷していますので、、、店頭で見る事が出来ます。。。

 

 

ご来店お待ちいたします。。。

 

 

 

 

 

⇓ ヤマハhp、シグナスX の製品ページになります。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/cygnus-x/

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

グリスで耐久性が更にアップ???

2018年11月04日 | 今日の作業

 

 

車検の整備、、、

 

 

ブレーキは、、、

 

 

 

 

ドラムブレーキ車ならここまで当店は分解をいたしますが、、、

 

 

このバイクの場合は、、、2年前にも(その前も、そのまた前も)ブレーキのこの部分は毎回分解整備をしていまして、、、

 

 

当然ながらここの部分、ブレーキシューを作動させる カムシャフト を清掃&グリスアップをしています。。。

 

 

 

 

 

が、、、

 

 

カムシャフトのグリスアップした部分を観察すると、、、

 

 

 

 

グリス切れ間近? ですかね、、、

 

 

あまり良い状態のグリスではありませんね。。。

 

 

グリスが切れると、、、当然ながらシャフトの動きが悪くなり、、、ブレーキペダルを踏んでも、、、踏力がしっかり伝わらないで、、、ブレーキの効きが落ちてしまう、、、事もあります。。。

 

 

2年も経っていますし、、、それなりに走ってもいます。。。(オーナー様は通勤に使用しています)

 

 

ガレージ保管で雨の日は乗らない、、、訳じゃ無く、雨の日も走り、雨に打たれる事もあるでしょう。。。通勤ですから。。。

 

 

水の浸入には弱い部分でもありますね。。。構造的に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

このカムシャフトは、、、

 

 

 

表側の構造はこの様になっていまして、、、

 

 

 

 

 

カムシャフトはブレーキパネルの内側から挿入されていて、表面に出っ張った部分に右側のブレーキアームが取り付けられるのですが、、、間にはインジケータープレートが挟まっているだけになります。。。

 

 

ですので、、、この部分には水が入らない様にオイルシールなど防水がありませんので、、、グリスをたっぷりと塗って組み付ける以外に、、、さび止めや防水の方法がありません。。。(機種によってはオイルシールやフェルトで防水しているのもあります)

 

 

 

 

 

2年間、、、雨の日も乗るのでしょう。。。

 

 

グリスも変質し、、、潤滑性能もダウンするでしょう。。。

 

 

仕方ないと言えば、、、その通り。。。

 

 

なので、、、点検整備は必要なのですね。。。

 

 

 

 

 

 

という事で、、、

 

 

 

 

動きが悪くならないように、、、グリスをたっぷりと塗って、、、

 

 

組み付けを、、、

 

 

 

 

いたしました。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

最近?だね、、、このグリスは、、、もう1年くらいは使いはじめて経っているかなあ。。。

 

 

 

 

 

このグリーンのグリス、、、このシャフト部分にたっぷりと塗って組みます。。。

 

 

このグリスの方が、、、この部分には適している? と思いますので、、、このバイクにも使ってみます。。。

 

 

前回、、、2年前の車検時に使ったグリスはこのグリーンのグリスとは違うグリスで、、、長年老メカは使っていてそれなりに信頼しているグリスで、悪いグリスではないのですが、、、

 

 

最近は更に性能が良いグリスを求めて、、、このグリーンのグリスを使い始めて、、、いろんな部分に、いろんなお客様のバイクに使っています。。。

 

 

 さて、、、また2年後の車検の時に、、、分解してグリスの状態を観察するのが、、、今から楽しみです。。。

 

 

結果が良ければいいのですが。。。

 

 

 

 

 

オイルやグリス、ケミカルなど、、、

 

 

これって良さそうだな!!! と、、、感じると、、、

 

 

メカニックって試したくなってしまうのが、、、

 

 

サガ、、、性なのかもしれません。。。

 

 

そしてメンテナンスをしたバイクが更に良くなれば、、、

 

 

そんな思いから、、、いろいろ試してしまうんですね。。。

 

 

  

コメント

トリシティ(MW150A/MW125/MW125A)に関するリコールについて

2018年11月02日 | リコール、無償修理の情報

 

 ヤマハから トリシティ(MW150A/MW125/MW125A) に関するリコール(無償修理) のお知らせが届いています。

 

 

 

 

トリシティ(MW150A/MW125/MW125A)に関するリコールについて

 

 

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、当該ホースの耐久性が不足しているものがあります。そのため、当該ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがあります。

 

 

 

 

改善措置の内容

全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換します。

 

 

 

対象車は下記の車台番号になります。

 

「TRICITY MW150A」

SG37J-001002~SG37J-003795
平成28年10月13日~平成30年5月22日

 

「TRICITY MW125」

SEC1J-002001~SEC1J-002570
平成29年11月10日~平成30年2月21日

 

「TRICITY MW125A」

SEC1J-001001~SEC1J-001332
平成29年11月3日~平成30年4月30日

 

対象車両の確認についてはこちらから検索いただけます。

https://www2.yamaha-motor.co.jp/Recall/Mc/

 

 

 

当店のお客様にはたいへん申し訳なく、またお手数をお掛けいたしますが、事前にご連絡をいただき入庫の程よろしくお願いいたします。

 

 ヤマハ トリシティ(MW150A/MW125/MW125A) に関する リコール (無償修理) のお知らせでした。

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

コメント

バイク屋さんのお仕事。。。魔法のようにキレイになります。。。

2018年11月01日 | 今日の作業

 

 

 

魔法のボックスで、、、

 

 

 

 

シュ~~~~~~~~~、、、と、、、

 

 

 

 

 

で、、、取り出すと、、、

 

 

 

 

ホコリまみれ、粉まみれで、、、真っ白ですが、、、

 

 

 

 

サビや汚れで、、、みすぼらしかったのに、、、

 

 

 

 

新品のような見栄えに、、、

 

 

 

 

アルミの色って言うのかな、、、キレイになりました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラスト前は、、、

 

 

 

 

磨くのもタイヘンな汚れや、、、

 

 

 

 

サビが、、、

 

 

 

 

この通り。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

粉だらけの部品を、、、洗浄して、、、

 

 

 

 

バルブやカムを組み込み、、、

 

 

 

 

エンジンに組み込みます。。。

 

 

 

 

この金色のカムチェーンは、、、

 

 

強化チェーンです。。。

 

 

このエンジンのチューニングには定番のチェーンで、、、このエンジンを組んだ方は、、、解っている方でしょう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

カムタイミングも合わせ、、、

 

 

バルブクリアランスもばっちりと、、、

 

 

 

 

まだ細部の組み込みは終わっていませんが、、、

 

 

 

 

見違えるエンジンになりました。。。

 

 

 

 

↑ アフター

↓ ビフォアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法のボックス、、、

 

 

 

 

エンジンを丸ごと入れられる大きさのボックスが欲しくて欲しくて、、、

 

 

でも、、、当時はこんな大きなボックスは、、、とても高価で、、、遊びが半分の趣味的お仕事では、、、買えませんでした。。。

 

 

手作り感、、、満載ですが、、、自分なりには満足しています。。。

 

 

こんなに長く使えるだけでも、、、成功。。。

 

 

自己満足の魔法のボックスです。。。

 

 

 

コメント

カバーが外れない、、、おー、怖。。。

2018年10月30日 | 今日の作業

 

 

 

今日の作業、、、

 

 

 

 

 

今日はめっちゃ! 怖いお仕事でした。。。

 

 

 

 

スマホ取り付けの為の、、、ホルダー、ステー、USBの取り付けなのですが、、、

 

 

ステー自体はミラーのマウントなので、、、問題無しなのですが、、、

 

 

USBの配線の為に、、、

 

 

 

 

ハンドルカバーを取り外すのですが、、、

 

 

カバーはキレイな塗装がされていますし、、、

 

 

外すのに、、、嵌め合いの爪が隠れていて、、、

 

 

そして外すのに硬いという前情報通り、、、硬くって外れなくって、、、もう、、、

 

 

サービスマニュアル見ながら、、、そして、外し方のサービス情報も確認しながら、、、

 

 

 

 

外しました。。。

 

 

カブなのにカブ以上の造り込みは、、、メカニック泣かせのバイクです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で、、、作業完了。。。

 

 

 

 

カブなのにカブ以上の仕上げのスーパーカブC125、、、

 

 

作業中にキズにし易そうな部分にはマスキングテープで保護はしていましたが、、、

 

 

カバーのいたる所を、、、触って汚れや指紋がベタベタと、、、付けてしまったので、、、

 

 

最後は、、、お掃除です。。。

 

 

 

 

カルバナロウの高級ワックスで磨いちゃいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

今はスマホをナビにしますので、、、この様な作業が多いのですが、、、今日は時間がかかってしまいました。。。

 

 

もう少し簡単に外れて欲しいなあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

ハイパフォーマンスなマシンが流行っているのか、、、

 

 

↓  もう納車しましたが、、、

 

 

 

 

どうでしょうか? って、、、

 

 

聞くのがヤボですよね。。。

 

 

決まってますよね! めっちゃ楽しいに。。。

 

 

 

 

 

 

こちらは今週かな、、、

 

 

 

 

納車は。。。

 

 

軽量な車体なので、、、コーナーリングは楽しいマシンでしょう。。。

 

 

 

 

 

来週? は、、、赤い1000の逆車が入庫し納車の為の作業をいたします。。。

 

 

 

 

 

どうしちゃったんだろ???続くなあ、、、

 

 

時代はGSX-R なのか。。。

 

 

 

 

コメント

バイク屋さんのお仕事。。。楽しいお仕事。。。

2018年10月28日 | 今日の作業

 

 

 

楽しみながら、、、合間を見ながら、、、進めている作業ですが、、、

 

 

 

 

毎日このようなお仕事が、、、自分的には楽しい時間なのですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

マスキング、、、

 

 

 

 

仕上げたく無い部分をガムテープや捨てちゃうボルトでカバーします。。。

 

 

 

 

 

 

 

たまには使わないと、、、

 

 

 

 

このボックス、、、老メカ手作りで、、、

 

 

 

 

エンジン部品なら楽に入ってしまいます。。。

 

 

 

 

でもって、、、

 

 

 

 

正面の穴から、、、

 

 

 

 

手を突っ込んで、、、

 

 

 

 

砂嵐を、、、シュ~~~~~~~~~~~。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、、、30年近いか、、、25年は経っているはず、、、です。。。

 

 

ハンドメイド、、、手作りで作ったボックスですが、、、

 

 

このボックスを作るきっかけは、、、その当時、 CB400 Four をキレイに、、、そしてボアアップなど、強力なエンジンにする為の作業がきっかけで、、、ヘッド、シリンダー、クランクケースなどすべてをブラストしましたねえ。。。

 

 

見た目も 何か?やってるぞ! って、、、見えちゃうし、、、バイクの雰囲気も変わりますしね。。。

 

 

 

 

内部には薄い鉄板を全面に貼ってあり、、、下部に砂が溜まるようにもなっています。。。

 

 

照明用の蛍光灯もあります。。。

 

 

 

 

エアーコンプレッサーからの圧縮された空気を、、、ガンから全開で内部に放出しますので、、、

 

 

ボックスの内圧は高くなります、、、

 

 

その分の空気をどこか?出口を作って抜かないといけないのですが、、、

 

 

内部の汚れた空気をキレイにして抜く為に、、、

 

 

 

 

掃除機で吸い出しながら、、、作業をいたします。。。

 

 

 

 

 

今のボックスが、、、老メカ的には完成形になっていますが、、、

 

 

この仕様のボックスになるまでには、、、改良も幾度かしましたねえ。。。

 

 

当初に使っていたエアーコンプレッサーは100vの小さな機械でしたので、、、ガンを使っているとすぐにエアー圧が足らなく弱くなって、、、砂も吸い上げられなかったりしましたので、、、エアーが溜まるのを待っていましたが、、、

 

 

現在は200vの大型コンプレッサーにレベルアップしましたので、、、ストレスフリーで使えるようになりましたねえ。。。

 

 

 

 

 

 

(このブラスト作業は、老メカの趣味の延長上の作業で、お仕事としてはお受けいたしません。)

 

 

 

 

コメント

バイク屋さんのお仕事。。。ちょっと楽しんでいます。。。

2018年10月28日 | 今日の作業

 

 

古いんだから、、、サビ、腐食、汚れもしょうがない???ですが、、、

 

 

 

 

少しはキレイにしたいので、、、

 

 

 

 

 

分解しちゃいました。。。

 

 

 

 

カムやバルブも外して、、、

 

 

アブラ汚れを洗浄して、、、

 

 

 

 

単品でも出来ますが、、、

 

 

部品点数は少ない方が、、手間が省けますので、、、

 

 

 

 

 

 

 

くっつけられる部品はボルトで合体させて、、、

 

 

ネジの穴にも捨てちゃうボルトを入れて、、、

 

 

ガムテープで、、、

 

 

 

 

マスキングします。。。

 

 

 

 

 

これで用意は出来ました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく見ると、、、

 

 

 

 

長年のサビと汚れで汚いです。。。

 

 

 

 

この方法は、、、好き嫌いがある肌の風合いになるのですが、、、

 

 

老メカ的には好きなので、、、

 

 

たまに行なう方法で、、、

 

 

 

 

 

 

つづきます。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

バイク屋さんのお仕事、、、

 

 

お仕事ではあるのですが、、、自分の趣味? も少し入っちゃってますかね。。。

 

 

モンキーも大好きな車種で、、、エンジンを分解したり、、、そして、、、どうしようか??? って、、、勉強しながら、、、毎日楽しんでいます ♪ ♪ ♪

 

 

バイクのお仕事を好きで長年携わっていますので、、、遊びの要素が仕事にも必要ですね。。。

 

 

 

  

コメント

バイク屋さんのお仕事。。。

2018年10月27日 | 今日の作業

 

 

 

バイク屋さんのお仕事は、、、

 

 

バイクの販売、接客や、、、故障の修理、、、定期点検、車検整備、、、

 

 

事務仕事では、、、登録業務や、、、車両や部品の見積もりや注文、、、

 

 

雑用も多々ありまして、、、店内外の清掃、展示車のオミガキも大事なお仕事で、、、

 

 

日々の業務を開店のam9:00からpm7:00の閉店まで、、、効率よく立ち回らないと物事は進みません。。。

 

 

老メカの場合は、、、

 

 

ゆっくりとカウンターの椅子に座っているのって、、、お昼のご飯の時と、閉店後のひと時だけのような。。。

 

 

 

 

 

 

そんな日々の作業の中で、、、どうしても後回しになってしまうのが、、、

 

 

入庫した中古車の整備、、、

 

 

ほんとうは一番にやらなければいけない作業のひとつなんですが、、、

 

 

お客様が待っている作業を優先しますので、、、中古車は後回しになってしまう事が多いですが、、、

 

 

 

 

 

 

時間がちょっと空いた時には、、、

 

 

整備をして、、、キレイにしないと、、、

 

 

 

 

 

で、、、老メカの好きなバイクの、、、整備を、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

古いモンキーですからねえ、、、

 

 

1975年???

 

 

 

 

エンジンの見た目が 汚い です。。。

 

 

 

 

そんな時には、、、

 

 

 

 

 

時間をかけて、、、

 

 

磨くしかない。。。

 

 

 

 

 

クランクケースが光りました。。。

 

 

 

 

 

クランクケースは時間をかければ、、、なんとか光を取り戻せますが(新車時はこんなに光ってないので、新車以上の光沢になりました)、、、

 

 

 

 

シリンダーとヘッドは、、、

 

 

磨けないよね、、、ザラザラで、、、

 

 

フィンの間なんて。。。特に。。。

 

 

サビ、腐食、、、汚れもこびり付いています。。。

 

 

 

 

 

 

そんな時には、、、

 

 

 

 

内部の状態を確認がてら、、、

 

 

 

 

分解して、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづく、、、

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

アルミのシリンダーに組み替えられていましたので、、、

 

 

大きなピストンが現れました。。。

 

 

モンキーですからねえ、、、定番でしょう。。。

 

 

  

コメント

バイクはどれくらい走れるのか??? エンジンオイルのお話し 10。 最終回です。

2018年10月25日 | バイクのお話し

 

 

 

 

あるお客様からの質問から始まった、、、エンジンオイルのお話しですが、、、

 

 

長々と回を重ねて、、、メーカーのエンジンオイル交換の指示や、、、エンジンオイルの種類とか、、、老メカなりのエンジンオイルについての考えを書いてしまいましたが(老メカもいろいろ調べたり、勉強になりました。)、、、

 

 

 

 

 

最初の エンジンオイルのお話し 1 のあるお客様の質問ですが、、、

 

 

「あまり飛ばさない通勤で年間1万km弱、オイル交換は2000km毎に実施。5万kmでクランクベアリングが損傷。。。」

 

 

という事象を考えると、、、

 

 

原付2種スクーター、、、50000kmの走行でクランクベアリング損傷は、、、寿命と言ってしまえばそういう距離ではあるし、、、

 

 

でももっと走っているユーザー様もいますし、、、という距離ではありますよね。。。

 

 

実際にこのバイクのメンテナンスをしてた訳ではないので、、、エンジンオイルをどの様なグレードをいつも使っていたのかも解りませんし、、、

 

 

2000km毎に交換していたエンジンオイルの状態(廃油の観察)も解らないのですが、、、

 

 

 

 

 

エンジンに対する思いやり???っていうのかな、、、

 

 

は、、、良いオイルを早めに交換 するのが良いのかなと思います。。。

 

 

今回のエンジンオイルのお話しの中でも、、、定期交換の距離設定はあっても、、、汚れが目立つようなら早めに交換しましょう、、、とか、、、

 

 

グレードが良いものをお勧めします、、、などが見え隠れしていて、、、やっぱりエンジンオイル次第なのかな、、、という所が読み取れますし、、、

 

 

自分らメカ仕事をしていて、、、エンジンが壊れてしまって持ち込まれた事象のお客様からオイル交換の距離やタイミングをいろいろと聞いていると、、、そうだよね、もっと早くして欲しいよね、、、って思える事もあるんですよ。。。

 

 

 

 

 

良いオイルとは、、、

 

 

言い方はちょっと変かもしれませんが、、、

 

 

エンジンオイルに、、、例えば、、、こんなランクを付けると、、、

 

 

特上 上 中 下

 

 

最低でも中は使いたいですよね。。。

 

 

バイクによっては 特上 を要求する機種もありますが、、、スポーツ車でギンギンの回すってバイクは 上 を、、、

 

 

スクーターなどの小型車、実用のバイクでは、、、最低でも 中 は使いたいです。。。

 

 

中、、、当店の考えですと、、、部分合成油になるのかな。。。

 

 

エンジンオイルのお話し 8 で、、、ベースオイルのお話しをいたしましたが、、、

 

 

ベースオイルを選び、上級グレードを使用する事で、、、低温から高温まで安定した高い性能を得る事が出来るんです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

早めに交換とは、、、

 

 

エンジンオイルとしての性能を維持している状態を常に保つ為に、、、

 

 

という事です。。。

 

 

エンジンオイルの性能が落ちてしまうと、、、

 

 

エンジン内部の部品を保護できず、、、キズや摩耗が進んだり、、、エンジンとしての性能が低下し、最終的にはエンジン停止、始動困難な状態にまでなります。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、、、エンジンオイルの管理についての全権は、、、バイクを使っているオーナー様、使用者様にあります。。。

 

 

 

 

 

メカ好きなオーナー様ですと、、、

 

 

エンジンオイルの交換はご自分で、、、すいすいと行なう方もいますし、、、

 

 

オイルのメーカーやグレードや粘度などにも拘り、、、気を使い、、、

 

 

オイルの観察や管理も怠り無くしていて。。。

 

 

という方も中にはいます。。。

 

 

 

 

 

 

でも、、、通常のオーナー様は、、、バイク店などにエンジンオイルの交換を依頼して、、、すべてお任せ、、、が普通ですよね。。。

 

 

なので、、、自分達バイク店はそれに答えるべく内容のエンジンオイルを使い、、、交換をするのですが、、、

 

 

 

 

 

バイクの使用過程では、、、全権はオーナー様、使用者様が握っていて、、、

 

 

エンジンオイルの交換時期、交換距離は、、、早めに、、、なかなかされていなかったり、、、使用途中でのオイル量のチェックもしていただけないのも現実だったりいたします。。。

 

 

ですので、、、メカ側バイク店側からは、、、早めのエンジンオイル交換を、、、と、お勧めするのが精一杯だったりしますので、、、

 

 

オーナー様、使用者様には、、、エンジンオイルの事を理解を深めていただきたく、、、エンジンオイルのお話しを回を重ねました。。。

 

 

 

 

 

 エンジンオイルのお話し、、、

 

 

オシマイ。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

エンジンオイルのお話し、、、

 

 

どうでしたでしょうか?参考になったかな??

 

 

エンジンオイルで失敗をすると、、、大怪我(お財布が)しますのでね。。。

 

 

失敗しないようにいたしましょう。。。

 

 

 

 

コメント

ヤマハより リコール・改善対策 のお知らせが届いています。。。

2018年10月23日 | リコール、無償修理の情報

 

 

 

 ヤマハから SR400 シグナスX(XC125SR) に関するリコールと改善対策(リコールに準じる無償修理) のお知らせが届いています。

 

 

 

 

 

はじめに、、、SR400の情報から、、、

 

 

 

 

 

ヤマハ SR400 にリコールが発生しています。

 

 

エンジンオイルのオイルホース取り付け部分からオイル漏れが発生する可能性があります。。。

 

 

当店お客様で該当車両をお乗りのお客様は、ヤマハからのお知らせをお待ち下さい。

また、ご連絡取れるお客様には、当店からもご連絡いたしますので、少しお待ち下さい。

 

 

SR400 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間

RH03J-000014~RH03J-009619
平成21年11月19日~平成29年6月30日

 

 

不具合の部位(部品名)     

原動機(オイルホース)

 

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因    

エンジンオイル循環経路のオイルホースとオイルタンクとのナット締結部の締付けトルクの設定が不適切なため、当該締結部の締付けトルクが不足しているものがある。そのため、エンジンオイル循環経路の圧力変動等により当該締結部の気密性が損なわれ、当該締結部からエンジンオイルが漏れるおそれがある。

 

改善措置の内容

全車両、当該ナットを新たに設定した締付けトルクで増し締めする。
なお、当該締結部からエンジンオイルの漏れが認められた場合は、オイルホースを新品に交換し、当該ナットを新たに設定した締付けトルクで締め付ける。

 

 

 

 

 

 

 

 対象の車両の確認など、詳しくは ↓ ヤマハの SR400に関するリコールについて のページでご確認下さい。

https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2018-10-10/index.html

 

 

 当店のお客様にはたいへん申し訳なく、またお手数をお掛けいたしますが、事前にご連絡をいただき入庫の程よろしくお願いいたします。

 

 ヤマハ SR400 に関する リコール (無償修理) のお知らせでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はシグナスXの情報です。。。

 

 

 

 

 

シグナスXモビスターヤマハモトGPエディションに改善対策(リコールに準じる対策)が発生しています。

 

 

前後輪のホイールのリム部から空気漏れのおそれがあり、空気圧が低下すると、操縦安定性、走行安定性を損なうおそれがあります。

 

 

 

当店お客様で該当車両をお乗りのお客様は、ヤマハからのお知らせをお待ち下さい。

 

また、ご連絡取れるお客様には、当店からもご連絡いたしますので、少しお待ち下さい。

 

 

 

シグナスX(XC125SR)モビスターヤマハモトGPエディション リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間

SED8J-001721~SED8J-003124
平成29年7月4日~平成29年9月12日

 

 

不具合の部位(部品名)

走行装置(前輪ホイール、後輪ホイール)

 

 

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

前輪及び後輪ホイールのリム部の塗装が不適切なため、タイヤ組み付け時にタイヤのビード部とホイールの密着性が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、タイヤの空気圧が低下し、操縦安定性及び走行安定性を損なうおそれがある。

 

 

改善対策の内容

全車両、前輪及び後輪ホイールアッセンブリを対策品に交換する。

 

 

 

 

対象の車両の確認など、詳しくは ↓ ヤマハの シグナスX(XC125SR)に関する改善対策について のページでご確認下さい。

https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/improve/2018-10-02/index.html

 

 

当店のお客様にはたいへん申し訳なく、またお手数をお掛けいたしますが、事前にご連絡をいただき入庫の程よろしくお願いいたします。

 

 ヤマハ シグナスX(XC125SR)モビスターヤマハモトGPエディションに関する 改善対策(無償修理) のお知らせでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

おーい、ゲン君のSRもリコールだよ。。。

 

 

 

 

 

  

コメント

車体のメンテナンス。。。に思う。。。

2018年10月21日 | 今日の作業

 

 

先日のこのバイク、、、40000kmオーバーの走行を無事?に走り、、、

 

 

 

 

これだけの部品の交換をして、、、リフレッシュいたしましたが、、、

 

 

 

 

 

考え方によっては、、、

 

 

新車に乗り換える? どうしようか? って距離かもしれませんが、、、

 

 

オーナー様は迷わずメンテナンスを選んで、、、今回の記事のような内容になりました。。。

 

 

 

 

 

迷わずメンテナンス、、、

 

 

この決断に至ったのは、、、

 

 

エンジンが好調である!

 

 

が、、、オーナー様の背中を後押ししたんだと思います。。。

 

 

乗り換えをした場合の時期候補バイクは、、、やっぱりカブになるのでしょうけど、、、

 

 

それなら使い倒す! まで、、、

 

 

乗るぜ! だったのでしょう。。。

 

 

新車よりオイル交換やタイヤ交換など、、、消耗品くらいのメンテナンスしかしていませんが、、、丈夫ですねえ。。。

 

 

まだまだ乗れます。。。

 

 

 

 

 

そんな事思う車体のメンテナンスでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

このカブですが、、、

 

 

特に今までエンジンの分解整備をした訳でも無く、、、

 

 

エンジンが好調なのがまだまだこれから乗り続けられる最大の理由で、、、

 

 

エンジンが壊れてしまえば、、、例えば この前の エンジンオイルのお話し 1 の 50000kmでクランクベアリングが壊れて、、、などの悲劇が起こってしまうと、、、

 

 

その時点で乗り換えの決断が迫られるのでしょうが(エンジンの修理も出来ますが、高額修理になるので乗換えになってしまうか?)、、、

 

 

エンジンを好調に保つ為には、、、オーナー様は特にエンジンオイルの交換に気を使っていただく事しか出来ない訳で、、、

 

 

このカブも通勤途中に、、、まめにエンジンオイル交換の為に当店に立ち寄ってます。。。

 

 

 

 

 

このドライブ、ドリブンスプロケットとドライブチェーンですが、、、

 

 

オイル交換入庫時に、、、気が付けば注油をしていますが、、、

 

 

 

 

 

チェーンオイルの注油をしないで乗っていれば、、、10000km? 持たないかもしれません。。。

 

 

でも注油次第で40000kmオーバーも無交換で走れるのと同じで、、、

 

 

エンジン内のエンジンオイルの状態が、、、

 

 

エンジンオイルとしての性能を維持している良い状態を保ち続けていれば、、、エンジン内部の部品の状態もキズや摩耗が少なく、、、もっともっと過走行と言われるまで走れるのでは。。。

 

 

ここです、、、ここがエンジンの為に重要な部分なんですよ。。。

 

 

 

 

 

という事で、、、

 

 

目指せ! 100000km !

 

 

行けるでしょ! 100000km !

 

 

通過点でしょ。。。

 

 

もっともっと。。。

 

 

 

 

 

そんな事思う車体のメンテナンスでした。。。

 

 

 

 

 

  

コメント