一国の国産拠点 一国オート販売 からのお知らせです。

横浜のバイクショップ 一国オート販売 からのお知らせを発信しますので、お見逃し無くよろしくお願いします。

エンジンがやっと載っかりました。。。

2021年04月14日 | しーえるいちにいごう~

 

 

このバイクのエンジン、、、

 

 

 

 

 

 

 

組み立ては終わり、、、

 

 

 

 

やっとフレームに戻す日が来ました。。。

 

 

 

 

えんこらしょ~

 

 

 

 

ふぃ~、、、軽いけど重い、、、ってか気を使いますね~

 

 

 

 

周りの部品を取り付けます。。。

 

 

 

 

キャブレターは、、、

 

 

 

 

事前に分解・点検・組立てをしておきました。。。

 

 

 

 

キャブレターとシリンダーヘッドの間のインシュレーターは、、、

 

 

 

 

当たり面をちょっと平らに、、、

 

 

新品部品が入手出来るのでしたら新品にしちゃうんですけどねえ。。。

 

 

 

 

 

 

個性的~

 

 

 

 

このエキパイの取り回し、、、かっこいいですねええ。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

コメント

ヤマハ マジェスティS XC155 リコール の お知らせです。

2021年04月11日 | リコール、無償修理の情報

 

 

ヤマハ 4/6発表、マジェスティS XC155 のリコールのお知らせがあります。。。

 

 

 

 

マジェスティS  XC155に関するリコールについて

 

リコール届出番号 4934

リコール開始日 令和3年4月7日

 

不具合の部位(部品名)

動力伝達装置(ベルト駆動用プーリの締付けナット)

 

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

動力伝達装置において、ベルト駆動用プーリの締付け部の構造が不適切なため、走行中に当該プーリの締付けナットが緩むことがある。そのため、当該プーリがケースカバーと接触して異音が発生し、そのまま使用を続けると、ナットが脱落し、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがある。

 

改善措置の内容

ベルト駆動用プーリの締付けナットとワッシャを対策品と交換し、ナットの締付けトルクを変更する。

 

 

リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間

JBK-SG28J   SG28J-001001~SG28J-025116 平成25年9月14日~平成29年8月23日

2BK-SG52J  SG52J-001001~SG52J-010710 平成29年12月19日~令和3年2月24日

 

 

 

 

対象車両にお乗りのお客様には近々にヤマハより通知が届きますので、少しお待ちください。

 

 

当店のお客様にはたいへん申し訳なく、またお手数をお掛けいたしますが、事前にご連絡をいただき入庫の程よろしくお願いいたします。

 

 

↓ 詳しくはヤマハhp、リコールのページで確認お願いします。

https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2021-04-01/

 

↓ こちらのヤマハhp、リコール対象車両検索ページでお客様の車両の車台番号を入力していただくと対象の合否を検索する事が出来ます。

https://www2.yamaha-motor.co.jp/Recall/Mc/

 

 

 

 

 

 

ヤマハ マジェスティS XC155 リコール の お知らせでした。。。

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

コメント

新型グロムが入庫いたしました。。。

2021年04月08日 | 新製品

 

 

新しいバイクが早速入庫いたしました!!!

 

 

 

 

エンジンと外観を一新した 新型グロム!!!

 

 

 

 

 

今回のグロムの最大の特徴はエンジンですね。。。

 

 

 

 

エンジンの変更点は、、、

 

 

まるごと! まったく! 新しい! エンジンになりました。。。

 

タフな125cc空冷単気筒エンジン

アクティブでキビキビした走りを生み出す新設計の空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載。ロングストローク化、圧縮比アップ、電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」、オフセットシリンダー、ローラーロッカーアームなどの採用で出力と燃費を向上。ミッションは、街乗りの軽快な走りからクルージングまでモーターサイクルらしいシフト操作が楽しめる5速マニュアルを新たに採用した。(ホンダhp、グロムのページより)

 

 

従来のJC75型と新型JC92型のスペックを比較してみました。。。

 

 

 

違いのある部分だけピックアップしましたが、、、

 

 

車両重量が2㎏軽くなったのは歓迎ですね。。。軽くするのって大変なんですよ。。。

 

 

総排気量が1cc少なくなったのは、、、ボア&ストロークの変更の関係で1cc少なくなってしまったんでしょうが、、、そのボア&ストローク、内径×行程が新型グロムの方がロングストロークになっています。。。

 

 

ロングストロークなのに最大出力・最大トルクの回転数は高くなっていて、、、そして最大出力も大きくなっています。。。

 

 

圧縮比も高められていますしねええ。。。

 

 

燃料消費率(km/L)WMTCモード値、、、燃費も上がっていますね。。。

 

 

変速機形式が 常時噛合式5段リターン!

 

 

ギアの切り替えが5速になりました!!!

 

 

5速のギア、、、これって欲しくなりますよね。。。

 

 

 

 

 

モデル名は新型も従来型もグロムで、、、同じですけど、、、中身はまったく違っちゃったんですねえ。。。

 

 

 

 

新型グロム、、、

 

 

 

 

店頭展示中です。。。

 

 

 

 

ぜひ見に来てくださいね。。。

 

 

 

 

こちらでよろしければ、、、

 

 

 

 

即日納車可能!!!です。。。

 

 

 

 

ご来店お待ち申し上げます。。。

 

 

 

 

新しくなった グロム の紹介でした。。。

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

コメント

春の全国交通安全運動 が始まります。。。

2021年04月05日 | お知らせ

 

 

春の全国交通安全運動 が始まります。。。

 

 

 

 

4/6~4/15 まで交通事故死ゼロを目指し、安全運転をいたしましょう。。。

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

↓ こちらはヤマハ発動機販売株式会社様から当店はじめヤマハ販売店に送られてきたお知らせです。。。

 

 

 

 

コロナ過でライダーの増加もありますが、事故もその分多くなっています。。。

 

 

バイクはスピードが出やすかったり、、、すり抜けなどをすると危険が潜んでいる事もあります。。。

 

 

慎重に、安全にバイクを楽しんでいただければ! と皆様にお願いしたいですね。。。

 

 

春の全国交通安全運動 のお知らせでした。。。

 

コメント

カムシャフトの表面処理、、、

2021年04月02日 | しーえるいちにいごう~

 

 

 

 

このバイクのエンジンの組み立て、、、

 

 

 

 

 

 

 

125cc2気筒、、、

 

 

 

 

ホンダhpの製品アーカイブのページで探すと、、、

 

 

当時のニースリリースがありました。。。

↓ このバイクのニュースリリースです。。。

https://www.honda.co.jp/news/1969/2690426.html

 

 

 

 

このニュースリリースで間違いないと思いますが、、、1969年の発売って、、、

 

 

 

 

50年オーバーも経っているエンジンを修理したの???

 

 

 

 

メカニックとしての楽しい部分もありますが、、、

 

 

 

 

不安な部分、、、怖い部分もあるんです。。。

 

 

 

 

お仕事として引き受けるにやり抜く覚悟も必要で、、、

 

 

 

 

途中で投げ出すなんて、、、カッコ悪い事は出来ません。。。

 

 

 

 

手が滑って落っことして割ってしまうなんて事になったら一大事です、、、慎重に慎重に。。。

 

 

 

 

もう手に入らない部品だらけですからね。。。

 

 

 

 

 

 

 

カムシャフトとロッカーアームの当たり面は、、、

 

 

 

 

このまま再使用するには、、、?が付く状態でしたが、、、

 

 

 

 

以前、、、10年?くらい前かな?、、、レースの時です。。。

 

 

 

 

あッ、店内の壁の特大ポスターに2009年って日付が書いてありました。。。

 

 

当時の一国RacingはXR100Mで改造クラスを走っていましたね。。。

 

 

その当時の富士スピードウェイのレース、ミニろくのレーシングコース戦でピットが同じだった チーム エヌ・イー さんのMさんという方とその時に知り合いになり、、、

 

 

チーム エヌ・イー さん???どんなチームなのか???って調べたら、、、

 

 

 

 

 

その当時はWPC???モリブデンショット???とかって、、、老メカはまだ良く解らなかった処理・技術でしたが、、、

 

 

エヌ・イー さんのMさんってWPCやモリブデンショットなどの処理を専門にされていた会社でした。。。

 

 

その後はエンジン部品にWPCやフォークにDLCなど、、、たまにお世話になっています。。。

 

 

 

 

そのエヌ・イーさんのMさんに今回はすべてお任せで処理をこのカムシャフトとロッカーアームに施工していただきました。。。

 

 

 

 

処理の内容は WPC+ハイパーモリショット だそうです。。。

 

 

 

 

なーんか、、、ぬる~っと、、、つる~んっと、、、ぬめ~っと、、、キレイになって戻ってきました。。。

 

 

 

 

処理をする事で延命する事が出来るんだそうです。。。

 

 

 

 

カムチェーンは新品を注文しましたが、、、

 

 

 

 

当然ホンダ純正は販売終了になってますので、、、

 

 

 

 

チェーンメーカーさんに特注でお願いしました。。。

 

 

 

 

そんなこんなで、、、

 

 

 

 

組み上がり、、、

 

 

 

 

点火時期も調整して、、、

 

 

エンジンは組み上がりました。。。

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

WPC?ハイパーモリショット?DLC???ってなに???って思われた方は エヌ・イー さんのhpをご覧ください。。。

 

↓ エヌ・イーさんのhpになります。。。

https://www.ne-jp.com/wpc/index.html

 

 

 

コメント

ミニバイク耐久レース FSWミニろく 第一戦。。。

2021年03月26日 | レクレーション

 

 

2021.3.21

 

 

ミニバイク耐久レース 「FSWミニろく」

 

 

2021シリーズ 第一戦 が開幕されました。。。

 

 

 

 

第一戦はショートサーキット戦、、、当店お客様チームはスーパーグローバルクラスに昨年と同じマシン YZF-R15 で出場致しました。。。

 

 

当日は予報通りの 雨、雨、雨、、、

 

 

ヘビーレインコンディションのスタートで、、、

 

 

 

 

スタート方式はルマン式、、、中央のブラックのマシンが159号 イチコク号 。。。

 

 

 

 

スタートして1コーナー侵入のポジションは5番手くらいでしたが、、、オープニングラップを終えストレートに戻って来た時には2位まで順位を上げていました。。。

 

 

レースコンディションは水たまりなんて甘い! 状態を通り越した! 川、プール、用水路などという表現のコンディションでしたが、、、

 

 

ミスなく淡々とレースを159号は進めて、、、

 

 

 

 

順位は、、、2位キープ! 

 

 

エースライダーのSEKIさんが搭乗時は一瞬?1位に上がった時もあったそうです。。。(ライダーチェンジなどで順位が変動する時も、、、)

 

 

レース後半には雨はさらに強くなった様で、、、

 

 

路面状況悪化で赤旗中断!!!

 

 

そしてそのままレースはチェッカー、終了になりました。。。

 

 

 

 

中断、終了という終わり方に悔いは残りますが、、、

 

 

総合順位 2位! クラス2位! という好成績で第一戦を終える事が出来ました。。。

 

 

↓ エースライダーのSEKIさんがfacebookにレース報告をしていましたので、、、こちらにコピーさせていただきました。。。

 

一国レーシング。御報告。
出走21台(エントリー24台)・クラス6台(同8台)。
総合2位・クラス2位でした。
ッ、・・って事は上は同クラスのチーム・・。負けた悔しさが大きく残りました。
チーム的、NOトラブルのレースでした。
御声援、ありがとうございました。
結果は公式リザルトでご確認ください。
9:30スタート、最初からヘビーウェットコンディション。
時間と共に刻々と雨量風量が増していきました。     
各メンバーは攻める事を忘れず黙々とパートをこなしました。
13:20頃 豪雨強風・赤旗レースストップ・・。
我チームはいつレース再開しても良いように集中していました。待機・1.0h経過。帰り支度を始めるチームがチラホラ。
気象状況は悪くなる一方。
待機1.5h・40分を残して「レース終了」のアナウンス。
我チームの今年の初戦が終了。
ふいィ~~。
自動車洗車機の中に居るようでした。
いつもは40台のキャパに届く「満タン」のエントリーで賑わう本戦・・。そうとしたら洗濯機の中に居るような状況だったでしょう。
次は8月22日の「筑波戦」デス♪準備万端臨みます♪

 

 

総合2位は今まで最高成績!

 

 

老メカは、、、ほんのちょっとのお手伝いしかしていませんですが、、、

 

 

さらに上を目指してこれからも 練習! レース! を頑張ってもらえれば と思います。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021シリーズは面白い! 筑波サーキット戦が組み込まれています。。。

 

 

どんな戦いになるのか? 筑波。。。

 

 

SEKIさん、まずは練習からですね。。。

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

コメント

今日のお仕事は、、、お掃除でした。。。

2021年03月22日 | 今日の作業

 

 

ふる~いモンキー、、、

 

 

 

 

それなりの年月を感じさせる汚れやサビを纏ったまま、、、老メカ忙しいふりをして触る事もしないままに置き去りにしてしまいました。。。

 

 

走れるぐらいにはしないと、、、という事で、、、

 

 

 

 

キャブのオーバーホールを始めたんですが、、、

 

 

 

 

れれれ、、、

 

 

 

 

 

 

サビと汚れが気になってしまったので、、、ちょっとだけきれいにしたのですが、、、

 

 

 

 

このままではアンバランス???

 

 

 

 

え~い、、、

 

 

 

 

シリンダーヘッドとシリンダーも外しちゃいました。。。

 

 

 

 

キレイにしましょ。。。(あ~、またやり過ぎて、、、怒られちゃうんだ。。。)

 

 

 

 

 

1970年発売のモデルなのかな、、、

 

 

 

 

ピストンはキレイですねえ、、、吹き抜けては無いようです。。。

 

 

このモンキー、、、発売当時のニュースリリースを開き、読むと、、、

ミニでも性能・乗心地は本格派です!
―最高時速50km・登坂力18度
性能と耐久力で定評ある4サイクルOHCエンジン。タフで粘り強く、排気がきれいです。サスペンションはフロントにテレスコピック式を採用、超厚型シート、大径タイヤとともに、快適な乗心地です。街なかを走るときのために、ウインカーやヘッドライトなど、装備も完全です。(ニュースリリースの一文です)

 

 

当時は規制も緩やかだったのか、、、 最高時速50km って書いてありますねえ。。。

 

 

そうですねえ、、、老メカが高校生の頃ってバイク雑誌を読み漁り、、、友達とこのバイクは***kmも出る!!! などなど興奮していた記憶が。。。

 

 

当時はバイク雑誌で最高速テストとかの記事がありましたからねええ。。。

 

 

 

 

 

↓ このモンキーのホンダhpニュースリリースのページです。。。

https://www.honda.co.jp/pressroom/products/motor/monkey/monkey_1970-04-10/

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

コメント

すんなりとは出来ない時も、、、

2021年03月18日 | しーえるいちにいごう~

 

 

エキパイの取り回しが独特でかっこいい~~~

 

 

空冷のフィンも、、、水冷を見慣れているから新鮮に見えますねええ。。。

 

 

 

 

今は組み上がってテストの最中になりますが。。。

 

 

このエンジンの修理には苦しめられました。。。

 

 

苦しめられたクラッチプッシュロッドオイルシール、、、

 

 

 

 

オイルシールはそれなりの年月を使用していますので、、、

 

 

エンジンの廻り中の全部のオイルシールを交換しました。。。

 

 

ドライブスプロケット裏のこのオイルシールは、、、部品番号から純正注文しましたけど販売終了でしたので、、、オイルシールに書いてあるサイズから調べて、、、オイルシールメーカー製の部品を調達いたしました。。。

 

 

 

 

 

 

 

ここのオイルシールも、、、ちょっとだけ苦しめられました。。。

 

 

キックシャフオイルシールです。。。

 

 

ドライバー等で無理やりコジッて外すのですが、、、

 

 

 

 

どうしても外す事が出来ませんでした。。。

 

 

ですので、、、

 

 

カバーを外してから交換をいたしました。。。

 

 

 

 

カバーを外せばキックシャフトが無くなりますの交換は簡単になりますからね。。。

 

 

このオイルシールもパーツリストの部品番号では純正は入手する事は出来ませんでしたので、、、

 

 

ちょっと、、、

 

 

色々と、、、

 

 

調べて、、、

 

 

 

 

スズキの純正で手配いたしました。。。

 

 

 

 

カバーを外す時ですが、、、

 

 

 

 

どうしてもドライバーでは外せず、、、

 

 

ショックドライバーでも外せず、、、

 

 

 

 

最後の手段で外しました。。。

 

 

 

 

 

ここも、、、皿ビスは奥まっているのでタガネでは回せないので、、、ポンチで回そうとしましたが、、、

 

 

どうしても外せず、、、

 

 

 

 

ドリルで皿ビスの頭を削って、、、

 

 

 

 

取り外す事が出来ました。。。

 

 

皿ビスは食い付いていますので強敵です。。。

 

 

 

 

 

 

 

外したビスを見ると、、、サビが。。。

 

 

ビスが締まっている部分は密閉されているように見えますが、、、

 

 

水分?は、、、

 

 

実はじんわりと、、、浸みこむんでしょうね。。。

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

コメント

新型グロム フォルツァ!!! 2021モデルラッシュです。。。

2021年03月11日 | 新製品

 

 

新型車情報。。。

 

 

 

 

ホンダ グロム がフルモデルチェンジになりました。。。

 

 

今回の変更で一番気になるのが、、、

 

 

 

 

新型エンジン搭載です。。。

 

 

ボアストロークを変更し、ロングストロークに、、、

 

 

旧型エンジンと比べると、、、馬力も燃費も上がっていますね。。。

 

 

何よりの変更点は、、、5速ミッションになったところですね。。。

 

 

カラーは、、、

 

 

フォースシルバーメタリック

 

マットガンパウダーブラックメタリック

 

 

こちらの2色で、、、

 

 

3/25に発売になります!!!

 

 

当店にはすぐに入荷するようにホンダに予約をしていますので、、、

 

 

新型グロムが早く乗りたい!!! ってお思いの方がいましたらご連絡ください。。。

 

 

ご予約受付中です!!!

 

 

GROM

メーカー希望小売価格(消費税込み)

385,000 (消費税抜本体価格 350,000円)

詳しくは ↓ ホンダ、グロムのページでご確認ください。。。

https://www.honda.co.jp/GROM/

 

 

 

 

 

 

ホンダ フォルツァ、、、

 

 

 

フォルツァも新型に変更になりました。。。

 

 

 

 

こちらも新設計エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」や車体設計の変更などがされていたり、、、電動可変スクリーンの可動域を180mmとすることで、防風性能をより向上されています。。。

 

 

外観も従来型と同じ様には見えますが、、、実はデザインも変更がされています。。。

 

 

従来型と変更がされていない部分は、、、

 

 

FORZA

メーカー希望小売価格(消費税込み)

658,900 (消費税抜本体価格 599,000円)

 

 

お値段据え置き!!! 変更がありませんでした!!!

 

 

2021年3月25日(木)に発売!!!

 

 

ご予約受付中です!!!

 

 

詳しくは ↓ ホンダ、フォルツァのページでご確認ください。。。

https://www.honda.co.jp/FORZA/

 

 

 

 

 

 

 

春なんですねええ。。。

 

 

ホンダのグロムやフォルツァだけが新型になった訳ではなくって、、、

 

 

 

 

 

スズキ Vストローム1050XT

 

スズキ Vストローム1050

 

Vストローム650XT ABS

 

Vストローム650 ABS

 

GSX-S750 ABS

 

SV650 ABS

 

SV650X ABS

 

ジクサー150

 

GSX-R125 ABS

 

バーグマン200 ABS

 

トリシティ125

 

TMAX560

 

YZF-R3 ABS

 

YZF-R25 ABS

 

MT-03 ABS

 

MT-25 ABS

 

アクシスZ

 

ビーノ

 

ジョグ・ジョグ デラックス

 

 

 

などなどが2021年モデルとしてカラーチェンジになっています。。。

 

 

各メーカーのhpでご確認を。。。

 

 

 

 

 

春です、、、サクラももう少しで開花いたします。。。

 

 

サクラのようにバイクも咲き乱れしますよ。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

 

気になるバイクがありましたので、、、

 

 

 

 

仕入れてみました。。。

 

 

 

 

タイヤサイズが21/18のフルサイズです。。。

 

 

高速も乗れて林道も楽しめそう。。。

 

 

日本未導入モデル 2021モデル WR155R。。。

 

 

なーんかー、、、ちょうど良くない???

 

 

 

コメント (3)

3/4発表 スズキ レッツ、アドレスV50 の改善対策。 

2021年03月07日 | リコール、無償修理の情報

 

 

スズキ 3/4発表、レッツ、アドレスV50の改善対策(リコールに準ずる無償修理)のお知らせがあります。。。

 

 

 

2021年3月4日

レッツ、アドレスV50の改善対策について

スズキ株式会社は、レッツ、アドレスV50について、下記の改善対策を国土交通省に届け出いたしました。ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
対象となるお客様には、お知らせのダイレクトメール、またはスズキ販売店等からご案内させていただきますので、お早めに最寄りのスズキ販売店へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

不具合の内容

 

エンジン制御コンピュータにおいて、制御プログラムが不適切なため、

① 燃焼室にカーボンが堆積し、その一部が剥がれ落ち、排気バルブまたは吸気バルブのシート面に噛み込むことがあります。そのため圧縮不足となり、停止直前のエンストやエンジン始動不良となるおそれがあります。

② スロットルを開けて始動した場合、エンジンの点火制御が適切に行われず、発進時または減速後の再加速時にエンストを起こすおそれがあります。

 

 

改善の内容

 

エンジン制御コンピュータを対策品と交換します。

 

 

 

 

レッツ 

型式 2BH-CA4AA  

製作期間 平成29年9月11日~令和2年12月1日 

車台番号の範囲 CA4AA-165865~CA4AA-215006

 

アドレスV50  

型式 2BH-CA4BA  

製作期間 成29年9月6日~令和2年11月18日  

車台番号の範囲 CA4BA-116721~CA4BA-131330

 

 

対象車両にお乗りのお客様には近々にスズキより通知が届きますので、少しお待ちください。

 

 

当店のお客様にはたいへん申し訳なく、またお手数をお掛けいたしますが、事前にご連絡をいただき入庫の程よろしくお願いいたします。

 

 

↓ 詳しくはスズキhpリコールのページで確認お願いします。

https://www.suzuki.co.jp/recall/motor/2021/0304a/

 

 

↓ こちらのスズキhpリコール対象車両検索ページでお客様の車両の車台番号を入力していただくと対象の合否を検索する事が出来ます。

https://www.suzuki.co.jp/recall/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スズキ レッツ、アドレスV50 の 改善対策のお知らせでした。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

コメント

電球の交換。。。

2021年03月01日 | 今日の作業

 

 

ヘッドライトの電球、、、

 

 

 

 

このふたつ、、、似ているんですけど全く違う電球なんです。。。

 

 

 

 

箱にも書いてありますが、、、

 

 

左 HS1 12V35/35W 

右 H4  12V60/55W

 

 

電球の形状を表す記号と電圧・消費電力がこれで解ります。。。

 

 

 

 

ですが、、、パッと見た感じではどっちも同じように見えてしまいますよね。。。

 

 

 

 

比べると、、、ここが違うんです。。。

 

 

 

 

外周の爪の幅と、、、下部の突起の幅。。。

 

 

 

 

当然ですが、、、

 

 

 

 

消費電力も違います。。。

 

 

 

 

なんで?電球の違いの事なんかブログ記事に書こうと思ったかと言うと、、、

 

 

 

 

 

 

このバイクを整備していた時に、、、

 

 

 

 

 

オヤッ???

 

 

 

 

なんか?変???

 

 

って、、、って思い、、、電球を外して見たら、、、

 

 

 

 

やっぱり間違った電球が取り付けられていました。。。

 

 

このバイクの場合、、、HS1 12V35/35W の電球が正しく、、、

 

 

ですが、、、H4  12V60/55W の電球が取り付けられていました。。。

 

 

写真写りが悪いですが、、、下部の突起の幅がぴったりしていないのと、、、見にくいですがうっすら見えるワット数60/55???

 

 

なぜ?間違った電球が取り付けられていたのかは不明ですが、、、HS1が使われているバイクのレンズにH4の電球を取り付けが出来ちゃうので、、装着してしまったのかなあ???

 

 

H4のレンズにHS1は出来ませんけどね。。。爪と突起の幅が HS1>H4 ですので。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので正規の電球 HS1 12V35/35W を取り付けしました。。。

 

 

 

 

このバイクの灯火の発電はフラマグ直の電気を使っていますので、、、

 

 

 

 

ライトの明るさは元通りに戻りました。。。

 

 

入庫時は暗かったんですよ。。。

 

 

間違った電球を取り付けした意図は???ワット数の大きな電球を取り付けると明るくなる???と思ったのかもしれませんね。。。

 

 

 

 

 

電球、、、違う電球を取り付けると、、、悪くする時もありますよ。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

 

 

実は全く同じ間違いをしていた125ccスクーターのお客様が数日前に来店されたんです。。。

このお客様の場合は、、、

『電球を自分で新品に交換したんだけどライトが点かないんです。。。どこかスイッチとか壊れているのか見て下さい』、、、って。。。

で、、、お客様が手に持っていた電球のパッケージを見ると、、、よく乗用車用で2個セットで売っている電球を持って来ていました。。。

老メカ、、、そのパッケージを見て瞬時に間違った電球を使っている! と思い、、、電球を確認すると、、、やっぱり、、、H412V12V60/55Wでした。。

なので HS1 12V35/35W の電球に交換をしたところ、、、他には不具合も無くライトは点灯し修理完了! お客様は帰られました。。。

 

こちらのお客様の125ccスクーターの灯火の回路はバッテリー電源で点灯するタイプでした。。。

 

原付クラスの灯火の電源回路は最初に書いたタイプ フラマグ発電 と バッテリー電源 の2タイプがあります。。。

フラマグ発電のタイプはキーONだけではライトは点灯せず、エンジンを始動すると点灯します。。。

バッテリー電源のタイプはキーONでライトは点灯するタイプになります。。。

 

もし間違った電球を入れてしまった場合ですが、、、電球が正常に点灯しなかったり(明るく、又は暗かったり)フィラメントが切れてしまったりいたします。。。

電球が切れてしまうくらいでしたらまた交換すれば良いのですが、、、他の部分に有害な故障を引き起こす可能性もあります。。。

例えば、、、

◎ ヘッドライトのレンズが高熱で溶けてしまう。焼けてしまう。

◎ 電球のソケットが高熱で溶けてしまう。焼けてしまう。

◎ 灯火の電源回路の配線・中間のスイッチ(上下切り替えのディマースイッチなど)やリレーなどが高熱で溶けてしまう。焼けてしまう。

◎ バッテリーが上がってしまう。

 

ちょっと考えただけでもこのくらいの故障が予想されます。。。

 

実際に、、、ライトのレンズやソケット、ディマースイッチが焼けてしまって交換をした事も老メカはあります。。。

HS1 12V35/35W 

H4  12V60/55W

約2倍の電気が流れますから、、、それなりに熱が発生しますので。。。

 

明るくしたいから H4 12V60/55W を入れちゃえ! なんて絶対にしないでください。。。

 

 

ヘッドライトの電球交換、、、簡単の作業なのでお客様の自身で交換する方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、、、

 

 

間違った電球の取付はしない様に注意してくださいね。。。

 

 

 

 

コメント

SR400 Final Edition

2021年02月22日 | 新製品

 

 

SR400

 

 

SR400 Final Edition   ん。。。

 

 

 

 

 Final Edition って事は、、、歴史が終わってしまうのか。。。

 

 

 

 

 

SR400 の最大の魅力って、、、

 

 

空冷単気筒のエンジンに、、、

 

 

 

 

火を入れる儀式が、、、

 

 

 

 

キックで始動する!!!

 

 

 

 

 

現在のSRはコンピューターでインジェクションでコントロールされているので、、、始動の儀式もそれほど難しくはありませんが、、、

 

 

キャブレターの時代のSRの時は、、、調子を崩している場合に ケッチン を食らった事が。。。

 

 

ケッチン、、、痛かったです。。。

 

 

 

 

 

SR400 Final Edition

 

 

2021年で生産が終了になります。。。

 

 

 

 

SR400 Final Edition の生産台数は5000台予定だそうですが、、、販売店からメーカーへの発注は SOLDOUT! の状態になっています。。。

 

 

 

 

当店一国も勿論ながら発注をしておりまして、、、

 

 

 

 

現在のご予約に空きがあるのが、、、

 

 

ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)

 

 

こちらのカラーに1台のみご予約がいただけます!!!

 

 

 

 

SR400 Final Edition ご予約承り中です。。。

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

SR400、、、中古車ですが、、、

 

 

 

 

程度の良い中古車も入庫予定です。。。

 

 

2014モデル、平成27年登録、ダークグレーイッシュレッドメタリック3(マルーン)

 

 

こちらもお気になる方、、、ご連絡ください。。。

 

 

コメント

たまには、、、焼き鳥~

2021年02月15日 | しーえるいちにいごう~

 

 

今日のお仕事は、、、

 

 

 

 

古~いポイント式エンジンの点火時期を合わせたり、、、

 

 

 

 

タイミングライトが使えない?タイプなので、、、テスターでポイントの導通を見ながら点火時期合わせを、、、

 

 

と、、、

 

 

毎日お仕事はいろんな事をしているのですが、、、

 

 

 

 

 

ふ、、、と、、、思い出した、、、

 

 

 

 

 

焼き鳥が食いたい、、、、

 

 

って。。。

 

 

 

 

 

当店はJR国道駅のすぐ隣に店舗があり、、、

 

 

老メカが一国に入社した若かりし日(40数年前です)に国道駅ガード下の改札前にある、、、

 

 

 

 

焼き鳥屋さんが、、、

 

 

 

 

今でも営業をしていて、、、

 

 

 

 

最近、、、焼き鳥食べてないな~~~

 

 

って、ポイント式の古~いエンジンをいじりながら、、、昔の事をふと、、、思い出してしまいました。。。

 

 

 

 

昨年入社したイチコクテツ君は当然ですがここの焼き鳥は初めてですが、、、

 

 

もう10年?もいるメカイトウ君も食べた事が無い、、、と言っています。。。

 

 

という事は10年は国道下の焼き鳥を食べて無かった事に気が付いてしまった。。。

 

 

 

 

 

さっそくイチコクテツ君にお使いを頼んで、、、

 

 

 

 

色々混ぜて15本ほどを買ってきました。。。

 

 

社長の奥様も舌鼓~

 

 

いや~うめ~、、、久しぶりの味です。。。

 

 

全然変わってない。。。

 

 

社長は15本じゃ足りないからもっと買って来い、、、とまで言うし、、、

 

 

いや~美味しかったです。。。

 

 

また時々買いに行こかな。。。

 

 

 

 

 

夕方のおやつ、、、国道駅のガードの中にある焼き鳥でした。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

味も変わらず美味しかったですが、、、

 

 

お値段も変わってませんでした。。。

 

 

昔からのお値段 1本50円 でした。。。

 

 

 

 

 

タマルちゃん、焼き鳥食おうぜ。。。(老メカより一国最古のお客様へのお誘いです。昔はよく食べました。。。)

 

 

 

コメント

オイルシールの交換、、、そびえ立った壁が。。。

2021年02月13日 | しーえるいちにいごう~

 

 

 

 

 

お掃除したシリンダーヘッドとシリンダーは、、、

 

 

 

 

この様にキレイになり早く組み上げてくれ! って、、、待っているのですが、、、

 

 

先にちょっとクランクケースのオイルシールとか、、交換したい部分の作業をしてみます。。。

 

 

 

 

 

 

このオイルシール、、、

 

 

 

 

うちのメカみんなに見てもらって、、、交換が可能なのか判断していただいたのですが、、、

 

 

 

 

写真中央のクラッチプッシュロッドのオイルシールです。。。

 

 

 

 

↓ プッシュロッドを抜いた写真、、、

 

 

 

 

外すのは、、、壊れてぐちゃぐちゃになってもいいので、、、たぶん外せると思いますが、、、

 

 

 

 

新品を入れる時です。。。

 

 

クランクケースの壁がせり出していて邪魔しているので、、、まっすぐに圧入が出来ません。。。

 

 

果たして?このオイルシールを外して交換が出来るんだろうか??? って悩んでみんなに聞いていたのですが、、、

 

 

『もし入れる事が出来なかったら、、、クランクケースを分解してオイルシールを交換すれば出来るよね~』って、、、軽~るくサイクルワークスウメシマに言われちゃいました。。。

 

 

勿論その通りなのは、、、なのですが、、、作業を受けた時にはそこまで予想していなかったので、、、心構えってものが必要じゃないですか。。。

 

 

オイルシールの交換でクランクケース分解、、、だけでは済まない何かがありそうな、、、

 

 

なので、、、心構えが、、、

 

 

 

 

 

 

 

って、、、考えていても進まないので、、、

 

 

 

エイッ!

 

 

 

 

外しちゃいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして新品を、、、

 

 

 

 

、、、斜めに挿入して、、、無理やり叩き込んだら、、、

 

 

 

 

フぃ~~~い、、、

 

 

何とか?入れる事が出来ましたが、、、

 

 

ほーんのちょっとだけ、、、

 

 

 

 

オイルシールの外側の、、、

 

 

 

 

ゴムが薄~く削れて取れちゃいました。。。

 

 

 

 

外周のゴム部分が全部取れてしまったわけではありませんので、、、オイル漏れはしないと思いますが、、、

 

 

もし、、、オイルが漏れてしまった場合はもう一回交換してみます。。。

 

 

たぶん交換出来た、、、かな。。。

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

 

コメント

コロナ過の近日入荷予定車。。。PCX125、Dio110、モンキー125、、、お問い合わせください!!!

2021年02月05日 | お知らせ

 

 

当店に近日入荷予定のバイクのご紹介です。。。

 

 

2021モデル PCX125

マットコスモシルバーメタリック

こちらは2月9日入荷予定です。。。

 

 

当店、発売第一便入荷分は完売になってしまい、、、2月9日入荷の マットコスモシルバーメタリック こちら1台にご予約に空きがあります!

 

 

PCX125、、、今後も少量の入荷になると思いますので、、、こちらのマットコスモシルバーメタリックお勧めの1台になります!

 

 

ご連絡、ご予約、、、お待ちします。。。

 

 

 

 

 

次は、、、

 

 

2月11日入荷予定の 

2021モデル Dio110 

マットギャラクシーブラックメタリック

 

 

2021モデル Dio110 ですが、、、フルモデルチェンジを受けて、、、

 

 

Honda SMART Keyシステム

キーレスエントリーへと進化いたしました。。。

 

 

その他にも新設計のエンジン「eSP」や軽量・高剛性フレーム「eSAF」など多々の改良がされています。。。

 

 

2021モデル Dio110 マットギャラクシーブラックメタリック こちらもお勧めの1台となります。。。

 

 

ご予約受付中です!!

 

 

 

 

 

最後になりましたが、、、

 

モンキー125

パールシャイニングブラック

 

 

パールネビュラレッド

 

 

モンキー125は本当に来なかった。。。ご注文いただいていたお客様にも大変お待たせしてしまいました。。。

 

 

やっとホンダの生産や流通がほんのちょっと動きだしてきたようで、、、注文していた店頭在庫が届く連絡が来ました!!!

 

モンキー125 パールシャイニングブラック と パールネビュラレッドの各1台が2月18日に当店に届きます! 

 

 

こちらの各1台ですが予約に空きがございます!!!ご予約受付中です!!!

 

 

モンキー125ですが、、、

 

 

パールグリッターリングブルー

 

 

4月に入荷予定となっていますので、、、ブルーをお探しの方、、、ほんのちょっとお待ちいただくと入荷しますのでどうでしょうか???ご予約受付中になります!!!

 

 

 

 

ホンダ、ヤマハ、スズキ、、、各メーカーの現在の新車の状況は、、、世界中コロナの影響でバイクの生産が遅れています。。。

 

 

昨年は工場の稼働がストップした事もありましたが、、、現在はフル稼働状態と聞きます。。。

 

 

が、、、依然として販売店にはバイクが届かない状態が続いています。。。

 

 

理由としては、、、部品の入荷遅れや、、、生産が上がったとしてもコンテナ不足など流通に問題が生じているようです。。。

 

 

 

↓ 下はホンダ、ニュースリリースですが、、、

https://www.honda.co.jp/HMJ/company/info/20201204/

 

2020年12月4日

新型コロナウイルス感染症影響等による、
二輪車のお届け遅延のお詫びとお知らせ

世界各地における新型コロナウイルス感染症等の影響を受け、お客様へのHonda二輪車製品のお届けに時間がかかっております。また、海外拠点にて生産している製品につきましては、輸送遅延が発生している場合がございます。

製品を心待ちにして頂いている皆様には多大なご迷惑をお掛けする事となります事を、深くお詫び申し上げます。

製品のお届けに関しましては、今しばらくお時間を頂戴する事になりますが、一日も早く製品をお届けできるよう、最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(海外生産モデル)
Rebel250、CRF250L、CRF250 RALLY、CB250R、フォルツァ、ADV150、CB125R、グロム、モンキー125、
CT125・ハンターカブ、スーパーカブ C125、PCXシリーズ、リード125、Dio110、ベンリィシリーズ

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

 

 

このようなお詫びの文章がホンダhpに載るほどの遅れが生じ、、、国内在庫が全く無い機種も多々あるのが現状です。。。

 

 

やっとホンダも態勢立て直しが出来つつあり、、、やっとやっとモンキー125などの入荷がポツポツ入る様になってきました。。。

 

 

品薄なPCX125やモンキー125、、、お探しの方どうでしょうか?

 

 

ご連絡お待ちします。。。

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

コメント