ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

ヘルマンリクガメ屋外飼育繁殖を目指して…

外気温15度

2016-10-30 | ヘルマンリクガメ


今日の日中の外気温は15度でした。

先週は暖かかったのですが今週は寒い日が続いています。

それでもヘルマンの母カメたちは屋外で元気です。

屋外のシェルター内は保温していますので身体を温めてから外へ出てくるのでしょう。

右がヘルマン1号♀(200㎜)、左がヘルマン3号♀(190㎜)です。

シェルター内の温度は昼は25度、夕方から朝にかけては20度に設定しています。

でも夜は12度くらいまで気温が下がりますので保温しても18度くらいしか上がりません。

もう少し屋外で飼育して夜のシェルター内の気温が15度を切るようになったら屋内の

ケージに移動する予定です。
コメント

理想の加湿器発見!

2016-10-29 | ヘルマンリクガメ


冬場ケージ内を温めるとどうしても湿度が下がってしまいます。

ヘルマンリクガメは湿度が低くいてもさほど問題なく飼育できますが

孵化仔たちはある程度の湿度は必要です。

そこで毎年毎年、ホームセンターに行っては加湿器を散策してました。

そしてやっと今年、理想の加湿器を発見しました!

ペットボトルの上に小型加湿器を乗っけるだけのものです。が・・・・。

これがまたケージ内では最高の加湿効果になるのです。

ぜひ、みなさんにも1度使っていただきたい1品です。





<ペットボトル加湿器>

販売元 株株式会社トップランド 

商品名 bottle ORB (ボトルオーブ)

加湿方式 超音波振動式 加湿量 30ml/h

電源  DC5.0V USB-Aオス

ケーブル 1m 59g

価格 2000円位

連続で使用もできますし、間欠でも。また、8h、5h、3h、1hのタイマー付き

倒れても水がこぼれません。

ペットボトル以外にもカップホルダーが付属されているのでカップからの加湿も可能です。

我が家では孵化仔ケージに使用しています。

連続で使用しても500mlのペットボトルで十分8h以上は加湿し続けます。

耐久性はまだ使い始めたばかりなのでわかりません。

今までいろいろなペットボトル加湿器を使ってきましたが形が大きすぎたり、加湿量が多かったり、

すぐにペットボトルの水がなくなったり、すぐに壊れたりとなかなか理想の加湿器に巡り合いませんでした。

この冬はこの加湿器でヘルマンたちも快適にケージ内暮らしができると思います。

あと、決してメーカーのまわしものではありませんので・・・。あしからず。

コメント (2)

イチジクは大好評です

2016-10-25 | ヘルマンリクガメ
たまにイチジクをあげています。

ヘルマンたちは果物が大好きです。

飼い主が食べたリンゴや梨の芯をあげたりもします。

たとえ芯でもヘルマンたちが喜んでくれるので捨てずにあげます。

今日は大好物のイチジクを丸ごとおいてみました。

見事に5匹が輪になって食べ始めました。






あっという間に完食です。
コメント

東京の気温27.7度

2016-10-20 | ヘルマンリクガメ
関東地方今日は季節外れの夏日になりました。

ヘルマンたちにとっては絶好の日光浴日和です。

屋外飼育のヘルマンメスたちは食欲も旺盛で見境なくエサにかぶりついていました。





同じベランダで育てているハイビスカスも気温上昇でつぼみが膨らみはじめました。



いつもは朝日に照らされると花びらを広げるのですが今日はなぜか夜に満開になりました。

たぶん真夏と違って気温が低いからでしょう。



そろそろハイビスカスは屋内に入れようかな(^^)
コメント

まだまだベランダ飼育です。

2016-10-19 | ヘルマンリクガメ


ベランダ飼育のヘルマンたちです。

まだまだベランダでの飼育をしています。

今年は残暑が10月まで残り今週までは温かい日かが続くそうです。

明日、関東地方は夏日になるそうです。

晴れた日は日光浴をして身体が暖まってから食事です。

まだまだ食欲旺盛です。
コメント

月1回の身体測定

2016-10-17 | ヘルマンリクガメ


今年4月生まれの孵化仔たちです。

まとめて温浴をさせました。

今日は月1回の身体測定です。

アダルトのヘルマンたちも皆温浴をさせます。



オスたちは元気いっぱいでいつも桶から出ようと頑張ります。

でもなかなか桶の縁に後ろ足がひっかかず出ることができません。



秤に乗っているのはヘルマン1号♀(200㎜)です。孵化仔たちの母亀です。

身体測定の結果です。

ヘルマン1号♀ 1378g 200mm 毎年産卵して孵化してます

ヘルマン2号♀ 1215g 170mm 産卵しますが孵化には至らず

ヘルマン3号♀ 1083g 190mm 今年も産卵して9月に1匹孵化しました

ヘルマン4号♀  925g 160mm 我が家で一番長く育てています。
                    今年初めて産卵し4月に1匹孵化
ヘルマン5号♂  621g 153mm

ヘルマン6号♂  850g 156mm 孵化仔の父亀です

ヘルマン7号♀  551g 136mm 我が家で最初に孵化した仔です

ヘルマン8号♀  333g 120mm 7号と同じ日に孵化しかしたが盲目のため成長が遅いです

ヘルマン11号  87g  79mm  今年4月の孵化仔です。(ヘルマン4号の仔)

ヘルマン12号  81g  77mm      〃      (ヘルマン1号の仔)

ヘルマン13号  75g  72mm      〃           〃

ヘルマン14号  78g  76mm      〃           〃

ヘルマン15号  72g  74mm      〃           〃

ヘルマン16号  25g  48mm  今年9月の孵化仔です。(ヘルマン1号の仔)

ヘルマン17号  18g  40mm      〃           〃    

ヘルマン18号  14g  39mm      〃      (ヘルマン3号の仔)

全部で16匹のヘルマンリクガメがいます。

そのうちの8匹が我が家の孵化仔です。
コメント

エサをおねだり

2016-10-14 | 孵化仔


朝7時にバスキングライトが点灯します。

点灯すると床材に潜っていたヘルマン孵化仔たち(16年4月生、9月生)がのこのこと

出てきます。

そしてライトの下に集まって身体を温めます。

飼い主がケージの前でごそごそと始めるとエサ場に集まってきます。

エサをもらえるのだとわかっているのですね。



早速、野草中心のタンポポ、桑の葉、ノゲシ、ヤブガラシ、青梗菜、グリーンレタス(高いので少々)をあげました。



みんな大喜びで食べていました。



我が家にお迎えしたオカメインコです。



名前を「ピーちゃん」にしました。

なんかありきたりの名前ですが呼びやすいしいつも「ピー、ピー」言ってるのでそう決めました。

ケージも購入しました。

購入したのはHOEIの465オカメっていうやつです。

ネットでいろいろ調べたらこれが一番良いってことでしたので決めました。

リクガメはもう何年も飼育してますのでいろいろ詳しくなりましたがインコは初めてでしのでただ今勉強中です。



最近では飛べるようになって放鳥中、毛ずくろいが終わると飼い主の肩に飛んでくるようになりました。

可愛いですね。
コメント

野菜高騰!

2016-10-12 | ヘルマンリクガメ


最近日本では台風直撃、長雨で日照不足で葉物野菜が高騰しています。

レタスは1玉500円と高級野菜になってしまいました。

小松菜も1袋200円です。

これではとてもヘルマンたちにあげられません。

飼い主でさえ食べれないです。

そこで仕事が休みの日は野草採取に励んでいます。

今日も出かけて採ってきたのはタンポポ、ノゲシ、ヤブガラシです。

早速ヘルマンにあげてみました。

新鮮野草は好評です。

ヘルマン1号♀(200mm)がむしゃらに食べていました。
コメント

初秋ハイビスカスももう終わり

2016-10-10 | ヘルマンリクガメ


毎日のように花を咲かせていたベランダのハイビスカスが2日に一輪くらいしか咲かせなくなりました。

貴重なハイビスカスをヘルマンたちに与えています。



おいしいのでしょうか?雄しべにがぶついています。



きれいなデザートももう終わりです。
コメント

オカメインコをお迎えしました。

2016-10-09 | オカメインコ


今日、オカメインコをお迎えしました。

先月生まれたばかりのまだ幼鳥です。

大切に育てて手乗りインコにします。

ヒガシヘルマンリクガメ+オカメインコでブログをアップしていきます。
コメント