海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

マルギ♂じょじ、9周年!!

2017年06月26日 23時06分18秒 | 記念日/思い出
今日6/26は、マルギ♂じょじをお迎えしてから、9年目の記念日です。


ということは同時に、我が家のリクガメ飼育9年目の記念日でもあります。

そうです。これまで様々な出来事が目まぐるしく起こっていますが、
実はまだ飼育歴9年になったばかりなんです。。。




お迎え間もない頃のじょじ


お迎え当初は約80g、推測ですが、その前年2007年生まれ?今年で10歳??

ホントのところを知ることは出来ませんが・・・


リクガメについて、マルギナータについて、ほとんど知識がないまま、
初めて訪れた隣県の爬虫類ショップで出会って、すぐにお迎えを決めました。

信じられない程に格安、中古の飼育用品をほとんど一通り付きで・・・

お迎えした後からそれなりに調べて、成長不良(クル病)と知りました、、、




マルギ♂じょじ


あれから9年間、すっかり大所帯になった我が家で、常に中心的存在であり、
飼い主の心配を他所に体調を崩すことなく、逞しく成長してくれています。

甲羅の歪みと癒着は消えることありませんが、、、


そして昨年、21かめの孵化仔を授かり、立派に父かめになってくれました。

じょじをしっかりと成長させることは、我が家のリクガメ飼育における根幹、
その孵化仔の誕生・じょじが父になることは、我が家の悲願でもありました。。。



10年目に入って、改めてかめたち・孵化仔たちの飼育を見直しながら、
ブリーダーとして、リクガメ飼育の楽しみと同時に責任をしっかりと伝え、
リクガメ飼育普及の一端を担うと言える存在になることが出来るよう、
気持ちを新たに取り組んで参ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月末の成長記録~2017年6月その①大きい組

2017年06月25日 18時03分33秒 | 成長記録
6月最後の週末です。

空梅雨からいよいよ梅雨らしくなり、生憎の天候の休日になりましたが・・・



月末恒例の測定、今日のところは屋外生活中の大きい組10かめ、
昼過ぎから時折小雨が降る中、かめ庭で温浴してもらってからの測定、
今回は全かめ、体重と甲長の測定です。


結果



マルギ♂じょじ

1971g(36g↑:5/28比)
251mm(2mm↑:4/29比)




ヘルマン♂はび

965g(15g↑:5/28比)
171mm(2mm↑:4/29比)




ヘルマン♀くう

1167g(-17g↓:5/28比、87g↑:6/19産卵後比)
183mm(1mm↑:4/29比)




ヘルマン11孵化仔♂ふぃん

515g(-7g↓:5/28比)
134mm(1mm↑:5/28比)




ヘルマン13CB♀えぱ

786g(-22g↓:5/28比、18g↑:6/8産卵後比)
149mm(1mm↑:5/28比)




ヘルマン13孵化仔♂こるも

578g(34g↑:5/28比)
147mm(2mm↑:5/28比)




マルギ13CBふれあ

662g(63g↑:5/28比)
161mm(7mm↑:5/28比)




マルギ♀ちゃご

2317g(-28g↓:5/28比)
266mm(4mm↑:4/29比)




マルギ♂ばる

979g(-2g↓:5/28比)
203mm(1mm↑:5/28比)




ヘルマン11♀もあ

725g(-29g↓:5/28比、63g↑:6/1産卵後比)
151mm(1mm↑:5/28比)







増える仔あれば、減る仔もあり・・・

着実に成長しているのは、相変わらず伸び盛りのマルギ・ふれあ、
今回から15cmノギスで、甲長を測れなくなりました。。。

あとはヘルマン♂こるもが成長再開??というところでしょうか!?

立て続けだったヘルマン3♀の産卵も、一段落したように思いますし、
しっかり体を休めて、体調を戻してほしいところです。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日遅れましたが・・・

2017年06月23日 22時06分52秒 | 記念日/思い出
昨日6/22は、我が家の初孵化仔・ヘルマン11♂ふぃんの
6歳の誕生日でした。



誕生数日後のふぃん


飼育経験の浅い飼い主の元、3歳になったばかりの若い父かめ・母かめ、
ある意味奇跡的な誕生だったものだと。。。

10gのおたまごから8.8gの小さな身体、不十分な保温による極端な多甲板、
それに加えて孵化仔の飼育に慣れない飼育者・・・

そんな中、6年間これといって体調を崩すこともなく、元気に過ごしてくれている
ふぃんには、感謝の気持ちで一杯です。



などと言いながら、昨日の誕生日の画像が・・・

決して忘れていた訳ではないのですが、、、




4月の冬眠明け直後のふぃん


最近の画像を探してみましたが、体重測定の画像を除くと、見つかったのは、
4月の冬眠明けのときのモノしか、、、


そのふぃん、この春からは、ヘルマン13CB♀もあとのペアリングを試み、
もし孵化仔が誕生することになれば、我が家初の孫かめ!?になるのですが、
今のところは望み薄ですね。。。

もしかすると、ふぃんには繁殖能力が備わっていないような気がしています・・・


ともあれ、これまで健康に、元気に成長してくれたふぃんに感謝し、
これからも長く健康に過ごしてもらえるよう、シッカリとお世話を続けます。





それから6/22は同時に、マルギ♀いさを失ってから、3年目の命日でもあります。



2013.5月のお散歩会での、いさ


我が家に来てくれてから3年と5ヶ月、何かと気掛りなことがありましたが、
おっとりして、優しいいさの姿と振る舞いは、私たちを和ませてくれました。。。


いさに合った環境を整えて、我が家で長く過ごしてもらうことが出来ず、
いさには申し訳なかったと、、、

いさの姿といさへの感謝の気持ちを深く心に刻み、
かめたちと接していきたいと思います。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/19・ヘルマン♀くう、3rdクラッチだったのですが、、、

2017年06月21日 23時36分58秒 | 産卵
残念としか言いようがありませんが、産み落とした3つのおたまごが
割れてしまいました・・・

昨日一度投稿したつもりだったのですが、記事が消えてしまい、
一から書き直す時間と気力が、、、





画像は4つ目のおたまごを産み落としているところ、
先に産んだ3つは割れてしまっており、無事だったのは、
この最後の4つ目のおたまご1つでした・・・


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.12    19.3g      39 / 29


産卵後のヘルマン♀くう
1080g(-125g:6/17比)


おたまごが割れるところを目撃したわけではありませんので、
その時の状況は判りませんが・・・

母かめ・くうのいつも以上の体重減少と疲れた様子で、不完全な埋め戻し、
これまでの産卵とは比較にならないくらいの消耗だったようです、、、


その後のくうは食欲もあり、見た目には元気なようですが、
くうの頑張りに感謝し、十分に観察しながら、産後のお世話を努めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爬虫類市場2017御礼

2017年06月18日 23時18分39秒 | イベント
今日は、大阪アメリカ村での『爬虫類市場2017』でした。

これまで来場者としても、一度も訪れたことがないイベントでしたが、
 今年最初の出展となりました。




左から、16くう4号・2号・3号



今回は一番奥の突き当りのブースで、人通りはちょっと少なめでしたが、
その分ブースをご訪問頂いた方々とは、これまで参加したイベントより、
じっくりと話をすることが出来ました。


そして、連れて行った昨年の孵化仔たちのうち、ヒガシヘルマン2かめが、
出会いに恵まれ、巣立っていくこととなりました。。。



一方のマルギ孵化仔たちは・・・







ブースをご訪問頂き、孵化仔たちを手に取って見て頂いた方々には、
ヘルマンよりむしろ関心を持って頂いていたのですが・・・

“成長すると、既製のケージでの飼育は困難なサイズ”という事実に、
さすがにと躊躇される方が、、、

その分、通年屋外飼育を目指すなら、最も適した種だと思うのですが・・・



孵化仔たちにとっての出会いと巣立ちの数は兎も角、出展者としては、
楽しく、充実した時を過ごすことが出来ました。。。


本日、我が家の孵化仔をお迎え頂いた方々、
ブースをご訪問頂き、お話しさせて頂いた皆様、
ご一緒させて頂いた出展者の皆様、
イベント主催者、スタッフの皆様、
心より感謝いたします。

また出展させて頂こうと思っておりますので、
今後とも何卒宜しくお願いいたします。





おまけ


実は今日6/18は、我が家のヘルマン父かめ・はびの9歳の誕生日でした。





今日は留守にしていましたので、画像は1週間前の日曜日、
かめ庭お散歩中に摘み食いをしている、はびの様子です。

お祝いをすることが出来ませんでしたが、今日は父かめの誕生日と同時に、
孵化仔2かめの旅立ちの記念日となりました。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加