ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

ヘルマンリクガメ屋外飼育繁殖を目指して…

3匹目の孵化を待ちます

2019年07月17日 | 孵化仔
15日に殻を割りしばらくじ~としていた②仔です。
16日になっても状況が全く変わっていなかったので心配になり殻を少し割ってあげました。
それでわかったことですが卵に開いた穴は嘴で割ったのでなく卵の中で動いているうちに前足で割ってしまったようです。

身体の1/3ほど出るところまで割りあとはヨークサックが体内に吸収され自力で出てくるのを待ちます。
孵化まではもうしばらくかかりそうです。

17日朝には卵から完全に出ていました。
ヨークサックも吸収されています。

コメント

孵化後48時間

2019年07月17日 | 孵化仔

孵化後、48時間が経ちました。
昨日はまだ出べそだった⑤ヘルマン1号19年孵化仔1号です。
もうすっかり体内に吸収されています。

で、気になるのは③ヘルマン1号19年孵化仔2号です。
まだ双子の兄弟と繋がっていました。


このままだとヨークサックが吸収されずに死んでしまうかもしれませんので繋がっているヨークサックを切断することにしました。
へその緒を切る手術のようです。
ここまで切ればあとは自然に体内に吸収されると思います。

切断した兄弟は体長1cmほどです。
ちゃんとかめの身体になっています。
残念です・・・。

産み落とされてから2カ月間一緒に育ってきた兄弟です。
ほんとうにほんとうに残念です。

コメント

残念でした・・・。

2019年07月16日 | ヘルマンリクガメ
①21g 36.1㎜×32.1㎜の双子の孵化仔です。
孵化後、48時間経ちましたがやはり全く状態が変わっていません。
残念ながら孵化には至りませんでした・・・。
24時間後の状態です。変化ありません。
上の仔は完全に目を閉じてしまっています。
ヨークサックも小さくなっていません。

毎年ヒガシヘルマンリクガメを孵化させていますが、双子は初めての経験でした。
もし、双子のまま無事に孵化していたら快挙だったと思います。
それでも孵化寸前まで成長してくれました。
ほんとうに残念ですが・・・。安らかに眠ってください。
コメント

孵化開始36時間後

2019年07月16日 | ヘルマンリクガメ
孵化が始まってから30時間後の状態です。
③21g 37.6㎜×30.9㎜と⑤22g 39.8㎜×30.8㎜が完全に孵化しました。
2019年7月15日が誕生日です。

②22g 37.5㎜×32.1㎜は12時間経ちましたが変わりありません。
嘴で殻に穴を開けただけで眠ってしまったようです。

⑤22g 39.8㎜×30.8㎜です。
動き回ってました。



まだ出べそのままです。
明日にはお腹の中に吸収されそうです。

②22g 37.5㎜×32.1㎜です。↓
この仔はまだ動き回っていません。



卵の殻の中で動かないでいましたのでまだ大きなヨークサックが吸収されずに残っているのだと思い見てみるとビックリ(*_*;です。


この仔も双子でした!!
双子の兄弟は甲羅や手足が出来上がりかめの形になっています。
そこで成長が止まったようです。
それでもうひとつの兄弟がちゃんと成長することが出来たのでしょう。
やはり2匹とも無事に成長し孵化するのは不可能のようです。
無事に孵化した仔は多甲板でした。

まだヨークサックで兄弟が繋がっています。
しばらくはこのままにしておくことにします。

④20g 38.3㎜×30.5㎜はまだ卵が割れていません。
ここまで無事に成長してきているはずです。
もう少し孵化を待ちます。

孵化したヘルマンリクガメの抜け殻は全て保管しています。
これが全てではありませんがかなり貯まっています。

コメント

孵化のその後です

2019年07月15日 | 孵化仔
14日に孵化が始まり次々と殻を破って出ようとしています。
24時間後の状態です。

今日15日には②22g 37.5㎜×32.1㎜が孵化し始めました。


③21g 37.5㎜×30.9㎜の24時間後です。
かなり出てきました。

⑤22g 39.8㎜×30.8㎜の24時間後です。
卵から今にも出てきそうです。
本日中には完全孵化するでしょう。

①21g 36.1㎜×32.1㎜の双子を以外では④20g 38.3㎜×30.5㎜を除いて間もなく孵化します。

④も間もなく殻を割って出てくれると思います。
コメント

孵化開始!

2019年07月15日 | 孵化仔
ヘルマン1号(205㎜)が5月17日産卵した卵が昨日の14日、孵化し始めました。
産卵してから58日目の予定通りです。
卵の殻がぱっくりと2つに割れていました。
①21g 36.1㎜×32.1㎜で産卵した卵です。


通常、いきなり真っ二つに割れることはなく、まず嘴で甲羅の一部を割って顔を出しますので不思議に思いよ~く見ると双子でした(*_*;
卵の大きさは変わりませんので二体が大きく成長したため孵化仔の成長で卵の殻が耐えられなくなりぱっくりを割れたようです。
上の顔を出している大きい方の孵化仔は生きています。
下の小さい仔は生きているのか死んでいるのかわかりません。
下の仔の右後ろ足が象徴的です。
上の仔は大きいといっても通常の2/3くらいの大きさしかありません。
甲羅の長さは2.5cmほどです。
下の小さい仔の甲羅は1.5cmほどしかありません。
指先でつんつんすると少しは反応して動きますが、目が開いておらず心配です。
ヨークサックは1つですのでひとつのヨークサックで2匹の孵化仔が成長しています。
人間でいうと一卵性でしょうか。


この大きさこの状態では無事に孵化できないかもしれません。
しばらく温度、湿度が一定の孵化器の中で過ごしてもらいます。
片方だけでも無事に孵化して欲しいです。

それともう一つ③21g 37.6㎜×30.9㎜で産卵した卵から孵化仔が嘴で割り始めています。
この仔は双子ではなく通常の孵化です。
次の日には孵化できるでしょう。



⑤22g 39.8㎜×30.8㎜も孵化し始めています。


コメント

パプリカも大好きです

2019年07月14日 | ニシヘルマンリクガメ
たま~にパプリカを刻んでリクガメたちにあげます。
赤いパプリカはリクガメたちは大好きです。
メニューの一つとしてあげます。

この日はきゅうりも刻んであげました。

嗜好性の高いメニューにはカルシウムを振りかけます。
そうすれば必ずカルシウムを摂取してくれます。

これをみんなに分け与えます。
パプリカに食らいついているのはニシヘルマン♂です。

コメント

今が旬の野草三昧

2019年07月12日 | ヘルマンリクガメ
我が家のリクガメたちには今が最盛期の野草をメインに与えています。
たんぽぽ、ヤブガラシ、桑の葉、オオバコ、シロツメクサです。
それに水分補給としてきゅうり、トマト、レタスの野菜を添えます。
ベランダ飼育のヘルマン母かめたちです。
ヘルマン1号(205mm)がたんぽぽに食らいついています。

横目でこちらを見ています。
かわいい目をしています。

コメント

来週には孵化するでしょうか

2019年07月11日 | 産卵
5月17日にヘルマン1号が生んだ卵です。
産卵から58日くらいで孵化します。
孵化予定日は7月14日です。
孵化前最後の検卵をしました。




身体の部分と上部空洞が分かれています。
残り1週間で急速にリクガメの体が形成されます。
5個の内いくつ孵化するのでか?
楽しみにその日を待っています。
コメント

梅雨の晴れ間は逃しません

2019年07月10日 | アルダブラゾウガメ

梅雨の長雨が続いていまさしたが、
今日は久しぶりに太陽が出てきました❗
待ってましたかのように直射日光を甲羅いっぱいに浴びています。
我が家のベランダは南西向きですので陽が当たり始めるのはお昼少し前からです。
それでも天気の良い日は我慢できず早くから日が当たる場所に出てきて太陽を待っています。

この日は仕事が休みで寝坊したため起きたときはもうアルダ君が日光浴をしていました。
身体が温まると食欲が出てきてご飯はまだ~~と言っているかのように飼い主を見つめます。

ご飯の準備をするからもう少し待っててね(^^)
コメント