ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

ぷっくりしたナツ目

2016年05月07日 | インドホシガメ


インドホシのナツ(♀)です。


ナツの瞼がぷっくり(笑)。


熟睡中のナツです。

にほんブログ村
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログを再開いたします。

2016年05月05日 | 産卵・孵化仔


本日からブログを再開いたします。


更新していないのに、毎日、毎日 数百名以上のご訪問者があり、

心から感謝すると同時に、大変恐縮しておりました。


気持ちだけの義援金の他に、熊本県と大分県のお菓子などを職場へ持参し、

みんなと一緒にいただいています。 とても美味しいです。


くまモンの活動再開とともに、私にとって連休最後の日、

愛亀たちのために、タンポポ採集をします

(草刈りが始まっていますから、今日が最後のチャンス)。


頑張ります♪


にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1.17から九州在住のみなさまへ

2016年04月17日 | ニシヘルマンリクガメ


阪神淡路大地震から、今日で21年と3ヵ月となりました。

いろいろなことが、今でも昨日のことのように思い出されます。

余震に怯えながら生活した日々(特に夜は恐怖)、

スーパーに行っても食料が何もなかったことなど、封印したい記憶です。


生かされた者として、東日本大地震の時と同様に、

非常に辛く、被害が最小限になりますように、

心からお見舞い申し上げます。


来月末 九州レプタイルズフェスタへ、今年もいつものメンバーと一緒に出展いたします。

その時には、みなさまと再会できますように。


心の中が悲しみで一杯で、

これ以上書くことができません。


画像は、ニシヘルマンのジョナサンコ(♀)です。

いつも甲羅登りをするため、同居中のメスたちから嫌がれていますが、

本カメはいつも得意顔です。


私は、私ができることをして、少しでもお役に立ちたいと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産卵直後のルナの食欲

2016年04月13日 | ニシヘルマンリクガメ


産卵直後のニシヘルマンのルナ(♀)です。


産卵はメスにとって命がけなので、

産後のお世話はかなり慎重になります。


屋内ケージで十分に休養期間をとり、

その後 他のメスたちのいる屋外飼育ケージへ戻す予定です。


現在のところ、3個の卵に白濁は見られせん。

ルナは我が家へお迎え後、たくさんの卵を産み過ぎのため、

オスと同居させていないので当然の結果だと思いますが、

あと数日で無精卵が確定するかもしれません。


有精卵でも無精卵でも、

頑張ったルナに大感謝です。

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全屋外飼育中のニシヘルマンが産卵

2016年04月10日 | 産卵・孵化仔


4月2日から、我が家のヒガシヘルマン・ニシヘルマン(一部を除く)は、完全屋外飼育をしています。


昨夕 ニシヘルマンのルナが屋外飼育ケージの入り口にいましたので、少しおかしいと思い、

触診をしましたら、抱卵が確定しました。 4月2日から毎日夕方以降に、個体の最終確認をしていますが、

ルナはいつも飼育ケージの奥にいる仔です。


すぐに屋内の産卵ケージを、ルナ用に整備しました。 昨晩 私の就寝時には卵を持っていましたので(体重から)、

産卵は早朝だと確信しています。 


画像からもわかりますが、産卵場所は保温電球の真下、あるいはその周辺です。

母亀は温かい土に産卵します。


卵の詳細は次のとおりです。

重量22g 長径4.0僉瀉桟2.8

重量20g 長径3.9僉瀉桟2.7

重量22g 長径4.0僉瀉桟2.8

産卵前の体重 1,010g

産卵後の体重  940g


今回は産卵に立ち会うことはできませんでしたが、

卵の殻に産卵土がたくさん付着している卵が一番先に産み落としたもの、

反対に卵の殻が一番白いものが三番目の卵、卵が並んでいる位置からも推測できます。


ルナの前飼い主さんからお聞きしましたが、ルナは1年間に7個ぐらいの数の卵を産卵したそうですが、

我が家にお迎えしてから、それ以上の卵を産んでいますので、ルナの健康管理をさらに

気を付けていきたいと考えています。

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の嵐の中でも食べる

2016年04月07日 | アルダブラゾウガメ


ずぶ濡れのチビアルダのジョアン(♀)です。


天気予報どおり、春の嵐です。

強い雨と風、

ジョアンの餌はなしかな〜〜と思っていたら、

早朝から、リビング出入り口で餌待ちをしていました(笑)。


餌場に餌が置いていない時は、

私がいるリビングへ回ります。


最高気温は24度、

雨は多湿のジョアンには最高、

春の嵐の中でも、

ジョアンの食欲は止まりません。

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬眠明け直後からチビアルダと合流

2016年04月04日 | アカミミ


ミシシッピアカミミのゾーイ(♀ 左)です。


冬眠明け直後から、

チビアルダのジョアン(♀ 右)と一緒に日光浴をし、

その後も一緒に日光浴をして、一緒に寝ています。


冬眠中 私のことは忘れても、

ジョアンのことは覚えているようです。


なんてこった(笑)。

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日は5ケツから

2016年04月01日 | 産卵・孵化仔


ニシヘルマンの孵化仔・ハリコ五姉妹です。

なんとか撮れた集合画像なのですが、暴れているうちに、

みんな後ろ向きになってしまいました。


誕生時から、とても立派な尻尾だったため、

五兄弟として育てていたら、五姉妹になりました(滝汗)

長くて立派な尻尾は母亀・ハリコ譲りなのですが・・・。

甲羅も顔も母亀・ハリコ似です。


五姉妹とは、2011年〜2013年のハリコの孵化仔たち、

右端の仔が、母亀になった2012年ハリコ2号です。


ニシヘルマンのメスの販売につき、お問合せがありますので、

こちらでご回答いたします。


私 昨年の静岡夏レプに五姉妹を連れて行きましたが、ご縁がございませんでした。

その後 五姉妹は爆食を続け、今年はさらに成長していますので、

連れて行くのはもう無理です。

そのうえ、母亀になった12ハリコ2号、他の仔たちも抱卵の可能性がありますので、

今後 出展するイベントの直前にならなければ、どの仔を連れて行くのかわかりません。

飼育期間が長くなるほど、特に貴重なメスは、なかなか販売する気にはなりませんが・・・。


昨日から爆食五姉妹は、完全屋外飼育をしています。

寒暖差対策として、夜間は屋外ケージを温かくしています。


4月1日は新しい年度の始まりです。

私自身も肥満大敵、加齢とともに基礎代謝が低下し、

今の体重をなんとか維持しながら、仕事を続けています。

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野草100%の給餌が続く

2016年03月31日 | アルダブラゾウガメ


チビアルダのジョアン(♀)です。


植木鉢やプランターから引っこ抜いた野草、

とても美味しそうに食べていました。


最近 ノゲシ、タンポポ、カラスノエンドウ、

スズメノエンドウなどの野草が大量に採集できるようになり、

他の仔たちも野草100%の給餌が続いています。


お財布に優しい春です♪

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘタレのサウス その3

2016年03月27日 | インドホシガメ


インドホシのサウス(♂)です。


カラスノエンドウには全く興味を示さない仔です。

新鮮で美味しいから、他の仔たちは喜んで食べるのに。


サウスの好きなもんは、

バナナとパプリカ・・・、

なんとか改善しなくては。


ぼちぼちいきます♪

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初孫亀の初温浴

2016年03月24日 | 産卵・孵化仔


昨日・3月23日に誕生したニシヘルマンの孵化仔・15ハリコ1号(母亀12ハリコ2号)、

重量11gの卵から、甲長3.0僉‖僚8g、孵化日数68日で無事に誕生しました。

通常 我が家の場合、孵化日数は56日前後ですが、少し長い孵化日数になりました。


母亀はニシヘルマンの孵化仔・12ハリコ2号、

父亀は体重30gから育てているニシヘルマンのヘンリー(コルシカ)です。

甲羅の色合いも顔も父亀似、

長くて極太尻尾だけ母亀似です。


腹甲が完全に閉じましたので、今朝 初温浴、

画像のように、温めのお湯をグビグビを飲み続けました。

体重を量ると9g(+1g)になっていました(笑)。


今朝から孵化器から出して、プラケ生活をしています。

新鮮なタンポポの葉を山ほど置いたので、

食べたかどうかは不明です(汗)。

水入れの容器を、体全体を使って移動させていました(苦笑)。

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3.11ではなく、3.23に初孫亀が誕生

2016年03月23日 | 産卵・孵化仔



ニシヘルマンの母亀ハリコの孵化仔・12ハリコ2号が1月15日産んだ卵のうち、

11gの卵から、15ハリコ1号(12ハリコ2号)が、本日無事に誕生しました。

9gの卵は、残念ながら、白濁が途中で停止、胚の発生もありませんでした。


当初 3.11に誕生予定でした。

心配しながらも、

殻の中からエネルギーを感じていましたから、

大丈夫だと思っていました。


我が家にとって、初孫亀です。


さきほど 確認をしましたら、

ヨークサックは完全に体内へ吸収されていました。


今晩も孵化器の中で過ごさせます。

にほんブログ村


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

チビアルダが見ている

2016年03月18日 | アルダブラゾウガメ


チビアルダのジョアン(♀)、

完全屋外飼育中です。


私がリビングいると、

画像のように、こうして室内の様子を見ています(笑)。


自由な生活、日光浴ができる屋外の方が好きだけれど、

室内の様子も気になるようです。


ジョアンが屋外いると、

ヨーキーのルーシィ(♀)が、

頻繁にジョアンの様子を見に行きます(苦笑)。

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘタレのサウス その2

2016年03月17日 | インドホシガメ


インドホシのサウス(♂)です。


食べる時しか顔を出さない仔ですが、

温浴後、やっと顔を出してくれました。


まだ私には馴れていません。


年数を要すると思いますが、

ぼちぼちいきます。

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首が曲がってますよ

2016年03月15日 | アルダブラゾウガメ


チビアルダのジョアン(♀)です。


アルダブラゾウガメの首は伸びるだけでなく、

曲げることもできます。


大好物のセロリを食べようと、

必死のジョアンです。

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加