食の旅人

~ 食べることは生きること、生きることは旅すること、そうだ食べることは旅すること~
  野村洋文

ザ・プロファイラー「ゾルゲ」

2019-02-22 06:53:23 | 日記

歴史好き歯医者のひとり言  ~   昨日のBSNHK「 ザ・プロファイラー 」は、ゾルゲの特集でした。( 番組途中、北海道地震の速報に代わりましたが、大事に至らずよかったです)  我が国を舞台に展開された、世界史レベルのスパイ事件。「 ゾルゲ事件 」の首謀者。 2・26事件、阿部定事件、と暗い世相、軍靴の音が大きくなっていた1930年代、日本の同盟国ドイツ人になりすまし、母国ソ連に、我が国の最高機密を流出しておりました。 日本が北上してソ連と戦うのか、南下して、アメリカ・ イギリスと戦うのか? もし、北上することになれば、日独防共協定で、ソ連はドイツと日本とに挟み撃ちされる可能性がありました。 国家の存亡をかけてのスパイ活動に似つかわしくなく、銀座で美女をはべらして、帝都東京をどでかいオートバイで走り回っていたゾルゲ。 (いや~ それが、真のスパイなのでしょう~ )  ゾルゲとペアで語られるのが、尾崎秀実。 近衛文麿内閣の中枢にいながら、ゾルゲに我が国の国家機密を提供していたという驚くべき事実。 つくづく歴史って面白いなあ~人間って面白いなあ~ と感じます。 結果、ゾルゲと尾崎秀実は、暴かれて、ロシア革命記念日に死刑となります。 以前、FBにもアップしましたが、死刑場は、現在、サンシャイン60の下、東池袋中央公園に変わりました。 ゾルゲ事件を知るには、篠田正浩監督の「スパイ・ゾルゲ」が最高です。 本当に面白いです!!  ちなみに、かなり古いですが黒澤明監督の映画「わが青春に悔いなし」は、ゾルゲ事件と滝川事件をモデルにつくられているはずです。  母国、ロシアで、ゾルゲは毀誉褒貶の激しい人物でしたが、現在は、英雄として崇められており、 駐日ロシア大使は、ゾルゲのお墓に手を合わせることが慣例になっているようです。  


ミセス・ミスジャパン・アース

2019-02-20 06:58:28 | 日記

 昨日、新宿ライオンにて、ミセスジャパンアースディレクターの和泉カオル様、ならびに東日本ディレクターの狭山美佳様と会食しました。 今後、ミセスジャパンアースのお仕事を影でサポートできれば、男冥利に尽きます~笑  ご縁に感謝です!!  美しさは人間の内から作り出すもの、つくづくそう感じさせられました。 ミセスジャパンアースのスポンサーをしていただける社長、先生、ご興味がありましたら、メッセージお願いいたします。 


閔妃(ビンヒ)

2019-02-18 07:00:43 | 日記

歴史好き歯医者のひとり言~  閔妃(ビンヒ)という女性が朝鮮半島にいました。 馴染みのある名前ではないと思いますが、近代、日本と韓国との関係上、最重要人物のひとりです。 歳の頃では女子高生か、女子大生だった彼女の権力欲により、間接的、直接的に、日清戦争 ・ 日露戦争が起きたのです。 朝鮮半島をめぐる、ロシア、中国、日本の駆け引きに、彼女がどこまでわかっていたのか、知るよしもありませんが、韓国では、朝鮮半島を日本の属国にした張本人として売国奴呼ばわりされていると思います(違うかな? 常識的にそう感じます) 世界史舞台の主人公なのに、不思議かな、彼女を描いた、メジャーな映画、小説を寡聞にして知りません。 日本、韓国以外の第三国、アメリカなどが、彼女とその時代背景を映画にすれば、「ラストエンペラー」を凌ぐ、壮大でドラマチックな作品ができること請け合いです。 アカデミー賞も当然視野にはいるでしょう。 昨晩、ニュースをつけたら、例のごとく、韓国のとんでも議長の顔が飛び込んできたので、とりとめもなく書き込みました。  あしからず。 


アド街ック天国~ ザ・プロファイラー

2019-02-17 05:55:50 | 日記

昨日のテレビ東京、アド街ック天国は「昭和の池袋」と題して、レトロな池袋の特集でした。 半生を池袋に捧げてきた僕のような人間にとっては、もう、ド・ド・ド・ドストライク、涙ちょちょ切れものでした~😢   池袋通を自称する自分をして新たな発見が2つありました。  池袋西口の場末も場末、悲哀感漂う小さな中華料理屋「新珍味」が、武者小路実篤や開高健など文化人のたまり場だったこと。(味は、本当に美味しいです)  池袋ロサ会館2Fに、老舗のおでん屋があること。 池袋に関する飽くなき探求心は続きます~😊   話変わって、先日、BSNHKの「ザ・プロファイラー」は、ヘミングウェイ特集でした。 まあ~ とかく食と酒の逸話に事欠かない文豪は、彼をおいて他にはいないでしょう。 カルパッチョは、ベネチアの世界一有名なバー「ハーリーズ・バー」で、ヘミングウェイが考案したと言われております。 ブラッディメアリというカクテルは、パリのホテル・リッツにある「バー・ヘミングウェイ」で、バーテンダーが、それこそ、ヘミングウェイのために作りました。  「旅に出てその土地を知りたいなら、その土地のバーで一晩過ごせ」の名言を地でいき、滞在先のバーに入り浸ってはダイキリを水代わりに飲んでいたようです。  番組は、ヘミングウェイの作品を年代順に、彼の活躍に照らし合わせて紹介しておりました。 意外だったのは、彼がスペイン内戦、第一次世界大戦に従軍した理由。 正義感に突き動かされ、彼の血がそうさせたのだと、思っていましたし、歴史本にもそのような感じで書かれておりましたが、 番組は、文章を上手に書きたい、真実を見たいという欲望が彼を後押ししたという展開にまとまっておりました。   ちなみに、NHK様に対して、疑問府を最後に付けさせていただきます。 ヘミングウェイの猟銃自殺の原因について、「文章が書けなくなった」からだと語っていましたが、多分違います。 アル中により重度のうつ病を発症したため、自ら命を絶ったという説が最有力です。 


統合失調症治療薬と歯肉増殖???

2019-02-14 20:05:14 | 日記

統合失調症治療薬と、歯肉増殖との関係って聞いたことないのですが、相関性があるのでしょうか? ある若い女性が来院されました。 ロナセンという統合失調症治療薬を服用されております。 左下6番以外は、全て、健全歯です。 しかし、当該歯だけが、P2~ P3レベルの歯周炎でして、周囲歯肉が、異常、異様なほど(非医学的表現ですみません~💦 でも、そのぐらい!)増殖しておりました。 もし、統合失調症治療薬と歯肉とに関係性があるなら、歯肉全般にその増殖が、もしくは、増殖傾向が認められて然るべきですが、当該歯以外の歯肉は健全です。 あるいは、統合失調症治療薬が、加速度的に歯周病を進ませる作用を有するのでしょうか?(統合失調症治療薬が、エストロゲンに作用するなど~ エストロゲンと歯周病との関係は明らかのようですから) いつものように、文献検索もせず、下調べもせず、お聞きする形で忍びないのですが、疑問を投げかけることで、お役に立てる場合もあります故、書き込みました。 なお、ロナセンの副作用に、歯周疾患の記載はありませんでした。 (いつもながら、フェイスブック投稿と同じ記事をコピペしてます)