ヒデびたきの野鳥紀行

鳥名「森の下のヒデびたき」が野鳥を求めて近隣から、遠方まで出掛けて収めた写真を掲載します。

道北紀行 サロベツ編 その2 シマアオジ ノビタキ ホオアカ マキノセンニュウ オオジシギ

2017-06-17 | 日記

サロベツ原生花園には、シマアオジ、ノビタキ、ホオアカ、オオジュリン等が繁殖し、湿地の上を飛び交っています。マキノセンニュウも時折、ジジジという虫のような声を聞かせてくれます。上空では、オオジシギがディスプレイフライトを派手に繰り返します。時には、4、5羽が乱舞して楽しませてくれます。近くまでなかなか来てくれませんが、チュウヒも飛んでいます。
オオジシギの飛翔写真を狙いますが、なかなか手強い。そんな中、枝に舞い降り、しばらく枝の上で鳴いていました。



♂のチュウヒをよく見ました。

ノビタキです。囀りながらホバリングをしているように見えますが、飛んでいる虫も狙っているのでしょうか。


時折声は聞こえるものの、なかなか草むらから出てきてくれないマキノセンニュウ。少し遠かったですが、声のする方を探すと何とか姿が見えました。

エゾカンゾウの蕾に止まったホオアカとシマアオジ。花に止まった写真は、次回に。


囀るシマアオジ♂成鳥と♂若鳥。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 道北紀行 サロベツ編 その... | トップ | 道北紀行 サロベツ編 その3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿