お茶の大和 ティータイム

大地からの贈り物“お茶”で素敵なティータイム

緑茶の自己主張

2020年05月18日 | 茶話(さわ)

茶請けを引き立て自己主張 

お茶の淹れ方難しい  型にはまればなおのこと  形を気にせず美味しいお茶を  茶請けを添えておもてなし

素敵なひと時の為に!

 日本茶はコーヒーのような自己主張しませんが、茶請けという友を引き立て、自己主張します。また、友を選ばないおおらかさがあります。試してみませんか、ビスケットやケーキで試してみませんか。

 ほんのりとした香りと旨味、それに渋みがさわやかな口腔ケアーが期待できると思いますよ!

お茶の大和

インスタグラム

コメント

大地の子

2020年05月12日 | 自然と生活

大地の恵みを 忘れし人の子

大地の子 人の子

感謝を忘れ 驕れし人の子

なぜに恐れおののくのか 目に見えぬ小さきものに

 日本だけでなく世界中がこれ程までにコロナウイルスに振り回されるとは思いもよらなかったです。自然の営みから遠く離れた現代生活、便利さを求めた現代社会がこれほどまでにもろいのかと驚くばかりです。

『便利さ求めて危険を買う』なんて偉そうなことをホームページで書いたりしていましたが、AI(人口知能)に支配される近未来にだけはなってもらいたくないです。

お茶の大和

インスタグラム

 

コメント

温故知新

2020年03月22日 | 自然と生活

素敵な居場所  インスタグラム-素敵な居場所

気取らない 心かよえる楽しい我が家

甘えて、怒って、喧嘩して 心かよえる素敵な居場所

パラダイム転換

便利さ求めて鬼招く コロナウイルス鬼退治

我が家は家族でお茶談義 ワイワイガヤガヤ鬼退治

 今回の新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)は、「走りすぎた世界 走りすぎた日本 便利さを求めて、豊さを求めて来た私生活。良しと考えてきた生活を、少し見直さないか」と、自然からの警告を受けているのではないかと感じています。

温故知新 江戸ルネサンス
 子供の頃、近未来を描いた絵を見て『こんな時代が来たら素敵だなぁ~!』とあこがれ、江戸時代は何か暗い時代に感じていました。しかし、江戸時代は、世界に誇る日本文化の基礎が築かれた時代と考えるようになりました。歴史家ではないので間違っているかもしれませんが、そのように考え始めているところに、今回のコロナウイルス問題が発生して、新しい近未来の為のパラダイム転換を求められているのではと感じています。

 結果だけを求めて過程を軽視してきた、走りすぎた私たちに「疲れませんか?立ち止まって考えてみませんか!」と自然から問いかけられているのではと考えています。

自然からの贈り物日本の緑茶を楽しむひと時を♪ お茶の大和

 

コメント

春の日差し

2020年03月17日 | マイライフ

春の日差しを浴びて

家族で楽しむアウトドア 春の日差しは心地良い
コロナウイルスはねのけて 健康家族のお通りだ
木の芽月
自然を讃え 生き物をいつくしみ 生き物が輝きだす春分

 彼岸の入りそして春を分ける春分。桜の花もつぼみから開花の季節。希望に満ちて旅立つ季節。しかし、今年はコロナウイルスに振り回されて先行きの見えない季節になりましたね。
 今の世界は、混とんとしたカオスの状態。それに加えてコロナウイルスと混乱した経済。どちらを向いても悲観的なことばかりですね。でも、この行き詰まりの状態は寒風吹き荒ぶ冬。もしかしたら、誰もが経験したことのない春の日差しに包まれた素敵な未来がやってくるのではと少し期待しています。

 コロナウイルスは、密閉した場所でクラスター感染するケースが多いとのこと。せっかくの「春爛漫の季節」、広々とした郊外に出て草花の芽吹きを愛でて楽しむ家族団らんのひと時を…と思うのですが

「素敵な未来」を夢見てお茶しましょう お茶の大和
 

コメント

旅立ち

2020年03月10日 | 自然と生活

旅立ちの季節にコロナウイルス

夢見月(旧暦3月 新暦3月24日~)にはコロナウイルスが終息に向かうことを願います。

生き物たちが春が来たと騒ぎだす啓蟄 自然を讃え、生き物をいつくしむ春分。素敵な未来を夢見て旅立つ季節、コロナウイルスが早く終息に向かうといいですね。

日本の緑茶うがいでインフルエンザ予防を勧めている薬学部の先生がおられるとのこと! コロナウイルスにも効果があるといいなと思っています。

お茶の大和

 

 

コメント