一句鑑賞

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

エイプリル シー ウィル カム (^^♪

2021-03-06 23:55:52 | 日常

早春から仲春へと移っていきます

季節の移ろいを早いと感じるようになったのはいつのことだろう

でもよく考えるとカレンダーはまだ3月が始まったばかり

正月からの忙しさを乗り越えて来たからか

二月の過ぎるのが三日ほど早かったからか

と考えていると思いつくことが一つあった

耳目に触れるものはしっかり見ている

しかしながら世の中の動きに

いちいち反応していってない自分がいる

流行りのものなど追いかけないようになったのは

いつのことかさえ思い出せない

庭の花が咲けばそれだけで嬉しく

枯れて散れば愛おしく

春宵というには更け切った

そんな夜は

ウィリーネルソンの一節を口ずさみ

サイモンとガーファンクルのエイプリル カム シー ウィルを楽しみ

角瓶のハイボール一缶が軽くなる

愉しみとはそんなものかと

ジョーンバエズの声を聴きながら考えた

 

歳時記の例句より

「前略」と書きしばかりや春の宵   中村苑子

誰にとも言ってないのが春の宵にぴったりですね。

なとと書くと怒られそうですが・・・といったところで

 

 

 

 

コメント

ペルー軒

2021-03-04 21:58:45 | 日常

やさいラーメンを食べに行きました(-_-;)

トッピングのキャベツ、玉ねぎ、ニンジンをかるく炒め煮(スープで)し

ラーメンの上にたっぷり乗っておりました

このキャベツなどをかき分けて、麺とスープをいただきます

ときどき野菜、ときどき麺とスープ

やはり三角の薄焼き卵も入っておりました

チャーシューも十分に入っておりました

几帳面なお店の方の性格なんでしょうか、刻みネギもしっかりと

これはハマりますね、とてもやさしいお味です

 

今朝は仕事でした、包装機械が届きました!

ヤマト運輸の、重量のある荷物専門の部門があるんですね。それで無事に届きました。

さっそく倉庫で荷を解きまして、シーラー室に据え付けました。キャスターが付いてますんで楽ですね。

明日はメーカーさんから取扱い説明に来られます。頑張らなければ!

 

思ったより早く終わりましたんで、うきは市のJAにじの耳納の里へ行きました。

チーズケーキと野菜などです。買い物が済んで12時半、ペルー軒へとなったわけです_(._.)_

といったところで今夜はこれで

 

 

 

 

 

 

コメント

縮むっていいかも

2021-03-04 00:13:58 | 日常

夕食は生姜焼き定食?

よく作りますので・・・やや定食気味です。

夕食の完成間近に、ちょっとのぼせてしまって血圧が上がった感じでしたが、そのまま腰かけて食事済ませました。片付けも終わりソファという立派ではない椅子に座って爆睡気味にうつろな時間を過ごしてました。

入浴を済ますと身体はシャキッとしてきました。簡明に言いますと、集中力が長続きしない年ごろとなっております(^_^;)

 

明日明後日とお店は休みですが・・・包装機械を導入しますので、明日が搬入で、明後日が取扱い説明となります。いつものオフとは違って実質仕事ですね。

こういったメイドインジャパンの機械は、ほぼ全て世界の一級品ですね。レオン自動機って会社があるのを知ったのは30年前くらいでしたか?包む、すなわち餡子などを外生地で連続して包む機会ですね。

導入して分かったのは・・・間違いがない。この言葉が全てですね。レオン製の包餡機は現在2台目ですが、最初のは20年以上使用しました、とくに悪くはないのですが、いわゆる経年疲労が箇所個所に出てきましたので現在のに買い換えました。すでに6年ぐらいかな?いい感じで働いてくれています。これは人の力の及ぶ範囲ではありません(笑)日々、大切に使っております。商品名は火星人のなんとか型といいます(笑)

今回導入しますシュリンク包装機械もしっかり働いてくれることを期待しています。

はてさて専門的なお話しはこれでお終いです。

 

ギターの足置き台の代わりの品が届きました。ネットで買ったんですが、まあこんなものかと使っております。ふつうに椅子に腰かけた姿勢でギターが好みの高さ角度に持てます。だから体に負担がかからないということですね。

それほど長い時間は弾きませんけど、疲れはたしかに減りますね。

 

本日、投句を済ませてほっとしております。

 

 

コメント

嘔吐反射

2021-03-03 00:13:56 | 日常

昨日までの暖かさがいっぺんに吹き飛んだ寒さでした。

でも、冴え返るとか余寒とかまでの寒さではありませんでした(笑)

確実に春は進んでおります・・・とっくに来ておりますので<(_ _)>

わが家の荒れ地みたいな、日だまりには、すでにマメ科のなんだろう?

その、なんとかが、元気な葉茎の色を濃くして生え始めております。

といった昨日今日でした。

 

午前は歯医者さんでした。義歯の型をとる嫌な儀式の日でした。

私は嘔吐反射が強いと思っておりましたが、度重なる治療に慣れっこになっております。

衛生士さんが・・・ちょっと自信無さげに、あのにゅるっとしたものを入れましたが・・・なんか遠慮しているなと感じたのです・・・取った型を先生に見せて戻って来まして・・・すみません、もう一度取らせてください。はい!OKですよ(笑)

どうも彼女は私が嘔吐反射するのが下知識に入っているので、手元が緩んだようです。おかげでご丁寧な型取りを2度も楽しめました(笑)

来週に出来上がる義歯で治療は終わりますが、今回は長かったな。

 

といったところで、明日はつちのえ戌の日ではないようです。社日は15日か27日かな?とにかく十二支ですから12日ごとに戌の日は来ますね。

投句を明日に投函します。

といったところで<(_ _)>

 

コメント

社日って知ってました?

2021-03-02 01:23:35 | 俳句

忙しい日々の安らぎは?

夕食後の居眠りタイム・・・ではないな。

やはり家事でも仕事でも、それこそ事が巧く運んだときかな?

今日は3月の始まり、一日ですね・・・いわゆる一日参り(ついたちまいり)を、ご近所のあるいは遠くの神社仏閣に出向いてお参りされる人が多いですね。

節目は節目ですからね・・・20数年前に親子(母娘)さんが一日参りのあとに私の店に寄って下さいました。数年が経ち、失礼ながらお歳を伺いましたら、お母さんが90才で娘さんが70才でした!驚愕でしたね、当時は。そのお話しをすこしして寝ましょう。

 

しばらく来られていない時期がありまして・・・娘さんだけ来られました。お母様は?と聞きますと、博多弁で話してくださいました。奈良に旅行に行きまして・・・娘さん夫婦と三人だったそうです。旅館の食事も美味しくてきれいに食べて美味しかったと・・・でその夜にお亡くなりになったのですね。

ご主人の運転で博多まで連れて戻られたそうです・・・大変でしたねと話をしたことです。

2人でいつも来られていたのですが、あるときお母さんだけでした。ちょうど日曜日でお昼です。私の母がちらし寿司を作った日でした。よかったら食べませんかとお出しすると・・・まあ、社日のごたると喜ばれて食されました。他のメニューはレンコンをさっと煮たのなどなどでしたか・・・あぁ懐かしい。

つぎに娘さんが来られた時にお礼を言われましたが・・・いい思い出の母娘さんでしたね!

社日というのは、春社、季語にありますね。春分または秋分に最も近い戌(つちのえ)の日。単に社日といえば春をさす。この日に社に五穀の種を供えて豊穣を祈る、とあります。

その例句から・・・

村口の土橋の雨も社日かな  松根東洋城

水飴の瓶の口切る社日かな   星野夾岳人

使われなくなる季語の一つかもしれませんね。

二十四節気は今や気象用語的に予報士さんたちが解説しております(笑)

松根東洋城さんは漱石さんが五月蠅がる人のお一人で、えっと漱石が詠んだ句があるのですが、手元に漱石全集が無くて・・・臥せっている漱石先生の枕元で、何やかやと俳句などのお話をするのが松根先生で、その煩さを句にしているのでしたが・・・やたら煩き何々かな?だったまで思い出した・・・

といったところで<(_ _)>

 

コメント