豊橋のもみじ寺 普門寺/永代供養 樹木葬 納骨堂 お寺でお葬式 寺葬 ペット供養墓/高野山真言宗

車で、豊橋市役所から30分・湖西市役所15分・浜松市役所40分/最寄り駅:JR東海道本線・天竜浜名湖鉄道 新所原駅

『普門寺旧境内ウォーキングコース』のご案内!

2014年02月19日 13時51分36秒 | 普門寺 総合調査(歴史)

普門寺裏山に展開する『普門寺旧境内ウォーキングコース』のご案内!

『普門寺旧境内とは?』

東海地方を代表する山寺跡です。

普門寺の裏山である船形山には、平安時代から江戸時代にかけての「山寺」の遺構が無数に残されています。

遺構には「元堂址(もとどうし)」・「元々堂址(もともとどうし)」という2つの本堂跡を中心に200か所を越える平場(ひらば)群や巨石、池、経塚(きょうづか)、中世墓などがあり、遺構の分布する範囲は33ヘクタールに及びます。


『普門寺旧境内ウォーキングコースとは?』

普門寺裏山にある旧境内の中でも元堂址を中心とした平場群(坊院群)を巡り、解説看板を見て頂きながら約3時間程で回る事の出来るウォーキングコースです


普門寺旧境内ウォーキングコース 注意点!

普門寺境内への入寺・入山時間は、文化財保護のため午前8時~午後5時(10月~3月は午後4時30分)までとしています。みなさまのご理解・ご協力、よろしくお願い致します。

詳細はこちらをご覧ください。↓

http://blog.goo.ne.jp/fumonji2010/e/42d0d0e823730287492a08b0616df0a4

普門寺旧境内ウォーキングコース、豊橋自然歩道から外れない様に注意してください。

ウォーキングコースは、豊橋自然歩道を歩きます。山登りの出来る服装や靴で歩いてください。

・普門寺旧境内ウォーキングガイドが豊橋市文化財センターから発行されています。

普門寺旧境内ウォーキングガイドがなくても、現地には案内板・解説看板が設置してあります。

問い合わせ:豊橋市文化財センター 0532-56-6060

普門寺旧境内ウォーキングガイド。↓


普門寺旧境内ウォーキングコース

案内板・解説看板にある数字は、普門寺旧境内ウォーキングガイドに記載されている番号です。

ウォーキングコースの登り口は、現在の普門寺境内に2か所あります。

光明殿(納骨堂)横からの登り口。↓

案内板が設置してあります。↓

普門寺旧境内の解説板。↓

本堂側(弁天堂横)からの登り口。↓

本堂に至る参道には案内板が設置してあります。↓

今回は、本堂側(弁天堂横)からの登りました。

自然歩道を登っていくと『大型の坊院跡』への案内板があります。

大型の坊院跡・解説板。↓

コースの途中には、案内板が設置してあります。↓

元堂址解説板。↓

元堂址の池・解説板。↓

元堂址もう一つの基壇の解説板。↓

元堂址東側から西側を見た様子。↓

元堂址東側にある案内板。↓

坊院群解説板。↓

数ある平場(坊院跡)の中の一例。↓

要所に案内板が設置してあります。↓

薬師岩・解説板。↓

薬師岩周辺。人口の立岩・解説板。↓

薬師岩周辺。経塚・解説板。↓

山の尾根に出る案内板。↓

望寺岩・解説板。↓

船形城址・解説板。↓

今回の写真では、元堂址や平場(坊院跡)の広さ、巨岩の大きさが伝わりにくい部分があります。

是非、現地を訪れて『普門寺旧境内ウォーキングコース』を歩きながら、普門寺に残る歴史・自然を感じてみてください!

 

高野山 真言宗 普門寺

愛知県豊橋市雲谷(うのやちょう)ナベ山下7番地 

 TEL 0532-41-4500

普門寺ホームページ↓

http://www.sunalix.co.jp/fumon/

文化財(寺宝)・永代供養・樹木葬(普門寺桜墓苑)・納骨堂(光明殿)・阿字観・アクセス等の情報は、普門寺ホームページをご覧ください!

普門寺facebookページ。↓

普門寺Twitterページ↓ 

よろしければ、facebookページの『いいね!』とTwitterページの『フォロー』お願いします。

この記事についてブログを書く
« 2014 普門寺 冬のたよ... | トップ | 豊橋市美術博物館 『ハローキ... »
最近の画像もっと見る

普門寺 総合調査(歴史)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事