しんちゃんの幸せアクビ

息子(高一)の高校野球に、娘(高三)のDANCE、日々の出来事などなどを綴る自己満足型な親父(四十五)のブログ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自主独立

2011年12月14日 | 息子の少年野球

土曜日、小学校グランドにて通常練習。

 

小坊主、練習から帰ってくるなりいきなりの号泣。

玄関で、スラパン一丁で、あんなワンワン泣く息子は初めて見たかもしれない。

下手くそな自分が腹立たしく、それなりの危機感を抱かされ、涙が溢れ出たのでした。

良い涙だと思う。

ここは監督コーチに感謝したい。

そんな息子に渇を入れつつ、最後は二人で風呂場へ直行。

湯船に浸かり野球談議~泣き坊主から茹ダコ坊主へ。

まだまだ甘ちゃんですが、小坊主にとってはそれなりの壁にブチ当たってます。

 

そして翌日曜日。

国分寺北部野球スポーツ少年団との練習試合(ダブルヘッダー)が行われる。

嫁は観戦に行くものの、私は仕事~オーマイガッ(爆)

そんなことで、以下は小笠原アドバイザーから提供いただいた画像集をご覧ください↓

▲小坊主よ、昨日たっぷり泣いたのだから、もう涙はいらんで。

やるっきゃない!古っ

▲6番ファースト。

途中、試合状況が気になり嫁にメールするも、そこは野球音痴。

「けっこう打ったで、まぁまぁ飛んだで、上手いこと走ったで・・・・・・」て、カタコトかっ(激)

イマイチ読み取れず。

▲戦況を見守るツインズコンビ(石川監督&南ヘッド)

▲一試合目は8-0と快勝!

二試合目は時間切れ途中終了となったが、2-1で一応の勝利。

▲試合後、キラーカーン&キラーカーンJrの・・・・・・親子愛。 

▲キラーカーン&讃岐うどんの・・・・・・郷土愛。

さぁっ!午後から最強ジャガーズを目指し練習、練習。

▲拡声器片手にファースト捕球を指導中の大西コーチ。

▲捕ったどー(*^^)vよっしゃー!さぁ次来い!

▲ポロ・・・・・・あっ(・・;)やべっ

▲「・・・・・・・・・・・・・・・(・o・)・・・」

▲や、やっぱ基礎練習が大事なのだーっ!

▲打撃指導中の南ヘッドとH君。

▲走り込み。

子供達が頑張っているのです、ジャガーズ親父連合も負けてはいません。

▲腰に爆弾を抱えながらも、Oさんも走る!

▲Hさんも子供に交じって珍走中、いやいや激走中。

▲爽やかSさんも頑張る!

▲ジャガーズの走る重戦車こと、Oさんも暴走中(笑)

そんな日曜日の練習試合&練習風景でした、チャンチャン♪

...............................................................................................................................

 

太田ジャガーズの団旗に刻まれた、「夢、叶うまで挑戦」を胸に・・・・・・GO!ジャガーズGO!

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

コメント (2)

運否天賦

2011年12月13日 | モータースポーツ

モータースポーツは常に死と隣り合わせ。

 

わかっちゃいるが どうしても避けては通れない死亡事故。

それも、一ヶ月の間に二件の死亡事故・・・・・・なんてこった。

 

................................................................................................................................ 

ダン・ウェルドン(享年33歳) 

2004年、インディジャパンでホンダに地元初優勝をもたらし、

日本でも人気の高かったイギリス人ドライバー。

 

10月16日、IRL(インディカーレース)最終戦ラスベガス・12周目。

13台を巻き込む大クラッシュが発生し、

二台のマシンに乗り上げたウェルドンのマシンは宙を舞い、

キャッチフェンスにコクピット側から叩きつけられ大破。

即座に病院へ運ばれたが死亡が確認される。

  

▲インディジャパンでも二勝を挙げ、「ダン・ウェル丼」の愛称で日本でも人気者だったレーサーだった。

今年3月には次男が生まれ、これから彼の熟成した走りが見られる矢先の事故。

礼儀正しく、常にファンを大切にする姿勢、特に子供好きなところは彼の人柄を表していた。

安らかに!

..............................................................................................................................

マルコ・シモンチェリ(享年24歳)

2008年に250ccクラスのチャンピオンを獲得し、

2009年から最高峰のモトGPにステップアップしたイタリア人ライダー。

 

10月23日・第17戦マレーシアGPの二周目。

11コーナーで転倒したシモンチェリはマシンとともに滑走、

すぐ後ろを走っていたコーリン・エドワーズ、バレンティーノ・ロッシが避けきれず激突してしまう。

衝突の衝撃でシモンチェリのヘルメットが取れてしまう。

エドワーズは左肩を脱臼、ロッシはコース外に押し出されたものの転倒を回避、

コースに復帰するも即座に赤旗が提示され、レースは中断。

病院へ搬送され心肺蘇生処置を受けたが、死亡が確認される。

▲長い手足を折りたたみ、荒削りで豪快なライディングスタイルが印象的だった。

▲屈託のない無邪気な性格は、多くの人々を魅了した。

シモンチェリの今回の訃報に際し、彼が大ファンだったというサッカー・セリエAのミランの選手たちは、

23日の試合前に黙祷を捧げ、相手チームと共に喪章をつけて試合に臨み、人気者に揃って弔意を表した。

イタリアの英雄に、哀悼の意を捧げたい。

 

モータースポーツファンの私としては、ちと切ない10月だったな( ..)φ

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ 

コメント

審判講習

2011年12月12日 | 息子の少年野球

香川県軟式野球連盟学童部会・相互審判技術講習会に参加する。

 

野球を習っている子を持つ親として、必ずといっていいほど受講しなければならない必須アイテム。

今回は、計二日間(12/4・2/5)に渡って受講し、

晴れて平成24年度・公式戦での審判として参加できるのである。

12月4日8:30~一回目の講習会当日、各チームのオヤジ達は小山&御殿グランドに集結。

我々、太田ジャガーズのオヤジ達(21人)は御殿Bグランドでの講習となる。

講習内容の説明と簡単な準備運動のあと、各班に別れて早速のジャッジの練習。

講師(審判)の方のお手本のあと皆で一緒に、せーの

▲アウト!

ちなみに手前が私で、奥がダンディO会長。

▲バンザーイ・・・・・・ではなく、ファウルボール。

▲カニさん♪チョキチョキ・・・・・・ちゃうちゃう、カウント表示(爆)

ひと通り練習したあと、、各班一人ずつ順番に歩きながらのジャッジ練習。

これがまた異様な光景で、ちと笑える。

▲順番を待つ太田ジャガーズのオヤジたち。

肌寒く澄んだ空気の中、オヤジ達の野太い声がこだまする小山グランド♪

▲続いては、実際に子供達のプレーを順番にジャッジしてみる。

この日協力してくれたのは、木太南ファイターズ、新番町スリーアローズの面々。

お世話になりましたm(__)m

▲講師(左)の厳しい目が光る中、真剣?にジャッジするジャガーズオヤジ三人衆。

手前から、いつも元気MAXのO熊さん&コワモテだが笑顔が可愛いS本コーチ&

久々の登場も、相変わらずサブイ親父ギャグを放つI瀬さん。

鬼ごっこしてるみたいだ。

こうして、約三時間の講習を終えホッと一息、皆で讃岐うどんだー!

 

さぁ、午後からは子供達と練習♪練習♪ 

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

コメント

修学旅行

2011年12月08日 | 学校でのあれこれ

無事、娘が帰ってくる。

 

奈良・京都・大阪、一泊二日の修学旅行。

本来なら9月21~22日の予定だったが、台風の影響で12月7~8日に延期となる。

まさに待ちに待った、待たされた修学旅行。

やれ車酔いは大丈夫か、やれ寝不足になってないか、やれ風邪なんぞこじらせてないか・・・・・・、

いらぬ心配ばかりする嫁をあざ笑うも、一晩居ないだけでギクシャクする私(馬鹿親)

学校へ迎えに行ったときは、帰りのバス中で爆睡してたらしく寝起き丸出しの顔だったが、

心地良い疲れとともに、たくさんの思い出も持って帰ってくることができた娘。

お土産話をたくさん聞かせてくれる。

実際のお土産も買ってくれたそうで、、、、、、

▲弟へのお土産は、海遊館で購入したジンベエザメのキーホルダー。

少々、乙女チックだが小坊主喜ぶ。

嬉しいことに、私へのお土産もあるそうで・・・・・・、

▲同じく海遊館で購入の耳かき(340円)

もうひとつ360円の耳かきがあったらしく、どちらにしようか迷うも、

結局20円をケチった堅実な娘(笑)ありがとう

その他、あぶらとり紙も候補に上がっていたそうで(爆)ありがとう

 

どちらにせよ、宝物がもうひとつ増えました。マジでありがとでっ(#^.^#)

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ 

 

コメント

屋島源平

2011年12月07日 | 息子の少年野球

太田ジャガーズ、久々の練習試合。

 

雨のパラつく肌寒い中、午前中ダブルヘッダー。

vs屋島源平ウイングス戦。

私も徳島から帰ったその足で駆けつけるも、ちゃっかりポケットにビデオカメラ持参。

眠っサブッ!

▲一試合目は接戦の末、6-5サヨナラ負け(爆)

まぁまぁ、課題と反省が露呈するので悔しい負けも経験です。

二試合目は時間切れで途中終了。まぁまぁ

▲戦況を見つめる石川監督&南ヘッド・・・・・・双子かと思た。

▲小坊主、5番ファースト!

今回の試合では、守備に打撃に課題も多く見つかった(いつも課題だらけ)

唯一は、送りバントを正確に決められたことくらいか。

試合後、皆はうどん屋へ~私は仕事へもどる。

で、会社に到着し一番に行ったこと・・・・・・革靴の泥落とし(笑)

 

今日の練習試合、小坊主自身も納得できないところがあるのか、

帰宅後ビデオで巻き返し繰り返しチェックしてたな。

菓子食った手でべたべたタッチパネル触るのには腹が立つが、

映像を通して、自分自身を客観的に見るのも大切なことだと思う。

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

コメント

卒団後編

2011年12月05日 | 息子の少年野球

あぁ~っ、忙っしゃっ!

昼間、通常業務をこなし夜から徳島県にある工場へ応援に出向くという日々。

長靴姿も様になり、パートのおばちゃん達とも下ネタ合戦で盛り上がる。も万年寝不足。

まぁ、なかなか更新できない言い訳なんかをしてみたりなんかして。

では、遅ればせながらの卒団式後編をどうぞ↓

................................................................................................................................

午後からは、卒団生vs卒団生保護者による、これまたガチンコ親子対決。

試合前、外野ノックをうけるお母さんたちの姿勢が素敵でした。

こういう時のノリは大事だなと思ったりする~ほんでもって皆、上手なことに驚かされたりする(^^♪

 

▲ユニホームを袖を通し気合い十分な、卒団生保護者の面々。

親子の絆を今一度感じられる試合にしてほしい・・・・・・一生の思い出になりますように。

そう願いながら観戦させてもらうが、なにぶん司会進行のことで頭いっぱいいっぱい。

そんな試合内容は、何と何と!卒団生保護者のサヨナラ勝ちで締めくくるという予想外の展開となる。

MVPはYさんであろう。

自らのサヨナラで最後を締めれたし、それなりの笑いも提供してくれたし・・・・・・。

ガチンコでありながらも、終始ほのぼのした親子対決でした。

試合後、場所を体育館に移し、大くじ引き大会&じゃんけん大会で盛り上がる。

景品はどうであれ、いつの時代もこういうのは盛り上がるなぁ~。

▲ご覧の通り、魚市場状態(笑)

この日のために素敵な景品を提供してくれた皆様方に、心から感謝である。

そして、じゃんけん大会での目玉商品であったウン万円相当のお肉をゲットしたのは・・・・・・、

▲出ました!昭和の伝道師Nさん・・・・・・の奥さんでした♪おめでとうございます!

.................................................................................................................................

そしていよいよメインイベントである「平成23年度太田ジャガーズ卒団式」の始まりはじまり。

▲M前会長が仕事で欠席のため、昭和の伝道師・N前副会長が卒団生保護者代表として挨拶。

▲石川監督から卒団生へ記念品授与。

サプライズとして、一人一人これまでの通算打率・安打数・打点・盗塁数などを読み上げていく。

これまでの思い出が走馬灯のように蘇ってきたのだろう・・・・・・監督の涙腺がやば気味。

▲続いて、卒団生から卒団生母へ感謝の賞状が贈られる。写真はH前キャプテンから母へ。

両親の協力があってこそ今日の日を迎えられたのだ、感謝の気持ちをいつまでも忘れないでほしい。。。

▲大西新キャプテンから送別の言葉。

これからは君達が主役、太田ジャガーズの伝統と誇りを胸に、

先輩達が成し遂げられなかった夢を叶えていってほしいものである。

▲大西コーチ挨拶。

あとに、「何が?なんちゃ泣いてないで・・・」と言いながら、目がウルルン紀行。

強がる少林寺師範。

続いて、あばれはっちゃくこと南ヘッドコーチの挨拶だったが諸事情のためT副会長が代読。

文面の中で、普段の厳しい南ヘッドからは想像もできない語りかけるような柔らかい文章、

そのギャップと素晴らしい内容で、なぜか私が涙チョロリ。

▲石川監督の挨拶。

送り出す太田ジャガーズ監督として、選手の親代わりとして、様々な想いがこみ上げてきたのだろう。

もち、キラーカーン涙腺爆発!

最後は在校生・保護者全員でアーチを作り、卒団生をお見送り。

こうして無事、卒団式は終了したのでした。

関係者の皆様、朝早くから本当にお疲れ様でした。

.................................................................................................................................

【総括】

洒落た言葉やウンチクは今更なので、一言だけ伝えたいこと。 

▲太田ジャガーズを巣立つ9名の精鋭たちへ・・・・・・、

君達が太田ジャガーズを巣立ち、中学・高校と、野球を続けて行く過程で、

必ず壁にぶち当たり、「練習きついな、遊びたいな、野球辞めたいな・・・」と思うときがくると思います。

けれど、簡単に諦めないでください。安易に結論を出さないでください。

野球が本当に大好きなら、

自分自身が納得できる最後の最後まで歯を食いしばって、続けてほしいと心から願ってます。

決して後悔することのない野球人生を送ってください。

▲それと、もうひとつ・・・・・・、

親に感謝する気持ちをいつまでも忘れないでください。

毎日、洗濯されたユニホーム、体が大きくなるにつれ新しくなる道具類。

忙しい合間をぬって、練習に試合にと色々な面でサポートしてくれたこと。

全てが、当たり前だと思わないでください。

自分一人が、野球やってるなんて思わないでください。

中学に行っても、野球ができることに心から感謝してください。

感謝の気持ちが生まれると、両親を大事にし、仲間を大事にし、道具を大事にします。

全てを大事にすることによって、野球の神様がここ一番で微笑んでくれるのです。

君たちの素晴らしい未来に幸あれ!!!!!!!!!

▲卒団式も無事終わり、何事も無かったかのように静寂に包まれるグランド。

今まで何人がこのグランドで一喜一憂し、巣立っていったのだろう。

また、どんなドラマが新たにこのグランドに刻まれることだろう。

我が子が卒団するときにゃ、鼻の穴からケツの穴まで、穴という穴から涙が溢れ出るんやろなぁ~

そんなセンチ&下品なことを思いながら、グランドをあとにしたのでした。

 

皆様!ぷちぷちっと応援頼みます(^^ゞ ⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

コメント (2)