水墨画・墨彩画家 岡田潤のあッこりゃまた日記 

日本の四季を水墨画・墨彩画で描いています。スケッチも!
絵を描く事で、物語が生まれる! 日々、楽しいことばかり!

墨彩画で描く「金魚」の色紙 一日水墨画教室のお知らせ

2019-07-19 | 潤墨会 水墨画教室  

 

最新 教室案内 一日体験教室に再編集しています。

「墨彩画で描く 金魚の色紙」 

夏恒例の「金魚の色紙」涼しげな金魚の絵を描いてお部屋に飾ってみませんか?

    2時間の教室内で、仕上げまでします。手ぶらでどうぞ!

色紙をもって帰れますよ!申し込みは小津和紙文化教室(日本橋)まで! 

日本橋 小津和紙

 

2019年 7月25日(木)15:00~17:00 

      8月 8日(木)15:00~17:00 ※夏野菜の色紙(水墨画)でも可

      8月 9日(金)12:30~14:30 ※夏野菜の色紙(水墨画)でも可

第二金 8月9日㈮は開講予定のクラス。定員6名。この日は夏野菜を水墨画で描くでもOkです。小津和紙に問い合わせください。

第四木  7月25日㈭ 8月8日㈭は、小津和紙で毎月開講している水墨画教室内で行いますので受け入れ人数は3名です

  

↑ 一匹の金魚を大らかに、気持ちよく描く。金魚の尾が水流にそって流れるように描く。

  

↑ はがき絵 落款の位置も自由に。   

 

 


墨彩画で描く「鬼灯」の色紙 ハガキ

2019-07-18 | 草花 墨彩画・スケッチ 


七月は鬼灯を描く 東京では七月、八月と、お盆のお供え用の枝つきの鬼灯がスーパーや花屋でゲットできます。

 
 
↑ 色紙 いろいろな角度の実を配置するだけでも、楽しいです。墨を添えることで色が鮮やかに!

 
 
筆に絵の具を二種類(筆の裏表)取り、和紙の上で筆を回して色を混ぜて描きます。 
紅梅と朱色 橙色と山吹色 黄色と黄緑 など、鬼灯の実の色の変化を楽しめます。
 
 
↑ はがき絵 枝 葉も描く  

 
↑ ハガキ絵 原寸ではみ出して描いても楽しい。


↑ 鬼灯の実を広げて 種を見せる この構図も絵になります。

是非、本物を目の前に、描いて見ること、おすすめです~。  


最新刊 幽霊ランナー

2017年9月 金の星社より刊行