水墨画・墨彩画家 岡田潤のあッこりゃまた日記 

日本の四季を水墨画・墨彩画で描いています。スケッチも!
絵を描く事で、物語が生まれる! 日々、楽しいことばかり!

おっちょこチョイ姫 表紙です!ウントコどっこい相撲大会の巻

2008-08-13 | チョイ姫


「うお~~~~~!!」ウントコどっこい関が持ち上げているものは何か?
今回の表紙は、力強い!!


もちろん!主人公はおっちょこチョイ姫!

2008-08-08 | チョイ姫

今回も、また大活躍!そうなんです、今回のチョイ姫は今までとちょっと違う~~~。

それは、なんと、チョイ姫が危ない~~「え?このままでは、死んじゃう~~、やだ~~~」というくらいの絶対絶命 あ、タイトルは「ウントコどっこい!

相撲大会の巻」ということは、そうです~~お相撲の話です!

聞いたことある方、いっぱいいると思います。そうです。相撲といえば両国国技館~!!そうそう、あッこりゃまた一座(HPちぇっく!)

で、毎年紙芝居公演をしていたのですが、その紙芝居が「ウントコどっこい相撲大会の巻」だったんです~~紙芝居が先にできてたお話、紙芝居は幼稚園の子でも楽しめるお相撲のシーンがメインになっています。その、登場人物の心の動き、相撲大会までの経緯が細かく描かれたのが、今回の本です。泣けるかも、恐いし、

でも、本当に自分でいうのもなんですが、面白いです。ははは、

小出しにするな~、しますよ~小出しに!!

今、ちょうど、校正がでるまでの待ち時間なので、その間に、予告を小出しに小出しにしつあおう!!本になるのが楽しみで楽しみでなりません。私が一番楽しみにしているかも!!

 


チョイ姫 最終画稿 終わった~~~!!

2008-08-08 | チョイ姫

この絵が最終でした。昨日6日に、やっと~~~~~~~!!終わった~!本当に刊行されます。お待たせお待たせしました!! 8月刊行予定が、9月刊行になりました。が、でも、本当に刊行されます。

ラストまで残ってしまった絵、これはP9

いつものようにチョイ姫はお城の屋根の上から~~~~

そう、始まりのカットです。

舞台はここ、小和神社。神社の境内に相撲の土俵ができています。

そして、ようく見ると、子どもたちが相撲遊びをしている。その様子を鳥居のかげからみている人がいる。

「あ、あれは…」

あ~~~後は、またブログにて、予告しますね。

 


最新刊 幽霊ランナー

2017年9月 金の星社より刊行