goo

【イベント】年末年始は日帰り温泉で癒されたい!

冬休みお出かけ情報の第一日目の今日は
日帰り温泉の情報をお届けします。

 

忙しくて、旅行の予約を
する時間がなかった方も
日帰り温泉なら、

気軽にトライできそうですよね

 

インターネットで調べて、
時間と情報ページへのリンクを載せた
簡単なものですが、
よろしければご参照ください

 


道北エリア
層雲峡温泉
 湯元 銀泉閣 14:00~20:00
  http://breezbay-group.com/ginsenkaku/contents/bath/bath_top.htm
 層雲峡黒岳の湯 10:00~21:00
  http://www.aurens.or.jp/~canyon/
  (こちらのページから下にある「層雲峡コミュニティセンター」
   →「日帰り温泉 黒岳の湯」をクリックするとページが表示されます)

 

豊富温泉
 ふれあいセンター 8:30~21:00
  http://www.toyotomi-kanko.net/fureai.htm
 川島旅館 8:00~22:00
  http://kawasimaryokan.com/photo.html

 

天塩川温泉 
 住民保養センター天塩川温泉 10:00~21:00(受付20:30まで)
  http://www.teshiogawa-onsen.com/higaeri/

 

ポンピラ温泉
 ポンピラアクアリズイング 10:00~21:30
  http://www.town.nakagawa.hokkaido.jp/sightseeing/guidemap02.html

 

 

道央エリア
定山渓温泉 
 定山渓温泉 湯の花 http://www.yunohana.org/
  ・手宮殿・朝里殿 9:00~24:00(受付23:30まで)
  ・定山渓殿 10:00~22:00(受付21:30まで)
  ・江別殿 9:00~25:00(受付24:30まで)
 定山渓ビューホテル(水の王国 ラグーン) 10:00~15:00(受付14:00まで)
  http://www.jozankeiview.com/spa/index.html

 

洞爺湖温泉
 湖畔の宿 かわなみ 土曜・祝前日は受付16:00まで
  http://www.kawanami.jp/dayuseplan.html
 洞爺湖万世閣 ホテルレイクサイドテラス 
  7:00~21:00(受付20:00まで、10:00~13:00は清掃休憩)
  http://www.toyamanseikaku.jp/hotspring/hotspring03.html

 

壮瞥温泉
 洞爺サンパレス 10:00~15:00
  http://www.toyasunpalace.co.jp/spa/index.html#dayuse

 

登別温泉
 第一滝本館 11:00~21:00(受付18:00まで)
  http://www.takimotokan.co.jp/plan/gentei/higaeriotoku/index.html
 登別プリンスホテル石水亭 11:00~19:00(受付18:00まで)
  http://www.sekisuitei.com/spa

 

北湯沢温泉
 湯元 名水亭 10:00~21:00(受付20:00まで) 
  http://www.meisuitei.com/spa
 第二名水亭 10:00~21:00(受付20:00まで) 
  http://www.dai2-meisuitei.com/spa#spa06

 

支笏湖温泉
 しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌 11:30?15:00(受付14:15まで)
 http://www.mizunouta.com/

 

朝里川温泉
 かんぽの宿小樽 10:30~20:00
  http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/otaru/higaeri.php

 

ニセコ温泉郷
 五色の里ニセコ山の家 10:00~21:00
  http://yamano-ie.info/spa/
 蘭越町交流促進センター幽泉閣 10:00~21:30
  http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/yuusenkaku/onsen/
 くっちゃん温泉 ホテルようてい 10:00~22:00
  http://hotel-youtei.jp/spa/
 雪秩父 9:30~20:00
  http://www.kokumin-shukusha.or.jp/annai/ken/hokkaidou/101005.html
 ニセコ五色温泉旅館 8:00~20:00※冬期間は電話にてご確認ください
  http://goshiki-onsen.com/spa/index.html

 


道南エリア
大沼温泉
 グリーンピア大沼 6:00~21:00
  (受付20:00まで、19:00~11:00は清掃休憩)
  http://www.gp-onuma.com/shisetsu/index4.html


道東エリア
十勝川温泉
 かんぽの宿十勝川 5:30~24:00(9:00~11:00は清掃休憩)
  http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/tokachigawa/ofuro.php
 観月苑 13:00~20:00
  http://www.kangetsuen.com/spa/


阿寒湖畔温泉
 丹頂の里温泉 赤いベレー 10:00~22:00(受付21:00まで) 
  http://www.akan.jp/2-akai-bere.html

 

ご注意ください
※時間などはインターネットで情報を得たものです。
 変更になっている場合がありますので、
 お出かけ前にご確認されることをおすすめします。
 特に年末年始は、受付時間の変更などを行っている
 場合が多いので、ご留意ください。
※掲載施設はインターネットで情報を得られるもの
 に限定して載せました。

 

以上、癒しを求めて
ふらりと日帰り温泉という方に
お役立ていただけると幸いです

 

本日の更新はみづあさぎでした

 にほんブログ村に参加中*

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】昼夜逆転?のGW☆

たんぽぽのGWは主に夜型…
朝日を見るまでススキノにいました


今回のGWでは
親孝行をしに帰省してくる友達が多かったように感じます
もうそんな年齢かぁ

今回オススメだったお店は
札幌駅のステラプレイス食事処ににある
「いち にぃ さん」というお店
詳しくはこちら→

鹿児島の黒豚でしゃぶしゃぶができるお店です
ものすごーくおいしいからオススメ

一人前のしゃぶしゃぶで2700ほどかかるので
それなりの覚悟をしていった方が良いかもしれません

でも、価格の分はあるほど
しゃぶしゃぶがおいしいです

九州料理なので
焼酎の種類もあってなかなか満足できるかと思います


雰囲気も落ち着いていて
もしかしたら
デートにオススメかも


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】トリックアート体験☆

今回の連休は道央を旅行してきました
最終日、札幌に帰る途中で
富良野市にあるトリックアート美術館に
寄りました

館内には、目の錯覚を利用して
立体に見えたり
動いて見えたりする作品が
たくさん展示されています。




ポケットから紙を抜いているように見えますが、
手以外は平面に描かれた絵です


観るだけではなく、
触って、写真を撮って
遊ぶこともできるので、
子供から大人まで
いろいろな年齢の方が楽しんでいました




フォークを持ってるように見えるかな?
コレも手以外は全部平面。


トリックアート美術館のオープンは平成6年。
子供の頃、札幌でも展示会が開かれたことがあり、
母親に連れられて観に行った記憶があります
当時も不思議な絵を触って
写真に撮って楽しんでいましたが、
大人になった今も
当時と同じように楽しめました

というか、今の方が
写真を撮るのを楽しんだ気がします



こんなにはしゃいじゃって…





大人も子供も楽しめてオススメです
その時はカメラをお忘れなく!



深川峠アートパーク(観覧車が目印です。)
公式HP http://tokachidake.com/art/index.html

(株)アタラビル
〒071-0508
北海道空知郡上富良野西8線北33号深山峠
TEL:0167-45-6667
FAX:0167-45-6669

<入館料>
●大 人 1,300円
●中高生 1,000円
●こども 700円(小学4年生以下無料)

<開館時間>
4月 1日~ 4月28日 9:00~17:00
4月 29日~ 5月31日 9:00~18:00
6月 1日~ 8月31日 9:00~19:00 
9月 1日~ 9月30日 9:00~18:00 
10月 1日~ 11月30日 9:00~17:00 


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【イベント】ノースサファリサッポロ

ふぢなみは連休中に
ノースサファリサッポロに行ってきました

他の動物園と違うところは
餌をあげたり触れ合える動物が
とても多いところ。
自他共に認める動物好きとして
これは無視できません!

まずはネットで下調べ~…
って…ん???
思ったより規模が小さいのかしら…?
まぁ…それは行ってからのお楽しみ

札幌から定山渓方面へで40分程度。
看板が出ていたので
迷うことなく到着しました。

外から眺めた様子は予想通りといった感じ。
大きな施設だと思って来ていたら
ちょっとガッカリしたかもね…

車で近寄ると、駐車場へ案内されました。
HPには記載されていませんが
駐車料金が500円かかります。

受付のすぐ目の前から
大きなワンちゃんがお出迎え。
「僕をクリア出来ないと、
この施設では楽しめないよ
と試されているのかと思うほど
大きなワンちゃん。
大人の男の人より大きいかも。

ワンちゃんと軽い挨拶を済ませ受付から進むと
2008年新企画のねずみ館に突入
ハムスターやネズミが
ガラスのケースに入って並んでお出迎え
ハムスター可愛い

次は何やら元気いっぱいの2匹。
去年の主役のいのしし君
柵に近寄ってきてキャベツをおねだり。
キャベツを食べる姿が愛らしい。
飼育員さんが近くにいるショーの最中は
触ることも出来るそうです。

そのお隣は…シマウマですね。
ここでようやく
ブログ用の写真を撮っていないことに
気がつくふぢなみ
ちょっと興奮し過ぎていました
ほらほら
シマウマをこんなに近くで見たのは初めてです。



胸の高さくらいの木の柵を挟んで
間近で見られます。

ミニホース、トナカイ、ロバの柵



みんなで仲良くお食事中~
「触っていいですよ~」と
飼育員さんは言いますが
お食事を邪魔しちゃ悪いので、
可愛いな~とそばから眺めていました。

みんな仲良くお食事をしているのに
離れて何をしているの?ロバ君。



黄昏れています

その次はお目当てのペンギン君。
触った感じはフニフニしてて
毛は思ったより固くなかったな~。



このコは暖かいところに住んでいる種類のペンギンで
本当は寒さが苦手だとか
外を歩かせると熱帯館の前まで
一人で歩いていってしまいます。
この中が暖かいコトを知っているんだね
お利口さんです。

このコとは違う種類の
ペンギン君のショーもやっていました。



お客さんの輪の中心で
みんなから餌をもらって歩き回っています。

ペンギン:『魚くれ~』

ちょっと寒くなってきたので熱帯館へ。
今回一番楽しめたトコロでした
小屋の中へ入るとジャングルチックな装飾。
「このコたちが隠れています。
全部見つけられるかな?」と張り紙が。
全部で8~10種類くらいだったかな?
残念ながら、猿、亀、蛇、鳥、イグアナの
5種類しか見つけられませんでした。
コウモリ触りたかったな~。
あらら…亀さん達寒いのね~



ストーブの周りから
動く気配ゼロでした。

オウム君…動くとピントが合わないよ…



すぐ近くにイグアナ君を発見
早速記念に一枚…(腕を伸ばすふぢなみ)



…って、オウム君何してるの~



勝手に腕に乗らないでー

イグアナはザラっとした感触で
触っても大人しくて可愛いコでした


園内でちょっと休憩…
大きな休憩所もあるのですが
動物LOVEなあなたにはココ!



この小さな建物の中には小動物がいて
お茶を飲んでいる間も
ラブリーな姿で癒してくれます



ふぢなみが入ったのは
プレイリードッグ君のお部屋。
足を伸ばして座っているふぢなみを見て
しばらく考え中…
と思ったらいきなりジャンプ。
足を駆け上りコートの中へもぐっていきました。
くすぐったいからやめて~

他にも、アザラシやエミュー、ミニ豚、小動物など
触れ合える動物がいるのですが
ふぢなみの興奮と技術の為、
写真は少なめです
あとは行ってからのお楽しみということで。

動物以外の企画では
引き馬や、冬はスノーモービルやバナナボート
などにも乗れるそうですよ!

あとは名物のゲテモノ料理

勇気のある方は食べた感想を聞かせて下さい。

スタッフの方々がアットホームな感じで
とても楽しめました
機会があればまた行きたいな

冬は足がとても冷たくなります
ふぢなみはブーツを履いて行ったのですが
足の指が麻痺するくらい冷たかった
スキーやボードの時のような
重装備をした方がいいですよ。

以上、報告終わりっ!長かった!!

ノースサファリサッポロ
入場/大人1,000円 子供400円
   ※駐車料金500円
電話/011-596-5300
住所/北海道札幌市南区豊滝469-1
  (札幌中心部から車で30分、定山渓より10分)

おまけ、照明のせいなのですが…
怖い…。
『怒りに燃えるさる




人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加中☆

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

お土産、沢山戴きました!

はやりっちのみなさん、おかえりなさ~い!
みなさん本当に楽しんできたことが
ブログで感じとれました(笑)良かったですね。
今回の旅行は、お留守番のさぼ・てんの為に
皆さんがお土産を買ってきてくれました~
ジャ~ンこんなにいっぱい



私の為にありがとうございます~
スゴくうれしいです!
それでは、みなさんから戴いたお土産を
ご紹介したいと思います。

まず、旅行に行けなかった人に
会社からのお土産「むらさき芋パイ」
姿はそのままパイなのですが、
中に紫いもを使用したアンが入っていまして、
中が綺麗な紫でした。
味は、甘さ控えめの食べやすいパイです。
日にちも持ちますので、お土産にしやすいですね。

お次は、はやりっちメンバーからのお土産
「モアイサブレ」と「モアイ金運お守り」です。
立体的な顔のモアイサブレの箱は、
なんと貯金箱になるそうですが、
箱が紙なものでお金があまり貯まらないうちに
多分サボ誘惑に負けて使っちゃうよ~
中のサブレは、
何だかサブレの焼き加減が均等ではないようで、
茶色やら狐色やら焦げ段階があって
面白かったです。
お味は、これも甘さ控えめのサブレでした。
可愛い顔した「モアイ金運お守り」は、
今度は一緒に旅行に行けるように
金運にしてくれたのかな?
恋愛運のお守りでもいいのよ~

「紫いもチョコレート」と「目玉のおやじストラップ」は
すみれさんのお土産です。
チョコレートは、やはり紫いもを原料にしているので
色が薄い紫色!味は、おいものほっこりとした味がする!
サツマイモの味は好きなのでこれは美味しいと思いました。
目玉のおやじストラップは、
芋焼酎の瓶にしがみついててとってもキュートです。
この間、東京に旅行に行った時に
友人に目玉のおやじがついたボールペンを
お土産にあげたんですけど
自分も目玉のおやじグッズ買えば良かったなぁと
思っていたので、スゴく嬉しかったです!



「薩摩きんつば」は、上司からいただきました。
わざわざ私の為にありがとうございます。
中は、サツマイモのあんでこれも甘さ控えめで
食べやすくおいしかったです。
きんつばって、甘すぎて苦手!という人でも
きっと食べられますよ。
緑茶と一緒にどうぞ~♪

「福はぷくぷく」は、たんぽぽさんからです。
これも紫いもを原料にしているので
表面の柔らかいお餅が綺麗な紫色です。
中は、生クリームと紫いものあんが入っています。
お味は、食べてビックリ!おおっおいしーーいよー!
冷やして食べないと中の生クリームが解けて
味が引き立たないので、
冷やして食べることをオススメします。
はぁ~、これはまた食べたくなる美味しさです。

この「福はぷくぷく」が売っているお店は、
美味芋本舗(うまいもほんぽ)
と、いうお店でネットでお取り寄せも出来るようです。
注文してみようかなぁ



みづあさぎさんからは、素敵な扇子をいただきました。
さぼのイメージカラーのグリーン色で、
大好きなクローバーのイラストが
竹の部分に描いてあって可愛いんです
丁度、扇子欲しかったんですよ~。
これからは、温暖化のせいで
北海道の夏もどんどん暑くなりそうなので…。
バーゲンで売ってる物は、
易い物は大きくてあまり上品な感じじゃなくて、
素敵な扇子はそれなりに高かくて手が出ませんでした。
私の無念な想いがみづあさぎさんに伝わったのかしら?
スゴく嬉しかったです!
大切に使わせていただきます。

みなさん、どれも素敵なお土産でした。
本当にありがとうございました!
さぼ・てんは、幸せ者です。
心からお礼申し上げます~



人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

社員旅行3日目~最終日~

旅行3日目。
最終日は午前中は宮崎観光、
昼食を取った後、帰路に着きます

さすがに3日目の朝ともなると
初日は元気いっぱいだったSUDA一行も
テンションがとても低く
バスの中ではほとんどの人がオヤスミ中でした
みんな前日の夜、楽しんだのかな?

そんな静かな一行を乗せたバスは
1つ目の観光ポイントの
宮崎県庁へ到着。

熱帯植物に囲まれた建物は
とても同じ日本とは思えない外観…



さぼてんももっさりしちゃってます。



正面入り口には東国原英夫知事の
等身大パネルがありました。



みんなが取り囲む中、
パネルと記念撮影している人もいました
まるで結婚記者会見のよう…

観光時間は10~15分ととても短く
外観を楽しんだ程度で次に出発。
お疲れのみんなには
ちょうど良い時間だったかもしれません。

県庁からバスで30分ほどで
次の観光ポイントの青島に到着。
『鬼の洗濯岩(板)』と呼ばれる
段状の岩に囲まれた小さな島です。






橋を渡り青島神社まで行きました



なんだか竜宮城みたい。

橋から境内まで、
下が砂のように見えましたが
小さな貝殻でした。



ふぢなみはサンダルを履いていたので
足と靴の隙間に貝殻が入ってきて
ちょっと痛かったデス。

青島神社は、縁結び、安産、航海、
交通安全の神様ということなので
しっかり縁結びをお願いしてきました
1月には冷たい海に入る「裸祭り」
と呼ばれるお祭りも行われるそうです。
さすが暖かい地域。
北海道では1月に海に入ったら凍えちゃうょ~

ちょっとびっくりしたのがコレ。
伊勢エビ。
北海道ではこんな姿お目にかかれません。



生きてるうちに会いたかった…。
「私たち出会うのが少し遅かったみたい

そして青島からバスで1時間強
みんな気持ちよく熟睡中に
霧の蔵ブルワリーに到着。
地ビールの醸造施設とレストランが一体となっています。
施設内を見学した後に昼食。
建物に入ると独特の匂い。
二日酔い気味の人には少し辛かったかもね~

昼食には地ビールが飲めて
お土産に『黒霧島』をいただきました♪



残念ながらふぢなみ
アルコールが苦手なので、
地ビールの味の違いもいまいちわらかず。
感想をご報告できません

お土産の売店ではお酒はもちろん、
黒霧島のクッキーやゼリーなど
アルコールが苦手な人にも
喜んでもらえるような
お土産が売っていました。

午後は鹿児島空港から
羽田空港経由で千歳空港へ。
羽田、千歳と飛行機から降りるたびに
気温が下がっていくのがわかり、
千歳に着いたときには
「そうそう、この気温。帰ってきたんだな~。」と
涼しさにちょっとした懐かしさを感じました。

空港でも飛行機の中でも
お疲れのみんなはとても静か。
遊び疲れた子供のよう…
大きな問題も起きずに
みんな無事に帰ることができました

<<後日談>>
SUDA一行は次の日から通常業務。
しかし旅行の疲れからか
体調を崩す人が続出しました。
みなさんも旅行から帰ってきた後の
体調管理にも気をつけて下さいね。


人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ぽぴぃはホテルについて☆

1日目『指宿海上ホテル



錦江湾を一望できるけど、
全体的に、年期の入ったホテルでした
所々、改装しているのか
部分的に綺麗なところもあるのですが、
古いままのところもあるのです。
でも、掃除などは行き届いているようで、
綺麗にされていました

夕食は品数は多かったけど…
それなりのお味でした





大浴場は…ふつうかな…
それなりに新しく~
それなりに広く~
それなりに良い水質でした。
そして、錦江湾が一望できます
ちょっと嬉しかったことは、
シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが
『馬油』シリーズでした。
なので、翌日髪の調子よかったな~

2日目『シェラトン グランデ オーシャンリゾート





写真で見ると薄~い建物に見えるのですが、
実際は三角柱なんです

入口にもロビーにも
ホテルマンがいっぱいいて、
優しく丁寧に詳しく案内してくれました

お部屋はオーシャンスーペリア ツインでした。
綺麗で豪華で申し分ない感じでした。

浴室もちょっとオシャレー。
何泊もしていたかったです




番外編

2日目の夜は宮崎駅周辺の居酒屋
まごころダイニング やまぢ』へ行きました。

とりあえずー、ビールで乾杯!!

みやざき地頭鶏のもも焼き
みやざき地頭鶏のお刺身三点盛り
まごころサラダ



の3品を注文。

初めて食べるみやざきき地鶏~
もも焼きは、炭焼き具合がイイカンジ。
塩味がきいているので、
ビールもすすむ~。
薬味のゆず胡椒も
辛いんだけど、やめられない美味しさ。

みやざき地頭鶏のお刺身は
ささ身、むね身、砂ズリ 三点盛りだったのですが、
スゴク新鮮なの
ささ身、むね身は白身の刺身みたいだし、
砂ズリはシャキシャキしたマグロのようでした。

他にもいろいろ食べました。
肉料理が多かったかな~。
全部おいしかったですよ。
店内もこみこみだったし。
予約して行ってよかったです



人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

宮崎~旅の醍醐味♪3コースの巻。

3コース目は、思いっきりリゾートで遊ぶリラックスコース♪

たんぽぽは同期5人でレンタカーを借りて、
宮崎の自然を満喫しようと計画

最近、全国的にも有名な()「水曜どーでしょう」をやりたい
と思っていましたが・・・
残念なことに、レンタカーは禁止ということを旅行前日に聞きました

なので、一気にノープラン。

当日は
朝8時30分に、指宿観光ホテルを出発し、
12時30分に宿泊するシェラトンホテルに到着。
鹿児島~宮崎間をあっという間に突っ切るコースです

前日、宴会ではたくさんのお酒を飲み、
夜中は同部屋の先輩達と遅くまで話していたので、眠気はMAX
バスの中では、トイレ休憩以外ず~っと眠っていました

宿泊するホテルは、あの有名なシーガイアの中にありました

どうやら、バスに乗っている若手社員は、
シーガイアで1日を過ごす人が多いようで

すみれさんも、
プールではしゃいだそうです

すみれさん、感想は


出発時の睡眠不足&深夜までの飲み会がたたり、
2日目はかなりぐったりしていたすみれ。
南国だしリゾートしたーい!
と思ったので、同期の子とホテル内で遊ぶことに☆

お部屋のキレイさ&リゾートっぽい雰囲気に
テンションは上がり放題。
せっかくなのでプールに行くことにしましたよ。
何しろホテルのお部屋からすぐ!
カワイイ水着もタオルもレンタルできて、
手ぶらでぽーんと行けちゃいます。

プールは海っぽい人口の大きいプールと、
そこにつながっている子供向けプール、
流れるプール、スライダーが3種類ぐらい。
まずは大きいプールで泳いで…ってけっこう深い!
白い小石も敷き詰めてあるし、
潮も満ち引きするし、本物の海みたいです。
そしてスライダー。
上体を立て気味に座るとゆっくり、
寝かせると速く滑れるのですが、
私たちは「速いのに決まってるよね!」で決定。
しかし…速っ!
最後の方は視界ゼロになるほどの水しぶき。
メイクもストレスも、すべて洗い流されましたよー。

プールの後は温泉でのんびり。
オシャレなバーでカクテルもいただきました。
血行がよくなりすぎて、すごい酔っちゃったけど。
お風呂道具持ったまま街に出ちゃったけど。
気にしない気にしない!
とまあ、こんな感じで楽しかったです。

だそうです楽しめたようでなによりです

えーたんぽぽはと言いますと、
「宮崎に来たなら宮崎らしいところに行きたい!!」
ということで、
同期2人と個人タクシーで観光案内してもらいました

その料金・・・
¥24000
交渉しだいでは¥2万ほどで連れて行ってもらえるそうですよ

私たちを連れて行ってくれたおぢさんは、
なまりも強くてとても気前のいいおぢさん
宮崎の神話についてとても熟知していて、本当に楽しめました

たんぽぽの旅の醍醐味は、
その土地の人といかに触れ合えるか・・・ということだと思っているので、
おぢさんと宮崎や九州全般、北海道について話せたのは、
とても良い経験になったと思います

私たちの観光したところは・・・

青島
縁結びの神様がいるとか
もちろん、たんぽぽ
縁結びのお守りも買いました

ちなみに、ここ・・・3日目に行くコースに入ってました
無計画はとても危険だということを思い知らされましたね

ただ良かったことに、干潮のときに行けたので、
3日目に行ったときよりも、
はっきりと「鬼の洗濯板」を見ることができました




  

お昼ごはん
朝からほとんどなにも食べていなかったので、
14時にもなると、もぅお腹はペコペコ

おぢさんに「宮崎で有名なものをお昼に食べたい」と言ったところ、
南風という山奥のうどん屋さんに連れて行ってもらいました

宮崎といえば、地鶏・冷汁というイメージがあるのですが、
うどんも「おいしい」と有名とのこと。

たんぽぽはお店オススメの
チキン南蛮とうどんが食べられるセットを注文
北海道にはあまりない暑さで、夏バテ気味の人も多かったのですが、
たんぽぽは食欲が止まらなかったです



おいしくいただき、次の目的地へ



道の駅フェニックス(堀切峠)
ここでは、南国ならではの変わったフルーツがたくさんありました
しかしながら、金欠&チキンな私たちは、それらには手を出さずに、
先ほど訪れた青島を背景に、写真を撮りました





サンメッセ日南
次に向かったのが、モアイ像で有名なサンメッセ日南

「なんでモアイ像作ることになったんですかー?」と聞いたところ、
ここを作った人が、「ここにモアイ像があればステキだなぁ~」と
思ったからだとか

なんだ、その安易な理由と思いましたが、
世界で唯一、イースター島の長老会が認めたものであり、
大きさも形も全く同じなんだそう。
なんだかすごい

ここのモアイ像にはジンクスがあり、
左から3番目のモアイ像に触ると恋愛運があがるというもの
もちろん、たんぽぽも触りました!
触るどころか、抱きついてきましたよ






鵜戸神宮
行き先の鵜戸神宮の由来(宮崎神話)を聞きながら、鵜戸神宮へ。
バスなどの大型車だと、300段もの階段を
往復しなければならないということを聞き、
一同ほっと一安心。タクシーでよかったぁ~

鵜戸神宮に近づけば、それも納得。
一方通行か!
と思うほど、道が細い!!
民家がすぐそば・・・

でも、宮崎の人たちは対向車に先を譲りあいながら、
進んでいました。この光景も印象的でした

ちなみに、お正月は1キロ以上先から渋滞が発生するということでした


鵜戸神宮は安産の神として知られています。

神話によると、
神武天皇の父にあたる鵜葦草葦不合命(うがやふきあへずのみこと)を
産んだのが、豊玉姫。
その夫にあたる人は山幸彦というそうです。

豊玉姫が鵜葦草葦不合命(うがやふきあへずのみこと)を産む際に、
「絶対に中は見ないでくださいね」と言い、
お産の場所となる洞窟に入ったといいます。

しかも、お産が急だったため、洞窟で作っていた産屋は
まだ屋根もついていない途中の段階だったそう。

しかしながら、「見ないで」と言われれば、見たくなるものらしく、
夫の山幸彦はつい見てしまったそうです。

・・・よく聞く話ですね

覗いてしまった山幸彦の目に、
ワニ(他にサメや龍ともいわれている)の姿になった豊玉姫が・・・

豊玉姫は、その姿を見られた恥ずかしさで、
子どもを置いて去ってしまったということです。

子どもはお乳がないと子どもは育ちません。
なので、豊玉姫は子どもを想う気持ちから、
洞窟にお乳の出る岩を残したということです。
               

感動です


このお乳岩は、鵜戸神宮にあります。
「女性が触ると良い乳に。
    男性が触ると良い父になる。」

と、言っていた運転手さんが印象的でした。


飫肥
最後に向かったのが飫肥。
この頃には、みんなだいぶ疲労気味。

「ここにはどうしても行きたい!!」と言っていた同期でさえも、
「もう行かなくてもいいかな~」なんてボヤくほどに

しかし、運転手さんは甘くない!
「若い者がなに言っとる~」と、半ば強制的に飫肥へ。笑

行った感想は、ありきたりですが、
「行ってよかった~
ちょうど、夕暮れ時で、竹林に夕日があたっていたのが、
宮崎観光最後の締めくくりとしてぴったりでした

なんだか、童心にかえってしまい、
すぐそばにあった小学校のグラウンドで、
意味なく鉄棒なんかもやってしまいましたが…


ここまで読んで、あれ?と思った方。
そうです。つばきさん達と同じ観光地を回っているんです
しかも、タクシー代をかけてっ
まぁ、それでもとても良い思い出ができたのでよかったです


1度ホテルに帰り、汗びっしょりになった洋服を着替え、
宮崎市街へ

「宮崎はラーメンもうまい!!」ということを聞いたので、
運転手さんオススメの「フウライケン」へ。

有名だから、その辺にいる人に聞けばわかるというので、
早速聞き込み開始

主に若い女性に声をかけたのですが
(↑まるでナンパしかも、九州なまりが可愛かったぁ

みなさん口をそろえて、「この辺にはない」とのこと…

仕方がないので
「おいしいラーメン屋さんはどこですか」という質問に変えました。

たどり着いたのが、このお店



聞き込みを開始したお店からすぐそばだったので、
若干「本当においしいのか~?」と疑っていましたが、
本当においしい
ラーメンで有名な札幌負けちゃうよ!と、本気で心配になりました。

とんこつベースで、でもくさみがない。
こってりしているけど、あと味はあっさり。
完食です



ちなみに、たんぽぽが注文したのは、
地鶏ラーメン

すっかり、地鶏食べるのを忘れていたので、
このチョイスになりました

お腹もいっぱいになったところで、
すみれさん達2人と合流

さすがすみれさん

「ここ地元の人しか行かないだろうなー」という、
ちょっと小さめの居酒屋でした



実際、お客さんの会話はみなさん九州弁で、
ちょっとだけ仲良くなった隣の席のおぢさんも
「よかよか~」と言っていて、とても心が和みました

ここの居酒屋は、
出てくる料理もとてもおいしかったとのこと。
お腹がいっぱいで食べられなかったのが残念です

ビールも焼酎も飲み、満足したところでお店を後にし、
ホテルで3時まで飲みましたぁ

3日目はどうなることやら…


人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

話題の宮崎を巡るコース ~2コースの巻~

社員旅行2日目
ぽぴぃさん、ふぢなみさん、つばきの3人は
2コースの旅でした

ロビー7時50分集合!
3コースの中で一番早い出発でした。
遅刻は絶対許されません
6時起床、
さくさくと準備をし、朝食をたっぷり食べ、出発!!
元気よくバスへ乗り込みました
おやっ、なんだか昨日よりさらに暑い気が…。

指宿海上ホテルさんお世話になりました~

バスは維新ふるさと館へむけて出発

維新ふるさと館
鹿児島弁コーナー、観光情報コーナー、西郷さんの服試着など、
手軽に鹿児島のことがわかりました。また、人形たちの中に
CGで作られた人が登場し色々説明してくれました。
初めてみた光景で、3人ともついつい、くいついてしまいました




西郷銅像前で記念撮影

飫肥
数百年の伝統の味おび天。
新鮮な小魚のすり身に、豆腐・黒砂糖・味噌を合わせ、
こんがりと菜種油で揚げられていました。
ほんとにほんとに美味しくてびっくり
お昼ごはんとっても美味しくいただきました。
きっと空港とかであるかもと期待し、
このあとも観光があったので買うことを我慢。
しかし…二度と“おび天”に
お目にかかることはありませんでした…

鵜戸神宮
縁結び・安産の神社。縁結びにくいつく3人組
5個100円で運玉を買い、
崖下に亀の形をした大きな岩の中央のくぼみめがけて
女性は右手、男性は左手で投げ入れる。
くぼみにはいったり、背中にあたると願いが叶うという
えいっ!えいっ!!えーいっ!!!


3人とも叶うかなぁ~願い事。
その日のうちに、なんだか良いことが3人に起こりはじめ…
鵜戸神宮の効果

サンメッセ日南
サンメッセ日南に降りたとたん、
“日本じゃないみたーい”大興奮!
植物も、気候も、景色もさすが南です
北の北海道とは全く違います。
モアイ像とご対面。



すごかったモアイはすごかった
お土産もモアイ。かわいくて笑えます。
さぼ・てんさんのお土産買おっか

道の駅フェニックス

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
154m45階層のプリズム型ホテル。
素敵なホテルでした。
感動のあまり、
ホテルの廊下をぽぴぃさんとつばきは全力疾走!
となりで微笑むふじなみさん。
ほんとはふじなみさんも走りたかったハズ!!
お部屋の大きな窓からは
太平洋とゴルフコースの絶景が一望。
出歩くことが多く、
ホテルの部屋で過ごした時間は多くありませんが、
それでも快適なお部屋でした。
写真等、夜の様子はぽぴぃさんが紹介します

2日目2コースを選択した
ぽぴぃさん・ふぢなみさん・つばき組の1日は終わりです。
みづあさぎさん・たんぽぽさん・すみれさんは
どう過ごしたのかなーと、
みんなのことを思い浮かべながら…
明日で最終日か…
みんな楽しもうね…

おやすみなさい


人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

知覧と桜島を巡る旅 ~1コースの巻~

二日目は、オプショナル・ツアーで、
全部で3つのコースに別れて、観光をしました。

1コース…知覧と桜島を巡る旅  みづあさぎレポート
2コース…話題の宮崎を巡るコースつばきさんレポート
3コース…2日目 宮崎旅の醍醐味 たんぽぽさんレポート
でお送りします!

今日は1コース目のご案内です。
本当に、あまり九州を知らないまま
旅行に臨んだみづあさぎ
オプショナルも特に興味があるものがなくて、
一緒に行動するお友達と相談して
何となく1コースにしました。
なので、予習好きの私にしては珍しく、
全く下調べもしないまま、ツアーに参加したのでした。
見所は大きく分けて4つかな。
●知覧特攻平和会館
●武家屋敷 知覧の庭園
●仙厳園
●桜島
純和風のコースだね…。
そいえば友達は時代劇が割と好き。
それなりに楽しんだのではないかしら。


知覧特攻平和会館


朝一番に、このチョイス。泣き決定ですよ。
着いてすぐ、各自で自由に見てまわりました。
時間は1時間ほど。
でも、正直全然足りなかったな~。
ワタシとお友達は人の流れに逆らって、
戦闘機などを後回しにして、隊員の皆さんの
写真と手紙が展示してあるブースへと直行。

写真に映るそのあまりの若さにしばし絶句…。
それもそのはず、
皆さん高校生や大学生くらいの年齢です。
子犬や近所の子供たちとのスナップの
屈託のない笑顔をみていると
かわいらしいな~と思ってしまうような
若い若い人たちばかりです。

その遺影の下に、遺書や寄せ書きなどが
たくさんたくさん展示してあります。
頑張って頑張って、
涙を抑えながら読みましたが、
…ダメです。ちゃんと読めません…。
どうしても、涙が出て来ちゃいます。
それでも、何とか数点ずつ読みながら進みました。
「一撃必中」など雄々しくも痛々しいものや
家族にあてて、感謝や気遣いを書き残したものなど
もうどれを読んでも、
泣けて泣けて仕方がなかったです。

その中でもみづあさぎが個人的に、忘れられないお手紙は
義理のお母様に宛てて書かれたものでした。
「最後までお母さんと呼べなくて、
 寂しい思いをさせてごめんなさい」
という内容で、そこで初めて「お母さん」と呼べたのですね。
…もうね、お母さんの気持ちになりました。
これを読んだお母さんの嬉しさと悲しさが
入り混じった気持ちを考えると、もうダメでした。
本当にもう二度とこんな痛ましいことを
起こしてはいけない。
こんなに悲しいことを
繰り返してはいけないと思いました。
月並みな感想ですが、それが全てですね。

その後、外に出て、隊員たちが
最後の夜を過ごしたという
「三角兵舎」を見に行きました。
敵に見つからないように松林のなか、
半分地下に埋められた兵舎。
穴蔵のような小屋の中で、
一体どんな気持ちで、翌日や翌々日の出撃を思いながら
過ごしたのだろうと考えると、
また涙が出てきました。

そしてこの会館を維持する知覧の人々が
心を込めてお手入れしている様子が
端々に見えて、頭が下がる思いでした。
大事に大事に次代の人々に受け継いで、
記憶を風化させることなく残そうと
そんな気持ちが込められているように思えました。


武家屋敷 知覧の庭園

その名の通り、お武家様のお屋敷の
お庭を拝見させていただきました。
ほとんどが枯山水の様式で、
遠くのお山を借景したものなど
なかなか興味深いものも多かったのですが、
…暑い。直射日光が…来る。…暑い。
すみません、あまりの暑さに
良く内容を覚えていません…。
暑さに弱い方は、日傘必須でございます。
一つだけ、門のところが
低く狭く作られているのは
敵が来たときに、一気に入れないように
刀が引っかからないように
するためなんですよ~と聞いて
なるほど!と思った次第です。
きっと時代劇好きにはたまらないのでしょうね。

後ね、鯉。
近くを流れる側溝に、
立派な鯉が泳いでいてびっくり。
側溝自体も石畳で、非常に美しかったですね。
あれは打ち水代わりにというか、
涼を取るために設けられているのかしら?

そして、かき氷。
お武家さまのお世話をする方が、
住んでいらっしゃったのでしょうか?
近くにかやぶき屋根の民家が
一軒だけあるのですが、
そこで氷が売っていて、思わず購入。
冷た~い、甘~い、美味し~い!
と、生き返る思いでしたよ。


仙厳園

南国らしく行く途中でスコールが…。
見ている途中でもスコールが…。
この辺りで、ワタシの体力は結構限界。
お昼も食べられず、
午前中にして、お家に帰りたくなりました…。

立派な木や、そびえ立つ岩肌に刻まれた文字など
見るべき所はいっぱいあるのに、
もったいないことしちゃったな…。
お土産屋さんが充実していたので、
とにかく、お土産を買いたい!
という方には、嬉しいかも。


桜島

バスのまま、フェリーに乗り込み、
そのまま桜島に渡りました。

行く途中のフェリーが気持ちよかったな~。
もっと乗っていたかったくらいでした。

桜島本島に渡った後は
車窓からの観光だったことと
引き続き体力限界値を更新中だったので
やはり、あまり良く覚えていませんが
溶岩を通すための枯れ川(?)がある!
植物たちが自然に甦り、繁り始めている!
というのが印象に残りました。
たぶん降りて桜島を見上げたりすれば、
もう少し記憶に残ったのかな…?
雲がかかってしまっていましたが。
ちょっと残念でしたね。

この後は、ひたすらバスで寝まくっていた
みづあさぎでした…。

総括としては、朝いちの特攻会館に
もう少し時間を割きたかったですね。
いろいろ見逃してしまった気がします。
お手紙をもっとじっくり時間をかけて
読みたかったので。

そうそう、会館の近くに
なんと100円でソフトクリームを
売っているお店がありました!
食い道楽の方はお見逃しなく。

「日傘差し、ありし日の本しのぶべし」
とにかく、日傘!日傘です

人気ブログランキングサーチプロモーションに参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ