goo

【暮らし】いらなくなった本の行先

気がつくとお家にまんがの本が
あふれがちなみづあさぎ

いくつかは諦めて
燃えるごみの日に捨てたのですが
やはりまんがといえど、本を捨てるのは
何となく罪悪感があります


そこで何かいい方法がないかしら
と思い検索してみると
こちらを見つけました


古本募金 ハッピープロジェクト
ハピボン
http://hapibon.com/


古本やDVDを回収して
その売上げを寄付に回すというプロジェクトのようです。
絵本やニーズのある本は
そのまま本としてまた誰かのお役に立つんだとか
また、まったく値がつかないものは
古紙リサイクルに回してくれるという徹底ぶりです


うん
これなら納得して送り出せます

 

また、大手の古本屋さんでも
集荷型の引き取りを扱っており
やはり寄付という方法を選べるのですが

5点から送料無料で集荷してくれる
札幌を拠点に北海道で活動している

あたりが、道民のワタシには
より安心してお任せできそうです


注意すべき点は
募金・取扱いできるものが決まっていますので
こちらのページの
「募金できるもの・できないもの」
をよく読んで、
http://hapibon.com/book
マナーを守って利用しましょう


ワタシも、早速本を整理して
寄付ができるように頑張りたいと思います


本日の更新はみづあさぎでした

 にほんブログ村に参加中*

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】シャトルシェフ☆

真空保温調理器シャトルシェフKBF-3000アプリコット

 

前々から気になっていたのですが、

なかなか高価なので、手が出せなかったのですが、

近所で在庫処分セールをやっていて

破格値で売っていたので購入してみました

色はアプリコットにしたのですが、

キッチンが全体的に白っぽいので、

差し色になっていい感じなりました

サイズは2.8L鍋で、大きすぎず、小さすぎずです

手軽に洗いやすいサイズだから渡しにはちょうどよかったです

しっかりした鍋なので、これ以上大きかったら、

重くて洗いづらかったかもって思います

 

料理をつくるとき、全部の料理を同時には作れないから

順番につくっていると、

どうしてもはじめにつくっておいたものが

冷めてしまったりして再加熱してから食卓へ・・・

っということが多かったけど、

これは再加熱しなくても温かさを保っていてくれるから、

煮込み料理はもちろん、お味噌汁をつくって保温しておいたりと、

ほぼ毎日活用してます

もっと早く購入すればよかったと思う一品です

 

今日の担当はぽぴぃでした。

 にほんブログ村に参加中*

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】今年のプチ家庭菜園(その後)☆

今年は家庭菜園で小ネギと水菜に挑戦していました

昨年のようすはコチラ→【暮らし】プチ家庭菜園してみました☆

今年のようすはコチラ→【暮らし】今年もプチ家庭菜園はじめました☆

根から10cmぐらい残した部分を水につけておき、

ある程度、根が伸びてきたら、土に植えてみました

 

植え替えた直後は、水をうまく吸収できなかったみたいで、

枯れたりはしていないけど、しんなりしていました

1週間ぐらいたったら、やっと元気になってきて、

植え替えてから3週間でここまで育ちました

水菜サラダ1人分ぐらいはできたと思います

 

まだまだ、日照りが続くと思うので、

もう一回ぐらい食べれるぐらい育つといいな。

最近、肥料も加えてみたし、期待大

 

今日の担当はぽぴぃでした。 

 にほんブログ村に参加中*

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】今年もプチ家庭菜園はじめました☆

昨年、やってみたらおもしろかったので、

今年もプチ家庭菜園はじめました

昨年のようすはコチラ【暮らし】プチ家庭菜園してみました☆

 

今年は、水菜に挑戦

水菜も根から10cmぐらいを残して、

水につけるだけ

 

現在は3週間ぐらいたったところ

葉っぱは結構はえてきたけど、

根っこがあんまりのびてこないので、

土に植えるのはまだ難しそう

そして、もっと伸びないと、

サラダで食べるぐらいまでの量にはほど遠いかな

 

今年は、早い時期からはじめたので、

まだまだ日光が強くなるだろうから、

ワサワサはえてくるんじゃないかと、

今から楽しみににしています

去年は、土に植えるのもできなかったので、

今年は、土に植えてもっともっと大きくするぞ

 

今日の担当はぽぴぃでした。

来週は、レビューです。お楽しみに。

 にほんブログ村に参加中*

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】プチ家庭菜園してみました☆

最近はの日が多くて、

日光がたくさん降り注ぐので、

植物を育てたいと思い、

小ねぎの再生栽培をやってみました

 

やり方は簡単

小ねぎの根がはえている部分から

7cmぐらいを切り落とし、水につけるだけです。

そして、日の当たるところにおいておいたらこのとおり

 

この写真は、1週間たったところです。

毎日、目に見えて成長しているのがわかるので、

育てがいもあって楽しいです。

水栽培だけだと大きく伸びないかもしれないので、

今週末に、土に植え替えてみようと思っています

家の中で育てているので、

虫もつかないので、食べるときも安心ですよね

 

いろいろ調べたら、

長ネギや三つ葉、小松菜、水菜など、

根がついて販売している野菜は、

同じように再生栽培できるみたいなので、

日光がたくさん降り注ぐこの季節に、

他の野菜もためしてみようと思います。

うまくいったら、また紹介させてもらいます

 

今日の担当はぽぴぃでした。

来週は【レビュー】です。お楽しみに

 にほんブログ村に参加中* 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】本当に暑い日は☆

体幹温度を下げるために
水シャワーを浴びます

手首や首筋、太ももの付け根、脇の下、かかと付近などの
大きな血管が流れているところを冷やすと、
体温が下がって涼しくなっていきます
体のべたつきも取れるので、
さらに、すっきりさわやかに感じると思います

シャワーを気軽に浴びられないときには、
水でぬらしたタオルを冷凍庫で凍らせて、
手首や首筋、太ももの付け根、脇の下、かかと付近などに
あてておくだけでも大分涼しくなります



これは、保冷剤を入れて首筋を冷やすものです
洗濯もできるので、重宝しています


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】部屋干しにもベンリなタワーファン

エコに涼しくなるために今注目されているのは
やっぱり扇風機ですよね

今ぜひほしいな~っと思っている
タワーファンがあるのでご紹介します

アピックスの2WAYタワーファン



なにがWAYかというと…

じゃじゃん♪

横置きができるんです!

私がここ4~5年まで使っていたのは
小さなタワーファンなんですが
低い位置で左右に首振りができるだけなので
ソファに座ってしまうと足もとだけ涼しかったり
洗濯ものの乾燥に使うにも使いたいけど
上下角度が調整できずに
ちょっと不便を感じていました

夏の部屋干しはニオイが残ることがあるので
除湿器もほしいと思っていたところでしたが
狭い部屋なのに家電がいっぱいになるのもイヤなので断念
でもこれだと下から上へ風が送れるから
サワヤカに乾いてくれそう

高さもけっこうあるので
普通のタワーファンとして縦置きしても
無駄なく風を感じられそうです

気になる電気代は1時間0.6円
省エネ・省スペース・プラス部屋干しにも!な私には
今一番気になる商品です

2010年の商品のようですが
今年も売っているようです
ネットでチェックしてたけど
実物を見てから買いたいタチなので
今週末はセールついでに探してみる予定です


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】パソコンの電気代節約術

家の中ではいろいろ扱う家電が増えてきて、
電気代もバカになりませんねパソコンもその一つ
今ではインターネットの普及で、パソコンは
何かと便利私たちの生活に浸透してきました
今では家族全員使いますというお宅も増えて
使用する時間が長くなってきていることでしょう
少しでも電気代を節約したいと思っている方
これからパソコンを購入される方は、
以下の事を参考してはどうでしょう

デスクトップ型よりノートパソコン
 デスクトップ型は、ハードディスクと
 モニターを起動させますので、その分電力
 を使います。人によって作業量や省エネモードの
 使用等でまちまちだとは思いますが、
 デスクトップ型はノート型の消費電力は
 およそ3倍!なのだそうです。
 ノート型は、内蔵バッテリの使用を想定して、
 もともと消費電力が少ないというのもある
 ようですよ。

休止状態(スリープ)を上手に使う
 パソコンは起動時に電力を使うそうです。
 そのパソコンによりますが、起動するときに
 消費する電力は、2~3時間使用したときと
 同じなのだとか
 電源をOFFにして1時間以内にONにする
 のなら、損をしてしまいます
 それにハードディスクにも僅かながらも
 支障をきたすかもしれません
 2時間くらいを目安に電源OFFか休止状態に
 するかを決めると良いでしょう
 ちなみにスクリーンセーバーは電力を
 おさえる効果はありませんので、あしからず

モニターのサイズで消費電力が違う
 モニターは、サイズで消費電力が変わります
 サイズが大きくなればなるほど、消費電力も
 比例していきますので、自分の作業に
 必要なサイズを検討して購入すると
 良いと思います
 そして、パソコンは起動に電気を大きく消費しますが、
 モニターは ON/OFFを繰り返しても、消費電力は
 変わりませんので、しばらく席を離れるのであれば、
 電源OFFにしましょう

プラグを小分けにする
 パソコンにいろいろと周辺機器をつなげている
 方もいらっしゃると思います。
 この周辺機器は、つないであるだけで電力が
 かかってしまうものも
 スキャナーやプリンターなど普段使わないものならば、
 パソコン本体とソケットをわけておき、
 パソコンを使うたびに全部の電源が入らないように
 するとよいと思います

これらは、消費電力を焦点にあてたものです。
自分の作業スタイルに合わせて、パソコン選びをして
上手に節約してくださいね


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】炊飯ジャーの節約方法♪

ゴハンがおいしい季節となりました

お米の他にケーキやカレーが作れたりする
炊飯ジャーですが
なるべく電気代をかけずに使いたいものです切実…

どんなときに電力が消費されるのか…
というと

炊くとき
これはジャーが1番活動しているときなので
当たり前ですね
たんぽぽのオウチは設定アンペアが低いせいか
さっきまでは平気だったのに
炊飯器がゴーーーっと最高に活動したときに
ブレイカーが落ちることもあります

なので節約方法としては
お米は一気に炊く
これに限ります
少量のお米で炊くよりも
多いお米で炊いたほうがおいしいとも言いますからね~

一人暮らしだし、そんなにゴハンいらない…
という方は
一気に炊いて、小分けにして、冷凍保存がオススメですよ

というのも…
保温はお米を炊くくらいの消費電力を使っている
からなんです
短い時間の保温ならそうでもないですが
6時間以上保温状態を続けるとしたら
それは、ゴハンを炊く消費電力と同じくらいになってしまうのです

確かに、ずっとあたたかいままなので
かなりの電気は使っているかと思います

長い間、保温にしていると
せっかくのお米の風味もなくなるし
黄色くなったり、固くなったりして
あんまりおいしくなくなってしまうし
いいとこなしです

お米は一気に炊いて
冷凍保存。
必要なときにレンジでチン♪
が1番おいしく、電気代も少なく済むのではないでしょうか

おまけ
ゴハンを短い時間で炊きたくて
ジャーの水蒸気がでてくるところを
ふきんなどで抑えていた時期があります

でも、なにも変わらないです
早くにゴハンを炊かせたくても
なにもせずにいた方が良いようです


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【暮らし】加湿器を選ぶときは☆

初雪も降り すっかり寒くなってきましたね
みなさん風邪はひいていませんか?
うがい・手洗いとともに
適正な湿度も大切です

私は去年雪が降る前に加湿器を購入しました
種類がたくさんあって、オシャレなものも多いですよね
そして電気代のかかり方が
種類によってだいぶ違うんです

そこで、今日は加湿器の種類についてです

まずは
スチーム式加湿器
水を湧かして蒸気を出すタイプ
加湿能力が高いのですが
お湯を湧かし続けるようなことらしいので
電気代は高いです。
一度沸騰するので衛生的ではありますが
節約にはちょっと向かないようです。

超音波式加湿器
水を細かな粒々にしてそのまま吹き出すタイプ
消費電力は小さく節約にはなります
でもちょっと衛生面が心配
ばい菌を含んでいてもそのまま霧にしてしまうので。

気化式加湿器
風を送って水を蒸発させるタイプ
加湿のパワーがちょっと弱いようです。
電気代はそれほど高くなくなく
蒸発なので基本的には衛生的です

ハイブリッド式加湿器
スチーム式と気化式を合わせたタイプ
ヒーターがついている分
気化式よりは電気代がかかりそうですが、
スチーム式に比べると
断然節約効果があるようです。

私はハイブリッド式を買いました
電気代も気になるし
衛生面もそこそこ気になるので…
どのタイプでも
メリット・デメリットはあるのですが
電気代節約のためには
スチーム式以外を選びましょう

あとは、湿度計を見て、
こまめにONOFFすると
節約効果UP
なかなかできませんが…

湿度センサーで自動ON/OFFしてくれるものも
出ているようです

「この冬購入」と考えている方は
参考にしてみてくださいね



にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ