KO-TAN の気ままに津軽

日々、気ままに生きる津軽人の日記

今年3枚目~!

2019-08-15 16:01:36 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…オイラ、お盆休みも今日まで…

する事も無いので、家でゴロゴロしてたら、奥ちゃまも暇を持て余して…

「お父さん!釣りに行こう~!」だと…

(◎-◎;) へっ!? 釣りに行くん?

何故に驚くかと言えば、昔は一緒に釣りに出たのだが、最近は昔に複雑骨折した腕が、潮風に当たると夜中に病んで、湿布だらけになるから…

近年は、釣りに付いて来ても、車中から見るだけだったからぁ…

( ̄^ ̄)腕、大丈夫なん?

「日中暑いから、大丈夫!冷やすとダメなんだからぁ…」

( ̄。 ̄;) あ、そうなん…

で、何釣るん?

聞けば、鰺ヶ沢漁港でイワシ釣れてるから、イワシ釣り~!

( ̄。 ̄;) イワシですかぁ?

まっ、漁港の足元で釣れるしぃ、トイレも近いからと言う事で、午前8時に出て、イワシ釣りに…

漁港に到着すると、既に数組の家族連れが釣りをしていて、サビキ仕掛けには魚の姿が見える。

なので、空いてる場所に仲間入り。

今回は、長い竿だと持て余すので、メバリング用の短い竿を持って来た。

それに6号のサビキ仕掛けを付け、下にコマセカゴを取り付けた。

オイラは、竿の準備を終わり、コマセの準備をしていると、奥ちゃまは待てずに足元に仕掛けを投入して上下にさびいてる…

(◎-◎;) んっ!? 一気に3匹釣ってるしぃ…

「コマセ無くても、釣れたん?」

そう言うオイラに、「そう~釣れたの!」だと…

( ̄^ ̄)・・・

「イワシの活性が高い?」

声にならない言葉が、頭の中を過る…

コマセの方は、まだぁ~8割方凍っているが、その内融けるべぇ~!

って事で、スプーンで削ったコマセをコマセカゴに入れて、第一投!?

ゆっくりと底に沈めて行くと、クンクンという手応え…

( ̄∇ ̄) 来た~!イワシ3匹!

で、足元に竿を置いて、針外しをすると、イワシの背中に模様がある?

(◎-◎;) へっ!? これ、鯖だしぃ…

奥ちゃまは、既に10匹以上クーラーボックスに入れている。

見れば、全て小鯖…

(◎-◎;) 「お、奥ちゃま~!これ、鯖だしぃ…」

イワシじゃなく、小鯖が群れてるん!

周りを見ても、釣れてるのはイワシじゃなく、小鯖…

「奥ちゃま、イワシ居ないよ~!この鯖、どうする?」

( ̄^ ̄)・・・

「小さいけど、数を釣って、ババちゃまに頼んで、圧力鍋で甘辛煮にするべえぇ…」だと…

( ̄。 ̄;) あっ、そう~!

なので、ちょっち頑張って小鯖を釣るが…

なんかぁ~一気にやる気が失せて、景色を見たり、周りの釣り人の様子を見たり…

(◎-◎;) おおぉ~! お隣さんのサビキ仕掛けに、ワカシが掛かってる!

( ̄。 ̄;) 漁港内にも、ワカシが入ってるんだぁ…

その後、ワカシのナブラが何回か…

なので、小鯖釣りに飽きたオイラは、奥ちゃまが釣り上げた小鯵を生き餌に、遠投してみた。

まさか釣れるとは思っていなかったが、竿先に付けた鈴が「チャリン、チャリン!」

( ̄。 ̄;) フグだべかぁ?

そんな思いとは裏腹に、「ヒラメ40秒…」

動く竿先に、「まだまだ、まだまだ…」

40秒程数えて、一気に竿を立てアワセを入れ、リールのハンドルをクルクル…

糸ふけがあったのか、一瞬何の抵抗も無かったのが、一気にズウウ~ンっとした重さ…

(◎-◎;) へっ!? 乗った?

正体は、何?

ハンドルをクルクル、クルクル…

( ̄∇ ̄) 見えた!ヒラメ!

今年、3枚目です!





( ´艸`) 居るんだねぇ…

これは帰宅後に、いつもの通りに…








( ´艸`) お刺身に造りました!

小鯖は?

ババちゃまが、圧力鍋で甘露煮にしたみたいです…

( ̄^ ̄)鯖わぁ…オイラ、興味無いからぁ…

(≧∇≦)b ヒラメが好き!

















コメント

小鯖がうるさい

2019-08-12 00:28:23 | Weblog
( ̄。 ̄;) あっ…一週間のご無沙汰です。
連日の暑さに、水分補給をこまめに飲んで、熱中症対策につとめて…
気が付けば、暦の上ではいよいよ秋に…
でも…日中は、まだまだジリジリとした日差しの中、中々釣りに出たいとは思わなかった。
( ̄^ ̄)・・・
でも、昨日から遂に、遂にお盆休みに突入~!
(≧∇≦)b
お墓参りには、当然行くけど、何する?
( ´艸`) そりゃ~、やっぱりと釣りでしょ?
と、言う事で…
暑さをしのげる、夜間に鯵を釣り、それを生き餌とした泳がせ釣りに出掛けた。
ただ、ちょっち寝坊(夕食後居間で仮眠してた)して、目が覚めたのが午後11時。
(◎-◎;) ありゃ~、寝過ぎた?
急ぎ釣り支度をして、バタバタとしたけど、釣り場には何とか午前零時には到着。
今回は、前回同様に釣り友達のMさんも参加すると言う…
打ち合わせでは、気合いが入って、「何時に行けばいい?」って聞かれたので、午前1時には釣り場に居るから来てと応えていた。
多分、またぁ~遅刻して来るとは思うけど…
( ̄^ ̄)・・・
そんなMさんとは対照的に、オイラと言えば釣りに出るなら他人より「沢山釣らないと!」と、アドレナリン120% 意気込みだけは負けない!
予報では、曇りの空、山瀬(東)の風4メートル、波高0.5メートル。
( ̄∇ ̄) 良い感じ…
なのだが、最近鯵が不調で中々と「泳がせ釣り」をする為の生き餌の確保が難しい…
( ̄。 ̄;)  ヒラメ食べたい…
とにかく、ヒラメを釣る為には、先ずは鯵を釣らないと…
(≧∇≦)b
最悪、ヒラメが釣れなくても、鯵のお刺身やらナメロウなんかで食べれるしぃ…
なので、釣れる時には二倍速の速さで動くをモットーとし、数を釣る!
(。・・。)
コマセを作り、三脚に泳がせ釣りの仕掛けの付いた竿を準備し、その傍らにはタモ網も置いて、サビキ仕掛けの付けた竿の準備を急ぎ、海へと第一投~!
空は、予報通りのドンヨリと曇った空、月も星も見えず、思ってた以上の風が強いが、背中からの風で波は無い…
さざ波状態の海面に、ポツン!っと電気浮きが浮かぶ…
意外に風が強く、気温も低めなのか、結構涼しい感じだが、オイラの出で立ちは薄手の雨合羽!?
(。・・。) んっ!? 雨合羽はちょっち古い言い回しなので、ウインドブレーカーとでも言うべきか?
(。・・。)
なんにしても、ブヨ対策の面からも、上下共に完全武装!?
更に、釣り場に到着後直ぐに虫除けスプレーも全身に…
( ̄。 ̄;) 根が、石橋を叩いて渡る性格なもので…
話が脇道に逸れたので、鯵釣りに帰り、鯵釣りの様子はと言えば…
先ずは一匹目、ポン!って沈んだ電気浮きに反応し、仕掛けを回収すると、待望の鯵では無く、小鯖。
(◎-◎;) あらぁ…なんかぁ~嫌な予感が…
案の定、それを機に小鯖の猛攻。
鯵は、たまに釣れるが、小鯖20匹に対して鯵は1匹!?
何とも効率的に、釣果が伸びない…
鯵のサイズは、まぁまぁデカいのだが、小鯖が何とも煩い。
それでも、辛抱強く釣り続け、酸素(ブクブク)を送ったバッカンには、約15匹程の生き鯵を確保した。
ところで…Mさんは、中々来ない。
「目覚まし止めて、熟睡?」
まっ、いつもの事だが…
Mさんが登場したのは、午前2時半。
「あと1時間もすれば、明るくなるしぃ…」
頭の中に言葉が浮かぶが、それは声には出さず、仲良く鯵釣り。
だが、やっぱりと小鯖の猛攻に合い、中々鯵は釣れない…
そして、徐々に明るさを増して、午前4時半。
あんなに煩かった小鯖も鯵も、嘘の様にピタッ!と釣れなくなった…
「ヒラメの時間だ!」
頭の中に、言葉が浮かぶ…
なので、今まで釣り溜めた生き鯵を餌に、泳がせ釣り。
サビキ仕掛けの付いた竿にも、ヒラメ仕掛けに交換して、竿2本で泳がせ釣り。
竿先には鈴を付けて、魚が引いたら音で判る様にして、シーバスロッドにマウス&弓角を付けて遠投トローリング…
だが、ワカシの数が少ないのか、たまにチョイス(追っかけて)して来るが、中々と食いつきが悪い…
「やっぱりと、山瀬の風だから?」
「ワカシ、沖に居るんだべかぁ?」
Mさんが、ワカシを一匹ゲットした。
( ̄∇ ̄) おおぉ~居るじゃん!
と、オイラも真似っこするが、触りも当たりも無し。
なので、本来の泳がせ釣りの竿の後で、ラインの緩みをゆっくりとリールのハンドルを回し、ラインをピンと張り直す。
で、気が付いた。
2本の泳がせ釣り用の竿、左側の竿先が変!?
ラインを張り直すと、直ぐに緩む!?
「あれぇ!?」
25号の重りを使ってるのに、直ぐに流される?
( ̄。 ̄;)
ラインが張って、曲がってた竿先が真っ直ぐになる?
なので、リールのハンドルを回し、ラインを張り詰めるが、ハンドルが三回まわる!?
このリール、一回転で約80センチ巻き取れる筈。
そんなに波で緩む!?
「おかしい…魚が横に咥えて行く!?」
「試しに、上げてみるかぁ?」
竿を掴み、軽く巻き取ると少し重さを感じる?
なので、本能的に大きくアワセを入れた!
それと同時に、リールのハンドルをクルクル…
「ずうう~ん」とした重い感触…
「乗った!」
思わず声が出た!
近くにMさんが駆け寄り、タモ入れ…
「やったー!」
\(^o^)/ 今年二枚目!
帰宅後、計測すると約43センチ。
まぁまぁかも…
( ̄∇ ̄)
その後、Mさん共々なんの釣果も無く、帰宅した訳なのだが、ハプニングが1個。
1枚のヒラメを釣り上げ、満足なオイラはまったり気分…
それに対して、Mさんはマウス&弓角でワカシ釣りに熱中…
「ガッシャン!」
( ̄^ ̄)なんだ?
Mさんの隣に置いてた三脚が倒れ、泳がせ釣り用の竿が飛んで行く!?
「ボチャン!」
(;゚д゚) なんだ、なんだ?
海面に浮かんだ竿が、沖に向かって静かに動いて行く…
「やばい!」
オイラは、タモ網を伸ばして回収しようとするが、中々要領を得ない…
「そっかぁ~!リールのハンドルに網を掛ければ…」
一瞬に判断して、タモ網ををリールのハンドルに引っ掛ける…
上手く網は、ハンドルに掛かり、岸壁に引き寄せる!
それをMさんが回収したが、残念ながら魚は逃げて、正体不明。
Mさんは、ヒラメだと言っているが…
オイラは、アカエイか青物?だと思っている。
( ̄^ ̄)・・・
そんなハプニングの後は、なんの釣果も無く、釣り終了~!
帰宅後、早速と調理に掛かる。
ヒラメの5枚おろし。
ウロコを取り、頭を切り離して、さくに切り分け、皮を剥き、お刺身に造る。
我が家用のお刺身
( ´艸`) いいわぁ~!
そんな調理をしているオイラの周りを、ババちゃまがウロウロと…
と、言う事でババちゃまにもお裾分け。
餌に使って残った鯵と、たまたま釣れたキスの三種盛り!?
( ̄^ ̄)どうでしょ…
なんにしても、ヒラメが釣れて満足な一日でした!
(≧∇≦)b
コメント

ヒラメは、釣れず…

2019-08-05 01:05:13 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…零時を回ったので、昨日の事。

休日と言う事で、やっぱりと釣りに出た。

(≧∇≦)b

今回は、釣り友達のMさんも参加すると言う。

( ̄^ ̄)・・・

最近は、仕事の方が多忙で、釣りから遠ざかっていたが、帰省してる娘に「お刺身を食わせたい!」って言う事らしい…

オイラは、同じく帰省してる息子に、鯵のから揚げと、出来ればヒラメのお刺身を食わせたいと思っていた。

Mさんは、鯵を釣り、更に泳がせ釣りをして、夜が明けたらサヨリを釣り、更にマウスと弓角を使いワカシ釣り…

(。・・。)

まぁ~何とも欲張りな釣行だ事…

でも、好きだよ~そんなとこ。

( ´艸`)

と、言う事で…

先輩のオイラが先行して、「場所取り&釣りをしてるので、後から来て!」って事になっていた。

なので、気合いを入れて先行し、釣り場を確保。

(≧∇≦)b

割と時間にルーズなMさんの為に、来たら直ぐに釣れるように、サビキ仕掛けの付いた竿を1本用意して置いた。

( ̄^ ̄)

つまり、オイラの分と竿2本で鯵釣りをしながらMさん待ち。

どうせ、朝マズメまで早過ぎて、鯵もそんなには釣れないと思うので…

2本の竿を出しても、充分面倒は見れるべえぇ…

( ̄^ ̄)・・・

と、言う事で…

オイラは、二個の電気浮きを見つめながら、のんびりと鯵を釣る。

風は山瀬(東)で風速3メートル、波高は0.3メートル。

割と穏やかな釣り日和である。

水の濁りは無く、海底が見える程…

こんな時は、明るくなるとフグが煩いので、暗い内が勝負。

どうせ、夜が明けると日差しがキツく暑いので、早々に撤退する予定ではあるが…

空の雲の切れ間から、星々の瞬きが見える。

予報では、暗い内は曇りなのだが、何故か星が見え綺麗だ…

ところで…釣りの方はどうかと言えば、あまり芳しくは無い。

釣れない訳では無いが、時間的に間(ま)が空く。

入れ食い状態とかは無い。

午前1時半を過ぎて、Mさんが登場!

まぁ~時間通りとは言わないが、今回は気合いが入ってる?

その頃には、オイラは既に泳がせ釣り用としての生き餌、鯵を20匹程確保済み。

(≧∇≦)b

でも、自宅で鯵のから揚げを作るには数が少な過ぎる。

頑張って鯵を釣らないと…

だが、ぽつりぽつりとしか鯵は釣れない。

Mさんと二人で、サビキ仕掛けを投入しているのに、コマセに集まらないと言う事は、鯵の数が少ないのか?

なんにしても、朝マズメまで頑張って、オイラはやっとから揚げ用に20匹程を確保。

Mさんは、5匹程!?

( ̄。 ̄;)

ヘッドライトが不要になった時間帯になって、釣り溜めた生き鯵を餌に泳がせ釣りをする。

結果から言うと、鯵は囓(かじ)られもせず、ヒラメは居ない。

少し離れた顔見知りの釣り人は、同じ泳がせ釣りをしてデカいマゴチを釣り上げた。

(◎-◎;) おおぉ~デカい! 60センチオーバー?

まぁ~、運も実力、良かったねえぇ~!

(≧∇≦)b

内心は、「くっそ~!何でオイラに来なかったん!」

・・・

さて…ヘッドランプが不要な明るさになって、Mさんがやってみたいと言うサヨリ釣りをする。

サビキ仕掛けを外し、遠投サヨリ釣り仕掛けに交換して、海面には浮き玉が並ぶ…

浮き玉がポン!って沈むが…

釣れた魚の正体は、フグやら 鯛の子供…

サヨリは居ないん?

一匹だけオイラが釣り上げたが、鯛の子供が煩くて、サヨリ釣りどころじゃない…

仕掛けを振り込んだ瞬間、鯛の子供が邪魔をして、餌が食われてしまう…

「だめだこりゃ~!」

(≧▽≦)

仕方ないので、最終兵器!?

いやいや、最終仕掛けのマウスと弓角でワカシ釣り!

(≧∇≦)b 釣れる!

一投一魚とは言わないが、良くワカシが釣れる。

余りに釣れるので、途中で止めたが…

で、周りを見回すと、マウスと弓角でトローリングしてる釣り人が数人…

(◎-◎;) へっ!? 何でこんなにマウスと弓角のトローリングしてる釣り人が多いん!?

先週まで、オイラ一人だけだったのに…

もしかしたら、オイラの釣行を以前見た人か、もしかしたらブログを見た人?

(。・・。) そうなん?

もしそうなら、多少釣果に貢献出来たかも…

釣り友達のMさんも、この仕掛けは餌を付ける事も無く、振り出してただ巻きだけでワカシが釣れるので、好きなジャンルであるらしい…

弓角の付いたマウスを遠投して、リールのハンドルをクルクル…

一定のスピードで、海面をトローリング。

マウスの後方の弓角のある当たりが波立つ…

弓角を食い外して、ワカシのパコッ!パコッ!って、時には丸く空いた口が見えたりする。

構わず、リールのハンドルを一定のスピードで巻き上げてると…「バン!」っと言う衝撃が来る!

これは楽しい!

( ̄∇ ̄)

だが、仕掛けを振り込んだ際に、弓角のラインが絡まって大変だ!

オイラは、10フィートのシーバスロッドに仕掛けを取り付け使用するが、マウスの後方から弓角までは、1.5~2.0メートル程のラインで繋がる。

( ̄^ ̄)

これが海へと振り込んだ際に、よく絡まる事がある。

原因は、仕掛けを振り込んだ際に、海面に着水する時マウスとライン・弓角が同じ位置に落ちる為。

案の定、釣り初心者のMさんは、何回かライントラブル発生。

オイラの場合も、全く無い訳では無いが…

ライントラブルを防ぐ方法がある。

マウスを振り出し、着水手前でリールのラインにブレーキを掛ける!?

シュルシュルと出て行くリールのラインを、手のひらでブレーキ!?

ブレーキの掛かったマウスの後方にあるラインと弓角は、遠心力でマウスの前方に…

これが、コツ!

( ̄^ ̄)

全くとは行かないが、大分ライントラブルの発生を防げるのは間違いない!

ちょっち、脇道に逸れた感じだが…

ワカシは、爆釣~!

なので、早々と釣り終了!

帰宅後、ババちゃまのシンクにクーラーボックスから空けたワカシ。





( ̄。 ̄;) 途中で止めたんだけど、あるわねぇ…

ヒラメとサヨリが釣れない分、ワカシをお刺身に造るべえぇ…

だけど、数が多すぎるので、電話してから実家にお裾分け。

で、実際捌いたのはこれだけ…





で、ババちゃまと我が家にお刺身に造る。





その後、から揚げ用に釣って来た小鯵を捌き、息子が大好きな小鯵のから揚げを造る。





( ̄。 ̄;) まっ、こんなもの…

次回は、ヒラメ釣るぞ~!

(≧▽≦)
















コメント

出勤前の準備体操!?

2019-08-01 07:22:56 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…まだぁ~週末では無いが、窓の外の景色はいたって穏やか…

家の中は、もわわぁ~んとした暑さがあり、「こりゃぁ~海に涼みに行く?」なんて事を考える。

( ̄^ ̄)・・・

そりゃ~行くなら、シーバスロッドぐらいは持って行かないと…

(≧∇≦)b

と、言う事で…

出勤準備をパパッと済ませ、朝のお散歩!? に…

岸壁に到着して、波は多少高目ではあるが、風は穏やかな西風、お天気は快晴。

(。・・。) 釣り日和だしぃ…

でも、平日の仕事前と言う事で、軽くチョイ投げ?

シーバスロッドにマウスと弓角を付けて遠投トローリング。

バヒューン!っと、遠投してただ巻き…

リールのハンドルをクルクル、クルクル…

弓角の後方が泡立つ…

「ワカシが、弓角を追いかけて来る!」

頭の中に言葉が浮かび、「ドン!」っと言う衝撃とPEラインがガイドに擦れて、「キュルキュルキュル…」

(≧∇≦)b 一匹ゲット!

その後、約30分で写の通り…





(。・・。) 入れ食い状態…

でも、お日様ギラギラ、暑じいぃ~!

釣り終了!

(≧▽≦)

「魚は釣れるけど、日中は熱中症になりかねない…」

水分補給をこまめに、熱中症対策をして釣りを楽しみましょう~!

因みに、釣れたワカシは、出勤途中の実家に全てプレゼントしました!

(。・・。)
コメント

サヨリ来たぁ~!?

2019-07-27 20:47:55 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…前回の記事の通り、鯵は釣れず、アカエイに遊ばれ、ワカシに遊んで貰って…

「帰ろう~かなぁ…」

そんな事を思っていたら、サヨリ仕掛けの竿の準備をしてるお年寄り夫婦がオイラの隣に

「サヨリ釣り?」

忘れてた…

と、言う事で、

オイラもサヨリ釣りを試す…

最初、フグの猛攻に、「こりゃ~、ダメだなぁ…」

って思ったが、「パシャ!パシャッ!」

(。・・。) んっ!? サヨリ跳ねてる!?

「居るじゃん!」

( ´艸`)

居るなら、釣れるはず!

で、フグの猛攻にも負けず、めげず、落ち込まず…

繰り返して…

「来た~!」

今年初サヨリ!





(。・・。) ちょっち、型が落ちるが、今年の初サヨリ…

大分時期が遅れてるが…

ババちゃまが好きだと言うので、少し頑張って数を釣ろうと思っていたのだが、途中から風(東から西に…)が代わり強まって波も出て来た。

釣り辛いなぁ…

そんな事を思いながら、遠投仕掛けのカゴにコマセを補充して…

「えいっ!」って海へ振り出した瞬間…

「ブチッ!」

(◎-◎;) えっ!?

仕掛けが切れて、遠投してしまった…

他にも予備の仕掛けは持っているが、ここが辞め時かと思い、釣り終了!

帰宅後、ワカシの調理後直ぐにサヨリも捌くが、半分捌いてお疲れ全開…

ババちゃまに、「半分は塩焼きにして!」

調理放棄…









( ̄。 ̄;) ・・・

やっとこれだけ捌きました。

それでも、夕食時にババちゃまが現れて、「お刺身美味かったよ~!」だと…

(≧∇≦)b 良かった!

オイラは、調理後居間でほとんど爆睡してたけど…

( ´ρ`)。o ○

 

コメント (2)

ワカシが騒ぐ!?

2019-07-27 20:13:49 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…前回の記事の通り、鯵は15匹程しか釣れなかった…

全て、泳がせ釣りの餌にして消費してしまったが…

最後の1匹をブッコミして、脇を見てた隙に…

「ドン!」

(。・・。) んっ!? なんだぁ?

(;゚д゚) ひえぇ~!?

オイラにも、アカエイが来た~!?

泳がせ釣り用の竿が、三脚の上でシーソー状態…

竿は、持って行かれなかったが…

慌てて竿を掴み、思いっきり煽って、ゴリ巻き、ゴリ巻き…

「来た~!約1メートル程…」

近くの釣り人が、近寄って来たので、「食べる?」

聞いてみた。

「欲しいならタモ網で抜き上げようか?」

調理出来ないと言うので、仕掛けを切ってお帰りいただいたが…

さて…

一日で、アカエイ事件を2件も目撃して…

結果的に持ち帰る魚が無い…

( ̄。 ̄;)

張り切って釣りに来たのは良いが、ボウズ状態!?

そんな事を思っていたら、近くのルアーマンが、ワカシ(ブリの幼魚)を釣っている。

見てると、入れ食い状態?

(。・・。) 楽しそうだ…

なので、オイラも仲間入り…

但し、オイラはシーバスロッドにマウスと弓角(ゆみづの)を取り付け、遠投してはただ巻き…

いわゆるトローリング。

リールのハンドルをクルクル、クルクル…

海面をバシャバシャと音をたて、マウスを引き寄せてくると…

「ドン!」

(≧∇≦)b 来た~!

1匹、2匹、3匹…





( ̄∇ ̄) た、楽し~い!

これ、帰宅後デカい鯵だと思って、お刺身に…



( ̄^ ̄)・・・

無理矢理お刺身に造った感じだが…

(≧▽≦)





コメント

お隣さんの奇跡!?

2019-07-27 18:01:15 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…やっと週末。

今日・明日と二連休なオイラ。

と、言う事わぁ…

( ´艸`) やっぱりと釣り?

まっ、余程の事が無い限り海には来てるけど…

( ̄^ ̄)・・・

ただ…明日は、息子が帰省するので、釣りには出れない。(新青森駅にお迎えに行くから…)

ならば、今日は思いっきり釣りするべえぇ…

(。・・。) って思って、釣りに出た。

釣り場には、午前1時頃に到着したが、オイラの希望してた場所には先客が…

なので、挨拶をしてお隣に釣り場を設けた。

何と、その人は前回の釣りにもオイラのお隣にいた釣り人であった。

「あんたも、好き(釣りが…)だねえぇ…」

頭の中に言葉が浮かぶ…

既に、小鯵をポツポツと釣り上げたらしく、傍らには泳がせ釣り(ヒラメ狙い)の竿が三脚に立て掛けてられているみたいだ…

「泳がせ釣りには、ちょっち早過ぎる時間だよなぁ…深夜にはアカエイが来るかもだけど…」

言葉にならない思いが、頭の中を過る…

まっ、オイラには関係無い事だが…

ところで…

オイラの目的もヒラメ狙いの泳がせ釣りなのだが、肝心の小鯵が中々釣れない…

( ̄。 ̄;) あらぁ…

後で数えてみたら、やっと、15匹程…

なので、1匹が釣れた後の次が来るまでの待ち時間が長い…

手持ち無沙汰な時間が流れて、「今日は、鯵が釣れないから、夜が明けたらサヨリ釣りでも試すか?」そんな事を考えていた。

「ジーーー!? ガッシャン!」

(◎-◎;) な、なんだぁ?

お隣さんの声

「あぁ~!竿が~!」

(◎-◎;) へっ!? 竿?

どうも、アカエイが掛かり、三脚を倒して、竿ごと海に引きずって行ったらしい…

「どうした?」

声に出して聞くと、シーバスロッドが海中に飛んで行ったらしい…

「見える?」

そう聞くオイラに、

「全然見えない…」

なので、オイラの泳がせ釣り用の竿と、お隣さんのサビキ仕掛けの付いた竿と、飛んで行った方向に引っかかって来ないかと仕掛けを振り込むが…

触りも無く…

お隣さん、

「あぁ~、ショックだあぁ…」

( ̄。 ̄;)

気の毒だが、余程アカエイのサイズがデカかったのか…

( ̄^ ̄)・・・

そんな事件を目撃して、どうにもならないので、オイラは再び鯵釣りに…

ショックが大きいお隣さんも、仕方ないので再び鯵釣り再開…

約30分程過ぎただろうか…

鯵釣りを再開して、サビキ仕掛けを回収中に、中々仕掛けが上がって来ないと思っていたみたいだが…

サビキ仕掛けの針に、別な糸が絡まって来た!

「これはなんだぁ?」

見ると、アカエイに持ち逃げされたシーバスロッドのPEライン!?

「(アカエイが付いたままかと思ったので…)早く、糸を掴め!」

そう言うオイラに、お隣さん慌てて仕掛けを回収…

どうも、アカエイは糸を切って逃げたらしいが…

(◎-◎;) 凄げえぇ…

奇跡に近いしぃ…

「友達に言っても、信用して貰えないかも…」

お隣さんの呟き…

ちゃんとオイラが見てたから…(笑)

なので、代わりにオイラが記事としてアップしました。

「竿が戻って、良かったねぇ~!」

( ´艸`)

今度は、気を付けてねぇ~!





コメント

何が違うんだぁ~?

2019-07-21 18:59:10 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…、一週間悶々とした時間を過ごし、今日は日曜日。

\(^o^)/ 来た~!

前回、鯵爆釣したので、今回も鯵を釣り、ヒラメの泳がせ釣りするぞう~!

で、小鯵沢山釣れたら、今回はツミレ汁作ってみたいしぃ~!

(≧∇≦)b

ところが…

捕らぬタヌキの皮算用で…

予報では、山瀬(東)の風4メートル、波高0.2メートル…

(≧▽≦) まぁまぁ~いい感じ…

と、ところが…

午前零時、岸壁に立つと先行者が4人。

(◎-◎;) へっ!? 凄えぇ…

だが、オイラの希望の釣り場がなぜか空いていた。

(。・・。)

なので、急ぎ三脚やら泳がせ釣り用の竿の準備やら、カゴサビキ仕掛けの準備をした。

その途中、右隣と、左隣の人から声を掛けられた。

たまたま、前回隣で一緒に釣りをした人達だった。

( ̄∇ ̄)

なので、今回も仲良く釣りを…

先行者のお隣さんは、既に何匹か小鯵を釣っている。

(。・・。) まだぁ~早い時間(朝マズメまで)なのに釣れてるんだぁ…

なので、オイラも急ぎ釣り支度。

ぱぱっと支度を整え、海面には電気浮きが浮かんだが…

思った以上に風が冷たく強い…

(◎-◎;) 波は、無いけど…

時間の経過に伴い、小鯵がポツリポツリ…

小鯖がポツポツポツリ…

小鯖が煩い…

( ̄。 ̄;)

なのだが、前回の鯵爆釣時間の午前3~4時が近付いても、鯵の活性が無い…

「山瀬の風が強く、寒いから?」

「あまりにも、水が澄んでるから?」

実は、釣り場に到着して、水が澄んで海底が見える事は、既に把握はしていた。

「暗い時間帯が(釣れる)勝負だなぁ…」っと思っていた。

( ̄^ ̄)・・・

なんにしても、鯵の活性が無い…

ヒラメの泳がせ釣り用の小鯵は、やっと20匹程確保して、その後の釣果はクーラーボックスの中に直接入れていたのだが…

朝マズメが過ぎても、鯵の爆釣タイムは無く、帰宅後クーラーボックスの中に入った小鯵は、これだけ…(泳がせ釣り用の生き鯵約20匹は使い切った)





数は少ないが、生き物を粗末に出来ないので、お刺身に造る。









( ̄^ ̄)・・・

ところで…

ヒラメの泳がせ釣りの方は、当たりもなく、惨敗。

ここで、普通は釣果報告は終わるはずなのだが、サビキ仕掛けに嬉しい外道が来た!





( ̄∇ ̄)

アップにすると…





(。・・。) こ、こりわぁ~塩焼きにする?

と、言う事で…





こりわぁ~グリルで、焼き焼きすると…





( ´艸`) これ、美味かったわぁ~!

結局、だらだらとした釣果に、見切りを付けて、午前8時には釣り終了!

_| ̄|○ 残念!

来週は、頑張るぞ~!

\(^o^)/














コメント

鯵、爆釣~!

2019-07-14 13:08:31 | Weblog
( ̄。 ̄;) あっ…昨日・今日と二連休なオイラ。

昨日は、強風吹き荒れ、波がドンブラコッコって白波たてた海…

( ̄。 ̄;) あちゃー、こりゃぁ~釣りにならない…

下見に行って、そう思った。

( ̄^ ̄)・・・

なので、風向きと波高の変わる今日の釣りに、力(りき)を入れて望む。

前回のコマセが冷凍庫に残ってるので、今回は三回目の鯵釣りに…

鯵がいっぱい釣れたら、泳がせ釣りも出来るしぃ…

なのだが、日曜日と言う事で、場所取りを兼ねて午前1時に岸壁に到着するが…

仄かに明るい月明かりに映った海面は、前の日のウネリが残り、ちょっちドンブラコッコ…

( ̄。 ̄;) あらぁ…

なのだが、予報では山瀬(東)の風で、時間の経過に伴い徐々に弱まるはず


なので、波を被ったりしない安全な場所に釣り場を設け、少し離れた場所には泳がせ釣り用の三脚を設置し、泳がせ釣り用の竿を立て掛けて置いた。

これは、明け方に鯵を餌にブッコミするので、暫し待機状態…

次に、鯵釣り用の竿の準備をする。

今回は、デカい鯵対策にサビキ仕掛けの8号を使用。

( ̄^ ̄)

前回の釣行で、鯵の時合いは午前3時頃…

約2時間程余裕があるので、のんびりと釣りを楽しもう~って思ったが、不思議な事にポツリ、ポツリと小鯵が釣れた。

(。・・。)

なので、時間的には早いのだが、泳がせ釣りの仕掛けに小鯵を付けて海に振り込んで置いた。

ただ…ドラグは、弱めに設定して、間違って大物が掛かった時、糸だけが出て、竿ごと持って行かれないようにして置いた。
(以前、青物に竿ごと海に飛ばされた経験がある。)

一応、泳がせ釣り用の竿先には鈴も付けて置いたが…

ポツリ、ポツリと小鯵を釣っていたら…

「ジー、ジーーー!ジーーー!」

(◎-◎;) へっ!? 泳がせの竿に、何かぁ~来た!

慌てて、泳がせ釣り用の竿を掴み、ドラグを締め付けて、一気にアワセを入れる!

「ドン!竿先が孤を描き、その状態のまま動かない…」

ズウウ~ンっとした重い感触…

(´`:) 「アカエイかぁ…」

海底に張り付き、中々仕掛けを巻き取れない…

竿を立てる力を弱めると、身体ごと持って行かれそうになる力強い引き…

(´`:)

仕方ないので、糸切れ覚悟で、全開で煽ると、「ブチッ!」

仕掛けが切れました。

新たに、仕掛けを取り付け、小鯵は取り付けず、夜明け頃まで待機状態に…

そんなこんなして、時間の経過に伴い、小鯵がポツポツからポツポツポツポツに変わり、午前4時頃には、もう~入れ食い!

(;゚д゚) ひえぇ~!い、忙しい~!

電気浮きが、ポン!って沈み浮かび上がって来ない!

リールのハンドルをクルクル、クルクル…

手に伝わる感触は、クンクン、クンクン…

足下から抜き上げた仕掛けには、サビキ仕掛けの針全部に小鯵が付いて来る…

(◎-◎;) 凄えぇ~なぁ…

なので、ブクブクと酸素を送ったバッカンの中には、生き鯵(泳がせ釣り用)が約30匹程確保。

その後、釣り上げた小鯵は、直接クーラーボックスの中に…

帰宅後、「こんなに釣ってたん?」

(;゚д゚)





(◎-◎;)

「この沢山釣れた小鯵、どうするべえぇ…」

先ずは、お刺身用に下ごしらえ…





お刺身大好きなババちゃま用と我が家用に…





我が家用は、こっち!



それでもまだまだ残る沢山の小鯵…

「から揚げ作るべえぇ~!」

と、言う事で…





( ̄。 ̄;) 結構、数があって疲れた…

から揚げ用に下ごしらえした小鯵、振り塩をして、一旦冷凍庫で休ませてから、小麦粉の衣を付けて油でジュウジュウと…





( ̄^ ̄)・・・

写真に撮った他に、ババちゃまと実家の母にも、から揚げをお裾分けして…

つ、疲れた~!

_| ̄|○ ・・・


と、ところで…

泳がせ釣りの方は、どうなった?

( ̄^ ̄)?

「釣りましたよ~!ヒラメ1枚。」

「ちょっち小さめだけど、今年初ヒラメです!」

(≧∇≦)b





これをお刺身に造る。





( ´艸`)

これ、甘みがあって、大変美味しゅうございました!

(≧∇≦)b

満足な一日だったけど、釣りをして、調理して…

つ、疲れた一日でもありました。

(≧▽≦)

で、でも…またぁ~釣りに出るからぁ~!(バカ!)

(≧▽≦)

コメント (3)

鯵の調査(二回目)

2019-07-07 15:58:29 | Weblog

( ̄。 ̄;) あっ…、やっと日曜日が来た。

「釣り行くべえぇ~!」

\(^o^)/

って、思ったが…

予報では、東北東の風7メートル、波高0.2メートル!?

(。・・。) んっ!?

山瀬(東)の風が強いけど、波は無い?

(◎-◎;) ・・・

「こ、こりわぁ~釣りは、出来そうだが…」

でも、思った以上に結構風が強い…

だが、釣りに行きたいと言う誘惑に負けて、昨日の仕事帰りに釣具屋さんにてコマセ(赤アミ)を買って来た。

( ̄^ ̄)

実は、そろそろと鯵が釣れてると言う情報があるが、自分で調査して、納得しないと…

(ただ、山瀬の風の日は、釣れない…って言う不安があるが…)

と、言う事で…

夕食後に仮眠!?をして、午前零時には起床。

午前1時には岸壁に…

( ̄^ ̄)

なんやかんや釣り支度に手間取り、やっと実釣出来る事になったが…

「ゴー、ゴーーー!」

(◎-◎;) やっぱ、山瀬の風が強くて、寒い!

上着を1枚重ね着して、海面に浮かぶ電気浮きを、ジーーっと見ていると何故か気持ちが落ち着く。(バカ!)

しかし、電気浮きは沈まず、手持ち無沙汰に空を見上げる。

( ̄∇ ̄) 凄えぇ~!星がちれ~い!

(こう言うのを、満天の星って言うんだろうなぁ…)

(≧∇≦)b グー!

(あのひとつの星に、もしかしたらオイラと同じ事を考えている生命体が居るのかも…SF的)

空気が澄んでいるのか、近くに街頭等の明かりが無いせいなのか、異常に星の明かりが綺麗だ。

青みがある星、赤みのある星、黄色に輝きがある星…

( ̄^ ̄)素敵だ…

って、天体観測に来た訳では無く、海面に浮かぶ黄緑色の電気浮きに再び目をやると…

「ズボッ!」

(実際は、音はしないがイメージ的に…)

浮きが沈んだ!

アワセを入れ、クルクルとリールのハンドルを回すと「クンクン、クンクン…」と、抗う魚の抵抗がある。

(鯵だべかぁ?デカいかも…)

岸壁に抜き上げた正体はメバル!





(。・・。) まぁまぁデカいかも…

その後、時間だけが過ぎて、浮きが沈んだと思ったら正体はフグ…

フグを立て続けに三匹。

_| ̄|○

(鯵が釣れない…)

今の時間に鯵が釣れないのなら、後は朝マズメの時間帯に来るのだろうか?

( ̄。 ̄;) 居るん?

そんな思いが、湧いては消え、消えては湧いて…

時間の経過に伴い、釣り人の車が次から次と、ヘッドライトの明かりが眩しい。

そして、午前3時頃…

コマセを補充して、再び海へと振り出したばかりの電気浮きが、「ズボッ!」っと沈んだ!

(また、メバル?)

そんな事を考えながら、クルクル、クルクル…

岸壁に抜き上げた正体は…「鯵~!」

(◎-◎;) おおぉ~!まぁまぁデカい!

(20センチは、あるかも…)

その後、鯵のラッシュ?

(今が時合い!?)

鯵は釣れるが、そのサイズがまぁまぁデカいので、ゴリ巻きすると口切れで途中でバレる…

(。>ω<。) くそ~!何度も逃げられた!

だが、それも約30分間程で時合い終了!

(◎-◎;) 嘘~!

その後は、強風の中 異常な程に澄みきったさざ波の海に、釣果は無い…

そろそろとお疲れなオイラは、竿仕舞いをして帰宅。

先ずは、鯵のサイズを計る。





(◎-◎;) まぁまぁデカいが、数が釣れなかった…

_| ̄|○ 残念!

山瀬(東)の風じゃなかったら、もう~ちょっと釣れたのかも…

ま、仕方ないので、今年初のお刺身に造る。

(≧∇≦)b

ぱぱっと…完成~!





(。・・。) ちょこっとだけど、初鯵のお刺身の完成~です。

因みに、メバルはババちゃまにプレゼントしました。

(≧∇≦)b
















コメント