CocoMani Diary

♪日進月歩日々炸裂日々色々思う事♪見た事 聞いた事云わんとする事♪ブライトサイドとダークサイドの共存場所♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原因が無くなれば病状も

2015-09-16 01:21:04 | (研究中)体調心身ロギー
今からだいぶ前ではあるが、ここのカテゴリーにウツ系の内容を書き残していた。
最近はツイッターや簡易なSNSなどの普及で「文を書く」という作業を随分怠っていた。
同時に、あまりに沢山のことが降りかかってきていた時期が長かったので、ブログを放置していることは自分としてはシカタガナイってな感じで過ごしてきた。
このカテゴリーは以前私が心療内科にかかった時に経験したことを書いてあった。
最後に双極~という件で終わっていた。

あれから5年くらい経過?
心療内科でカウンセラーさんやドクターが声をそろえて言っていた「○○さんは原因が結構はっきりしていると思うのですよね...その部分を解決できれば...」
ということで、その解決すべき部分を本気になって取り組む決心をしたのだ。それは2011年の3月に。
あの大きな大災害の影響で、私はサバイバルにおける各人間の特性と弱点を見出した。
結局それがきっかけで、その「大いなる原因」の対象と離れる結果に至ったのだった。
それから数年、、それまで悩んで悩んで、自分はこの病気ではないか、というあきらめ感に支配されていた。

ところが、その原因はなくなり、だんだんとふつうになってきたのだ。
要するに、トリガー的事象となっていたこと/もの/ひと/環境からぬけ出せたら、生まれつきの病気だとかそんなものとは無縁というものとなっていった。まぁ性格はそのままですけどね。

ここで言いたいのは、気分などの病気になっている場合は、まず自分以外との人間関係間の問題に対ししっかり向き合い、決して自分の正直な思いから逃げずに戦ってほしい。自分との闘いになるが、その後に大体の「蓄積された核の部分」が炙り出されてくる。そして自分たるものを初めて客観視することができるのだ。

最近は軽々しく「メンタル系のおくすり」とか言い方がふざけているが、メンタルとフィジカル、脳との関係、そして心理学的なアプローチ全てを踏まえて出される薬だから、普通に「緩和のためのクスリ、治療のためのクスリ、などなど」、逃げない表現方法で真剣に取り組むべきである。

簡単な表現ににげた結果、誤診がまっている。
そして心が崩れていく背景は決して単純なものではないということを、肝に銘じて頂きたく思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

双極Ⅱ型?なんかこっちだったような気がする。

2010-07-12 14:26:45 | (研究中)体調心身ロギー
抑うつ状態+完全にうつ病的基準を軽々とクリアして、実際に抗不安剤と抗ウツ薬を飲んでいたが、抗ウツ剤を数ヶ月飲んでから、なにかが変わってしまったような気がしていた。そしたら、もし、この双極Ⅱ型の場合で抗ウツ剤を飲んだ場合、かえってその症状を悪化させてしまうとか。(急速交代型(Rapid Cycler) )になりやすくなる。

「完全にウツに入って長いのに、頭の回転は速いし物事の判断ができてるから、貴方のケースは難しい」
この言葉が証拠だったかな。そして抗ウツ剤投与後、双極Ⅱ型障害の症状たるものが結構顕著になったのもうなずける。

*軽躁の症状
基本的に躁状態と同じ症状であるが、社会的・職業的機能に影響のない程度のもの。

これらのような、うつと軽躁を交互に繰り返します。
また、Ⅰ型が躁とうつがくっきりとしているのに対し、Ⅱ型では躁とうつの混合状態というものがしばしばみられます。
これはどういうことかというと、病相の移行期に「思考」「気分」「意志」が同期することなく、遅速をともなってちぐはくな現象が生じます。気分爽快なうつ状態などです。
Ⅱ型では、医療者にさえ、病気らしくないとみられてしまい入院中に不快感を感じることもよくあります。

う~~~~。思い出した。
医者:「ここまで落ち込んでるんだから、普通は入院(通常環境から自己を遮断する理由)しちゃったほうがらくだけど、貴方の場合は、それは逆効果になるね、たぶんね。」

まぁ、、、病気とも言えるが「個性」として抱えて生きてゆくのも一つの考え方かな。要は気分障害とかいうやつね。
気分爽快なうつ状態って、なんか納得!

~~~~
(文献拝借。。。ページの記録忘れてしまったので、またみつけたらリンクします~)

双極Ⅱ型障害の症状

うつの症状

・気持ちがしずんでいる
・やる気がわかない
・だるくてしかたがない
・ぐっすり眠れない
・おいしく食べられない、体重が減った
・こんなはずではない
・集中できない
・考えがまとまらない
・頭痛、肩こりがする
・不安で落ち着かない
・会話が減った
など、うつ病の症状とあまり変わりません


躁の症状

・気分がハイで何をしても楽しい
・自分のことを誇りに思う、自分はなんでもできる等と気が大きくなる
・あまり眠らなくても平気だし、眠ることで時間がもったいないと思う
・普段よりもよくしゃべる、友人に電話をかけまくったり、メールしまくったりする
・次から次へといろいろな考えが浮かぶ
・だじゃれや語呂合わせ、的外れが多くなる
・考えがあちこちへ飛ぶ、気が散って1つのことに集中できない
・仕事や勉強がとてもはかどる
・高い買い物をしまくったり、ギャンブルや馬鹿げた商売への投資に専念する
・夜遊びする
・性的逸脱行為に走ることもある
・ちょっとしたことでイライラする、怒りっぽい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なまけものだってさ

2010-07-10 23:02:49 | (研究中)体調心身ロギー
人格否定された。

「単なるなまけものだろ」ってさ。

人格異常なのはわかってるけどさ、

気持ちの部分でコントロールができない、

いわゆる脳内物質とかいろいろあるって勉強してさ、

なんとか自分を確立させようと、頑張ってみたのに、

「単なるなまけものだろ」

だってさ。

もういいや。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

例のワクチンの件+医療α

2010-04-13 03:05:56 | (研究中)体調心身ロギー
癌のワクチン?

多くは書かぬ。リンク先を読んで判断してください。

私は年齢的に、その時期を、とっくのとおおおおに過ぎたのでワクチンを接種するとこはしないけど、まだ若い女の子を持つご家庭の方とか、とりあえず読んでみるといいかもしれません。

~~~~~~
私の知り合いで、いわゆる「出生時間操作」をされて子を生んだ人がいる。
この背景は、もちろん医師不足と看護士不足。
その時間操作もうまくいかず、何度も陣痛促進剤を使われ、その影響で長年膀胱炎に苦しみ、極めつけは子宮がんになってしまった。
因果関係は?誰も「証拠」は、わからない。でも、無理やりな出生時間操作に使われたモノがその後のその人(友達だけど)のの生活を大きく変えてしまったことには変わりはない。

~~~~~~~~~
さて...薬や医療、患者の苦しみ、とても複雑に入り組んでいるこの薬付け世界。私が飲んでいた抗鬱薬、未だに実験段階だと思う。これは次にでも書こうと思う。生きたままGHOSTになる感じ。食欲と消化の異常という副作用で、私は一ヶ月で10Kg減った。初めて肋骨の全てを見た。
今はそれから5Kgもどしたけど、急激に20%以上の体重の変化に、確実に体は壊れた。今もそう。
アタマは...たぶんどこかの神経物質伝達経路が麻痺したかもしれない。
あと一年もすれば同じようなことを言う人が続出するだろう。

しかし、、、その薬でなんとなく楽になったような気がしたのは否定できない。
でも、、、私の担当医はなるべく薬を出したくない派だったのだが、私の病状は山谷山谷で安定しなかったから、だんだん薬は増えていった。

脳から出る指令。脳と直結する何か。
うつ病=全てがくっついて発症する不協和的なヤマイ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体の痛みも心の痛み~

2010-04-06 16:40:36 | (研究中)体調心身ロギー
こんな記事が、ちょうど目に留まった。
抗鬱剤を抜いてから、今まで忘れていたからだの痛みが戻ってきた矢先だっただけに、勉強になった。
セロトニンとノルアドレナリン系、両方の薬を飲んでいたが(単体で時期違い)、そのときは何故か体の痛みは軽減していた。

確かにこの記事を読んで、納得である。
http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h003/0134.html

薬でなんとか動けるようになった日は仕事なり外出なりをする。
その日をのりきると、次の日にその倍以上、疲れが降りかかる。一日3時間仕事頑張って、次の日ほぼ寝たきりになるののも、更に気が滅入るんだけど、それを紛らわすために抗不安剤も飲む。

そんな毎日だったのさ。

ここ数日は抗不安剤と睡眠系の薬でなんとか乗り切ってる。
夜に眠くなってくるようになったが、寝汗などの身体症状もあるし、自律神経がヤラれているんだろう。
気のせいでは済まされないくらい、寝込むくらい痛いときもあるが、薬を飲んで抑えていた部分が、また顔を出してきたのだろう。

抗ウツ薬は、確かにいろんな意味で気持ちや体に変化がでる。
一長一短、代償として体自体にかなり負担がかかっていたように感じた。
一時期、回復の兆しも見せたが、単発だったみたい。花火みたいだなー。

とにかく、ウツ病に「体の痛み」が伴うことを、神経学的に説明してくれているこの記事を、皆是非とも一読して欲しく...。

休息が取れる人は、薬と休養の両方で病状が良くなる確率は高い。
しかし、そうも休んでいられない場合、しょうがないっっちゃーしょうがない。

マジでうつ病の人に「気のせい」「怠け」とか言う人がいたら、心の中でそいつを蹴飛ばしてやれ。って、そんな元気もなくなっちゃうんだけど。凹むだけだわ。ったくもう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加