増田カイロプラクティックの事務スタッフブログ

増田カイロプラクティックセンターの事務(雑務?)スタッフが発信する近況レポート。きまぐれ更新♪

甘いもの選ぶのもラクじゃない─飲み物編─

2018-08-28 | ひとつまみの情報
【おことわり】この記事は増田カイロに通っていただいている方むけです。

私の夏の飲み物はコレ↓です。
クエン酸+重曹ドリンク
もともと、そんなにお茶をガブガブ飲む方ではないので、この夏はインドアならばこれだけでいいですね。
(前記事と同じく、身もフタもない)

それではツマラン!という人のために、

今回は甘い飲み物「摂りたくない糖」選手権です。

まずは、熱中症対策で使われる3本柱からです。

ポカリスエット×
原材料名:砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

だからね、果糖ぶどう糖液糖は摂りたくない糖なのですよ。
(前記事をご参照ください)
しかも化学調味料入ってるじゃないですかヤダー!

次!なんだか社会的には信用されているコレ↓
OS-1×
原材料名:糖類(ブドウ糖、果糖)、食塩
添加物:クエン酸(Na)、塩化K、リン酸Na、塩化Mg、甘味料(スクラロース)、香料

「果糖」は一見良いように見えるのですが、要注意です。
果物をそのまま食べるぐらいだったら良いのですが、飲み物に入れるためには結構な量が入ってますので、
やっぱり気をつけたいですね。
そして、人工甘味料が使用されてますのでコレを多用していた方は超注意ですね。
ほんとうに脱水して水分が摂れなくなってしまった時などの緊急時ならば仕方がない、
ぐらいに思っていてくださればよいのかも。

アクエリアス×
原材料名: 果糖ぶどう糖液糖、塩化Na/クエン酸、香料、クエン酸Na、アルギニン、塩化K、硫酸Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン

やはり「果糖ブドウ糖液糖」と「人工甘味料」なので、これも×~。

同じ指摘で飽きてきたりして……。

そこで登場するのはこれ↓
GREEN DA・KA・RA
原材料:果汁(グレープフルーツ、レモン)、果糖、食塩、はちみつ、シークワーサーピール、うんしゅうみかん、ドライトマトエキス、香料
これなら良いと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら×です。ますだかいろ的には。
やはり「果糖」です。
まだ果物そのものならば良いのですが、人工的に添加された「果糖」となると・・・入りすぎです。
どのくらい入っているかわからないですし…。
実際あの甘みということは(もちろんワタシは飲んだことある)結構入ってますね。

今年も暑かったので、スポーツドリンク系を挙げてみましたが、甘い飲料はどれもこんな感じです。
とりあえず、原材料をよぉーくご覧ください。

「砂糖」だけを使った飲料ならば、まあOK(しつこく、毎日ではないですが)ですね。

あ、飲み物といえば、結構飲むヨーグルトを摂っている人が多いようですが、すべて原材料をチェックして
選んでください。
ほとんどが「果糖ぶどう糖液糖」使われています。

もうひとつおまけにガムシロップ

増田カイロメンバーは全員コーヒーはブラック派なので、ガムシロ使う習慣はありません。
しかし私は知っている……。
ガムシロのほとんどは「果糖ぶどう糖液糖」!
なぜならば砂糖で作るガムシロは高価だからなのです!!
http://amzn.asia/d/0BgaP3m
ペットボトルなら以下↓
http://amzn.asia/d/2Qn6j6L
↑どうしても使いたい人にはこれらの値段で家計が許されるならばドゾ。
うーむ……家で作ったガムシロのほうが安いですが、手間とどちらを選ぶかってところですね。

選ぶのに疲れちゃった人は、お家でドリンク作りましょう。(明るいうちに飲みましょう。・・・少し。)
あ、その際に「はちみつ」は注意です。「自然のものだから」と思っている方も多いかもしれませんが
増田カイロに通っている方々は、もともと繊細な体質な方が多く、免疫力がそんなに高くはない率が多いので。
言うまでもないことですが、赤ちゃんには「禁止」です!
糖分的にも「果糖」と同扱いでお願いします。

冷やしあめのレシピが載っているクックパッドのページを以下にリンク貼っときます。
*冷やしあめ* by nonpuriさん
この記事についてブログを書く
« 甘いもの選ぶのもラクじゃな... | トップ | 増田カイロは停電なしでした »
最近の画像もっと見る

ひとつまみの情報」カテゴリの最新記事